ガンダムバーサス 評価レビュー ゲーム性が悪化したけど、ガンダムゲームとしてなら遊べるんじゃないか?

「ガンダムバーサス」が発売されてしばらく経ったので、久しぶりに評価レビューでも述べていこうと思う。

「ガンダムバーサス」は7月6日にPS4用ソフトとして発売されましたね。

長年続いてきたシリーズで、2対2の対戦プレイが特徴的です。

今作では3対3で遊べる要素も追加されています。

どうでしたか、実際にプレイしてみて?

このゲームを語る上ではいくつかの要素があると思う。

一つは対戦ツールとしての要素。

もう一つはガンダムというコンテンツのゲーム化ということ。

ガンダムというコンテンツのゲーム化という点では、それぞれ好みもあるだろうし、あまり言っても意味がないので、今回は述べずにおく。

あくまでのゲームとして、対戦ゲームとしてどうなのか、ということにポイントを絞って取り上げていく。

なぜ、ガンダムという要素を取り上げないのですか?

キャラゲーなんて、ゲームとしての面白さにはなんら影響を与えないからだよ。

それこそ、今回のゲームの中に自分の好きなガンダム作品が出ていないから評価が悪い、と言えてしまうから。

逆に、好みに適していると、それだけで40点を出すゴミみたいな結果が出てしまうわけだ。

40点って、どのゲームのことでしょうか・・・。

そういったのを無しに考えるならば、やはりゲーム性の部分に絞って見たほうがいいだろう。

なので、メインとしてゲーム性について語っていく。

ゲーム性に関しては、過去のガンダムVSシリーズと大きく変わりませんので、それこそ完成されたゲーム性に対してとやかく言えるところも少ないのではないでしょうか?

その通りで、ゲーム性自体は基本的に大きな文句は出ない。

それが過去のシリーズのままであればね。

ということは、今作で変わった点についてですね。

今作ではストライカーという仕組みが追加されました。

プレイヤーは自分が操作する機体だけでなく、補助となる機体を1つ選べ、その機体からも攻撃を発することができます。

これにより、プレイの幅が広がるといえます。

このほかには、先に挙げたように3対3のルールも加わっています。

まずは、ストライカーシステムについて取り上げる。

このシステムが追加されたことにより、絶望的にゲーム性が悪化したと言ってもいい。

絶望的ですか・・・。

発売日の段階で、機体の調整ってやはり全部が全部、しっかりできるということはないと思う。

そのため、今後、バージョンアップを繰り返すことで、よりよくなっていくのだが、ストライカーシステムの導入により、どう足掻いてもよくなる可能性が無いという。

何でですか・・・。

ストライカーシステムで登場する機体も調整すればいいじゃないですか・・・。

そもそも論なのだが、自分が操作する機体って、ある程度特徴が与えられている。

例えば、格闘向け機体であったり、射撃向け機体であったり、万能型であったり、援護型であったりとね。

だけど、ストライカーシステムによって、その大枠が崩れてしまった。

格闘向けであっても射撃の強いストライカーを使えば射撃も可能になる、といった具合に。

しかも、ストライカーの中には強力な効果を発揮する機体もいくつか存在する。

そうした状況で、今後バージョンアップで調整していくとなると、それこそストライカーシステムの機体すべてを大幅に弱体化しない限りは対応できないと思うんだよね。

あと、ストライカーシステムがあることによってメリットを多く受けられた機体と、そうでない機体の差も大きく。先の格闘機が射撃も可能といったのもそうだし、敵の動きを止める系のストライカーであれば、より格闘機との相性がいいといった具合に。

一方、前作に当たる「エクストリームバーサス」シリーズで存在した援護系機体を呼び出して攻撃をしてもらうような機体も、ストライカーシステムが搭載されることで削除され、代わりに導入されたものは大したものでなくなり、大幅に弱体化を余儀なくされてしまった。

このため、強い機体が強くなり、逆に、呼び出し機体を用いて戦えていた機体が弱体化して戦いにくくなった。

それに代わる何かの武装が追加されていればまだよかったものの、そうした配慮もなかった。

ですが、新作ですから、そうした機体の強さは変わってもおかしくないと思いますが?

だが、年月を経て調整してきたものを、あえて捨てる必要もない。

捨てた結果、さらにバランスが悪化しては意味がなかろう。

捨てて、よりよくなるのであれば、話は別だが。

このストライカーシステム、例えば初代ガンダムシリーズであれば、初代ガンダムシリーズの機体をストライカーにできる、といった具合に制限を設けていれば、まだ調整によって対応できるけど、一度入手したストライカーはすべての機体で使えるようにしているため、どう調整してもメリットを享受しすぎる機体と、そうでない機体との差が出てしまう。

ストライカーシステムに合わせて機体調整をしていくにしても、それはさすがに限度がある。

もう、バランス面で、特にストライカー絡みでの調整は難しいよ。

単にストライカーを弱くして、無効化するくらいしかない。

あとは・・・。

あとは?

設定でストライカー禁止のルールを作ってプレイをできるようにするとか。

これなら、すべての機体が一応平等になるので。

今作の目玉がなくなってしまいますが・・・。

それくらい、バランス取りが困難な仕組みを導入してしまった、ということだよ。

もう一つの目玉の3対3はどうですか?

実際にどれくらいの人が楽しんでいるかは知らないけど、このゲームの仕組みが2対2を基準として作られたもののため、ゲームとしてどうしても粗が出てしまう。

具体的はサーチシステムの部分でね。

敵が2体の場合は交互にターゲットを切り替えられるので、現状のシステムのままでもよいのだが、さすがに3体に対してボタン操作のみでターゲットを切り替えるとなると、即座にターゲットしたい敵に切り替えるのは困難になる。

このあたりの問題は、過去のシリーズの中で敵が複数出てくるマップでの戦いなどでも存在していた問題なのだが、その際は一人プレイなので、まだどうにかなった。

しかし、対人戦で、この3対3を本気でプレイしてもらうほどにするのであれば、現状のサーチ切り替えシステムでは対応できない。

なので、あくまでもお遊びとしての3対3であって、がっつり対戦プレイを楽しみたい人向けのゲームではない。

遊べることは遊べるものの、本格的ではないということですね。

最後に、一番の問題点を取り上げよう。

それは何ですか?

これはベータテストの時代から言っていたし、直近の体験会の時も言ったけど、対戦が開始されて各種の情報が表示される時間があまりにも短すぎるということ。

今作では敵の機体、そのコスト、連勝数など、必要情報ですらチェックが困難で、さらに、重要なストライカーの情報も加わり、余計把握が困難だ。

ストライカーの内容によって、対戦の内容を大きく変えなければいけないのに、そうした必要情報を満足に把握する間も与えられず、戦場に放り込まれてストライカーによるわけのわからん倒され方をしてしまう。

たぶん、この問題点は多くの人が指摘していただろうに、それにもかかわらず、製品版ではわざわざ特殊なエフェクトをかけてそうした事前情報を表示させ、情報自体の表示時間はなんら変わっていないという、まったく理解に苦しむ対応をしてきた。

こうした対応しかしてこない開発に、どこまで今後、期待できるのか、ものすごく疑問。

この問題自体は、表示時間を延ばす、ということで対応できるので、早急にやってもらいたいものなのだが。

あとは、表示自体を見やすく。

どうでもいい情報をすし詰めにして、必要情報をわかりにくくするのではなく、もうちょっとゲーム性に直結する部分に絞って表示してもらいたいものなのだが。

こうした話を聞くと、全体的に好ましくないゲームのように思いますが、実際はどうなのでしょうか?

単なるガンダムゲームと考えるなら、十分遊べるんじゃない?

それこそ、最初に述べたように、キャラクターゲームとして考えるならさ。

自分の好きな機体を用いてオフラインモードを遊ぶとか、仲間内で3対3を遊ぶとか。

ガンダム好きが気軽に遊ぶのであれば、遊べることは遊べるよ。

それこそ、ガンダムが登場するので、40点、って具合にさ。

ただ、せっかく今まで築いてきたガンダムVSシリーズの対戦部分を考えると、よりよくなってもらいたかったのだが、ゲーム性という部分では下がったと言わざるを得ない。

この他にも、シリーズの立ち位置として、「ガンダムバーサス」というシリーズの1作目になるわけだから、もうちょっと初心者にも受け入れやすいものにするのかと思っていたのだが、まったく真逆に向かっていたのもどうなのかと。

覚醒も2つ用意しているし、ボタンが増えて操作も複雑化しているし。

どんどんとコアな内容にしていって、一部のユーザーのみが遊べばいい、というような、家庭用ゲーム市場の縮小の構図をそのまま進んでいるのもどうなのかと。

ガンダムVSシリーズは長年やってきていたし、2対2の戦いのゲームとしては稀有な存在だったので応援はしていたのだが・・・。

実際にどのように受け止められたのかは、今後の売れ行きやユーザーの評価次第ですね。

ユーザーの評価は、結局は、自分の好きな作品が出ているかで、結構狭まってしまうので、これはこれで問題なんだけどね。

だからこそ、今回の評価レビューでは、ゲーム性の部分のみに、特に今作で追加された部分について取り上げてみた。

今後、バージョンアップはやっていくだろうから、そうしたなかで、より良くなることを願っているよ。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:JASRACがゲーム実況を阻んでいるという誤解と、ガンダムバーサスは何が問題なのか
1つ新しい話題:ガンダムバーサスでガンダムVSシリーズは終焉か、ブランド毀損が止まらない

『ガンダムバーサス 評価レビュー ゲーム性が悪化したけど、ガンダムゲームとしてなら遊べるんじゃないか?』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/5182

「ガンダムバーサス」の売れ行きが明らかになったようだね。 初週の販売本数は12... 続きを読む

『ガンダムバーサス 評価レビュー ゲーム性が悪化したけど、ガンダムゲームとしてなら遊べるんじゃないか?』へのコメント

バンナムさん「無料で遊べちまうんだ!」

投稿者 : だっち

格闘機に狩られたんだなとしか思えないレビューすごいですね。
ストライカーよりダイブのがステダイブ安定すぎてゲーム壊してるでしょ

投稿者 : 匿名

あの作品なんでないの?とか、ありますしね…。
小説やコミックだけの作品はともかく、映像作品は一通り入れてほしかったかも。
あと機体数が優遇されている作品とそうでない作品の差もおおきいなと。

投稿者 : 匿名

アマのレビューなんかも含めてなんだけど、毎度ガンダムゲーのレビューは
ゲームの面白さはまぁ普通、作品やキャラに偏り多い、ゲームバランスが少し?おかしい、
DLCの値段や中身が不満、作業感が強い、シリーズものだとマンネリ、みたいな感想で
マニアほど発売日に買わないで1週間ぐらい様子みて買えばいいのに思ったり。
しかも、ガンダムゲーはプレイ自体が苦痛とかバグまみれみたいな地雷もたまにあるし。

ガンダムのゲームって1週間で値下がりで定価で買うものでもないと思うんよね。

投稿者 : 匿名