ドラゴンクエスト9の出荷本数が300万本突破へ、一方株価は右肩下がりに

2009年7月15日:ドラゴンクエスト9の出荷本数が300万本突破へ、一方株価は右肩下がりに
投稿がありましたので紹介します。

『ドラクエ9が300万本越えをしたそうですね』(投稿:根川野明)

画像

■ドラゴンクエスト9 星の守り人

発売日:2009年7月11日
価格:5980円

※画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

「ドラゴンクエスト8」の時も3日で300万本突破していましたね。
今回も同じというわけだが、以前と少し違う点がある。
それは?
発売時期が異なっている。前回は11月27日と、年末商戦に向けての発売だが、今回は夏休み前となっている。
その違いがなにか関係するのですか?
ちょうど今、学生などはテスト期間中のため、まだ購入していないという人も多いのではないかと。なので、出荷数や販売数が同じような数字だからといって、今後も同じような推移になるかというとまた異なるのではないかと。
つまり、まだまだ売れていくということですね。
そうなるといいですな。
なんでそんなに適当に…。
もうひとつ投稿が届いていますね。

『まことさんはもう気づいてらっしゃるでしょうけれど、スクエニの株価がドラクエ9発売前から下がってますね。ドラクエからFFへのつなぎがないのが原因なんでしょうか?それとも発売後はドラクエ9の酷評が影響してるのでしょうか…』(投稿:暇人)

株価にゲームの良し悪しが影響するなんてことは皆無といっていいから。今回の株価の下落は、単に発売前に思惑買いで上がっただけで、その思惑で購入した人が売っているだけのことなので。これはいつも大作ソフトが出るときに似たような動きを示すので、株式市場というのはこんなものと思っていただけたらと。
では、今後は株価が上がらないということでしょうか?
後は、実際に好調であるという数字を出していくしかない。今回、300万本出荷という数字が出たわけだが、これが400万本とかになると、明らかに当初予定していた出荷本数より多く出荷したことになり、確実に決算の数字がプラスになるわけだ。となると、改めてスクウェアエニックスの株が見直され、また株価も上がるのでは。もちろん、そうなる前から上がっていく可能性もあるけど。
ぜひそうなればいいですね。
もっとも、株価に関してはスクウェアエニックスだけの問題ではなく、日本全体や世界全体の景気も影響するので、楽観視できないが。景気はさらに悪化することが確実視されているので、そうした中でほかのゲームメーカーも含め、どうなっていくのかにも注目しておきたい。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:涼宮ハルヒの憂鬱の第2期部分で同じアニメ「エンドレスエイト」が4週連続で放映される
1つ新しい話題:ネット上のネガティブコメントは実売に影響を与えるのか

『ドラゴンクエスト9の出荷本数が300万本突破へ、一方株価は右肩下がりに』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/2591

『ドラゴンクエスト9の出荷本数が300万本突破へ、一方株価は右肩下がりに』へのコメント

うちのDQ9はクリア後に致命的な不具合が出てます
もちろん改造やマジコン等は一切仕様してません
とりあえずメーカーに問い合わせましたがどうなる事やら・・・

投稿者 : 匿名

11/27も十分テスト前な気が・・・。

ちなみに自分の中・高は7月は7日くらいまでで期末終わってました。

投稿者 : まおちゃん

>ドラクエからFFへのつなぎがない
ドラクエ6のDSリメイクでも出すのだろうな。FF5,6辺りも来るか?

投稿者 : 匿名

出荷本数が300万で売り上げ本数が225万強(メディクリ)
約70万の在庫か、大手ではかなり山積みされてる状態だしね。
その上に中古に売却に来る人が後を絶たない状態とか。
この状況になるのは、ある程度予想されていた1つはマジコン等の割れの問題
発売前に早くも割られていた。
2つめはソフト自体のクォリティの問題で出来自体は、やっぱり悪い。
当然Netでネガティブな祭り状態になる。
2つ目の方も事前にある程度予想されてたしね…
2008年12月ごろかに暴露された開発側の裏側のリーク情報で。
当時は話半分だったけど実際に発売されたものと照らしあわせてみると殆ど当たっていた。
DQ7の時と違って今はNetでの悪評はタチマチ広がっていくよ。
値崩れも中古買い取り金額の減少も早いだろうね。
そりゃ株価にも影響出るよ。

投稿者 : 匿名

ハッキリ言って、今回のDQ9の売れ行きはDQ8以上ですよ?
発売から2日間で234万3440本を達成(集計期間:2009年7月11日、12日)
前作『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』の【初週】販売本数(約223万7000本)を上回るスタートダッシュとなった。
と、エンターブレイン調べでちゃんと書いてありますからね。
同じ300万本出荷でも、実際の販売本数は違うんですよ。

今週17日からはいよいよ待望の一年間通してのクエスト配信もはじまりますね!
8月にはサウンドトラック発売&コンサート開催が、
9月には公式攻略本の発売も控えています。
なのでこれからますます本数は伸びていく事でしょう。

どこまで伸びるかは、マルチプレイの宣教師がどれだけ発生するかと
その宣教師によってDQを手にする事になる方々がどれだけ産まれるかにかかってくると思います。
この部分がウマくいけば、DQ初の500万突破も夢では無いと思うのです。
が、宣教次第では結局DQ悲願でもあると感じられる国内500万は超えられない感じになるのではと思います。
いつもの400万の壁が越えられればいいね、程度かと。

今後の販売店舗ではモンハン→ポケモンへと店頭がドンドン以降していきますし、ポケモン後もSaGaやら何やらで忙しいのです。
10月になると同じ鳥山絵のBLUE DRAGONの新作がDSで出ちゃいますし、光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝-も秋予定に、FF13は冬予定になってます。
やはり大幅な売上増加は、宣教がウマく機能するかどうかにかかってくるでしょう。

投稿者 : 匿名

エグザイルが出た時は本当にドラクエ終わったなって思った。
何年も待たせといてこれかよ。ふざけんな。

投稿者 : 匿名

新商品が発売されたらその会社の株価がどうこう言う人は
株取引に手を出すのは止めましょう。
高値つかみで大損するだけ。

株価は近い将来の会社の業績を予想した結果のものです。

投稿者 : 匿名

シリーズ1作目からやっているが、9は買わなかった。

8の時は、PS2とセットで購入したが、DSと9をセットで買うお金は無い。

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール