今週発売注目ソフトはテイルズとSDガンダム!!

2002年11月26日:今週発売注目ソフトはテイルズとSDガンダム!!
エニックスとスクウェアの合併話が尽きないところなのですが、一応恒例の今週発売オススメソフトの紹介もしなければなりません。
「ファイナルファンタジー11」のバージョンアップがうまく出来ないという話も尽きませんな。
まあ、それは置いておいて、さっそく今週の注目ソフトを。
テイルズオブデスティニー2」と「SDガンダムGGENERATION NEO」でしょ。

112631.jpg (16670 バイト)

■テイルズオブデスティニー2

発売日:2002年11月28日
価格:\6800

「テイルズオブデスティニー」の続編。前作登場したキャラクターも多数登場するのが特徴。プレイステーション2初のテイルズオブシリーズとなる。

※画像クリックでamazon.co.jpにて予約可能

まずは「テイルズオブデスティニー2」から。前作の主人公とヒロインの子供が主人公となっていますね。
余りにも安易な展開のような気もするけど、まああとはゲームをプレイして見ないとなんともいえないね。そういえば、前作も100万本を目指していたけど、今回も目標出荷本数が100万本になっているね。
達成できますかね?
出来ないでしょ?ちなみに前作もベスト版含めて100万本まだ達していないしね。通常版は確か80万本くらいまで売れたのかな?いまいち記憶が定かではないけど。今回は70万本~80万本くらいで落ちつきそうな気がするけどどうだろうか。
ふむふむ。では次「SDガンダムGGENERATION NEO」を。

112632.jpg (20757 バイト)

■SDガンダムGGENERATION NEO

発売日:2002年11月28日
価格:\6800

SDガンダムシリーズ最新作。今作は初のオリジナルストーリーとなっている。また、現在放映中のアニメ「機動戦士ガンダムSEED」のユニット・キャラクターも登場する。

※画像クリックでamazon.co.jpにて予約可能

つい最近「機動戦士ガンダムSEED」のキャラクターが登場することが明らかになったよね。かなり前の段階から出るようなことを匂わせていたけど。
現在のアニメの宣伝にもなりますね。あとはどれだけストーリーに関わってくるかですが。
今回はオリジナルストーリーというのが魅力的だよね。いままでは原作をなぞっていっただけのようなストーリーが多かったけど。ガンダムに登場するユニットやキャラクターは魅力的なものが多いので、これらのキャラクター達がストーリーを織り成すとなると考えただけでも燃えるな。
ちなみに、こちらは何本くらい出荷できると思います?
50万本はあっさり越すのでは。ミリオンは行かないまでも「テイルズオブデスティニー2」並に売れるかもしれない。意外と年末商戦にはソフトが無かったりするので、ガンダム好きはこのソフトを狙っていそうだね。
今週はこの2本だけですかね?
もう一つあえて挙げるとすれば「ルパン三世 魔術王の遺産」。

112633.jpg (18972 バイト)

■ルパン三世 魔術王の遺産

発売日:2002年11月28日
価格:\6980

世界一有名な大泥棒「ルパン三世」の活躍を描くシネマティックアクションアドベンチャー。今度の獲物は「ランドルフ王の遺産」。フルポリゴン・3Dムービーで表情豊かなルパンたちを描き出す。敵中に単身忍び込み、警官や敵の厳戒体制、巧妙に張り巡らされたトラップを潜り抜け、敵陣深層部へ潜り込もう。時には隠れ、時には闘い、「人を殺さない」という男の美学を守り抜き、迫り来る謎を解き明かせ。

※画像クリックでamazon.co.jpにて予約可能

どういう風な点がオススメ理由ですか?
単にルパンだから。実際にゲームそのものが面白くなくても、なんとなくよさそうな気がしない?
そんなもんですかね?
そんなもんだよ。このソフト、結構売れそうな気がするので、品切れに注意が必要かも。
予想出荷本数はどれくらいでしょう?
20万本は行くと見た。
大胆な予想ですね。それにしても今週はプレイステーション2のソフトばかりでしたね。
他の機種はほとんどソフト出していないしね。任天堂系ゲーム機は先週で一段落してしまったし。まあ、今週から当分は今日紹介したソフトで事足りるでしょ。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:「FF11」現在抱える問題点の修正方法Part3
1つ新しい話題:エニックスとスクウェアが合併へ!!

『今週発売注目ソフトはテイルズとSDガンダム!!』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/63

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール