ゲーム実況動画投稿、まこなこチャンネル登録数が1万を突破し、ようやく底辺ゲーム実況者から脱出へ

定期的なYouTubeのチャンネル登録者突破に関してのお話。

ようやく、チャンネル登録が1万を突破したので、そのお話でもしておこう。

ちなみに、記念画像も。2018年2月26日に達成している。

これからどんどん解除者が出たりして1万を下回ったらどうするのですか・・・。

それでも、超えた事実は変わらんのだよ。

そうですか・・・。

前回は2018年1月9日『ゲーム実況動画投稿、チャンネル登録が9500突破と、あと少しで1万突破へ』で取り上げましたね。

その後は何がありましたか?

2月に発売された「真三國無双8」や「シヴィライゼーション6(Civ6) 文明の興亡」をプレイしたくらいか。

正直、「シヴィライゼーション6(Civ6) 文明の興亡」はもっと盛り上がるかと思ったけど、まったく盛り上がっていなかったのが印象的。

動画投稿しているのが私くらいしかいなかったにも関わらず、ほとんど視聴回数が伸びていないので、たぶん、日本ユーザーはほとんどいなくなってしまったのではなかろうか。

十分な広報活動もしていないし、そもそも拡張版が出たことを知らない人も多そう。

一方、「真三國無双8」は、それなりに見られているけど、やはり動画配信する人が多い事や、早い段階でエンディングまで載せている動画に視聴が集中している感じだった。

とはいえ、自分のところで動画を公開してきた「三國志13」との親和性も高いので、それなりに見られてはいる感じ。

どうでもいいことだけど、「真三國無双8」は、ライブ配信だとエンディングの公開が不可で、動画録画だと普通に録画出来てアップロード出来るようなのだが、あれってどういった意味があってやっているのだろうか。

普通にエンディングも録画禁止にすればいいのに、と思った次第。

中国で発売する以上は、禁止にしても公開されてしまうから、意味ないのだろうが、ならばライブ配信でも公開可にすればいいのでは、と思った。

とはいえ、ライブ配信だと、即座にエンディングが見られてしまうので、一手間かかる録画とは、また違う意味合いがあると考えているのかもしれないが。この辺りの考え方を知りたい。

本来であれば、ここに「信長の野望 大志」のアップデートが加わって、もうちょっと簡単にチャンネル登録は伸びるかと思いきや、アップデートが延期となっていたのがにんともかんとも。

1万チャンネル登録達成まではどうでしたか?

2015年9月から始めたので、2年半近くかかっての達成でしたが。

以前にも言ったように、やり始めたきっかけは、海外でゲーム市場が盛り上がっていて、その理由の一端としてゲーム実況があるのだろうと思ったことだった。

自分でもやってみて、どんな感じかを知るという意味合いだったため、正直、ゲーム実況をそこまでやろうとも思っていなかった。

なので、初期に関してはあくまでテスト的な意味合いが強い。

その後、FF11のストーリー面での追加コンテンツ終了のアナウンスがあり、FF11を動画で残したいという思いから、FF11の動画を実況無しのプレイ動画として大量にアップした。

こちらは、まだまだ終わっていないけれども、なんとか頑張って終えたいと思っている。

ある意味、当サイトの原初とでもいうべきFF11をちゃんと後世に残すという意味合いもあってのことなので、再生数とかは関係なしにやっている状況。それこそ数十程度の視聴回数でも、将来的にサービスが終了した後に、FF11を思い出したい、という人のためにやっているようなものだ。

いまではなく、将来的な資料として残せたらと考えている。

まだまだFF11はサービス終了する気配ないけど。

うちのサーバー、なぜか同時接続1500以上が当たり前になっていたりするし。

その後、ちょっと真面目にやってみるか、と考え、やり始めたものの、やっぱり面倒だったので真面目にやらずで今に至る。

ダメじゃないですか・・・。

チャネル登録を増やすという意味では、今の方法がよくないのはわかっている。

常識的に考えて、FF11やDQ10の動画を今、作っていること自体がおかしいレベルだから。

ただ、別にチャンネル登録を増やすことだけに注力するのではなく、やはり自分がやりたいゲームをやりたいようにやるのがいいのかな、と思ってさ。

あとはプレイログのような感じで、ゲームをプレイした記録を残しておきたいというのもある。

もし、チャンネル登録を増やす気であれば、動画を視聴する人が多い若い層に向けたゲームの動画を作るのが当たり前なのだが、なぜかシミュレーションゲーム中心であったり、昔のゲームのシリーズ最新作ばかりだったりと、明らかにおっさん層が見るであろう動画が多かったりする。

実際、この辺りはデータにも出ているので、いろいろとモニョモニョするけどね。

もうちょっと若い奴はいないのか、とね。

やはり、従来型のゲームはダメですか?

常識的に考えて、今の時点でスマホ系を取り扱わないのは論外だし。

それに、マリオやマイクラをやらないことや、直近だとモンスターハンターワールドなどにも手を出さないのは、チャンネル登録を増やすという意味ではありえないことなんだよね。

モンスターハンターワールドはちょっとやってみようかと思ったけどね。まだモンハンをまともにプレイしたこともなかったので、きっかけとしていいのかと思ったし。

とはいえ、結局やらずで、今に至った。

1万まで時間がかかったことの言い訳はやめてくださいよ。

確かに、時間がかかり過ぎたとは思っているけどね。

で、今後もやりたいタイトル見ていると、さらに伸ばすのにも時間がかかりそうで・・・。

・・・・・・。

なので、もうこれから先は目標を決めずにやっていこうと思う。

1万を超えたことで、自分の中では一応底辺ゲーム実況者からは脱却できたと思うので、それだけでも良しとするよ。

あとは、末永く、自分が楽しみつつゲーム実況が出来たらと思う。

結構、ゲームによって実況がしやすかったりしにくかったりするので、自分がやりたいゲームでも実況としてつまらなくなるものも多くてなんだけど。

実況がしにくいのは具体的に何のタイトルですか?

「真三國無双8」とか。

直近にやったばかりのタイトルじゃないですか・・・。

やることは単調だし、ストーリー上のイベント中は話すとゲーム中の声と被って見ている側はどう思うのだろうと考えたり、そもそも、イベント中に話そうとすると、ストーリーの展開が自分でもよくわからなくなるし。

以前「ベルセルク無双」をやった時も同じようなジレンマがあって、なので、イベント中や会話シーンでは話さないようにしていたら、話すことが出来る場面がほとんどなくなった、っていう・・・。

ゲーム実況じゃなくなったわけですね・・・。

そういうこと。

その他に何かありますか?

データ関連を少し取り上げよう。自分にとっての記録としても残しておく意味も込めて。

視聴回数の面で言えば、「信長の野望 大志」の1発目に上げた動画が8万5千を超え、今までまこなこチャンネルのトップであった「信長の野望 創造 戦国立志伝」の村上武吉の動画を超える状況になった。

まだまだ数字が伸びそうなので、これが10万超えるといいのだが、どうなることやら。

余談だが、一番最初に上げた「信長の野望 創造 PK」の動画は4万7千視聴回数になっている。

あと、基本はコーエーテクモのシミュレーションが多めだけど、他のゲームタイトルでも1話に関しては1万を超えるものも多く、この辺りはそれなりにどれも対応できているのかな、と思ったりする。

主なタイトルごとの一番多い再生回数は次のような感じ。5千までを調べてみた。

シヴィライゼーション6:7万6千
スプラトゥーン2:3万
A列車で行こうexp:1万6千
FF11:1万4千
FF15:1万2千
DQ10:1万(2万越えの動画は削除)
PSVR:8千(2万越えの動画は削除)
ミニメトロ:7千
シティーズスカイライン:6千
地球防衛軍5:6千

削除した動画は不適切扱いになったので、ならば消すか、ということで消した。

でも、直近のルール改正で今も残しておいたら正常扱いになったかも。ちなみに、PSVRはサマーレッスンの動画、DQ10は温泉の回の動画。

ルール変わったので、またもう一度、サムネイルなどを変更してあげてみようと思う。ゲーム内容や動画の内容自体は問題ないはずなので。

ちなみに、ミニメトロも不適切動画扱いになって涙した。

動画全体としては1万視聴回数以上が230動画。全体の分布は次の通り。

8万以上9万未満:4
7万以上8万未満:3
6万以上7万未満:0
5万以上6万未満:4
4万以上5万未満:6
3万以上4万未満:12

高評価のトップは280くらい。高評価100以上が8動画。

この高評価も今後目安にしていきたい。

とはいえ、先にも言ったように視聴者が若くないので、高評価ボタンを押すという行動をしないだろうから、他の若い層を抱えている配信者と比べて少なめになりがちに感じる。

こんなところかな、今現在の状況は。

今後はどうしますか?

前にも言ったけど、ラジオ系とでも言おうか、そうしたものはやろうかと思う。

あと、ゲーム実況部屋公開のような動画も。

それ以外は普通にゲーム実況動画をやる予定。

そろそろ、変化も欲しいところなんだけどね。

と、いうことで、引き続き、ラジオ系でのネタになりそうなコメント募集中。

コメント欄を開放しておくので、何かあれば是非に。

今までコメントくださった方々も、ありがとうございます。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:戦場のヴァルキュリア4 評価レビュー 嫌な予感が当たりそうな体験版の内容
1つ新しい話題:PS3とPS Vita、いよいよサービス終了へ、最終日が確定、そろそろ本体確保に動くべきか

『ゲーム実況動画投稿、まこなこチャンネル登録数が1万を突破し、ようやく底辺ゲーム実況者から脱出へ』へのトラックバック

トラックバックURL: https://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/5246

『ゲーム実況動画投稿、まこなこチャンネル登録数が1万を突破し、ようやく底辺ゲーム実況者から脱出へ』へのコメント

こんばんは。去年の三国志13の孟獲編がきっかけでファンになりました。
まこなこさんの「あとは、末永く、自分が楽しみつつゲーム実況が出来たらと思う。」
というのは、大賛成です。
確かに視聴者という視点での楽しいかどうか、登録者数、再生回数で非常に重要です。
しかし、実況しているまこなこさんが実際に楽しんでいるか、という感覚を
動画を見ている視聴者は凄く敏感に感じます。
たまに「真三國無双8」で、まこなこさんが「この景色良いですね~」とふと漏らす
あの一言が凄く重要だと感じます。
※たとえ、視聴者がまこなこさんに同感しなくても、まこなこさんの主張は伝わるので、
 決してマイナスではないと思います。
まこなこさんの動画なので
「まこなこさんが楽しいと感じる動画を見せる」という部分も今まで通り大事にすべきなのでしょうか。
話が変わりますが、「真三國無双8」で、「無双シリーズの主役は趙雲だ」と頻繁に言っておりました。まえまえから、三国志の登場人物で趙雲は日本人好みだということに凄く着目しています。
五虎将軍のなかで、趙雲が一番末席、中国では趙雲の評価は高くないのに、
日本人では凄く評価が高いというのが、一つポイントだと思います。
私の高校時代の友人も趙雲が大好きといいますが、
それほど日本人の心を捉えるものをもっているのです。
何が言いたいかというと、「誰が評価するか」ということです。
日本人に愛される趙雲、日本人の人口はたかだか一億数千人、
じゃあ、趙雲の評価が低いかというと、まったくそんなことはない。
趙雲を五虎将軍の中で一番の評価に挙げる人が多い日本人、
諸葛亮孔明が常に趙雲を使ったが如く、敬愛するという事実
そのものを重要視すべきなのではないでしょうか。
ということで、再生回数、登録者数も重要ですが、まこなこさんが
「これは楽しいでしょう」「これはつまらないでしょう」というゲームの本質・原点に
根ざしたプレイをこれからも期待しています。
つまらないものを無理に楽しもうとするのは辛いと思うので、
楽しいは楽しい、つまらないは、つまらないというありのままを受け止めたうえでの
もう一歩なりを提案するにとどめるが良いのではないでしょうか。
とはいえ、評論家であれば分析を深めるべきなのでしょうが、
表現者たる動画実況なので映画、漫画、テレビ、演劇にあるような
「いかに表現するか」
が重要なのではないでしょうか。大衆に迎合しすぎてもどうかと思うし、
しないのもどうかと思いますが、
まこなこさんが、こう思う、こう感じるが主体なのだと思います。
いろいろ書きましたが、これからも期待してます!

投稿者 : しるばーわん

あまり動画は見ていないけど、動画リストからすると
ちょっと光栄のゲームユーザーに媚びすぎたラインナップでマンネリ化していると思いますね。
再生数が多いのが、信長と三国志に集中しているので期待に応えてということなのかもしれないけど、三国無双8の大コケ、今後の光栄の歴史シミュレーションの予定がないなど、この路線だけでは今後きついんじゃないかなあ。
モンハンもほかの配信者に埋もれて再生数は伸ばせないとは思うけど、有りと言えばありだっただろう。

やりたいゲームをやるというのは、そうなんだろうけど
もう少し毛色の違うゲームも取り上げたほうがいいじゃないかな

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール