ヒーローバンク2が売れるにはどうしたらよいのか

今日は「ヒーローバンク2」について取り上げてみよう。

以前は3月2日に『ヒーローバンクに見るセガのセンスの無さ』で1作目について取り上げました。

結局、1作目はどうなったのでしょうか?

まったく売れなかったというわけではありませんが、セガとしてはもう少し売れてほしかったという話があります。

「ヒーローバンク」自体は様々なメディア展開をされていますが、他の部分ではそれなりの結果が出ているとも別のインタビュー記事で述べていました。

インタビュー記事では次のような発言がありました。発言者はセガの名越稔洋さんです。

『『ヒーローバンク』って、いまはゲーム以外は比較的好調なんですよ。ホントはゲームが売れてほしいんだけど。』(ファミ通.comより)

これがどういうことかというと、『ヒーローバンクに見るセガのセンスの無さ』で述べたような点が関係してくるのではなかろうかと。

お金を出す大人が買ってくれない、という話をしました。

まあ、パッケージを見れば、子供が買ってほしいといっても躊躇するよね、という話だ。

ちなみに、以前の話も、このパッケージだけを見て判断して取り上げた。

コメントを読んでも、このパッケージを見た人は、これは無いの大合唱だったわけだし、理解はいただけたのではなかろうか。

パッと見ただけで敬遠しそうなパッケージです。

ですが、2作目が発売されます。11月27日に発売されます。

2作目はどうでしょうか?

オフィシャルサイトにパッケージ画像が載っていたけど、1作目ほどお金をイメージしたパッケージにはなっていない。

なので、多少は親が買い与えやすくなっている印象を受ける。

ただ、ロゴの部分に札束とコインを描いているのは変わらない。

ここをさらに無くすか、札に見えないような工夫をすれば、親も気が付かず買ってくれると思うのだがどうだろうか。

子供からすれば、お金のマークがあるから買ってほしいわけではなく、「ヒーローバンク」という作品に興味があるから、買ってほしいと親にねだるわけだ。そう考えると、親に手に取ってもらえるように、札の部分も無くしてしまっても問題ないように思う。

実際、amazon.co.jpで載っているロゴ部分の画像にはロゴ周囲の札束やコインが描かれていない。このままで行ってもいいような気がするんだけどね。

これでしたら親も買いやすいですね。

11月27日発売ということで、主にクリスマスプレゼント需要として見込まれる。

なので、親が買いやすいというのが重要だ。

では、このままのパッケージだと問題が出そうですね。

とはいえ、年1回の子供が自分の意志でお金を使えるお年玉の時期も控えているので、クリスマスプレゼントとして親が敬遠しても、本当に欲しいのであればお年玉で自分で買うのではなかろうか。

そうなりますと、1作目より売れそうです。

もっとも、「妖怪ウォッチ2」をお年玉で買ってしまう恐れもあるんだけどね。

それではお年玉があっても意味がないじゃないですか・・・。

それだけ妖怪ウォッチの勢いがあるということで。

毛色は違うので、ユーザー層は分かれるような気もするので、良い結果になることを期待しているよ。

良い結果になりますかね?

少なくとも、複数社が挑戦した子供向けタイトルの中では成功している方だからね。

「妖怪ウォッチ」があまりにも飛び抜けた成果を上げているので霞んで見えるけど。

子供にとってはお金は興味のある部分でもあるし、取り上げた題材自体は面白いと思うので、あとはどうやって子供の手にゲームがわたるかを一考するだけで、より大きな成果が出るように思う。

結果が出ると良いですね。

でもまあ、子供に言われるんだろうな。

どのようなことをでしょうか?

セガなんていらないよ。

帰って妖怪ウォッチやろう。

だから、そういうことを言うのはやめてください・・・。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:DQ10せんれき2014年10月版、大型バージョンによりプレイ時間が大幅に!
1つ新しい話題:DQ10、チームまこなこ加入者受付、ソロや複数アカウント、フレンドとプレイの人向け2014年10月

『ヒーローバンク2が売れるにはどうしたらよいのか』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/4563

『ヒーローバンク2が売れるにはどうしたらよいのか』へのコメント

割とアニメ毎週見てる

投稿者 : 匿名

子供は年に1・2本しかソフト買わないからねぇ・・・
だから定番ソフトしか売れないし
そこに入り込むのは非常にハードルが高い
そこら辺はセガも十分分かってるらしいけどね

例えどんなに質が低くてくだらないものでも
一度流行ってしまえば一気に浸透していく特に流行性の高い市場だけど

逆にどんなに良いものを作っても
流行らなければ何やっても絶対売れない市場だから難しいわな

リスク控えめで挑戦できる代わりに
正解の無いギャンブルみたいな市場だよ

投稿者 : 匿名

今冬は未だ勢いが続いてる妖怪ウォッチだけでなく、スマブラ、ポケモンΩルビー・αサファイアもあるし、子供たちはヒーローバンクに流れて来ないだろう

投稿者 : 匿名

今の子供ってゲーム会社がどうとか考えるのかな…?

投稿者 : 匿名

そういや甥っ子がヒーローバンクの玩具を買ってましたね。7,000くらいするんでびっくりしましたが。

今は昭和と異なって玩具の伴う子供向けのアニメも乱立してて、結構競争激しいように思います。

投稿者 : 匿名

残念ですが売れないでしょうね
9月に発売されたばかりのガイストクラッシャー続編、ガイストクラッシャーゴットと同じ程度の売り上げじゃないですかね(1作目より売れなかったらしいです)
そもそも何故1作目売れなかったのに2作目を作ってしまったのか問いただしたいレベル
1作目の完全版って感じの物で開発費がかからないからでしょうか
12月になれば妖怪ウォッチの映画も上映されますし、クリスマスプレゼントの候補にもならないんじゃないですかねぇ

投稿者 : 匿名

ガイストクラッシャーとか悲しい感じになってますね
ゲームの内容が良ければこれの一作目ももうちょい行けたんでしょうが体験版からして微妙だった

投稿者 : 匿名

>『『ヒーローバンク』って、いまはゲーム以外は比較的好調なんですよ。ホントはゲームが売れてほしいんだけど。』(ファミ通.comより)

これって本当なんですかね?
近所の家電量販店じゃ玩具もカードも全く売れてないんだけど・・・
数ヶ月も前の折り目や傷の付いた品が未だに手前に残ってるんですが・・・
ちなみに結構大きい店で妖怪ウォッチの品は良く売れてます

アニメ見たけど、ああこれはつまらないな。。。と思いました
子供向けでないというより子供騙しで、ガンダムAGEと同じ感じがしました
お約束をただなぞって、毎回理屈無しの気合だけのワンパターン逆転の繰り返し
お金ネタがどうこうじゃなくて、ギャグ含むシナリオが狙いすぎててベタすぎて全力で滑ってます
ガイストクラッシャーと同じで各種メディア・玩具展開しててこれじゃあ正直セガに先はないと思いました

投稿者 : 匿名

はっきり言って、妖怪ウオッチの人気がある限り無理。

バンナムの総会でも、「妖怪ウオッチの人気で、他の子供向けコンテンツが落ちてる」と言ってた通り、そこそこの面白さじゃ人気は、出ないでしょう。

ちなみに、パッケージとかで、親が買い与えやすいとか問題じゃないです。
親に”皆が持っているから安心だろう”と思われるのが一番。

投稿者 : 匿名