まこなこ12周年記念:今後のゲーム業界展望Part1 PS4やXbox Oneなどの去年の読みはどうだったのか

では、まこなこ12周年記念として、今後のゲーム業界展望をしていきましょう。

まずは、去年のまとめから。

去年もまこなこ11周年記念としてゲーム業界展望を取り上げたが、その時の話はどうだったのかを見ていき、そしてこの1年間を振り返ってみたい。

ふむ。

まあ、この1年を振り返るにしても、去年の話を読み返せば、まさにそのままの状況が1年前に話をしていたというくらい、そのままの出来事がこの1年に起こっただけだが。

また自画自賛ですか・・・。

とはいえ、概ね同じような状況になっていたのは事実だろう。

去年取り上げたPS4とXbox Oneについては次のような内容でした。

PS4とXbox Oneとでは価格差によりPS4が序盤は売れるという話をしました。

その後、Xbox OneもKinectを外したバージョンを発売する決断をするのでは、という話もしましたね。

日本ではXbox Oneが売れにくいということも述べています。

将来的には体力勝負でXbox Oneが勝負に出たときにどうなるのか、というところまで取り上げています。

このほかに、エンターテイメント機器として、会員ビジネスの拡充、販売地域の拡充などもテーマに取り上げています。

このあたりは『まこなこ11周年記念:今後のゲーム業界展望Part2 Xbox One vs. PS4の行方』で取り上げた内容です。

このあたりの続きを後日取り上げていく予定だ。

続いて任天堂絡みとして、WiiUはそもそも2014年の年末商戦が一つの山場になるという話をしました。

ニンテンドー3DSは2013年の年末商戦が、特に日本では盛り上がるという話をしましたが、逆に海外は不安材料が多いということも取り上げています。

任天堂の孤軍奮闘ぶりも合わせて取り上げました。最終的には、トントンでもいいのでちゃんと次に繋がる経営を、ということも述べました。

このあたりは『まこなこ11周年記念:今後のゲーム業界展望Part3 任天堂のWiiUとニンテンドー3DSの見通し』で紹介しています。

大体の時期的なものも考えても、概ねその通りになっているだろう。

他にもPS Vitaやソニーについて、PS Vitaに関してはソニーとして見た場合とソフトメーカーとして見た場合の考えの違いなども取り上げた。

日本のソフトメーカーのPS4やXbox Oneに対する取り組みなども伝えており。

と、いうようなことで、この1年を見ていこうとしても、1年前に言った通りなので、いちいち個別に伝える必要もないのかな、と。

だから、自画自賛はやめてくださいよ・・・。

このあたり、1年前を改めて見てもらい、そして今からまた1年から数年位を見ていこうというのが12周年のゲーム業界展望となる。

すでに新世代機が出揃ったこともあり、あまり語れる部分は無いのだが、いくつか取り上げていく。

予定としては、PS4とXbox Oneについて、任天堂関係について、ソニー関係について、ソフトメーカーについて、そしてまとめと5部構成で紹介していく予定。

のんびりとやっていくので、ご了承を。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:まこなこ12周年
1つ新しい話題:まこなこ12周年記念:今後のゲーム業界展望Part2 Xbox One vs. PS4の2015年の動向

『まこなこ12周年記念:今後のゲーム業界展望Part1 PS4やXbox Oneなどの去年の読みはどうだったのか』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/4586

今日はまこなこ12周年記念として今後のゲーム業界展望Part2をお届けします。 テーマはXbox OneとPS4の主に2015年に向けての動向についてで... 続きを読む

さて、次は任天堂関係について取り上げましょう。 まこなこ12周年記念の今まで取り上げた内容は次の通りです。 まこなこ12周年記念:今後のゲーム業界展望P... 続きを読む

まこなこ12周年記念のゲーム業界展望の4回目です。 過去3回は次の通りです。 まこなこ12周年記念:今後のゲーム業界展望Part1 PS4やXbox O... 続きを読む

まこなこ12周年記念のゲーム業界展望の5回目です。 今までに取り上げた4回分は次の通りです。 まこなこ12周年記念:今後のゲーム業界展望Part1 PS... 続きを読む

長々と取り上げてきたまこなこ12周年記念の今後のゲーム業界展望6回目。 今までの5回分は次の通りです。 まこなこ12周年記念:今後のゲーム業界展望Par... 続きを読む

『まこなこ12周年記念:今後のゲーム業界展望Part1 PS4やXbox Oneなどの去年の読みはどうだったのか』へのコメント

楽しみにします
正直前半の読みはほぼ同意で「俺も俺も解ってたw」って感じですが
これからは解りません

自分は最新のゲームソフトもゲーム機も最高に楽しいと感じている人間です
よって冷静ではないです
据え置きが縮小して行ってほしくないと思っている訳です

投稿者 : 匿名

>PS4とXbox Oneとでは価格差によりPS4が序盤は売れるという話をしました。

完全ではないがこれはどちらかというと間違い
「序盤は売れる」というより逆にどんどん差が広がっているので


>その後、Xbox OneもKinectを外したバージョンを発売する決断をするのでは

これ自体はその通りで正解だが、外したバージョンを発売しても差を付けられる一方だったのに注目


>日本ではXbox Oneが売れにくいということも述べています

これは普通に正解


>ニンテンドー3DSは2013年の年末商戦が、特に日本では盛り上がるという話をしましたが、
>逆に海外は不安材料が多いということも取り上げています。


これは△かな
去年の年末商戦は日本で特に盛り上がったこともないが
海外では特に悲惨な状況だったので


>任天堂の孤軍奮闘ぶりも合わせて取り上げました。

これは正解

総評すると
まこなこが去年した予想はまあまあ当たってるし
全く的外れなことは言ってないね

投稿者 : 匿名

昨今のゲームに興味がない人が今後の展望とか語られてもね。
語ったところでみんなが予想できる内容ばかりだし。
箱が国内で売れないなんて外す方が難しいわ。

予想するならみんなが驚くようなことを予想して当ててくれよ。

投稿者 : 匿名

箱1に関しては実質北米市場のみ、そしてVitaは国内市場のみで生息している状態ですね。
この二つの機種が今後どの程度伸びるのか、生息可能なのかが気になっています。

一方でPS据え置きは出遅れた国内ですらPS3→PS4の移行は進むと思われますし、
世界的にPS4のトップシェアは確定しているでしょう。

WiiUの方は残念ながら余命いくばくもないし、延命できる要因も今のところは見えません。
3DSはピークは過ぎても普及はしたのだから今後しばらくは子供向け市場で安定するでしょうね。

やはり見通しが効かないのは箱1とVitaの今後だと思います(伸びるのかそれとも沈むのか…)

投稿者 : だめお

楽しみに待ってます

投稿者 : 匿名

次世代はXbox Oneが覇権をとる
PS4だけは絶対にない

投稿者 : 匿名

>匿名 2014年11月 6日 15:53

まあ、驚くようなことがなかったのだから、そんなの予想することなんて無理でしょうに。

投稿者 : 匿名

日本でのPS4の値下げはあると思いますか?ドラクエ同梱版なども考慮にいれて。買い時を迷ってる人が多くいると考えられるため、是非まこなこの意見をお聞きしたいです。

投稿者 : 匿名

12周年おめでとうございます。
今後もブログの更新を楽しみにしています。
まこなこさんは思った事をストレートに発言するのが個性であり、魅力なんだと思います。

今後のゲーム業界の展望で個人的に興味があるのは、下記の2点です。

・LoLなどのMOBA系ゲームについて
ちょうどファミ通で特集されていますが、日本でもヒットするポテンシャルはあると思うんですよね。ただ、ポテンシャルはあると思えると同時に、きっかけが無いようにも思える。今後どうなるか。

・スマフォゲームのビジネスについて
過去に何度か「無課金でもクリアできる(私もプレイしていますが、プレイ感覚は、縛りプレイをしているような感じですね。これはこれで面白い)」「内容も良くなり、普通に面白い」「UIがスマフォに最適化され、操作性は向上した」等々、前向きなコメントを書かせていただきました。
しかし、だからと言って全肯定している訳では無く、依然CSゲームと比較して、提供したサービス以上の対価を受け取っているように思えます。サービス内容に対して、儲け過ぎている。
しかも、儲け方が少し歪な気がするんですね。人の心理の弱い部分を巧みに突いてくるような方法であったり、無課金でもクリアできるようになった分、収入が一部の重課金者に依存していたりとか。
この辺りの点が、いずれ改善されるのか。儲け過ぎな現状が適正化されるのか。また「基本無料、課金あり」では無い、フルプライスのゲームや、毎月定額の利用料金で遊べるゲームなどが、スマフォで成功する事は今後あり得るのか。任天堂なら成功例を作れそうな気がするんですが……。今後が気になるところです。

投稿者 : Hachi

>投稿者 : 匿名 2014年11月 7日 21:47

バンドルはあると思いますが、完全な値下げは当分無いと思います。
PS4は初期型からかなりコンパクトな作り(ロケットスタートがきれた一因ですね)になっているので、これ以上の小型化はかなり難しいのが現状だと思います。
もちろん量産効果もありますし、部品の見直しとかはやっている様ですが、小型化が難しい以上、PS2やPS3の時と同じ様なペースでの値下げは無いんじゃないかと予想します。
対してXB1はまだまだ小型化の余地があると思うので、コンパクトにできれば値下げにつながるかもしれません。
両ハードの分解記事を検索してみると面白いですよ。
さすがはハード屋、ですかね。
クラウドゲームサービスだと、そのアドバンテージを活かせなくなっちゃいますけどね。

投稿者 : Hachi

>Hachi 2014年11月10日 06:44

XB1の値下げの可能性はある、という事は
それは同時にPS4の値上げの可能性もある、と言えないでしょうか?
PS4の方が先に動く事はほぼ無いと思うんですけど、
XB1が動いたら、それに付き合わざるを得ないのでは?

投稿者 : うむ。

>XB1が動いたら、それに付き合わざるを得ないのでは?
>投稿者 : うむ。 2014年11月10日 20:28

結論から言うと、近い内に短期的な値下げはあっても、完全な値下げはまだまだ先だと思います。
XB1のコンパクト化による値下げの話ですが、これはあくまで可能性の話なので、必ずそうなるといったものではありません。私がMSの人間なら、技術者を雇ってでもそうしますけどね。
なので、近い未来にある値下げは、ほぼ逆ザヤでの値下げになってしまうでしょう。MSは企業体力があるからこれができますよね。
まこなこさんも仰っていますが、ソニーの場合は会社本体の財政が厳しいので、PS4で儲けられるだけ儲けたいと言うのが本音です。
値下げしなくても売れているのであれば、価格を下げる事は無いでしょう。
なので、PS4の値下げがあるとしたら、PS4の売上の伸びが悪くなった時だと思います。
XB1の値下げがPS4の売上に大きな影響を与えるレベルになれば可能性はありますが、現状普及台数が二倍差位になってしまっているので、ソニーが慌てて値下げする事はあまり無いんじゃ無いでしょうか。
それでも完全な値下げが早い内にあるとしたら、ブルーレイディスクなどを安価な物にしたバージョンとかだと思います。ひょっとしたら、ブルーレイ無しバージョンとかもあるかもしれませんね。それでもPS2の頃のように劇的に原価は下がらないので、値下げのペースは遅くなるかと。

投稿者 : Hachi