モンスターハンター4Gが早くも200万本突破、次の300万本はいつまでに到達すればいいのか

10月11日に発売されたニンテンドー3DS用ソフト「モンスターハンター4G」の売れ行きが好調のようだね。

10月15日時点で200万本を突破したとプレスリリースで明らかになりました。

どうですか、この勢いは?

単純に比較するのであれば「モンスターハンター4」と比べるのが適切だろう。

「モンスターハンター4」も発売から数日で200万本突破のプレスリリースが流れている。

なので、現時点では順調なスタートと言える。

現時点では、というと?

「モンスターハンター4」の時は、1ヶ月後に300万本突破となった。

その後、400万本突破は3ヶ月後。

このあたりの数字と比較し、今後どうなっていくのか確認するのがよさそうだ。

この数字と単純に比較すればいいのですか?

単純には比較できないけどね。

例えば、「モンスターハンター4」は9月発売で、「モンスターハンター4G」は10月発売だ。

なので年末商戦が近い「モンスターハンター4G」の方が発売後の勢くなる。

なので、400万本突破に関しては3ヶ月よりも早い段階で突破していなければいけないとなる。

もう一つのチェックポイントとしては「モンスターハンター4」の時は年末商戦向けに小売店が大量に仕入れ、そして400万本突破したという経緯がある。

ただ、小売店が想定していたよりも年末商戦で売れなかったため、年明け以降、値崩れが生じた。

このあたりを考慮すると、逆に前作より後半の伸びは期待できなくなる。

にもかかわらず、似たようなペース、もしくは早いペースで売れたとなれば、前作以上の勢いがあったと言えるだろう。

あくまでも過去との単純比較だけで考えず、その時々の状況も加味して考えるとよいかと。

いずれにしても、年末商戦に向けて景気のいい数字が出てきましたね。

他のニンテンドー3DS用ソフトと共に、より多くの人に遊んでもらえたらと。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:Newニンテンドー3DSは改悪と言う人もいる?
1つ新しい話題:妖怪ウォッチ2 真打はなぜ発売されるのか

『モンスターハンター4Gが早くも200万本突破、次の300万本はいつまでに到達すればいいのか』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/4572

ニンテンドー3DS用ソフト「モンスターハンター4G」の売れ行きがいまいち伸びて... 続きを読む

『モンスターハンター4Gが早くも200万本突破、次の300万本はいつまでに到達すればいいのか』へのコメント

内容に触れていないのに最後の一行はちょっと違和感

投稿者 : 匿名

実売は144万らしいが
200万は出荷かね

投稿者 : 匿名

300達成するのに一月かからんじゃね 月変わったらすぐだよ

投稿者 : 匿名

3Q(第3四半期決算)末までに300いけばいい方か…

投稿者 : 匿名

集計が土日の2日間だけで販売本数が144万本。
カプコンからの発表は200万本出荷。
注目するべきは次の週販でどこまで伸びるか。
次で30万本くらい行けば200万は余裕、300万は微妙。
値崩れすれば行けるかも。
次で50万本行けるなら300万本も夢じゃない。

投稿者 : 匿名

モンハン人気は健在か

次はポケモンと、妖怪ウォッチの真打かな?

投稿者 : 匿名

200万本出荷。で、DLカード込の推定実売本数が約162万本。
DLカードの売上から、おそらくeshop経由のDL版が15万前後。合わせて177万本初週で捌けたと推測される。

投稿者 : 匿名