ナムコの創業者、中村雅哉氏が逝去、その思い出話

ナムコの創業者の中村雅哉氏が亡くなられたというニュースが入ってきました。

91歳でお亡くなりになったとのことです。

何か言いたいこと、ありますか?

ナムコの株主総会で見かけた程度なので、あまり詳しくは知らないけど、その時の話でもしておこうか。

何かありましたか?

ちょうど、ソニーの元社長の大賀典雄氏が亡くなり、報道で巨額の退職慰労金が出るという話があった。

それに絡んで、株主から、ナムコはどうなんだ、という話があったんだよね。

確か、16億円という話でしたね。

その時の回答で、私はもっともらいますが、みたいな話になっていて、株主全員で笑ったという流れがあった。

自分で言ってしまいますか・・・。

創業者で、あそこまでの規模の会社を作っているのだから、当たり前と言えば当たり前なのだが、株主の中にはそうした批判めいたことを言いたい人もいた。

そうした中で、より大きい額になるという話を自らしたのは面白かった。

ちなみに、その後、退職慰労金制度が無くなったのだが、その時点で20億円ほどの金額が積みあがっていた。

全部が中村雅哉氏のものではないだろうけど、たぶん18億円くらいは該当したのではないかと。

2003年6月21日『セガは幼稚、テイルズオブシンフォニアはオススメ!?他』で、その話をしていますね。

14年前の出来事です。

直接的な印象は、そうした株主総会での出来事しかないのだが、ゲーム業界の偉人であることは改めて言うまでもないだろう。

あとは、あれだな。

あれとは?

「塊魂」のパッケージ。

「みんな大好き 塊魂」のパッケージにご本人が写っていましたね。

2005年7月7日『「みんな大好き塊魂」のパッケージの謎に迫る』で取り上げました。

と、いったところか。

バンダイナムコに合併してからは、ご本人を見かけることも無くなってしまった。

こうしたゲーム業界を支えてきた人物からはより多くの話などを聞いてみたかったんだけどね。

そうした機会が減ってしまったのは残念。

株主総会絡みでは、2004年『ナムコの株主総会に行ってきた』、2005年『ナムコの株主総会に行ってみたPart1』『ナムコの株主総会に行ってみたPart2』で取り上げています。

ちょうど、2005年の株主総会が、従来のナムコとしての最後の株主総会となりました。

やはり、創業者は単なる外からきた社長やプロパーの社長と比べていろいろと面白いところがあるので、そうした人の話はできる限り聞いていたいものだ。

今だと、ゲーム業界大手で残すのはコーエーテクモの襟川夫婦と、カプコンの辻本憲三氏くらいなので。

一応コナミの上月景正氏もいるけど、ゲーム関連で話をすることはほとんどないだろうしね。

それぞれ、60代、70代といった年齢。

だからこそ、去年の東京ゲームショウ2016の講演は貴重だったんだよね。

と、いうことで、ささやかな思い出話ではあるが、今回の話を終える。

ナムナム。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)の名称が任天堂のネーミングセンスのなさを表していて悲しい
1つ新しい話題:FF7発売から20年、PSが売れたきっかけと言われるが、本当にそうなのか

『ナムコの創業者、中村雅哉氏が逝去、その思い出話』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/5096

『ナムコの創業者、中村雅哉氏が逝去、その思い出話』へのコメント

マジでこれは南無ナムコですな合掌

投稿者 : 匿名

この方も襟川夫妻、宮本氏、堀井氏とか作り上げてきた世代は常に前向きになのに、遊んできた世代の30・40代の一部がネット上とはいえ批判ともいえない理不尽な言いがかりを声高に叫ぶ現状はなんだかなと思いますね。

投稿者 : 匿名

ちょうどまこなこ読み始めたころの記事でほっこりした>セガ幼稚
魅力的な若い世代が作ったゲーム会社がナムコのような大家になっている感じがせず、世代交代は当たり前なのに創業者がなくなったことが大きな喪失な気がしてしまいます。
(ナムコの実体が大家でなくなったことはおいておいて

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール