プレイステーションカンファレンス2017を見て、期待に胸膨らんだ人、いた?

東京ゲームショウ2017を前に、ソニーがプレスカンファレンスを行ったようだね。

「2017 PlayStation Press Conference in Japan」ですね。

約1時間、ライブ配信などで公開されました。

どうですか、今回のプレイステーション プレスカンファレンスは?

期待していた人、いたの?

ひどい物言いを・・・。

でも、見たら、意外とよかったよね。

おお、それはそれは。

どこがよかったのですか?

・・・・・・。

おい・・・。

まあ、冗談はさておき、個人的には良かったのではないかと思っている。

それはどういった理由からでしょうか?

ちゃんと、比較的近い時期に発売するタイトルを中心に出してきたから。

いつ発売するかわからないようなタイトルで客をごまかすようなことをせず、直近に発売されるものを中心に、遅くても2018年には発売するであろうタイトルばかりで、実際にユーザーが手元で楽しめるまでの期間が短く、ちゃんと待っていられる感じだったので。

そうしたタイトルが、個人的に期待しているかどうかは人それぞれだと思うが、それに対して良し悪しを語るのもどうかと思うし。

実際にタイトル群を見て、何か興味深いものはありましたか?

前々から言っているように「地球防衛軍5」はやりたいタイトルだったので、この発売日が決まって何より。

もう、来年に延期するとばかり思っていたので、逆に年内に発売されてびっくり。

というか、やりたいタイトルが12月前半周辺に固まっているのをどうにかしてほしい・・・。

「地球防衛軍5」は12月7日発売ですね。

それ以外には何かありましたか?

えっ!?

えっ!?

そういうことをするのはやめてください・・・。

実際、いろいろとあったよね。

「モンスターハンターワールド」の発売日発表も結構なサプライズだったし。

こんなに早く出るのか、というのが印象的。これ、本来であれば年末商戦に間に合わせたかったんだろうな、と思うけど。中途半端な2018年1月26日発売なのは残念なところか。

「十三機兵防衛圏」もちょっと気になった。どういったゲームかわからないけど、なんかシミュレーションっぽい画面が出ていたので、そうしたゲームなら興味がある。

地球防衛軍絡みで「EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN」も、多少は興味あり。でも、どう考えても「地球防衛軍5」が出ていない中で、次の作品の発表をするというのもどうかと思うが。

それくらい「地球防衛軍5」の発売時期がずれ込んでしまったということなのか。

「DISSIDIA FINAL FANTASY NT」も購入しようか迷っていたので、どうしたものかと。発売日も2018年1月11日に決まったし、具体的に発売日が出てきたのは何より。過去のPSPで出たものって、倒すのにゲージが2つあって、よくシステムわからなかったんだよね。そのあたりが改善されているのであれば、やってみたいと思う。

いろいろとやりたいソフトの発売時期が出たのですね。

結局は、ソフトが手元に来ないかぎりは何の楽しみも得られないしね。

ちゃんとソフトがあることが大前提だよ。

確かに「ドラゴンクエスト11」レベルの最新作が発表されるのであればありがたいけど、いつ出るかわからないものを早くに情報出されるよりかは、まずは遊べるものを順次出てくることを望みたい。

今年のE3 2017では、真偽はわからないけど、発売まで長いタイトルは発表できないように制限をした、という話もあるし、今後もこの流れを日本でもつなげていってもらいたいものだ。

カンファレンスの発表形態はどうでしたか?

音が小さくないか、というのがあった。

あと、映像と音声にズレがあったので、最初、ゲーム内での口パクが失敗しているのかと思ってしまったよ。

他には、登壇者がソニーの人とカプコンの人の2名のみと、すごく寂しい感じのする展開だったのも残念。

とはいえ、無駄に登壇者を増やしてもどうかと思うけどね。

どうも、この辺りもE3 2017あたりから、こうした形のカンファレンスが行われているような感じがする。

どうしてそうなったのかは興味深いところなのだが。

いずれにしろ、日本人が思い描く大作はないかもしれないけど、それでも遊べるタイトルはいくつも出てくると言っていいんじゃなかろうか。

あとは、「モンスターハンターワールド」がどれくらい注目されるか。

それと、今回発表されたタイトルがで終わった後に、さらに何があるのか、というのも気になるけど、それはまた来年のE3待ちなのだろう。

いずれにしろ、いくつかのスケジュールがしっかり決まって何より。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:ゲーム実況動画投稿、チャンネル登録が7000突破と、丸2年経過した今の考えや現状など
1つ新しい話題:モンスターハンターワールドの予約がスタート、ネット限定版も

『プレイステーションカンファレンス2017を見て、期待に胸膨らんだ人、いた?』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/5205

『プレイステーションカンファレンス2017を見て、期待に胸膨らんだ人、いた?』へのコメント

地球防衛軍5は2013年9月の同カンファレンスで
13機兵防衛圏は2015年9月の同カンファレンスでそれぞれ発表されたタイトルですね
発表から4年待ちと3年待ちという時点で、発表が早すぎるいわゆる
「ハードを売るための提灯タイトル」であったことは間違いないでしょう
そしてモンハンWは、発売日は意外と早い、しかし、モンハンを追っかけてる側からすると
XXが3月26日に出たばかりで1年経たずに次が出るわけで、ちょっとやりすぎです
開発時期からするとモンハンXの頃にはワールドが決定してたんでしょうけど。

期待されてたようなソフトやハードの展開は特になく、
PVの垂れ流しと言われたE3と何も変化がないのが、
今後も同じカンファレンスを開くのでは?と不安しかない

投稿者 : 匿名

あれを見て思ったのがどこも余裕がないのかって事ですかね
4KだPCだと言ってはいても開発ペースが落ちてついていけてないというか
AAA級や人気作の続編以外はただのリマスターとかそんなのばっかですし
(ドラゴンズクラウンなんかは肝心のボリューム使い回し部分がそのままで残念リマスター)
PS3の時みたいな微妙な洋ゲー色々出るのを期待してたんですが、
PS4発売から大分経ってこれだと、PS5とか年に2、3本買いたいのがあるかないかってレベルになりそうです
Switchもファースト製ばっかりですし、サードもっと頑張れ、頑張れないならPS3で頑張れと思ってます

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール