ニュースーパーマリオブラザーズWiiが初週でミリオンあとわずかに!なぜ他のメーカーのソフトはWiiで売れないのか

2009年12月8日:ニュースーパーマリオブラザーズWiiが初週でミリオンあとわずかに!なぜ他のメーカーのソフトはWiiで売れないのか
投稿がありましたので紹介します。

『『New スーパーマリオブラザーズ Wii』が既に初週でミリオン間近だそうですね。発表によれば、2009年12月3日~12月6日の4日間での販売本数は93万6734本らしいです。年内でミリオン突破して、どこまでいきつくでしょうね、マリオは。Wiiではゲームが売れないなんて馬鹿な事を言う人もいますが、Wiiでもゲームは売れるのですよね。マリカもダブルミリオン突破してますし、モンハンも初代太鼓の達人Wiiも売れてます。(達人2代目は、企業の売る気の無さのせいでまーったく売れてませんけどねwww)まあ任天堂のブランド力が凄すぎる事と、実質的に任天堂以外が新型コントローラを使いこなせていない事。これらによって他社ソフトの魅力が薄れている事が、任天堂ハードにおける現状を産んでいる要因だと思います。PS時代を経てクリエイターの質が下がっていた事実。(新しい物を産み出す力の低下)きっと、これが全ての真実なのでしょうね。』(投稿)

先に関係ない話するけど、「w」を連続で書いている場合、基本的に載せないので予め言っておく。今回はある程度の量を書いていたので取り上げるけど。コメントなどにも「www」とかあった場合はそれだけで未掲載の対象としているので。
詳しくは『コメント、トラックバックのルール』をご覧ください。
そうした話はさておき、「ニュースーパーマリオブラザーズWii」が約94万本と、初週でミリオンを狙う数字を出していますね。さすが任天堂といったところです。
ちなみに、投稿の数字はエンターブレインの数字ですね。
11月18日『ニュースーパーマリオブラザーズWiiのTVCMが好評』で触れたけど、一部では品薄になっているようで。ネット系では特にその傾向がみられる。amazon.co.jpでも品切れで別店舗の情報が掲載されている状況ですな。

画像

■ニュースーパーマリオブラザーズWii

発売日:2009年12月3日
価格:5800円

※画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

今後、毎週出荷されるようですし、そうした機会を逃さず購入していきたいですね。
で、まず、なぜこれが売れたか、というところを取り上げる必要がある。
なぜでしょうか?
やはりTVCMの妙だよな。
妙?
巧みということだ。TVCMによって、普段ゲームをしないユーザーなども購入したわけだ。そもそも、Wiiがなぜ売れたかというと、「Wiiスポーツ」や「Wiiフィット」など、コアなゲームユーザー意外を取りこんだからに他ならない。そうした層に対して適切なPRを行うことで、がっちりと呼び寄せることができた。それがこの「ニュースーパーマリオブラザーズWii」に現れていると言える。
ふむ。
少し前から語っているように、これが売り方、というものなんだよ。ちゃんと製品を作り、そしてそれをしっかりと告知していく。この両輪をもってして、初めて物を売ることができるわけだ。それを今までのゲームメーカーはないがしろにしていたわけですな。面白いものを作ったのだから売れるだろう、という安易な発想でさ。別にセガとかマーベラスエンターテイメントとか具体例を出す気はないけど。
出てますが…。
マリオというブランドもあり、そして売るための努力を行っている以上、売れないことの方がおかしい。売れて当然というわけだ。
ここからは投稿で述べられている話に入りますが、Wiiでゲームが売れないという話が良く出ますが、これはおかしいという論調ですね。この点はどうでしょうか?
ゲームらしいゲームが売れないというのは事実だろう。この「ニュースーパーマリオブラザーズWii」はなぜ売れたか。それはマリオだから売れたのであって、もし、このキャラクターがまったく別のオリジナルのキャラクターだったら売れなかっただろう。他のソフトに関してもそうだ。「モンスターハンター3」も、PSPで爆発的に売れたタイトルの続編だから売れたのであって、ゲームが評価されて売れたわけではない。
そういう話になりますと、キリがないような気がしますが。
ゲームらしいゲームが何を指すのかにもよるけど、たとえば任天堂が出している他のタイトルで、ゲームユーザー向けと思われるタイトルで、まったく売れていないものが多々あり。人気タイトルだけ見ると売れているように見えるけど、やはり売れていないものがあるのは事実だ。それは他のメーカーが、ではなく、任天堂のソフトでも同様。結局は、ネームバリューのあるタイトルは売れるというだけの話で、サードが云々ではないだろう。
Wiiの独特の操作を活かせていないという話はどうですか?
任天堂でも活かせたソフトは「Wiiスポーツ」シリーズくらいなものだろう。そう考えると、任天堂も他社もそうそう変わらないよ。それよりかは、自社で新たに開発した「バランスWiiボード」など、初期の構成とはまた異なるものを作って売って言っているわけだし。サードメーカーではそこまでする資金力も無いことから、手の打ちようがないというのが実情だろう。
確かに、あのリモコンに適合したソフトは「Wiiスポーツ」くらいですね。
そもそも、任天堂が自ら作りたいゲームに適合させたゲーム機がWiiなわけで。他のゲームメーカーからすれば、別にこのゲーム機に適合したものを作りたかったわけではない。任天堂は発売前からこのゲーム機に向けたソフトを作れたのに対し、他のメーカーは何の準備も無くこれが出るから作りなさいと言われた状態であるため、後れを取ること自体当然と言える。
そういう考え方もありますね。
もっとも、開発も2順3順となっても適切なソフトを出せていないのは問題ではあるが。
……。
今回だけを見て任天堂がすごいというより、今回はすごい、しかしそれ以外に満足にできていない部分もあるのだから、トータルで見るとどうかね、ということも把握しておかないとね。そうでなければ、株価がピーク時より3分の1になるなんてありえないから。やはり、どこか問題を抱えている。それに対して、任天堂がどう動くのか。これが今後のポイントとなるだろう。近視眼的に物事を捉えず、もうちょっと広く見る必要があるだろう。
最後にクリエイターの質が落ちたという話もありますが、これはどうでしょうか?
みんな、PS3やXbox360に行っているのでなんとも。まあ、PS3でもXbox360でも、世界的に売れているソフトが乏しいので、質が落ちているというのは事実かもしれないが。その点、もともと世界的に売れていた任天堂は強いですな。
International Ranking』でも多くの国で「ニュースーパーマリオブラザーズWii」」が上位になっていますね。
でも、今現在、アメリカでディズニーの「Club Penguin: Elite Penguin Force」というタイトルに負けており。さすがディズニーといったところなのか。
そういうところも把握できるのが、このランキングの面白いところですね。
いずれにしろ、任天堂は任天堂で頑張っているし、日本メーカーとして応援していきたい。
なんで最後に殊勝なことを…。
いやあ、任天堂のおかげで我々日本人の評価もうなぎのぼりである。ありがとう、任天堂!!
他所のネタをあまり面白くない方向にパクらないでください…。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:PS3を使ってブルーレイやDVDを時間短縮視聴
1つ新しい話題:鉄拳6のオンライ対戦のトラブルが解消、それだけで良しとすべきか

『ニュースーパーマリオブラザーズWiiが初週でミリオンあとわずかに!なぜ他のメーカーのソフトはWiiで売れないのか』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/2775

『ニュースーパーマリオブラザーズWiiが初週でミリオンあとわずかに!なぜ他のメーカーのソフトはWiiで売れないのか』へのコメント

でも日本のサードはHD機の高性能も活かしきってはいませんよね、技術的にも資金的にも。

まず日本でしか売れないタイトルに性能が活きる程の予算をかける事は出来ませんし、どうせアニメ調のキャラゲーしか売れないのなら、そこまでの高性能は必要無いように思います。

海外メーカーが本気で作った超メガヒットの洋ゲーですら赤字だらけなのを考えると、HD機の性能は現時点では無駄な性能と考えていいんじゃないでしょうか、収益を上げる為には手抜きしないといけない状況なんですから。

もしくはPS3の世代がこれから5年以上続いたなら、その頃に性能と採算が釣り合ってくるのかもしれません。
現状を考えるとPS4なんて実現不可能な話に思えますし、携帯機がより主流になっている可能性もありますね。

投稿者 : 匿名

世間は任天堂製以外のハード・ソフトは「まがい物」「パチモン」「バッタモン」以外の何者でもないと認識しております。
もう任天堂以外の全メーカーは「任天堂に買収される」か「廃業(倒産・撤退etc…)」以外の選択肢しかないかと?

投稿者 : 匿名

>PS時代を経てクリエイターの質が下がっていた事実。(新しい物を産み出す力の低下)
これも延々と念仏のように唱える人達のおかげで完全に既成事実化しましたね
PS系列からの離脱で任天堂宗派の方々が大喜びしたMH3だってPS時代のものなんですがね

投稿者 : 匿名

「w」を連続で

投稿者 : 匿名

CMなどが上手いってのは同意見だけど、マリオだから売れたってのはどうだろうな。
まあ、確かにマリオだから売れ行きに加速は付いてるとは思うけど、実際の所はCMで、みんなで遊んで面白そうって感じを出したのが大きいのでは?
現在のゲームの傾向はオンラインゲームなどから見て分かるとおり、複数人で遊ぶゲームってのが重要な位置づけだと思う。
それをちゃんと表現できたCMだから、こんなに早く結果が出たんだと思う。
普通のCMやってたら、いつかはこの本数に届くだろうけど、もっとゆったりとした売れ行きだったんじゃないかなと。
名前だけで売れるだろうってのは、某RPGの方だと思うけどね。CMも何種類あるのか知らないけど、俺が見たやつはヤバかった。ゲームが出るから教師が学校休むってCMだったけど、悪影響を与えるゲームってイメージにしてどうするのかと。
まあ、それでも名前で、それなりの数は売れると思うけど。

投稿者 : K

貴重な投稿者に説教ですかvv
自分ルールうぜえ
まあいいや

Wiiは子供のおもちゃです。いい意味で。
クリスマス時期で他にWiiに有名タイトルがないとなれば
マリオに集中するでしょ。世のお父さん、お母さん方は。
もっとも普段はゲーム買わないんだろうけど。
なので、マリオはクリスマスを控えてまだまだ伸びる。

ファミ痛で「マリオ」だから40点満点とはこういうことを言うのだな。
だいぶ前に出たPS3のLBPなんかWiiマリオの2歩先くらい行ってると思うのだがね。
クオリティ低いソフトがバカ売れするのは微妙な気分。

投稿者 : 匿名

いまだにマリオ・・・・

任天堂は売ることへの努力の何十分の一かで良いから、真面目にゲームをクリエイトすることを考えてもらいたい。

ここまで売れたタイトルに固執してるのって任天堂だけ。
変えると売れない(売れなかった)からって、同じ手法に固執しすぎ。
キャラクターを大事にしてるとかって次元じゃないし。

なまじデカいから、信長と三国志と無双だけのコーエーよりもひどい。

投稿者 : 匿名

このペースだと300万くらいは行くかな

投稿者 : 匿名

ゲームは好きだけど3D空間を動きまわるゲームは苦手(面倒くさそう)と言う人が意外と多いので今回のようにサイドビューのマリオが売れたんだと思います。
据え置き機ではゲームやらないけどケータイのちょっとしたゲームをやる人は周りにけっこういるもんで・・・

投稿者 : 匿名

サイドビューアクションとしてLBPは非常に革新的で素晴らしいゲームだけど、日本では売れなかった
これはやはりキャラの問題もあるし、ネームバリューもないし、宣伝も良くなかった。
この辺りは非常に良い対比になりますね。
さて、投稿者の方は勘違いしていますが、Wiiでゲームが売れないとは余り言われてませんよ。サードのゲームが売れない、サード殺しとは言われていますけども。
モンスターハンター3というPS2でヒット、PSPで大ヒットしてきたゲームの続編が唯一の例外ですね。

投稿者 : 匿名

今回は逆にマリオではなくてはダメでしょう。マリオブラザーズの系統なんだから。

バンクーバーのやつとかはマリオはいらないですがね。


TVCMの量は異常だった。今年の広告費はトヨタこえるんじゃないか(笑)

投稿者 : いちたすには

Wiiでゲームが売れない、というのはやはり間違いではないと思う。
 たしかに、モンハンやマリカー、今回のマリオなどすごく売れているものはある。しかしそれ以外のソフトを少なくともボクは全く知らない。買ったWiiはもう半年以上電源を入れておらず、以前入れたのも久々にスマブラを、という感じでだった。
 据え置きハードで一番売れているハードがWiiであることは否定しないが、モンハンやマリオなどネームバリューに乗っかっているソフト以外は売れていないのも事実だと思う。
 
 ボクの結論としても、GCの頃と変わらず、みんなでワイワイ遊ぶ、というならWiiだが、少なくともゲームを楽しむならPS3や箱の方がいいように思える。

投稿者 : 匿名

日本のソフトは世界シェア20%を割ったらしいですね
PS3ですら国内ミリオン無じゃ当然だと思いますが

投稿者 : 匿名

>ネームバリューのあるタイトルは売れる
FFは?FFCCCBだっけ?
他のマリオシリーズとの比較は?
売れるか否かは単一要因じゃないのだろうし、複数の要因間の相互作用もあるだろうな。

投稿者 : 匿名

>もしくはPS3の世代がこれから5年以上続いたなら、その頃に性能と採算が釣り合ってくるのかもしれません。

絶対ありえんありえん
据置機なんてニッチですらなくなる事確定なのに

投稿者 : 匿名

サードは売る気が無いんだよ。
好き好んで地雷を踏む事も無いしな。
他のハードで売れてればいいんじゃないかなぁ。

投稿者 : めろんぱん

>投稿者 Anonymous : 2009年12月09日 08:38
>貴重な投稿者
貴重。(笑
出た何様、こう云う時に自演乙って書けば良いのか?

>自分ルールうぜえ
人のサイトに書かせてもらってて何言ってんだかな。
そこでのルールもマナーも守れないなら大人しくROMってろよ。

投稿者 : 匿名

マリオ見る限りWiiで売れないとか言い訳作りたいだけ
だろ、ミリオン行くユーザーキャパはしっかりあるんだから、
「良作品を出せてるか」+「売り方」がうまくないだけだな。
どのハードもそうだが良作云々の前に、存在さえ認知されて
ないソフトが多いこと、宣伝広報に問題ありとしか・・・。

投稿者 : 匿名

本数は出てないのでまだ知りませんが、
戦国無双3もファミ通速報で4位に位置づけられていました。
真琴さんが北斗でちょっと悲観していた無双シリーズが好調である事も、
Wiiでもゲームが売れる可能性があるという事を示していると思います。

また、マリオだから(労せずとも)売れるというわけでもないのでしょう。
ポケパークWii ~ピカチュウの大冒険~
これは同速報では7位でした。
いくら本編とは違うといっても、
ポケモン(ピカチュウ)だったら何でもかんでも馬鹿みたいに売れるというわけではない、
という事をきちんと示してくれたわけですね。

で、真琴さんがいうように、
やっぱりTVも含めたCMなど、いかに宣伝を行って周知徹底を行い、
かつ同時に面白そう!・欲しい!などと思わせられるか、の問題になるのでは?

任天堂の他作品、実はマリオほどCM展開などがシッカリとはしていない物があるんですよね。
任天堂でも物によってピンキリというのが現状だと思います。

まあ有名企業+ネームバリューというダブルファクターなら、それだけでも売れる可能性は出てくるかもしれませんけど。
今回の任天堂+マリオも、それによる水増し分が少なからずあるはずですからね。
しかしポケパークが売れてないことを考えると、やはりこれだけではダメという事になるのでしょう。

以上の事から考えると、
ネームバリューだけでは売れない。
そして、
有名企業の作品だからといっても何でも売れるわけではない。
こういう答えが導き出されるのかもしれませんね。

結果的に、真琴さんの言う「売り方」の問題に行き着くのかもしれません。

>投稿者 Anonymous : 2009年12月09日 23:29
それワタシじゃないですよ。
2chとかにもよくいらっしゃるんですが、
安易に他人を誰か別の人と同一視するというのは、正直ナンセンスだと思います。
匿名性のある場所では、確かに誰が誰かはハッキリしませんけどね。

投稿者 : 投稿者

そうしてCM打ちまくったFFCCは目も当てられない結果だった
仮にFF13がミリオンいったとして、ミリオンいかなかったPS3の他のタイトルは宣伝不足ってことになるの?ならないでしょ。
SFC以来の据え置きで遊べるスーパーマリオだよ?FF・DQのナンバリング以上のネームバリューだろ。従来のゲームのミリオンはスマブラがとっくの昔に叩き出してるんだから、マリオが売れたって状況は変わってないよ
Wiiでソフトが売れると認識が改まるとすれば、戦国3とかTOGみたいなそこそこブランド力のある中堅タイトルがしっかり売れてくれるかだろ

投稿者 : 匿名

CM効果なんて任天堂みたいに製作の数倍も金突っ込めるのと
他社の比べても仕方ないよ

そもそも金かけないのがWii製作の利点だろ
製作費が安く人材も2軍で十分
本体売れてるんだから宣伝に力入れなくてもそこそこいく
…はずだった

実際はWiiオンリーユーザーは
任天堂ゲームぐらいしか知らず
全機種持ちみたいなのは
Wiiのゲームなんか選ばない

投稿者 : 匿名

と言うかFF13がミリオンいくかすらも危ういだろ

せいぜいMGS5越え程度で終わりそうだけどな

投稿者 : 匿名

投稿者 Anonymous : 2009年12月10日 19:25

CM打ちまくればいいってもんじゃないでしょうよ。
そのCM見て欲しいって思わせないと。
FFCCはFFファンから見ても、RPG好きから見ても、Wiiのゲーム好きから見ても微妙な空気漂わせてた。
と言うかどういうゲームかサッパリだった。
自分から情報収集するゲーマー層目当てだろうと、そうでなかろうと、興味を惹くための釣り餌を用意しないと。

ましてやWiiは映像美では勝負できないんだから、ただ映像流すだけじゃ興味なんて引けない。
以下は余談気味だけど、罪と罰2なんかも、せっかくスピード感溢れる良いゲームなんだから、よくわからんストーリー的CMより、ゲーム中の激しいアクションと操作してる人の映像を見せるべきだった。

やはり広告力ってのは重要だと思う。

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール