機動戦士ガンダム EXTREME VS.以降のガンダムVSシリーズの新作開発を発表

2011年9月15日:機動戦士ガンダム EXTREME VS.以降のガンダムVSシリーズの新作開発を発表
東京ゲームショウ2011のバンダイナムコゲームスではサプライズな発表があったようだね。
なんとPS3でも発売される「機動戦士ガンダム EXTREME VS.(エクストリームバーサス)」の次の作品が業務用として開発されていることが明らかになりました。
最近の東京ゲームショウでは珍しいサプライズでした。
ここ最近は当日発売のゲーム雑誌まででほとんど情報が出揃ってしまいますからね。
どうですか、あなたの好きなガンダムVSシリーズの最新作が発売されると発表されましたよ。
知ってた。
さりげなく嘘をつかないでくださいよ...。
過去に何度も言ってただろうに...。
またまた...。
2011年5月7日『機動戦士ガンダム EXTREME VS.(エクストリームバーサス)のPS3版でのお願い、続編の発表時期など』の時点で次の作品にも触れていますね。この話では、2012年2月に開催のアミューズメント関連イベントのAOU2012辺りでお目見えするのでは、というお話です。
でも、これはあなたの考えであって、聞いたわけじゃないんですよね。
当たり前だ。知って言ったら情報漏洩になるだろうが。
だから、それは知っていたとはまた意味が違うでしょうに...。
いずれにしても発表はありました。となりますと、そちらへの期待も増しますね。
発表の中で、アムロ役などの声優の古谷徹さんはアムロが500ワード、リボンズが400ワードと述べていました。次回作にはリボンズが登場することが明らかになっています。
ゲーム画面などは当然まだなので、なんとも言えないが。それにしても、家庭用版も出ていないのに次回作の話をすべきなのかね、という疑問が。この是非は問いたいね。まあ、サプライズ情報があれば、コアにプレイしているゲームユーザーとしてはうれしいし、ネットや現地で見たユーザーとしても喜ばしいとは思うが。家庭用版の実売面などを考慮すると、なんらメリットは無いように思う。
どうでしょうか?
その家庭用版ですが、東京ゲームショウ2011でプレイしてきたんですよね?どうでしたか?
コントローラーの操作がうまく出来ず、1面もクリアできずに終わった...。
あなた、業務用で10万円以上使っているのになんですか、その体たらくは...。
2009年9月24日『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS、ネクストダッシュがかなり厳しいことに』でもコントローラーに異を唱えていましたね...。
いやさ、ボタンの配置おかしいって、業務用だと左から射撃、格闘、ジャンプと3つ並んでいるのだが、家庭用だと左上から射撃、格闘で、続いて左下にジャンプボタンがあるんだから。右下なら分かるが、なんで左下にあるのかと。もちろん、製品版では設定変更できるだろうけど、東京ゲームショウの会場では出来ず。上級モードを選んだこともあり、あっさりと倒されたよ。
ったく、役立たずなんだから...。
まあ、その後もう1回、初心者モードでプレイしてちゃんとクリアしたけどね。共に、今回の東京ゲームショウ2011で初お披露目の「クロスボーンガンダムX1フルクロス」「ラファエルガンダム」の2つでプレイ。ちなみにあっさりゲームオーバーになったのはラファエルガンダムの方だ。
ちょっと!!私たちのティエリンであっさり負けないでください!!
どうでしたか、新機体をプレイした感想は?
ラファエルガンダムは射撃系の機体。照射系の攻撃も多く、直線的な照射と、ウイングガンダムゼロのローリングバスターと同じような攻撃も出来る。他には、装甲を一定時間はがして別機体として行動させる感じ。ものとしてはガンダムDXのビットのようなもの。格闘の使い勝手はあまり良くないけど、一応ある。
クロスボーンガンダムX1フルクロスはどうでしたか?
こちらは無難な機体かな、今のところ。覚醒技が核攻撃のようなものだったというくらいしか印象がない。あとビームをはじける武装もある。ABCマントのようなもの。リロードとかの細かい情報は見ていないので、週末に東京ゲームショウ2011に行く人はチェックを。あと、来月以降から使えるようになる可能性が出るので、その時に業務用でチェックするのもいいだろう。
家庭用の発売が待ち遠しいですね。
PS3で発売され、ネット対戦も可能だからな。それだけでなく、一人でもやり込んでいける要素もあるし。業務用の機体だけでなく、かなり多くの機体の追加もある。名前と外側だけで、細かい動作のない機体も多いけどね。このあたりの中からいくつかは次回作にも登場するだろう。と、いうわけで、まずはPS3版を多くの人が堪能してくれたらと、切に願う。
12月1日に発売です。ご期待ください。
機動戦士ガンダム EXTREME VS.(エクストリームバーサス)

発売日:2011年12月1日
価格:8380円

画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

直近、直後の話題

1つ過去の話題:ニンテンドー3DSやWiiの任天堂系ゲーム機向け年末商戦ソフトの予約が続々スタート
1つ新しい話題:ファイナルファンタジー13-2の発売日決定、本体同梱版も、twitterやfacebookをやっていない人の予約は後回し

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.以降のガンダムVSシリーズの新作開発を発表』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/3528

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.以降のガンダムVSシリーズの新作開発を発表』へのコメント

>>覚醒技が核攻撃のようなものだったというくらいしか印象がない。

X1では覚醒技ではなくて覚醒中にチャージだった気がしますけど、覚醒技になったのか?
あと、すごくどうでもいいけど、原作ではフルクロスには核付いてないよな。
たしかX1改とX3が一回使っただけ。

とりあえず、あとどのくらい機体が追加されるのかが気になる。
ブルーフレームとか出ないかね。

投稿者 : 匿名

PSPのガンガンやガンネク買ってないってことね。
家庭用版のボタン配置はアレがデフォなんだけど

投稿者 : 匿名

家庭用はBGMをPS3に取り込んだ音楽ファイルを設定できるみたいですね。実はこれは結構大きな追加要素かもです!ガンダムの主題歌を全部自分で入れて、主題歌をBGMに対戦とか気分盛り上がりそうです!ガンダムゲームにありそうでなかった追加要素?

投稿者 : 匿名

>>投稿者 匿名 : 2011年9月16日 09:38

主題歌は元から結構入ってると思うけどね。
俺としてはガンダム以外の曲を入れられるのが嬉しい。
大抵3分以内に終わるからイントロ長い曲とか入れにくいかもしれんけど。

あと、ACERですでにこの機能入ってるぞ。

投稿者 : 匿名

AGEはありそうだな

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール