結局のところ、SCEIのすごいタイトルってどうなの?

2004年9月11日:結局のところ、SCEIのすごいタイトルってどうなの?
9月7日に取り上げましたソニーコンピュータエンタテインメントのすごいタイトルに関しての投稿が届いています。

『SCEの「すごい」タイトルについて、お二人の感想や予想を語って欲しいです。個人的にワンダ~の方は期待できそうです。ICOのスタッフが作っているとか・・。』(投稿:まったり)

『SCEの「すごいタイトル」2タイトル・・・どっちも見せ掛けだけで大したことはない感じがします。真琴さん言う通り本当に実際はすごくなかったですね(笑)』(投稿:)

昨日発表されたな。
一つは「ワンダと巨像」、もう一つは「GENJI」です。
タイトル、いっそのこと「パンダと巨象」の方が良かったかも。
……。
すまんかった。
今回発表されたタイトルについて取り上げて欲しいとのことですが。
ゲーム内容は置いておいて、話題作りだけは成功したと思う。たとえば、ここでも取り上げたように、普通に発表していれば決して取り上げないような場所でも、何かすごいのが発表されるのではということで話題になっただろう。それだけでも十分成功を収めたといえる。
タイトルの予想など、いろいろな面で多くの人が注目しましたね。
少なくとも、タイトル名や大体のゲームについての理解を得られただろうから、まったく無名の、シリーズ物で無いものを売っていく下準備としては最上だろう。
珍しく褒めていますね。
こうしてここで再度取り上げること自体がソニーコンピュータエンタテインメントの術中に嵌ったみたいで、正直嫌なんだけど。
……。
「GENJI」についてだけど、次回のNHK大河ドラマが「義経」とのことなので、その絡みとして売り上げ増を狙っているのだろう。
今年の新撰組でも多くのメーカーから関連ゲームが発売されました。
まさか、ソニーコンピュータエンタテインメントがやるとは思わなかったけど。
珍しいことですね。
それだけ必死ということか?
さぁ。
あと、このゲームの開発に関わっているのがゲームリパブリックという会社なのだが、どうかね。
どうかね、と言われましても。その会社自体知らないので、なんとも言えません。
カプコンという右肩下がりの会社があるのだが、そこからいち早く撤退した人物が作った会社なんだ。いろいろと大義名分を掲げて作ったのだが…。
何か問題があるのですか?
オリジナルのゲームでも作るのかと思いきや、大河ドラマに関連したものを作るあたり、結局のところやることは他のメーカーとなんらかわらんな、と思ってさ。
別にいいじゃないですか…。
まあ、あとはソフト自体が楽しいかどうかですな。アクションゲームだそうなので、触って面白いと思えたら、また紹介でもさせてもらうよ。
そのときは失言、詫びてくださいね。
……。
……。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:「FF11ジラート」プロマシアの呪縛発売まであと1週間
1つ新しい話題:PSX大幅値下げ、オススメのDVDレコーダーはこれだ!

『結局のところ、SCEIのすごいタイトルってどうなの?』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/780

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール