アイドルマスターがアニメ化に、公開時期等

2011年1月12日:アイドルマスターがアニメ化に、公開時期等
「アイドルマスター」がアニメ化されるようですね。
スパロボ原作チェッカーの私としては、是非にそれも見なければ。
いえ、今回はロボット物ではなく、ゲームに即した内容になるようですが...。
いま、兄メカされると言わなかったか?
言っていませんよ...。
じゃあ、いいや。
いいやとか言わないでください!!
動画も公開されていますね。

見たところ、「アイドルマスター2」の方のキャラクターのようですね。
じゃあ、いいや。
だから、いいやとか言わないでください!!
だってさ、妹の髪型がおかしいじゃん。
おかしくないし、そもそも妹じゃないでしょ!!
俺の妹がこんな髪型なわけがない!
わけのわからない事、言わないでください!!
いずれにしましても、アニメ化が決定しましたし、公開時期も含め、注目ですね。Xbox360版「アイドルマスター2」は2月24日に発売されます。ゲームと共にアニメも楽しみましょう。

アイドルマスター2

発売日:2011年2月24日
価格:8800円

画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

ゲームはいいからアニメを楽しみましょう?
どういう耳をしているのですか...。
以前2010年12月1日に発売が予定されていた「THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one !! Blu-ray BOX 初回生産限定版」の発売日も3月16日に決定しました。 こちらもファンの方はチェックしてください。

THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one!! Blu-ray BOX 初回生産限定版

発売日:2011年3月16日
価格:19800円

画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

この様子だと、アニメ放映は4月からなのかな?そうでないとタイミングが悪いし。実際、いつから放映されるのかは知らないけど、放映時期の情報も含めて、今後の情報をチェックしていただけたらと。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 3巻がユーザー軽視の決算対策で発売延期
1つ新しい話題:大人げないポケモン

『アイドルマスターがアニメ化に、公開時期等』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/3261

『アイドルマスターがアニメ化に、公開時期等』へのコメント

イケメンは出るの?約8,500人の腐女子を釣って穴埋めしないとな。ゲームの方が芳しくなさそうだから、最後に関連商品を売れるだけ売って畳もうって魂胆じゃないよな?

投稿者 : 匿名

あずささんが長髪なので2の前だろうという予想

投稿者 : 匿名

アイドル物のアニメで対象アイドルが多い。この時点で失敗するのは目に見えている。
ゼノグラシアでさえ脇役になった子が多数出た。そのファンからの失望も前作アニメの不人気に繋がったんだよ。
かといって全員を主役になんて出来ない。脇役に回ったコのファンからの反発は必至。
仮にディケイドやアマガミみたいに一人ずつ数話でやるにしても、どんだけ話数いるのって話になる。そうやってブツ切り話にすると感動も薄い。
落ち目の事務所が立て直し、そんな話にするとしても、その事務所の全アイドルを成功アイドルだらけには出来ない。
そんな事したらよりダメアニメになる。成功しないコが出れば、またそのファンからの反発が・・・。
アイドル業メインではないアニメなら、またか・・・となってファンが離れる。

どうやっても失敗コンテンツ化が見えすぎ。

>>投稿者 匿名 : 2011年1月13日 05:52
男の娘どころではなく純粋な男性アイドル登場は、今後のアイマスシリーズの幅を広げる要素だよ。
例えばボカロPVみたいな混声ユニットを育成できるようになるかもしれないじゃないか。
可能性は無限大。スタッフの発想力次第だが。

というか君らは全部叩く時期が遅い。
育メン脱退はPSPで起きている。ライバルも裏切り行為も既出。男もDSで登場済。声優だって変わってる。
今更叩いても意味が無い。
君らが過去に許容してきた事だから、スタッフもそれを踏まえて開発してんだよ。
政治問題と同じで、何でもかんでもあわてるのが遅すぎる。愚民まるだしすぎ。

投稿者 : 匿名

>というか君らは全部叩く時期が遅い。
いや、別に叩いているわけじゃないんだが…。

>男の娘どころではなく純粋な男性アイドル登場は、今後のアイマスシリーズの幅を広げる要素だよ。
>例えばボカロPVみたいな混声ユニットを育成できるようになるかもしれないじゃないか。

うん、それは言えるな。将来はひこにゃんやせんとくんのような人外キャラだってありだろうね(着ぐるみっぽいキャラを出せば、オタク男や腐女子だけでなく一般人も釣れるかも…)。問題はそれが演出レベルではなく、ゲームとしてのシステムレベルにまで反映されるかどうかなわけだが、2はただ単にこれまでの女性ライバルを男性にしました程度で、システムレベルの意味が無さそうなのが残念ですな。演出レベルで見ても、女性アイドルグループのライバルが男性アイドルグループってのも噛み合わせ悪そう。おっしゃる通り、ライバルよりも協力関係にした方がコラボとか出来て良いだろうね。そこんとこを反省し、メーカーは出直すべきですな。

投稿者 : 匿名 : 2011年1月13日 05:52

・・・ボカロだって、デュエット曲には変なのが湧きますな。
そういうのが湧かない組合せもあったりもしますが。

投稿者 : ゴロゴロ

結局1キャラずつスポットを当てて行くのが一番無難なスタイルだと
思うけどな。まあアニメ化し難い題材だよね。

投稿者 : 匿名

>例えばボカロPVみたいな混声ユニットを育成できるようになるかもしれないじゃないか。

つーか、なんでボカロ?あれはゲームじゃないよ。
混声ユニットを育成できるようになって、どうゲームとしての面白さに繋がるの?

この手のゲームで性差を持ち込んでも、パラメータの差くらいにしか反映されないんだよな。
男性と男性的女性の区別はほとんど無くなる。
異性キャラ同士の恋愛関係の構築も、同性同士仲が良くなるのと結局同じだろってことになりがち。

性差をシステムに反映させるには、プレイヤー(主人公)の性別を選べるようにするとか?
プレイヤーの性別によって、キャラの育ち方やコミュニケーションの選択肢が異なるとかできるな。

あとはドラクエモンスターズ的な配合!二世子供タレントを作れる!!!(爆

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール