DQ10、バージョン3.1後期のバージョンアップでプレイヤーの離脱率の把握が可能、その方法は?

DQ10のバージョン3.1後期がまもなく公開されるとのことだが、ここで1つ、興味深いものがある。

バージョン3.1後期は10月28日公開のようですね。

何か面白いコンテンツでも追加されるのですか?

いや、面白いコンテンツは追加されないのだが。

・・・・・・。

それ以上に、一度酒場登録が一斉解除されるというものがあり、これが面白い結果をもたらすのかな、と。

こう思うわけだ。

酒場登録の解除がなぜ面白いのですか?

一度酒場登録しておくと、そのままプレイをやめていてもデータが残り続けるのだが、それがいったん解除されるとなると、すでにやめた人のデータが酒場から消えることになる。

そして、プレイしている人は、酒場登録をし直すので、酒場に登場する。

今もプレイしている人は酒場にいて、プレイしていない人は酒場から消える。

これにより、今現在の最新のプレイヤー状況が把握できることになる。

ですが、全体の数字なんてわからないじゃないですか・・・。

そこは、チームやフレンドの状況で確認できる。

具体的には、スマホアプリの「酒場サービス」で、レベルを1からその時点での上限までに設定し、さがす対象を「チーム」か「フレンド」に設定。

これで検索すると、チーム内、もしくは、フレンド内で酒場登録をしている人の大半が表示される。

全部でないのは、すでに借りられる枠数が上限に達していると表示されないことと、チェックした時点でプレイヤーがログインしていると表示されないから。

なので、人が寝静まった時間帯にチェックすると、大まかな数字は把握できるだろう。

仮に250人のプレイヤーがチームなりフレンドにいて、バージョン前には200人が酒場登録していたとして、バージョンアップ後しばらくしてチェックした際にいくつの数字になるのか。

その数字によって、どれだけプレイヤーがDQ10のプレイをやめたかの把握が可能となるわけだ。

DQ10の現状を知るという点で面白いですね。

まあ、そこで出てきた数字が全体に適用されるわけではなく、チームごとの事情によってもいろいろと数字が異なるため、出た数字がそのまま全体の離脱率というわけでもないんだけどね。

例えば、初期からあるチームであれば、当然辞めているプレイヤーは多いだろうから、離脱率は大きくなるし、最近作ったチームであれば、プレイしている人が集まってチームを組んだのだろうから離脱率は低くなる。

また、積極的にプレイヤーがプレイしているようなチームだと、当然離脱率は低くなる。

逆に、積極的にプレイしていて相互でサポート仲間を借り合うようなチームだと、サポート仲間が上限まで借りられて表示されないことになり、結果として出てくる数字は低くなる。

と、いうようなこともあるけど、前回の酒場強制解除との比較で、どれくらいの人が離脱しているのかなどの把握は可能だ。

前回はいつ強制酒場解除があったのですか?

・・・・・・。

知らないんですか・・・。

たぶんだけど、バージョン2.1後期が最後だったと思う。

バージョン2.1後期は2014年4月17日に行われたので、1年半ぶりの強制酒場解除だ。

なので、今現在は2014年4月17日以降にプレイしている人のデータが酒場に登録されている。

これが、バージョン3.1後期以降でどう推移するのか。

もし、今現在プレイしている人は、こうしたデータを取ってみるのも面白いだろう。

チームはもちろん、フレンドを対象にしても同じことが可能だ。

ちなみに、チームまこなこはどうなんですか?

チームメンバーは200人くらいで、今現在で160人くらいは確認できる。登録していない人もいるので、そうしたのも合わせて大体これくらい。

この数字がどうなるのか、本当に楽しみた。

予想ではどうなりますか?

60人は残っていると思うんだけどね。

ログアウト表示でプレイしている人も多いので、普段のプレイヤー人数もしっかりと把握はできておらず。

でも、スマホアプリなどで確認した範囲では結構やっている人は多めなので、60人から80人くらいかな、という現時点での予想。

チーム自体はバージョン1の時代からあるチームなので、どうして離脱は多くなるとは思うのだが、比較的ライトユーザーからコアユーザーまで揃っていると思うので、案外全体の離脱率と同じような数字が出るのではなかろうか。

ぜひ、現時点でのDQ10プレイヤーのみなさんもデータを取って公表していただけたらと。

おおむね、バージョンアップ翌日の早朝5時くらい、週末明けの月曜日5時くらい、2回目の週明け、1ヶ月後などと定期的にチェックすると、また面白いデータになるだろう。

バージョンアップの初日に登録するようなプレイヤーはガッツリプレイしているプレイヤーだろうし、週明けまでに登録してあれば、それなりに熱心なプレイヤーという判断ができる。

1ヶ月後までに酒場登録してあれば、おおむね継続プレイヤーであると認識可能だ。

ぜひご確認あれ。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:なぜ中国人はPS4とPS Vitaを求め、WiiUやXbox Oneを求めないのか
1つ新しい話題:任天堂のスマホ展開、新会員制サービスの発表は来週?

『DQ10、バージョン3.1後期のバージョンアップでプレイヤーの離脱率の把握が可能、その方法は?』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/4834

10月21日『DQ10、バージョン3.1後期のバージョンアップでプレイヤーの離... 続きを読む

『DQ10、バージョン3.1後期のバージョンアップでプレイヤーの離脱率の把握が可能、その方法は?』へのコメント

重大な見逃し点が一つ。
ログアウトするとき酒場登録しない人もいること。
自分がその一人です。

投稿者 : 匿名

少し勘違いをされていますね。
今回は一斉解除ではなく、2015年10月18日(日)6:00以降に登録されたキャラは解除されませんよ。
ですので、ガッツリプレイしていない週末のみのプレイヤーとかでも初日に登録されています。

投稿者 : 匿名

完全に辞めてしまってる人以外、もうやってないけどキャラは残してる人は
最近のバージョンアップ直後見てもチラッと様子見てそのまままた放置みたいなのも多いですけどね

投稿者 : 匿名

最近は酒場登録しない人も増えたので一概には言えないけどね
登録しても貰える額が大した事ないし預ける為だけに職スキル宝珠装備を調整するのめんどいし

投稿者 : 匿名