ゲーム・漫画・アニメ雑誌公称発行部数

  1. ゲーム・漫画・アニメ雑誌の販売数の現状2016年版、嘘偽りのKADOKAWAと週刊文春の状況
  2. ゲーム・漫画・アニメ雑誌の販売数の現状2015年版、コロコロが妖怪ウォッチ効果でミリオン達成
  3. ゲーム・漫画・アニメ雑誌の販売数の現状2014年版、これが妖怪ウォッチ効果
  4. ゲーム・漫画・アニメ雑誌の販売数の現状2013年版、嘘偽りの角川
  5. ゲーム・漫画・アニメ雑誌の販売数の現状2012年版
  6. ゲーム・漫画・アニメ雑誌の販売数の現状2011年版
  7. ゲーム・漫画・アニメ雑誌の販売数の現状2010年版
  8. ゲーム・漫画・アニメ雑誌の販売数の現状2009年版、公称発行部数の実情が分かる例も
  9. ゲーム雑誌の販売数の現状2008年編、勝ち組はVジャンプ、負け組はファミ通と電撃
  10. ゲーム雑誌の販売数の現状2007年編、ファミ通はゲーム業界の恥
  11. ゲーム雑誌の販売数の現状2006年編
  12. ゲーム雑誌の販売数の現状2005年編