北米のブルーレイやDVDが格安なのはなぜか、日本でもamazon.co.jpで格安価格で購入可能

投稿がありましたので紹介します。

『最近、知りましたが海外の日本アニメは安いですね。パッケジ-は英語ですが、音声は日本語で字幕を消せば、視聴も問題ありません。逆輸入でも、日本で購入するよりお得です。なぜ、ここまで価格差があるのでしょうか?』(投稿:haruto)
似たような投稿が以前にも来ていたのだが、todoリストが全部消えてしまってその投稿自体が消えてしまったので、その投稿を送っていただいた方はご了承を。
確かに、海外での価格は安いですね。日本では割高価格で売られていることは知られていますが、なぜこのような価格差が出てしまうのでしょうか?
文化の違いじゃない?
文化ですか...。
あとは市場の違い。日本だと、売れる数はオタク層に限定されるため、そのオタク層が買ってくれるギリギリ高い価格で販売する。また、買ってもらえるために、いろいろな特典物を付けたりした限定版を発売するわけだ。
海外だとどうなのですか?
海外も買う人は限定的なんだけど、高いとそもそも買ってくれず。といっても、買ってもらえるといっても、その数はさほど多くない。
意味ないじゃないですか...。
海外の場合は、日本のアニメに対する所有欲というものが無いのでは。これは、長年アニメがテレビを通じて流れてきた日本と、そうでない北米との文化の違いだろう。長い間培われてきた日本のアニメ市場は、コアなオタクを作りだし、そうした人がDVDやブルーレイなどのパッケージソフトを購入するという土壌を築いた。売り方に対する理解も深まっている。洗脳されているとも言えるが。北米の場合は、そういったものが無いからね。コレクターという人種はいるのだろうけど、そのコレクション欲は日本アニメに向かず、その他に向いてしまう。そのため、いくら北米で高くて一定数のみ売っていこうと考えていても、売れる数は限りなく少なくなる。
コレクターの向く先がそもそも違うんですね。
それに、海外の場合はパッケージメディアだけでなく、配信による視聴も一般的なので。日本ではいくつかのテレビ局が電波を通じて発信し、それを見るという限定的な番組視聴スタイルだけど、海外の場合はケーブルテレビなどが盛んであったこともあって、有料で多チャンネルを楽しむ環境が当初からあった。DVDやブルーレイはそうした有料サービスとのライバル関係になってしまっていて、どちらがより安く見られるか、という方に利用者も目が向いてしまった。そうなると、当然高いパッケージメディアは売れず。ならば、値段を下げるしかないよね、ということで、割安でアニメDVDなども売られる。この中には、レンタルビデオ店等の絡みも出てくるけど、そのレンタルビデオ店も最終的には配信サービスに遅れを取って衰退している。日本ではまだまだレンタル店が隆盛を極めているけどね。こうした違いもある。
ゲーム機でもWiiUやPS3、Xbox360で一定金額を払うだけで多チャンネルを楽しめる映像サービスを実施していますが、そうした流れも関係しているわけですね。
こうした意味での文化の違い、という点が、価格差を生みだす要因になっている。
ですが、最近では日本でも安い価格で売られることがありますね。
DVDで割安パッケージを売っていることもあるけどね。バンダイビジュアル系とかがさ。旬が過ぎたもの中心だが、それはそれで悪くない。それでも少し高いけど。
なんとか日本でも北米の恩恵を受けたいものです。
それが、いまや受けられるのだよ。
えっ!?
最近気がついたのだが、amazon.co.jpで北米版の販売を行っている。
amazon.co.jpで!?
正確には、amazon.co.jpを経由して仲介業者が売っているという形だが。
ですが、リージョンコードの関係で海外のものは日本では見られないのですよね?
リージョンコードは国ごとに決められた数字や記号であらわされ、その該当するリージョンコードでないと、視聴できない仕組みです。
ブルーレイの場合は北米と同じく日本もリージョンA。つまり、北米のパッケージメディアが日本でも問題なく稼働できるのだよ。
それはそれは。
DVDは北米がリージョン1で、日本がリージョン2です。違うため、原則見られませんが、リージョンフリーの作品や、メディアプレイヤーやソフトが対応している場合は見られます。パソコンだと見られるとよく言われるのは、プレイヤーの方で対応しているからです。
と、いうわけでamazon.co.jpのDVDコーナーで北米とキーワードを打ち込んで検索してみよう。魅力的な価格のソフトが多数出てくる。
どの辺りが魅力的ですかね?
それは人それぞれだが。ロボットアニメ系などを中心に気になったものを挙げると次のようなところを見ていただけると、安さを実感できると思う。品切れになる可能性も高いが。
確かに安いですが、音声が英語だと楽しみも薄れてしまいます...。
北米版といっても、日本語音声が入っているのがほとんどなので、そのあたりは心配不要だ。DVDやブルーレイは、そういった音声選択が出来るようになっているからね。よほど特殊な作品でない限り、日本語音声はついていると思って良い。当然、字幕も消せる。
他に注意すべき点はありませんか?
あとは、中古屋に持って行っても、多分買い取ってもらえないということくらいかな。なので、あくまで視聴して手元に残しておくために買うか、もしくは見たら捨てるという気楽な感じに視聴する人向けだ。26話分で3000円台だったりといった作品も多いので、かなり魅力的。「スレイヤーズ」辺りはこれを買って一気に見てしまおうかと思っている。ネット配信より安いこともあるし、何よりディスクメディアなら1.5倍速などで視聴できるからね。
ですが、こうした並行輸入品が広まると、いろいろと問題も起こりそうですね。
この辺りは任天堂も株主総会2012年で懸念していたことだけどね。影響は別のものだったが。こうした流れが続くと、さらに日本では限定版系が栄え、逆に安く気軽に見たい人は北米版並行輸入品を買うとかになるのかも。どうなるか、また、どう対応するかはメーカー次第なので、ユーザーレベルで気にしても仕方なかろう。それにしても、こうしたのを見ると円高万歳と思ってしまう。興味がある方は、ぜひ「DVDジャンル:キーワード「北米」」をブックマークなどして定期的にチェックしてもらえたらと。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:多数ある限定版の名称の意味、完全?初回?期間?
1つ新しい話題:アクエリオンEVOLの最終巻は追加映像ありとのこと、パチ系マネーのすごさを再認識

『北米のブルーレイやDVDが格安なのはなぜか、日本でもamazon.co.jpで格安価格で購入可能』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/3822

7月8日『北米のブルーレイやDVDが格安なのはなぜか、日本でもamazon.co.jpで格安価格で購入可能』で、北米で発売されるアニメDVDやブルーレイ... 続きを読む

『北米のブルーレイやDVDが格安なのはなぜか、日本でもamazon.co.jpで格安価格で購入可能』へのコメント

もっとシンプルに、人口数の違いだと思うんだけど。日本の1%と向こうの1%は人数に圧倒的差があるわけで。
洋画が安くて邦画が高いのと同じ理由かと。

投稿者 : 匿名

ビットレート落として1枚に詰め込みまくった物なんかオタクは買わんよ。
所有欲と高画質目当てに買う人間に海外版を勧めても意味無いわw
見られればいいやというならなおさら買う必要なく、BSの録画しとけばいいだろうし。

投稿者 : 匿名

乗り遅れた人気アニメを見たい一般人にはいいかもしれないね。
動画配信型だと視聴期限があってちょっと嫌だなという時もあるから、選択肢の一つとして検討します。
いい知恵をありがとう。

投稿者 : 匿名

北米版安っ! 

単に日本国内の円盤売上だけでアニメ制作費を賄おうとしてるから
制作費回収し終わったら海外での値段が破格になってるんだよな。

投稿者 : 匿名

>投稿者 匿名 : 2012年7月 8日 15:55
>所有欲と高画質目当てに買う人間
が日本は多いから値段が高めに設定されている。
後々見たくなった奴は録画とかしてるワケもない。
よって、限定版とか特典が不要でただ安く見たい人は北米版が良いよって話だろ。

要は、ゆるゆり1期の北米版はまだですかねぇー

投稿者 : 匿名

なぜに市場規模の違いに触れないのだコイツは。アホすぎる。

投稿者 : 匿名

>>投稿者 匿名 : 2012年7月 8日 15:55

ブルーレイ1枚にDVD画質でいいから全話入ってる、っていう
ソフトあったら個人的には欲しいです。
2話ごとにディスク変えなきゃいけないのは苦痛に感じるので。

投稿者 : 匿名

北米版の安さは市場の仕様でアニメ以外も全般的に安い。円高とか動画配信以前の問題。アニメも20年前のVHSの頃から日本版よりかなり安かった。当時VHS一本2話から4話入りで2,000円位だったかな?

投稿者 : 匿名

日本ではニコ動がアニメ番組で同種のことをやってますが、アメリカでは数年前から、ドラマ放送直後~翌日には、TV局のサイトで無料で視聴できちゃったりしてます。
sonyも一時期brancoで模索していましたが、専用アプリが不出来で不安定だたりと不評で利用者が伸び悩み1年せずに終了。

あと、
>パソコンだと見られるとよく言われるのは、プレイヤーの方で対応しているからです。

微妙に良くわかってない感じの適当な解説ですね
プレイヤーの方じゃなくて、ドライブ側の設定変更で対応出来るだけです。
設定変更した場合、変更したリージョンのDVD再生モードになるので、逆に国内のdvdが再生できなくなります。再び国内のdvdをみたい場合は設定を戻せば良いわけですが、設定変更回数には制限があるので、何度も設定変更できません。
外付けのDVDドライブを買って、それを海外dvd再生専用にするのが無難。
まこなこは、IT関係のネタは本当に中途半端ですね。

投稿者 : 匿名

amazon.com(北米のアマゾン)でAmazonが販売しているものなら、国際郵便で発送してもらえます。為替レートしだいではこの方が安いかもしれません。他社が出品しているものは輸入代行業者使わないとだめそうです。

投稿者 : 匿名

ちらっとAmazonみてみたけどこれは安すぎる。
早々にホスト部とガンスリを注文してしまった。
これくらいの価格ならぽんっと買えるし、レンタルして焼く
手間を考えれば十分に安い。
リッピングも違法になるし「罰則は無いけど」、これからはこれ
を利用するかな。
メーカーもマニア向けには高画質特典付き、見れれば良い人向け
には低画質「DVD画質くらいで十分」だが安価なバージョンを出
すとか選択肢を広げてほしいものだ。

投稿者 : 匿名

北米版、それでもまだ高いかな。。。
海外ドラマとかだと、少し古くなるだけで、
24話数千円っていうのが相場かな。
北米版でもアニメは高すぎる…
正規版がそれくらいになればアジアの海賊版も
太刀打ちできなくはなるんでしょうけど…

だけど。。。
「文化の違い」とおっしゃってますが、そもそも
説明している内容は「文化」じゃないですよ?
「環境」または「市場」「ニーズ」です。

投稿者 : 匿名

舞HIMEのブルーレイは無かったな

投稿者 : 匿名

オーディオコメンタリーのような音声特典は無い場合が多いけどな
そのせいで「そらのおとしもの」「エンジェルビーツ」は国内版を買った
「ハイスクルールオブザデッド」は得点なしだったから北米版で十分だったな

投稿者 : 匿名

海外サッカーや格闘技ファンにはAmazonであっちのDVD買うのは前々からの常套手段でしたけどアニメだと画質の問題が・・・

投稿者 : さと

北米版は一枚のディスクに複数話はいってるのがいいよね。
DVDとは違いBDだと画質がそんなに酷くならないし。
しかし、国内の高いのを買わせたい日本のメーカー側の嫌がらせなのか、
最近は英語字幕が消せない作品も出てきてるみたいだから、
そこら辺はちゃんと調べてから買った方がいいよ。

投稿者 : 匿名

アニメーターの給料をコンビニバイト以下に下げてもこの値段にしか出来ないのにこれ以上下げたらアニメーターが死ぬ
中間で搾取してる構造をなんとかしない限り安くするのは無理

投稿者 : あ

ISはもう海外からの5千円代が狩りつくされて転売屋の7千円代になっちゃったね

投稿者 : 匿名

何かで見たけど、5000万制作費があってもアニメ会社に
行くのは1000万くらいらしい。
残りの4000万はテレビキー局、テレビ地方局、電通
で山分けだとか。
これはアニメに限らず他のテレビ番組でもそうらしい。
こんな状況じゃアニメーターは一生報われないし、
円盤も安くならないわな。

投稿者 : 匿名

日本語音声にすると、英語字幕を消せないのがたまにある。

投稿者 : 匿名

日本は やり方が本当に汚いなぁ
世界一金欲が強い國なんだろうなぁ

DVDの10倍容量が入る(だっけ?)ブルーレイの強みが
全く活かされてない商品ばっかりだもんなぁ

投稿者 : 顳顬

昔('80~90年代)は結構OVAが出ていましたが、
最近は版権元が勘違いしているか強力なスポンサーでも付いていない限りは出てこなくなりましたよね。
新作2話収録50分6800円、という商売ではかなり厳しい、というのは今も昔も変わりません。

…と書きつつPAL版ヒートガイJを買ってしまうのでした。
消費者としては価格もそうですが、やっぱり画質が重要ですよね。

投稿者 : TTT

いずれ完全ネット配信とかを前提にした、製作費が全て制作陣だけで配分される仕組みを、誰かが作ってくれるだろ。

それこそ、コンテンツ作りの新しいビジネスモデルじゃないかねぇ。

投稿者 : BB

何故安くなるか?っていうと、これは、日本人向けに作ったアニメだからだよ。つまりこういうこと
・日本で売って、製作費の回収は終わってる。だから(パッケージ代を除けば)1円で売っても儲かる。(コスト回収の問題)
・日本人向けに作ったものを、海外の人に同じ値段で売っても売れない。(適正価格的な問題)
・日本で放送されたであるため、アメリカ国内で話が通じにくい。

で、覚えておいてほしいのは、アメリカ人向けに安くした作品を、日本人が逆輸入するというのは、言ってみれば、反則みたいなもんだということ。少数の人がこっそりやる分にはいいけど。おおっぴらにやると、日本語が削除されたバージョンが発売されることになるだろう。

投稿者 : 匿名

>投稿者 匿名 : 2012年7月 8日 15:55
>ビットレート落として1枚に詰め込みまくった物なんかオタクは買わんよ。

俺は画質をそこまで気にしない性質だからねぇ。
破格の国内BOXを買って財力失うぐらいなら海外版を買った方がマシだ。
BD/DVD Combo Packでよく販売されているが、その理由を調べれば俺の意見も納得するはずだ。

投稿者 : 匿名

前にアニメ関係の本で海外版は価格が安いのにどうして国内版はこんなに高いのかとの質問に対し、日本のユーザーは高くても買うので安くする必要がない、と業界関係者が言っていた。

投稿者 : 淀川チョージ

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール