FF14をプレイするのにお薦めなパソコン

2010年7月10日:FF14をプレイするのにお薦めなパソコン
今日は「ファイナルファンタジー14」をプレイするのにお薦めなパソコンを紹介しようと思う。

ファイナルファンタジー14

発売日:2010年9月30日
価格:オープン価格

画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

なぜ、わざわざパソコンを紹介しなければいけないのですか?
古いパソコンだと、まず間違いなく満足に動かないから。新しいものでもノートパソコンなどはよほどの高性能でないと、こちらも満足に動かない。
快適に動くかどうかは『ファイナルファンタジー14のベンチマークソフト公開』で紹介したベンチマークで調べるという方法がありますね。
ちなみに私の古いデスクトップパソコンでベンチマークを試したところ、リアルサウンド状態になってた...。
......。
ここ数年に高性能なデスクトップパソコンを買った人でないのであれば、軒並み買い替えの必要が出てくるかもしれない。
かなり多くの人が該当しそうですね。
そこで今回のFF14にお薦めなパソコンの紹介ですね。
お薦めパソコンといっても、何か特定の機種を紹介するわけではない。今ではパソコン内の構成を自らで組み立てるパソコンが主流のため、主にどういったところをチェックしてみていけばいいのかを紹介していく。
まずは主にチェックすべきポイントです。
主にチェックすべきなのは「CPU」「メインメモリ」「グラフィックスカード」の3点だ。
最初は「CPU」から見ていきましょう。
「Core i7」と書いてあるものを中心に選ぼう。そのあとに数字が書いてあるが、数字が大きいほど性能が高いと思っていい。たとえば「Core i7-870/2.93GHz」と「Core i7-960/3.20GHz」があれば、後者の方が高性能と思ってもらってもいい。まあ、このあたりは価格差などでも、どちらが高い性能かわかるだろう。
続いて「メインメモリ」です。
これは高い方が良い。最低でも「4GB」。できれば「6GB」以上欲しいところ。同じパソコンで動画編集や絵を描くなどする人であれば、高めに見積もっておこう。
最後に「グラフィックスカード」ですね。
これは大きく分けて「ATI Radeon」と「NVIDIA GeForce」などのシリーズがある。「GeForce」はそのまま数字が付いているものと「GeForce GTX」の後に数字が付いているものがある。「GeForce GTX」の方が新しいものなので、こちらを優先して考えるといいだろう。
その前に「ATI Radeon」と「NVIDIA GeForce」のどちらを選ぶのが良いかという話がありますが。
今のところ「ATI Radeon」の方が良いのではという意見が多い。これは、実際にベンチマークで計測した結果などを元にしている。「ATI Radeon 5870」が最有力で、そのほか「ATI Radeon 5850」などと続く。「ATI Radeon 5750」辺りであれば、十分快適にプレイができる。逆に注意したいのが「ATI Radeon 5970」と、本来であれば高性能であるはずのものが、逆にベンチマークでは低い結果になってしまっている点。いろいろと問題点があるが、それが解消されるかどうかはわからない。このため、今のところは「ATI Radeon 5870」が一番良いのでは、という結論になっている。
ふむ。
それと、「NVIDIA GeForce GTX400」シリーズは、相性が悪いという話もある。このため、できれば「ATI Radeon」を中心に考えるとよいだろう。もっとも、相性が悪いといっても十分すぎるくらいの成果は出しているのだけどね。
ここまでの話を聞くと、よくわかりませんね。なんだか、暗号でも語られているかのようで...。
ここいら辺は何んとなくでもいいのでわかっておくと、購入するとき楽になる。さて、購入だが、こうしたパーツを組み立ててくれて販売するサイトがある。
それはどこでしょうか?
有名なところだとヒューレットパッカードデルだ。世界で1位と2位のパソコン販売会社となっている。世界規模で運営しているのがこの2社となっている。日本の大手は、もうデスクトップパソコンに力を入れていなかったり、構成変更ができなかったりするので、今回はこの2社で紹介する。 他にもソフマップドットコムマウスコンピュータパソコン工房などでもオリジナルモデルを発売していたりするので、そちらも興味があれば覗いてみるといいだろう。
それぞれの会社でもいろいろあって、よくわからないのですが...。
それぞれ、ゲーミングマシンという形で、ゲームユーザー向けのデスクトップパソコンを販売している。主に、そこから選び、そして構成を変更しながら購入するといいだろう。デルなら「ALIENWARE」シリーズか「Studio XPS」シリーズを、ヒューレットパッカードなら「HPE」シリーズを選び、そこから構成の変更をしつつ、最適のマシンになるようにしよう。もちろん、予算の都合などもあるだろうから、何でもかんでも高くするわけにもいかないだろうから、適度なところで調整しなければならないけどね。
予算は無限ではありませんからね。
パッと見ではあるけど、デルなら「Studio XPS 9100」や「Alienware Aurora ALX」を、ヒューレットパッカードであれば「HP Pavilion Desktop PC HPE-290jp/CT(夏モデル) カスタムモデル」から選ぶとよいかと。「HP Pavilion Desktop PC HPE-290jp/CT(夏モデル) カスタムモデル」はグラフィックスカードを変更するのをお忘れなく。なお、ヒューレットパッカードにはFF14モデルがあるけど、それほど高性能ではない。なので、「HP Pavilion Desktop PC HPE-290jp/CT(夏モデル) カスタムモデル」を元にグラフィックスカードを変更したものを購入するといいだろう。ソフマップドットコムだとオリジナルPCから選択を。マウスコンピュータパソコン工房もゲームPCから選ぶとよい。すべてデスクトップであること前提で。ノートパソコンは選択肢から外した方が良い。予算は20万円くらいを一つの目安に。さらに上を目指す人は目指してもらえたらと思う。
ちなみに、あなたは何を買ったのですか?
「Alienware Aurora ALX」を中心にカスタマイズして購入した。この「Alienware」シリーズは、冷却システムに水冷式を使っているんだよね。普通はファンのみなのだが、水冷式という冷却システムを使っている。これにより、長時間プレイでもパソコンに熱がこもりにくくなるというメリットがある。なので、長時間プレイをする人は「Alienware Aurora ALX」を検討してはどうかと思う。もっとも、かなりでかいので、部屋のスペース確保が難しかったり、住んでいる場所のアンペア数とかに自信が無い人はやめた方がいいけどね。
で、いくらかかったのですか?
いろいろとカスタマイズしたら、人生で一番高い買い物となった...。
......。
ちなみに、モニターはまた後日『ゲームユーザーにお薦めのモニター』として取り上げる。そちらもチェックしていただけたらと思う。
モニターも合わせていくらかかりましたか?
ハーフミリオンに届く勢いです...。
......。
ちょうど7月10日からベータテストがスタートします。今後パソコン購入を検討される方が一斉にパソコン購入に走ると、パーツが品切れルなどの可能性もあります。購入することが確定している方は、早めに準備することをお薦めします。
発売日直近になると、またファイナルファンタジー14推奨モデルが発売されそうな気がするけど、あまりゆっくりしていると発売日にパソコンが届かないということもありうる。対応は早め早めが良いだろう。
ここからは追記になります。
1点だけ注意点を。今回紹介した高性能パソコンの多くは問題ないのだが、パソコン工房のゲームパソコンだとOSがWindows7の32bit付きで売られているものがある。これはカスタマイズでWindows7 64bitに変更した方がいい。もし、変更しない場合は、メモリをアップさせても4GB以上のメモリは稼働しないので注意。4GBまでであれば、別に32bitでもかまわない。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:ダイソンの羽根の無い扇風機「dyson air multiplier」をお薦めしてみる
1つ新しい話題:レイトン教授と永遠の歌姫、劇場公開作がDVD化、なぜ成功しなかったのか、成功するためにはどうすればいいのか

『FF14をプレイするのにお薦めなパソコン』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/3042

2010年7月19日:FF14にお薦めのモニター ... 続きを読む

2010年7月25日:FF14の推奨認定パソコン発売、その中... 続きを読む

『FF14をプレイするのにお薦めなパソコン』へのコメント

>>できれば「6GB」以上欲しいところ。

まだ64bitOSと対応ソフトは普及してないからなぁ
他のゲームもやるならデュアルブートも考えないといけない

投稿者 : 匿名

ここのサイトを見てる時点で色々な意味でコアな人たちが来てると思うから説明はいらn

投稿者 : 匿名

>ハーフミリオンに届く勢いです...。

ありえない…。

投稿者 : 匿名

水冷とか自作やってねぇ人には1番進められない機能なんだが・・・ メンテナンスできるんかね
おまけにSSDは標準搭載じゃないし、選んでもメーカーわかんないし 

ぶっちゃけんな超高額の価値ねぇよ?

投稿者 : 匿名

メモリはWindowsが32bitバージョンだと4Gまでしか認識しないので
6GにするならOSが64bitかどうか確認したほうがいいですよ

投稿者 : 匿名

CPUは新型CPUの発表が控えており、現行モデルの価格改定が将来予想されます。8月に5万円台から3万円になるCPUなどもあるので注意が必要。
メモリできれば6GBと書かれていますけどFF14は32bitアプリケーションだからFF14のみでいえば3.5GBまでしか認識されませんよ。
あと、OSがXPのまま特定の高性能VGAに差し替えるとFF11が重くなる事象が起こっているのでFF11も遊んでいる人に注意もしたほうがよろしいかと。
正直、この記事の書き方ではPC初心者が無駄に性能を求めたり、電源など他パーツの重要性をないがしろにします。
βが始まりますがまだ情報が出揃ってない今そういったデメリットや深い所を書かないなら記事にするべきではないです。

投稿者 : のの

か、金持ちだな。。。。

投稿者 : 匿名

ノートだと上位GPU搭載クラスに限られますね。
Radeonなら5870か5850搭載機、しかしどういうワケか日本でのRadeon搭載マシンはあまり多くない傾向。
また5850搭載機はビデオメモリが安くて低速なDDR3機と、高価な分だけ高性能のGDDR5機に分かれるので、低速な方は避けないといけません。
GeForceは最上位のGTX285MでもRadeon5850のメモリGDDR5採用機に及びませんな。
あと、発熱もGeForce系の方が高い様子、どうも日本ではハイスペックはデスクトップ型に求めるユーザーが多いそうで、ハイエンドとされる外付けGPU搭載ノートでさえ、GeForce系のミドルクラス採用が多いのが現状。
海外でハイエンドGPU搭載ノートを販売しているメーカーでも日本では、該当モデルの販売を見送ったりしているところが散見されます。
まぁ秋モデルで出てくるかも知れませんが

投稿者 : ゴロゴロ

今日日本のβテストがあったわけですが、どうもATI RadeonよりもNVIDIA GeForceの方が快適に動かせるという報告が多いとか…
βテストの方に参加が出来ていないのでなんとも言えないですが、この辺はどうなるんでしょうね。

投稿者 : 通りすがりD

発売日は遅いがFF専用PS3を購入すれば良い話だとは思わないのか・・・。
アップデートで後々HDD圧迫するだろうから500G位に積み変えて。
トルネの録画追っかけ再生と1.5倍速再生と番組表が便利すぎなのでトルネ専用PS3とゲーム用で所持。
場所を録るのと気温が高いと爆音がするのでエアコン必須だが超便利。
ちなみにトルネの追っかけ再生等はVer2.0からの機能。
このあたりも紹介して欲しいのぅ。

投稿者 : 匿名

メインメモリの事を語るなら、OSの事も語らないといかんでしょ…

32bitOSに4GB以上積んでも無意味だし…

しかも「お勧めのパソコン」って銘打ってる割には、内容は「お勧めのスペック」でしか語ってない気がするんですが…

しかも初心者向けの内容では絶対に無いしかと言って中級車以上には可笑しな点が多すぎる内容だし、

色々な意味でこの内容は訂正された方が良いかと思います

投稿者 : 匿名

6GBは2GBのトリプルチャンネルを言ってるんじゃね

投稿者 : 匿名

その構成で目一杯贅沢しても30万前後で収まると思うんだが
いったいどんなモニター買ったんだよw

投稿者 : 匿名

俺もGeFoce7800GTXが出た頃に50万越えでPC組んだなー。
当時はCPUのハイエンドで12万円越えが当たり前、グラボもいい物なら7万円後半から、DDR1メモリで2GBなら2万円から、24型ワイド液晶は15万円以上という時代だったな・・・。
今は色々と安くなったなー、と実感しますわ。
それだけ投資しても1年後には新型が出てトップ性能ではなくなるんですよね。まあ、それは想定内でしたが、一番痛いのが2年後にCUPはデュアルコアが当たり前、グラボとモニタにはHDCP機能が必須となったこと。
これにより、僅か2年で完全に世代遅れのPCになってしまった・・・。
今は、あの時のPCより高性能なものを20万円以下で組んで使っている。

>いったいどんなモニター買ったんだよw
液晶は安価なエントリーモデルか、高価なプロ仕様しかないからね。画質を求めたら10万円以上は必要になるよ。

投稿者 : 匿名

正直FF14用ってよりも単に次世代MMO用のスペ晒してるだけにしか見えないなw
勉強しなおしてきなさいw

投稿者 : 匿名

モニターと水冷かな?価格が嵩んだのは

エイリアンウェアはプラスアルファで若干お高いですが
それでも1・2万でしょうし

投稿者 : 匿名

FF14をプレイするのにお薦めなパソコン?
なんでわざわざ64bitでメモリ6GBをお勧めするんだ?
32bitアプリなんだから4GBでいいだろう
一世代前なら、上手く揃えれば5~6万円でPS3よりはるかにマシな環境が整えられる
この記事だとPC版はとにかく金がかかる、敷居が高いと思われてしまうな
むしろそういう意図さえ感じられる

投稿者 : 匿名

パソコンは買った瞬間から中古品。
これは宿命です。

βなんだから不具合は当たり前。グラボがらみも追々修正るでしょう。

自己責任というのを回避したければ、BTOはしょうがないね。
値段も相応に高くなるけど。保障金ってところか?

しかし値段がびっくりですな。

モニターは、16:10のやつを買うのですかねえ。
現在16:9が主流だからなあ。個人的にはパソコン向けは、16:10がいいなあと思う。
値段からすると、三菱の234WG2あたりか?しかも二台いっぺんかな?

投稿者 : 仏の目

ウィンドウズ7の64bit機だと、対応するゲームコントローラがほとんどなくてヤバげです。むしろ32bit機じゃないと、コントローラがなくて涙するのでは?

投稿者 : 匿名

今時32bit OS買うとかないわ。
コントローラだって問題なし。
なんでこんな適当なコメントする奴多いんだ?

投稿者 : 匿名

PS3版が出るのわかってるんだから、パソコン買い換える必要なんてないじゃん……。
たかがFFの為だけに50万も使うとか、
オタクって何でこうわけのわからないベクトルで必死なの?
仕事でも高性能PC必要だから、この機会にあわせて買い換えたってなら分かるけどさー。

ていうか今買うのはまだ早いでしょ。
FF14が9/30なんだから、8月のボーナス商戦から9月初中旬にかけて購入→到着目処にするのが賢い選択だと思う。
パソコンは思っているより進化早いよ。

投稿者 : 匿名

進化が早くて目処つけにくいから欲しい時に買うのが正解
それに新調してすぐのPCほど使いにくいものはないぞ
万全の状態にしてからプレイしたいんだろ、きっと
以前のPCで使っていたものをインストールしたり、
サイズの変わった画面にも慣れなきゃいけないし

投稿者 : 匿名

水冷式のメリットは静音性であって、熱がこもりにくくなるのは別の問題ではないですか?
それに、グラフィックスカード周りは水冷では無いですよね?

投稿者 : 匿名

なんかしらんがPS3でやれば良いって奴多くて笑える
βを考えると今から買うのは普通だし
PS3程度のスペックで十分ってのも論外

コントローラーだって全然問題ない
50万は正直高いが買ったPC見れば何となく気持ちはわかる
3D気になる奴ならモニターもそれなりになるしね

まあ、人柱がもっと出来てから新しい推奨スペック紹介したほうがいいな

投稿者 : 匿名

しかしαテストでは有利だったRadeonが、βテストでは悪くなるってなんだろうね?

投稿者 : ゴロゴロ

>しかしαテストでは有利だったRadeonが、βテストでは悪くなるってなんだろうね?

FF14ベンチをnVidiaで配布してるくらいだからnVidiaに(が?)金出してGeForceに最適化したんじゃないかね。
nVidiaもGeForceGTX460を売らなきゃならないしね。

正直GTX465までのラインナップだとnVidia終わったーな評価だったのがGTX460でだいぶ回復したので、年末から来年春に向けた製品でシェアと評判を取り戻すために、宣伝効果の高そうなFF14とタイアップした、みたいな感じだと思う。

その分Radeonが割を食ったわけだが…。

投稿者 : 匿名

GF100もβでおかしくなっているという事が全く広まってないところに、宗教的なキチガイの活躍を感じるね
Radeon4xxxシリーズ以前の物では不具合が起きていないと言うことも全く広まっていないし

αで問題出ていなかった、ここ1年で販売されたDx11対応GPUで不具合出しているのでDx9での処理を上げるために標準APIではなく、何かしらハードを直接弄る事をした可能性がある。

投稿者 : 匿名