東プレ REALFORCE 108UB-Aを購入、ゲーミング用キーボードとしても活用可能

久しぶりにキーボードを買い換えたので、取り上げようと思う。

以前は2007年8月19日『REALFORCE106UB(キーボード、東プレ製リアルフォース106UB)を購入した』で取り上げましたね。

10年ぶりにキーボードの買い替えですか・・・。

それくらい、東プレのキーボードの耐久性や使い心地がよかったということだ。

別に買い替えなくてもまだまだ使えたのだが、ちょっと汚れも目立ってきたので、頃合いとみて買い換えてみた。

今回はどういったものを購入したのですか?

「東プレ REALFORCE 108UB-A 変荷重」を購入。

どうも東プレ自体が出しているというよりかは、「アーキサイト」という販売代理店経由で出しているようで、東プレのサイトで情報を探しても、見当たらなかった。

だが、作っているのは東プレなので、性能自体は同じなのだろう。

以前のと比べて、何か違いはありますか?

一つは、Windowsキーがついている点。

昔に買ったキーボードでは、なぜかWindowsキーが付いておらず、これが逆に一部の操作が制限されていたりしたのだが、今回買ったものはついていた。

というか、昨今出ている東プレの商品には軒並みついていると思われる。

だが・・・。

だが?

PCでゲームをする場合、逆にWindowsキーがついていると、悪影響が出ることもある。

ついつい押してしまうと、別の表示が出てきたりね。

買い替え失敗じゃないですか・・・。

だが、この「東プレ REALFORCE 108UB-A」だと、背面の蓋を開けて、そこにあるスイッチで、Windowsキーを使用するかどうかの設定が出来、使用しない設定にすることで、Windowsキー自体を動かなくすることが出来る。

今回、どういったキーボードを買おうか迷っていたのだが、このWindowsキーの無効化があることから、このタイプの物を選んでみた。

どうしてもPCでゲームをすると、そうした誤動作で痛い思いをすることもあるからね。

もっとも、このWindowsキー無効化は、ゲーミングキーボードであればよく付いているようなのだが、ソフト面でサポートしていたりと、わざわざソフトをインストールしなければいけないことが多い。

今回買ったようなタイプだと、一度蓋を外してスイッチを弄らないといけないけど、それさえしてしまえば、どのPCでも同じような動作になって楽。

あとは、言うまでもなく、長期間耐えられるキーボードというところも大きい。

10年間使い続けてもまだまだ使えるキーボードのメーカーですからね。

いや、ほんとに。

キーボード作業がそれなりに多かったのに、いまだにへこたれることがないんだから。

当時、コメントでこのメーカーのキーボードを薦めてくれた人がいたのだが、本当に感謝しかない。

当時はいろいろとコメントが多く寄せられて、勉強になりましたね。

最近はコメントが一切来なくて寂しいですな。

・・・・・・。

まあ、いずれにしろ、キーボード選びで迷っている人がいたら、参考までに。

あくまでも、家でがっつりとキーボード作業もする人用と考えてもらいたい。

ゲームのみだけだと、ちょっとコストが高く感じるかもしれないし。

型番が「REALFORCE 108UB-A」であっても、2タイプあり、キー荷重が「変荷重」か「ALL30G」の2通りある。正直な話、どちらでもいいのだが、買ったのは「変荷重」の方。

REALFORCE 108UB-A 予約販売受付中

同じようなタイプに「REALFORCE 108UD-A」というのもあって、こちらでもいいと思う。キーボード上の印字方法や色合いが異なる程度。最初、こちらを選んだけど、在庫切れだったので、変えた、というくらいなので。

REALFORCE 108UD-A 予約販売受付中

と、いうわけで、キーボードの購入希望する人は型番やキー荷重の部分をチェックしつつ、買ってみてはどうだろうか。

amazon.co.jpでは取り扱っていないのか、検索に引っかからなかったので、ビックカメラとかの大手家電量販店で買うと良いかと。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:PUBGが遊べないゲーム機があるって本当?
1つ新しい話題:プロゲーマーになってもいいんじゃない?これを考えてプロゲーマーになるべき

『東プレ REALFORCE 108UB-Aを購入、ゲーミング用キーボードとしても活用可能』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/5198

東京ゲームショウ2017が開催されたね。 9月21日から24日まで、幕張メッセ... 続きを読む