天空の城ラピュタがブルーレイで発売

2010年9月10日:天空の城ラピュタがブルーレイで発売
「天空の城ラピュタ」がブルーレイで発売されるようだね。
12月22日に発売されることになりました。ちなみに、同じくジブリ作品として「ホーホケキョ となりの山田くん」も同日に別途発売されます。
メインストーリーはもちろん、特典映像も収録されるようだ けど。
特典映像に収録されるのは次のようになっています。
  • 北米版の本編
  • PinP仕様の絵コンテ
  • アフレコの台本
  • ノンテロップオープニング
  • ノンテロップエンディング
  • 劇場予告編
  • TVスポット
いろいろと注目です。
真琴さんは興味ありますか?
ブルーレイで新たに発売されるジブリ作品は時系列で今後見ていこうと思っているので、「天空の城ラピュタ」もブルーレイで購入してみる予定。「風の谷のナウシカ」も改めてブルーレイで見たしね。テレビのようにCMなどが無いし、切られる部分もないので、やっぱりディスクメディアで通してみたい。
そうですね。
多くの人は何度か見ている作品だろうけど、前回視聴から時間が空いているのであれば、この機会に再度見てみるとよいかと。それにしても迷うのが...。
何に迷いを?
「ホーホケキョ となりの山田くん」を見るべきかどうか、迷う...。
......。
共にamazon.co.jpで予約受付中です。ぜひ再度ご覧いただけたらと思います。

天空の城ラピュタ

発売日:2010年12月22日
価格:7140円

画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

ホーホケキョ となりの山田くん

発売日:2010年12月22日
価格:7140円

画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

直近、直後の話題

1つ過去の話題:モンスターハンターポータブル3rdのネットオリジナル限定版予約スタート
1つ新しい話題:東京ゲームショウ2010の状況をtwitterで流そうかと

『天空の城ラピュタがブルーレイで発売』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/3117

『天空の城ラピュタがブルーレイで発売』へのコメント

ナウシカBlu-Rayのパッケージは不評だったけど、今回改善されてるのだろうか

投稿者 : 匿名

パヤオの作品より高畑監督の作品を見ないとダメでしょ

投稿者 : 匿名

千と千尋はブルーレイでも相変わらず赤いんでしょうかねぇ。

投稿者 : 匿名

迷ったら見なよ。
高畑勲最後の遺作ですよ。

投稿者 : めろんぱん

>千と千尋はブルーレイでも相変わらず赤いんでしょうかねぇ
同じように北米版が収録されてれば問題無いんじゃ?

投稿者 : 匿名

山田君劇場まで見に行ったなぁ…。
別に見ても損だとは思わないと思いますよ。
得したとも思わないかもしれないけど。

投稿者 : へる

ムスカ様のインタビューがあれば買うのに。

投稿者 : いちたすには

ブルーレイとDVDの明確な違いって
あるのでしょうか?
現在(近年)の作品なら、まだ納得?するんですが
天空の城ラピュタ(1986年)の作品の違いが
普通の人に分かるんでしょうか?

美味し●ぼ風にご高説お願いしますw

投稿者 : ヤマトトマト

「遺作」って、まだ死んでいないし、現に現在も新作アニメを製作中ですよ。言葉の使い方には注意しましょう。

>千と千尋はブルーレイでも相変わらず赤いんでしょうかねぇ
マスタリングからやり直しているので、大丈夫です。当時、販売元から「宮崎監督自らが製作に立ち会っている」と言い訳をしていましたが、後の鈴木PDのインタビューによると、実際には監督不在でやっていたそうです。
今回のBD化は、鈴木PD、宮崎監督が最終チェックをやっているので大丈夫でしょう。

投稿者 : 匿名

>ブルーレイとDVDの明確な違いって

一度でも同じタイトルで見比べてみれば分ると思うんだけど?

>今回のBD化は、鈴木PD、宮崎監督が最終チェックをやっているので大丈夫でしょう

それでナウシカ(BD版)は赤味がかっていたわけで・・・

投稿者 : 匿名

>現在(近年)の作品なら、まだ納得?するんですが
>天空の城ラピュタ(1986年)の作品の違いが
>普通の人に分かるんでしょうか?

 古い作品だから低画質、か・・・。一般人ならまだしも、趣味がこっちの世界の人間がそんな認識とは、勉強不足だな。あんた、オタク失格だよ。

粟田「山芋さん!!」

 SD解像度で製作されデジタルデータでしか存在しない作品ならまだしも(まぁこれも超解像度技術とかで、ある程度の高画質化は可能だそうだが)、フィルムとして残っている作品ならテレビシリーズだってSD解像度、つまりDVD以上の解像度を有しているのさ。劇場版なら、なおのことだ。フィルムをなめちゃいけませんぜ。

 それに、フィルムの映像にはフィルムにしか出せない「味」がある。なんでもかんでも新しければいいってもんじゃないのさ。ま、「女房と畳は新しい方がいい」ってのは同感だがね。

粟田「山芋さん!!!!」

投稿者 : 山芋土郎

>それでナウシカ(BD版)は赤味がかっていたわけで・・・

またそんな捏造を、、、

投稿者 : 匿名

音に関しては誰も触れてませんけどそこら辺はどうなんでしょうね。
言わずもがなってことなんですかね。

投稿者 : きゃべつ

投稿者 匿名 : 2010年9月13日 22:28さん
DVDとの色調の違いは確実有ります。BDの方が赤いですよ。
正直買って良かったと思える画質ではありませんでした。
例えば、CCAとかF91は明らかにDVDを超えるクリアなライン、微妙な色の変化等を確認できるのでとても良いBD化でした。ああ、こんなに情報が潰れていたんだとよく分かります。ファンで買って損したと思う方はまず居ないでしょう。

投稿者 : 匿名