ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2発売決定、予約もスタート

2010年2月3日:ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2発売決定、予約もスタート
スクウェアエニックスから「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2」の発売が決まったようだね。
発売日も決定しました。4月28日に5490円で発売されます。
かなり早い発売だね。
そうですね。特に、1月に「ドラゴンクエスト6」が発売されましたし、3月に「ドラゴンクエスト9」「ドラゴンクエスト4」「ドラゴンクエスト5」の廉価版が発売となります。
「ドラゴンクエスト」シリーズの勢いを感じますね。
2009年の株主総会でそのような発言をしていたしね。
どういう発言ですか?
この発言ですね。2009年6月24日『スクウェアエニックスの株主総会2009年』の中での発言です。

『「ドラゴンクエスト9」は長く遊んでもらうようにやっていくので、その間にいろいろな素材を活かしていく。』(『スクウェアエニックスの株主総会2009年』より)

いろいろな素材が、今回の「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2」であったり、「ドラゴンクエスト6」、そして各種廉価版というわけですね。
まあ、そういうことだろう。この1年は、まさに「ドラゴンクエスト」イヤーとでも言えばいいのかな。
いやいや。
......。
すみません...。
amazon.co.jpでも予約が開始されています。シリーズファンは要チェックです。

画像

■ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2

発売日:2010年4月28日
価格:5490円

※画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

直近、直後の話題

1つ過去の話題:バンダイナムコが大幅下方修正、純利益300億円を超す赤字に、ゲーム部門が足を引っ張る、どうしてこうなったのか
1つ新しい話題:バンダイナムコの業績悪化を鉄拳6のせいにすることの過ち

『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2発売決定、予約もスタート』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/2847

『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2発売決定、予約もスタート』へのコメント

使い回しの年
ドラクエ嫌

投稿者 : 匿名

いい加減スクエニの市場荒らしが鬱陶しくなってきたな。
別にスクエニのタイトルを買った上で、他社のタイトルもちゃんと買うのならいいが、んなわきゃないから。

投稿者 : 匿名

しかしこれで、だいたいのDQネタは尽きたな
あと来れるとすれば「3」の移植ぐらい?ゲーム機用としてはSFC以来無しだし。
FFも14は不透明だし、他の主力タイトルなんてタカが知れてるし・・・
決算規模を維持していくためにどうするんだろうね。

投稿者 : 匿名

何故スクエニのタイトルを買って、他社のタイトルも「ちゃんと」買わないといけないのか訳が分からん。

投稿者 : 匿名

>>投稿者 Anonymous : 2010年2月 4日 00:19
何がどう市場荒らしなのか。
単に普通に他所と変わらず新製品を開発・販売しているだけではないのか?

特に3月などは、決算時期でタイトル集中時期のはずだ。
が、スクエニは廉価版とWiiのミッフィー以外、未だラインナップ予定が無い。
2月もリメイクと移植のみで、新作が一本も出ていない。
まるでKHとDQ6をゆっくりやってもらおうと配慮してくれているかのようでもあり、なんだか不気味だ。

4月にしても、ニーアとジョーカーで一見すると被っているようには見える。
が、良く考えてみるとかたやDSと、かたや高性能なHD据置機種。
しかもターゲット層もほぼ異なる作品ではないか。


で、どこが市場を荒らしているんだ?
毎月DQ本編並のタイトルを発売でもしているのか? 違うだろ。

本当に荒らしているのは、
純粋なゲームだけに絞っても2月3月だけで異常な数を発売予定の例の企業BNだろ……。
正直有り得ない数で、ガチでドン引き状態。
そりゃ業績も悪化するわ、と……。

投稿者 : 匿名

新作出すのはいいけど
6でモンスターを仲間に出来なくするってのはちょっとねぇ…

投稿者 : 匿名

まあ一昔前ならリメイクとはいえドラクエの乱発なんて考えられなかったし、国内最強クラスのブランドが次々に発売されれば客の優先順位は握られれてしまうので、他メーカーにとっては面白くないでしょう。

まあ弱肉強食で考えれば何も悪い事はありませんが、ブランドの乱発は最終的に自分の首を絞めるだけだとスクエニ自身が一番分かってるはずなんですけどね…

投稿者 : 匿名

>投稿者 Anonymous : 2010年2月 5日 16:03
一昔前……ねぇ。
かつてもMSX版DQ1・2が存在していた。
DQは当初から複数機種をまたぐ存在としてこの地に降り立っている。

さすがにDQ10と11を同年発売とかそういう事はないだろうが。
DQ10とDQ何々というのは、普通にあること。
そしてこれは別におかしな事でもなんでもない。

そもそもリメイクの乱発などしていない。
DSDQ4(2007)、DSDQ5(2008)、DQ9(2009)、DSDQ6(2010)である。
リメイクが新作をはさみつつの毎年発売傾向になるのは、これ以前にも既出済み。
DQ1&2GB(1999)、DQ7(2000)、DQ3GB(2000)である。
ついでにここはPSDQ4(2001)でもあった。
もっと前でもDQ5とSFCDQ1&2、SFCDQ3とDQ6が一年間隔で発売されている。
DQ8とPS2DQ5も同様、半年程度の間隔で発売された。

結局、一昔前からずっと姿勢は変わってないんだよ。
元からこういうもん。
DQブランドは何かと重なりやすい傾向にあった。
リメイクとナンバリング新作以外の派生作品も考えれば、当然だろ。
とくに今回のジョーカーは派生作品なんだしな。

ハッキリ言って、DQ関連ゲームが出てない年は1997年を最後に途絶えている。
それ以後は、毎年ずっと何かが出ている。時には年間複数タイトルが、な。

むしろこれだけブランドの乱発をしていても、
本編が大きく減少する事が無いという所に注目した方がいい。
同じ乱発をしているFFが大きく落としていることを考慮すると、
DQに対しては、任天堂ブランドの一部作品へのような完全な安心感の様な物をユーザーが抱いているんじゃないだろうか?

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール