モンスターハンタークロスが200万本突破、この数字をどう見るべきか

11月28日に発売された「モンスターハンタークロス」の出荷本数が200万本突破したようだね。

プレスリリースが出ていますね。

ダウロード版も含む数字です。

発売週のメディアクリエイトによる数字では149万本でした。こちらはダウンロード版を含まない数字です。

過去のシリーズと比べて大きく売れ行きが落ちているようですが、どう判断すればいいのでしょうか?

今回、品薄状態になっているので、単純に比較はできないかと思う。

また、前作にあたる「モンスターハンター4G」はメディアクリエイト調べで145万本、その元となる「モンスターハンター4」は172万本なので、あまり変わらないという見方もできるだろう。

前作と比べたら伸びているし、その前と比べても、ダウンロード版が盛んになった今となっては、肉薄する部分もある。

最も、「モンスターハンター4」の時にも品薄状態だったので、今と状況は似ている。

と、なりますと、いまだにモンハン人気は健在ということですね。

ただ、昔はじわじわと売れていったものの、最近は初動型に近い売れ行きになっているため、この後どれくらい伸びるのかは未知数だ。

「モンスターハンター4」は400万本の出荷、「モンスターハンター4G」は250万本の売れ行きだったそうなので、まずは4Gを超えるかどうかが一つの目安になるかと。

ちなみに、この数字はwikipediaから。

年末商戦に向けて、さらに伸びるのかどうか、注目だ。

それにしても、毎回のように品薄になるのはなぜなのでしょうか?

今回に関しては、小売店側も慎重な数字を出したのではないかな、と思ったりするがどうなのだろうか。

4から4Gと比べた際に、大きく落ち込んだので、今回の発注数を抑えたのかな、と。

メーカー主導で出荷数を絞ったのか、それとも小売店主導で発注を抑えたのか、どちらであるかは現場の人しか知りようがないけど、今回は小売店サイドの意向かな、と思ったりする。

もっとも、ダウンロード版を売りたいために、メーカー側が出荷数を抑えたという可能性もありうるので、こればかりはなんとも。

いずれにしろ、今後の動向に注目です。

「モンスターハンタークロス」の発売で、Newニンテンドー3DSの販売台数も大きく伸びました。

本体の売れ行きの動向と合わせて注目です。

次回出荷分の販売も行われていますので、興味がある方はオンラインショップ等を覗いてみてはどうでしょうか。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:FF11、プレイ時間2015年11月版、毎月のプレイ時間記録スタート
1つ新しい話題:PS4が中国へ結構な規模で並行輸入されていることを理解できない人向けの説明

『モンスターハンタークロスが200万本突破、この数字をどう見るべきか』へのトラックバック

トラックバックURL: https://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/4865

『モンスターハンタークロスが200万本突破、この数字をどう見るべきか』へのコメント

外伝なのにこのご時勢で横這いは結構凄いね
3DSも普及しきってるのにまだ伸びるのは意外
国内2000万台いく最後のハードになりそう

投稿者 : 匿名

3DSはNEWだし伸びるというよりほぼ買い換えでは?
公式で買い換え推奨動画まで出してるわけだし
でもNXの正体と発売時期によっては今買い換えても
すぐ旧世代機になっちゃうわけで悩む人も多そう···
あとXを殊更外伝と意識してる人は殆んどいないと思う

投稿者 : 匿名

日本てまだこんだけゲームが売れるんだという印象。

投稿者 : 匿名

職場の若人が、少なくとも4人は遊んでいた。
やはりソフトの魅力に尽きるんだなぁと…

投稿者 : PCパーツの名無しさん

スマホのエクスプロアの売上がガクッと落ちてるから
モンハンであれば何でもやるような熱心な固定層が相当数いるんだろう。
末期のスト2シリーズみたいな感じに見える。
もう新規は寄り付かないけど、固定層はがっちり掴んでるような感じ。

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール