ゲーム業界を取り巻く将来、全てはマイクロソフトに統合される

6月7日『次世代ゲーム機の覇者はマイクロソフトに決定、ソニー潰しが見事に成功』でもある程度述べたのだけど、少しゲーム業界の将来について述べて見ようかと思う。これはゲーム業界だけというよりかは、その他の業界も巻き込んで、最終的にデジタルメディアの一つのありようとなるのではないかと。そういった考えで、取り上げて見ようと思う。
前回取り上げた時には、次世代Xboxがゲーム機器としてトップになるだけでなく、ホームエンターテインメントの中枢になるという話がありました。
しかし、コメントで否定的な意見も多々出ているんですが...。
コメントの意見も多少は分かるが、ちょっとずれている部分も多い。そのため、今回は、そうしたコメントに対する疑問等に答える形で、話を進めていこうと思う。
では、次のコメントから紹介します。

『そもそも、ホームエンタテインメントの中心になると目されてるのはスマートTVで、MSはTV市場に対しては何のアドバンテージも持ってないんだけど。サムソンが自社TVでクラウドゲーミングサービスを始めるのもそう。リビングに置かれるのはまずTVっていう前提を無視してMSが勝利確定、って何の説得力も無いよ。』(『次世代ゲーム機の覇者はマイクロソフトに決定、ソニー潰しが見事に成功』コメントより)
あなたの発言が、このコメントで全て無意味なものになりましたが...。
これはね、ちょっと勘違いが過ぎるんだよね。
勘違いが過ぎる!?
スマートTVなどの存在は知っているし、今後、テレビのみによっていろいろなことが出来るということはもちろんわかる。だけど、そのためだけにどれだけの人がテレビを買い替えるか、という問題がある。前回話した内容は、あくまで次世代Xboxの話だ。この先5年かそこらで、家庭にあるテレビが全てスマートTVに変わるということはないのは明白だ。ある程度はスマートTVは売れるが、家庭に占めるシェアは限定的。そうした中では、やはりテレビの他に、もう一つの機器を用意し、その機器によってさまざまなサービスを行う必要が出てくる。そうした受け皿に次世代Xboxが成りうるというわけだ。10年後の話となればまた別だが。
次のコメントです。

『それだとPCで良くね?というかホントの所据置ゲーム機に未来ってあるん?』(『次世代ゲーム機の覇者はマイクロソフトに決定、ソニー潰しが見事に成功』コメントより)
PCで良いという人は、パソコンを使いこなせている人による傲慢な発想でしかない。世の中にはパソコンが複雑でよくわからない人も多々いる。そうした人を無視して、パソコンなら何でもできるよね、という形で話を進めていくのは不適切だ。それに、パソコンでゲームをすることが主流であった北米でも、Xbox360やWiiが売れているんだから、やはりゲーム機としての需要はある。パソコンで出来ないことがある。それはゲーム機で出るゲームだ。ゲーム機でしか出ないゲームがある以上、やはりゲーム機には意味があるのだろう。将来的にゲーム機が無くなる方向になった際に、パソコン回帰が起こる可能性もあるが、それは今のパソコンというよりかは、別の形のパソコンではなかろうか。
別の形のパソコン?
直近ではiPadとか、イメージとしてはそんな感じのもの。将来的にはパソコンは仕事で、それ以外はiPadなどで全てが完結する。
次のようなコメントも届いています。

『俺もPCゲームはプレイするし据え置きゲームもやるけどさ

次世代という意味ならMSもソニーも任天堂も終わりだよ
そもそもゲームハードを売るなんて行為が時代遅れになりつつあるのに7年前からタイムスリップしてきたみたいな「ホームエンタテインメントの中枢」とか流石に酷すぎるw

ネットサービスやクラウドゲーミングサービスが次の時代のゲームの主体だろうし、ipadのタブレット型PC、やスマートフォンなんかに主軸がうつってるのに今更ゲーム機がエンターテイメントの中心であるみたいな考えは驚くわw

もうちょっと情報収集してくれよ、頼むから・・・w』(『次世代ゲーム機の覇者はマイクロソフトに決定、ソニー潰しが見事に成功』コメントより)
馬鹿にされていますが...。
この人は、ホームとパーソナルの区別がついていないのだろう。日本だとパーソナル要素が強く、家庭で何かをするという発想が乏しい。そのため、据え置き機より携帯ゲーム機が主流になったし、また、ガラケーなども流行ったわけだ。しかし、海外を見ると、やはり家庭の中軸はリビングであり、そこにあるテレビであることが多い。もちろん、海外でもスマートフォンが売れているけど、それはパーソナルとして存在するけど、海外でのホームを浸食するほどになるかは疑問だ。
いろいろな人の意見がありますね。
こうしてみますと、やはりクラウドやスマートフォンなどの普及に関するコメントが目立ちました。
でもね、こうした意見。単にマスコミと同レベルの意見でしかなく。その意見が実情を捉えているかといと、疑問符がつく。一番肝心なことを忘れているんだよね。
一番肝心なこと?
最終的にはソフトだ、ということ。任天堂ゲームは任天堂プラットフォームでしかできないという事実。また、マイクロソフトにしても、北米を中心に熱狂的なプレイヤーが多いFPS系のゲームを満足に動かせるゲーム機は次世代Xboxでしかないという可能性。1000万人がプレイし、望んでいるものもを提供できるというだけで、先に述べたクラウドやスマートフォンなどでするゲームなんかでは太刀打ちできない。少なくとも今の技術レベルでは。
そうしたユーザーがいるから、まだまだ据え置きゲーム機も安泰というわけですね。
安泰と言えるかどうかはわからんが。
そうですか...。
で、そうしたゲーム機の中に、他の機能も搭載される。すでにXbox360で行われていることはもちろん、今後は別の機能も追加されるだそう。そうなったら、やはりホームエンターテインメントの集積地は次世代Xboxになってもおかしくない。
映像配信などはすでに行われていますし、今後の追加内容によってはさらにさまざまなサービスが楽しめそうですね。
あとは、ゲームの作り手にとっても、単一の企画の機器が出ることは便利でもあるし。今後のクラウドだなんだと出てきても、受け手の機器の性能がバラバラであったら、満足なサービスが出来なくなるかもしれない。このため、ゲーム機としての優位性が全くないとは言えない。ゲーム機ならでは、ということが出来る限り、極端に駄目になるということはないだろう。
では、駄目になる時とはどういう時でしょうか?
やはり、クラウドでも満足いくFPS系ゲームが出来るようになると、もう据え置きゲーム機の必要性もなくなっていくだろう。また、スマートTVの性能が上がって、出来ることが増せば、それによってゲーム分野にも侵食してくる。
でしたら、やっぱりマイクロソフトは駄目じゃないですか...。
そのために、マイクロソフトも動くだろう。マイクロソフトとしても、テレビに付けるソフトを開発し、テレビ製造メーカーと組んで売りだす可能性がある。この形態はパソコンと同じように捉えてもらえればいい。Windows系ソフトがパソコンについているようなものを、スマートTVで仕掛けてくるかもしれない。コメントでマイクロソフトはテレビに対してアドバンテージが無いというのもあったが、提携すればいいだけの話。有利な条件を提示すれば乗ってくるメーカーはいくらでもある。
では、最終的にマイクロソフトもスマートTVに移行すると?
完全にゲームをスマートTVに移行するかどうかはわからないが。少なくとも、出来るものはスマートTVに移行させ、ゲーム機が無くても楽しめるようにする。また、マイクロソフトのソフトが入っていないスマートTVに関しては外付けの据え置きゲーム機を発売ということも考えられる。これは次世代Xboxのもう一つ先の話だが、こういった流れになるのではなかろうか。
ふむ。
そして、そのシステム全体の名称を...。
名称を?
「Windows X」と呼ぶことになるわけですな。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:ゲーム攻略本はとっとと電子書籍化すべき、紙資源の無駄を感じずにはいられない
1つ新しい話題:ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日がブルーレイBOXで発売、期間限定生産

『ゲーム業界を取り巻く将来、全てはマイクロソフトに統合される』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/3826

ずいぶん前から世間を騒がせているスマホ系の機器や、スマートTV、そしてそれらの根底となるクラウド化は、案外日本のゲーム業界を救う一つの流れになるのでは、... 続きを読む

まこなこ10周年記念の今後のゲーム業界展望第3弾です。 今日はマイクロソフトですね。日本では馴染みがありませんが、Xbox360というゲーム機を発売して... 続きを読む

『ゲーム業界を取り巻く将来、全てはマイクロソフトに統合される』へのコメント

>だけど、そのためだけにどれだけの人がテレビを買い替えるか、という問題がある。前回話した内容は、あくまで次世代Xboxの話だ。
>この先5年かそこらで、家庭にあるテレビが全てスマートTVに変わるということはないのは明白だ。ある程度はスマートTVは売れるが、家庭に占めるシェアは限定的。
>そうした中では、やはりテレビの他に、もう一つの機器を用意し、その機器によってさまざまなサービスを行う必要が出てくる。

だから、既存のTVにPS3やXbox360を繋いでって、それってスマートTVのサービス概念では?

投稿者 : 匿名

スマートTVってHDMI付ける必要がないんだよね
今のHDMIの用途ってゲーム機とビデオレコーダーとサブモニターくらいだけど
そのゲームとビデオをクラウドでやろうしてるわけだからHDMI付ける必要がない
最初は付くのかもしれないけどクラウドが上手くいけば外される
代わりにUSBやサンダーボルトが付くんだろうけど、これらはTVのOSが主導権を握ってる
WiiUは自前のモニターを持ってるだけマシといえるかもしれない

投稿者 : 匿名

2012~4月まで ※任天堂ソース

据え置き EU    US     JP   
PS3  97万台  88万台   42万台
360   70万台  106万台  2万台
Wii   57万台  55万台  16万台

全世界
PS3 227万台
360 178万台
Wii  128万台


携帯機 EU    US     JP 
3DS  60万台  65万台  124万台
Vita   38万台  43万台  20万台

全世界
3DS 249万台
Vita 101万台


とりあえずの現状

投稿者 : 匿名

>Xbox360やWiiが売れているんだから、やはりゲーム機としての需要はある。それはゲーム機で出るゲームだ。

マイクロソフトの次世代機がホームエンタテインメントの中枢になるっていうはなしだったんじゃねえの?ゲ-ムとしてじゃなく生活的需要ならやっぱPCでいいんじゃね


>パソコンを使いこなせている人による傲慢な発想でしかない。~

『パソコン』を『ゲーム機』に置き換えても別に問題ないよね

投稿者 : 匿名

5年ぐらいだと、3メーカとも健在で
シェアもあんまり変わらないと思う

自分の予想では任天堂が少し減らして
その分ソニーとマイクロソフトが少し増えると
思う

投稿者 : 匿名

マイクロソフトでなきゃいけない理由はなんでしょうか?
マイクロソフトの企業としてのスピード感の無さでは難しいと思います。
任天堂は違うだろうけど…ソニーでも良いのでは?
5年後なら新しい勢力が出てきてる可能性もありますよね。

投稿者 : 匿名

マイクロソフトは所詮OS屋

これだけは覚えとけ

投稿者 : 匿名

今のところはMSはクラウドに既に巨額の投資を行っていることと、次世代XBOXはキネクトとクラウドを含めたエコシステム押しでコアユーザーはマイノリティー扱いしそうって事くらいしか分からないな。ホームエンターテイメントの中心(≠エコシステム)としては現時点でソニーに大きく水をあけられているけど体力を生かして囲い込みができれば。

投稿者 : 匿名

スマートTVなんて3DTVと同じくらい売れ無いと思うけど。
地デジの買い替え需要が終わって色々もがいてるけど…どうせTVは一部にしか売れないんだからもっとデザインとかで売る方向にした方がいいと思うが

投稿者 : 匿名

スマートTVに関するコメントを書いたのは自分だけど、返答ありがとう。あんまり長々と再コメントするのもうっとおしいから一つだけ、

・・・コメントでマイクロソフトはテレビに対してアドバンテージが無いというのもあったが、提携すればいいだけの話。有利な条件を提示すれば乗ってくるメーカーはいくらでもある。・・・

これが出来ないから、MSはスマートフォンとタブレット市場で存在感ゼロなんじゃないのかな?OSを有料で売って高利益を得ていたMSのビジネスモデルが全く通じていない現状があるのに、次世代ハードでエンタテインメントはMSに統合されるって結論付けてるまこなこには違和感を感じる人が多いと思うよ。

投稿者 : 匿名

スマートTVって
GoogleTV()笑 とか
AppleTV()笑 とかと
同じ匂いがするね

投稿者 : 匿名

自社のオンラインサービスを利用して、他社のコンテンツを提供して儲けるビジネスモデルが弱いイメージから、ソニーは厳しいんじゃないかと感じるなぁ・・・ハードと言う垣根がなくなったらソニーは辛いだろう。任天堂は最悪コンテンツ屋になれば生き残れるだろうが。

投稿者 : 匿名

ゲーム業界の将来が判る人なら、任天堂株で大損なんかしないのでは
今度はMSの株でも買ったんですか

傲慢な発想でしかないとか区別がついてないとか、やたらと上からですね

投稿者 : 匿名

スマートTVなんて殆どの人には要らないもんなぁ
ゲームやネットに強い抵抗のある高齢者が買うとは思えないし
確実なのはソニーは終わりって事ぐらいか

投稿者 : 匿名

妄想もここまで来ると…
いい精神科紹介しましょうか?

投稿者 : 匿名

スマートTVが中心、とか言ってるようなやつって少し前には、
数年以内には、
TVはすべて3Dに変わって、放送も3Dが当たり前、とか
HDTVでDVDなんてみんな耐えられない、レンタルもすべてBDに変わり、DVDは絶滅している

とか言ってた人種だろw

投稿者 : 匿名

>投稿者 匿名 : 2012年7月13日 19:03
あ~あ、今月3DSは600万台突破しちゃったけどVitaちゃんはまだ100万台もうだめだね

投稿者 : 匿名

>投稿者 匿名 : 2012年7月13日 19:03
それ完全に捏造じゃん。4月で既にモンハンが130万本売れてるのに本体が124万台なわけないじゃん。都合の良いように捏造してもVitaが全然売れてない事実は変えられないよ。ちなみに3DSは7月で全世界で600万台だよ(笑)

投稿者 : 匿名

Xbox次世代ハードに期待しません。FF11フリーズなりやすいハード遊びません。

セガさんの次世代ハード開発中らしい。日本で発売してもらいたい

投稿者 : 匿名

ただでさえ所有率の低いXBOXだけど、今でもテレビ見てるような世代になんて、それこそXBOXなんて触れないと思う。

逆に知ってる人もあえて触れないと思う

投稿者 : 匿名

未来のことは分からないとはいえ「ホームエンターテインメント」というのがいまいちピンと来ない。現状ではゲームと動画再生くらいしか思いつかない。テレビはいわゆる「10フィートUI」なのでWebのような文字情報中心のものは不向きだし。

AmazonはKindle Fireで小型タブレットこそがホームエンターテインメントのデバイスだと考えてるみたい。個人的にはこっちの方が芽がありそうな気がするんだけど。

まぁ2年後どうなってるか分かりませんな。いろんな機器の連携という可能性もあるし。

投稿者 : 匿名

まこなこも色々と追い詰められてるねぇ・・・

せめてwiiUが期待できるような仕様だったら
ここまで苦しい事を言わずにすんだのに・・・

投稿者 : 匿名

投稿者 匿名 : 2012年7月14日 09:51

あんたが何言っているのか意味不明なんだけど
捏造だというのならソースを提供した任天堂に言ってください
これは任天堂が自らが調査して株主向けに公開したデータですので

投稿者 : 匿名

>投稿者 匿名 : 2012年7月14日 09:51

捏造って・・・任天堂が出したデータでしょ
任天堂が捏造してるって何をおっしゃいますやら
ちゃんと見たほうがいいよ、2012年1月から4月までの売上データだよ
3DSの発売日はいつさ?

投稿者 : 匿名

ネットが普及しても結局マスコミのコピペ発想しかできない人達が多数なんだなとコメ欄を見て思ったよw

投稿者 : 匿名

非常に参考になりますた。
亡きジョブスが、アップルTVを追い求めていた理由はそこですかね。

欧州の沈下で北米市場の動向が、標準を方向付けしていくのかな。
IT巨人たちの攻防はすごいですが、10何年前は電子立国といわれた国が苦戦しているのは寂しい限りです。

投稿者 : こちゃらこ

このサイトでは早いうちから「頑張ってほしいね」とは言うものの「PS3は上手く行かないだろう」という方向性だったと思います
実際それは的中している訳ですけど
その時も反発は物凄かった

正直ネットでは事実から導き出された「予想」を
答えありきで潰す人が常に一定量いるので
コメントと言うのは相手にしないほうが良い。

投稿者 : 匿名

アメリカのリビングの中心がTVってのはもう認識が古いかな
それこそタブレットが個人のモニタになりつつある
ただし貧乏な人はやはりTVだけどね

投稿者 : 匿名

オチ笑いました。
Windowsの次の次の次くらいで実現するというわけですね。

ちなみにソニーがクラウドゲーミングのGaikaiを買収したことについてはどう思われますか?
次世代プラットフォームはクラウド上、端末はPS3やVITAというのはまだ時期尚早ですかね。

投稿者 : 匿名

OSっていう基盤/統合ソフトを仕立てられる(敢えて作り上げられる、とは言わないw)のはMSしか無いから、あらゆるソフト、アプリがアカウントを通じて偏在化する環境を想定するとそのグラウンドの提供に一日以上の長があるMSにアドバンテージが生まれるってのは、条件からの演繹として妥当な観方だとは思う
ただアジ文章だからかも知らんけど、MS絡みは断定せず可能性は可能性として語った方が恥をかかずに済・・・
気にしてないか今更

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール