機動戦士ガンダム バトルオペレーション2が動画配信出来ていた件について、機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2の話も

ちょっと前に発売された「機動戦士ガンダム バトルオペレーション2」について取り上げようかと思う。

すでに発売されていてしばらくたっているのでなんだけど、このゲーム、シェア機能による動画配信できるようになっているんだよね。

「機動戦士ガンダム バトルオペレーション2」は7月26日に基本無料として配信されています。

PS4用ソフトでダウンロードしてプレイすることが可能です。

そのゲームで、PS4の機能を使って動画配信できる、ということですね。

今までガンダムのゲームは動画配信ができない、というのが一般的でしたが、今回はできるのですね。

ちょうど1年前の2017年7月8日『ガンダムバーサス、まさかのシェア機能、ゲーム実況の許諾が出てなくてビックリした、悪評を払拭できたのに』と2017年7月11日『JASRACがゲーム実況を阻んでいるという誤解と、ガンダムバーサスは何が問題なのか』で取り上げましたね。

「ガンダムバーサス」ではできなかった動画配信ですが、今回「機動戦士ガンダム バトルオペレーション2」では動画配信できるようになっていますね。

いったい、何が違うのでしょうか?

やる気じゃない?

やる気ですか・・・。

実際にどこがどう判断したかは知らないけど、最終的に関係者がすべて了解したからできるようになったのだろう。

バンダイナムコとしては当然以前からやりたかっただろうから、それ以外の、版権元か、それ以外か。

以前、ガンダムバーサスの話を取り上げたときに、版権元が金をとるからやらないのでは、という意見もあったが、結局はやることになった以上、合意に達することができるものではあったんだよね。

だからこそ、やる気という表現をあえてしてみた。

どういった条件が考えられますか?

一つは無条件で許諾。

もう一つは金銭的な上乗せも込みで許諾。

後は、今回のゲームの場合は無料配信で別の手段で収入を得る仕組みにしているためそのあたりの可能性を考えて許諾というのもある。

個人的には、3番目が大きいのではなかろうか。

スマホのギャンブルガチャのように金を多く得られる可能性があるので、許諾をした、という感じで。

ガンダム関連はスマホのギャンブルガチャは栄えてから急激に売り上げを伸ばしており、それによって創通の売上高も利益も大幅に伸びた経緯がある。

気楽に確認できる数字としては、2010年の段階で売上高138億円で経常利益が16億円から売上高ピークの2015年には売上高239億円、経常利益が33億円となっている。

この大幅な伸びはスマホのギャンブルガチャによるところが大きいのだが、こうした結果が前提にあるかもしれない。

今回の無料配信のゲームでも得られることを期待して動画配信を許可した可能性はある。

なので、今後発売されるガンダムのゲームが全部許諾されるかはまた別問題で、収益に大きく影響を及ぼす可能性があれば許諾して、そうでなければ許可しない可能性も残されている。

最終的にどう判断するかはわからないけどね。

いずれにしても版権の問題は今後、無くなる可能性が出てきたわけですね。

音楽面ではどうでしょうか?

「機動戦士ガンダム バトルオペレーション2」ダウンロードではアニメ等の音楽を使っていない、と言われていますが。

それも「ガンダムバーサス」の時に言っただけど、影響は当然あるだろう。

そのまま載せて大丈夫なので、バンダイナムコが特段ルールを定めることなく、PS4のシェア機能の仕組みだけでユーザーにとっても気楽に配信できる環境にできるという点では。

ただ、以前から言っているように、アニメ等の音楽を使わないように、使っていい音楽を指定するなどすればいいだけだから。

それか、いっそのこと、プログラム的に動画配信する際には特定の曲しか流れないような仕組みを作ってしまえばいいのだし。

そうした部分も含めてのやる気だよ。

そうしたやる気がなかったから、結局は「ガンダムバーサス」は売れずに終わったわけだし。

単純にゲーム性が悪かった、というのもあるけどさ。

そこが一番重要では・・・。

いずれにしても、そういた部分も含めて今後のガンダムゲームがどのようになっていくのかも注目ですね。

「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2」も出るようだしね。

やるつもりですか・・・。

以前、2014年3月4日『まこなこガンダムVS引退記念』で、引退記念とか言っていたような気がしますが・・・。

ちゃんと、ひとまず、という表現使っているでしょ。

それに、話の内容としてゲームセンターのタバコ問題が大きかっただけだし。

なぜか、あの話をして以降に、よく行っていたゲームセンターに様子見で出かけたら、禁煙になっていて、タイミングの悪さをすごく感じだが・・・。

・・・・・・。

とはいえ、「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2」をゲームセンターに行ってまでがっつりやるかと言われると、なかなかそういう状況にもならないので、できれば家庭用にも出てくれることを願って、今回の話は終えたいと思う。

というか、2018年リリースのはずなのだが、いまだに話が出てこないよね。

東京ゲームショウ2018あたりで情報が出るのだろうか。

でも、出たとしてもベータテストをやってからと考えると、年内リリースは難しそう。

オフィシャルサイトだと、2018年秋の表示になっているけどね。

そうですか。

あと、どうでもいい話だけど、バンダイナムコの問題以降、ガンダム関連からも離れていたんだよね。

ただ、よくよく考えると、別にバンダイナムコのゲーム部門が問題なだけであって、ガンダム自体はなんら悪くないな、ということに気が付き。

なので、また機会があればガンダムのアニメであったりを見てみようかと思う。

とりあえずは漫画の「機動戦士ガンダム オリジン」でも読んでみるよ。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:なぜプロゲーマーは不正をするのか
1つ新しい話題:モンスターハンターワールドが全世界出荷本数1000万本突破、Nintendo Switch版のモンスターハンター5の行方は如何に

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2が動画配信出来ていた件について、機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2の話も』へのトラックバック

トラックバックURL: https://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/5280

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2が動画配信出来ていた件について、機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2の話も』へのコメント

自分のファイターズやダイバーズ程じゃないがガンプラをスキャンし闘わせるゲームも開発中ようです、何時か取りあげますかね

漫画で話題なのはMOONガンダムかな

投稿者 : 匿名

パッケージで動画許可は難しいと思います。
FGOでソニーって音楽の版権を持ってるだけだと思ったのですが、凄い利益ですし、基本無料じゃないと厳しいのではないでしょうか
割と格ゲーにしては敷居も低い気がするので、もったいないとは思いますけどね。
まぁバンナムはやりたいでしょうから、版権の方に要望だしてもらえるようにチャンネルの方にもやってはどうでしょう。

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール