バイオハザード5のXbox360版は数量限定でサントラCD付き、PS3は?

2008年12月3日:バイオハザード5のXbox360版は数量限定でサントラCD付き、PS3は?
11月29日に『なぜ「バイオハザード5」は日本だけ発売日を前倒しにしたのか』で取り上げたけど、また動きがあったようだね。

■バイオハザード5

発売日:2009年3月5日
価格:8800円

PS3版」「Xbox360」の2機種で発売。Xbox360版は数量限定でサントラCD付きの「バイオハザード5 デラックスエディション」として発売。

※画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

今回は同梱物などが新たに発表されました。
具体的にはどうなったのかな?
Xbox360版では、サントラCD「バイオハザード5 セレクショントラック」が数量限定で付いてくることになりました。また、パッケージもメタルケース仕様になっています。
おお、数量限定生産ですか。
はい。それもあってか、発表後、amazon.co.jpではランキング1位になっています
で、PS3版は?
えっと…。
……。
ちょっと!何、キミたち!!そんな態度取られたら、大したものが付いていないように感じるじゃない!!
何か付いているのでしょうか…。
……。
寝るなよ…。
数量限定などではないのですが、ブルーレイディスク1枚に対してゲームとメイキング映像が収録されています。何でも、ゲームと映像の同時収録は世界初とのことです。
あら、良さそうなものがあるじゃないですか。
メイキングって見たいか?
それは人それぞれでは…。
まあ、ソフトの中に組み込まれているので、普通にパッケージソフトを購入すれば手に入るものだ。逆に「バイオハザード5」の方は、事前の予約数に応じて生産するとは思うが、数に限りがあるので、興味がある人は早めに予約をしておいた方がいいだろう。一般店舗だとXbox360の取扱店舗数が限定的だし、やはりこのあたりはオンライン通販が最適かと。
了解です。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:ストリートファイター4の特典付き予約が開始!オリジナルビデオアニメーション60分が特典に!
1つ新しい話題:バンダイナムコの病理

『バイオハザード5のXbox360版は数量限定でサントラCD付き、PS3は?』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/2314

『バイオハザード5のXbox360版は数量限定でサントラCD付き、PS3は?』へのコメント

バンナム、スクエニ、カプコン、ハドソン・・
そしてまこなこ。
み~んな360の味方だもんね!!

投稿者 : 匿名

俺はメイキングムービー結構好きですよ、真さん
バイオ4のときも楽しめましたしね

投稿者 : 匿名

普通に紹介すればいいのに

投稿者 : 匿名

正直サントラとか付いてても、聞かないんだが。
特にパッケージ別だと、逆にイラネ、って思っちゃう・・・。

てことで、どっちも魅力感じないなぁ。
こんなんつけるならガイドブックみたいなもん
付けてくれたほうが嬉しいかな。

投稿者 : 匿名

正直中途半端なサントラのほうがゴミになる

投稿者 : 匿名

最近気づいたんですが、マルチタイトルっていうのは、それぞれのハードの悪い面ばかりが反映される作りになってますね。つまりPS3の良さ、XBOX360の良さなど、ハード毎の良さが、「無かったこと」にされてしまう。

まぁ両方とも高スペックのハードだから、そういう縛りがある状態でも、十分高性能でしょうが、お互いのハードが好きな人は納得がいかない部分もあるでしょうね。

そういや、PS2 VS XBOXのときは、XBOXにはPS2レベルのゲームばかりしか発売されませんでしたし、結局は、そうなるんでしょうかねぇ。ともあれ、事実上、ハード戦争は終結したと言ってもいいでしょうかね。

お互いのハードを活かしたゲームが、発売されないという結果で終わりましたが。それもまた一つの結果でしょうか。

投稿者 : 匿名

個人的によかったのはサイレントヒル4のおまけCDだけだな。
つっても歪談(?)のほうじゃなくて主題歌がだが。

投稿者 : 匿名

まだ全然終わってないような・・・
Wiiでサードのソフトが普通に売れるようになったら終わりそうだけど
PS3も来年はどうなるかわからないし

投稿者 : 匿名

>PS3も来年はどうなるかわからないし

どの道、たいしてソフト売れてないんだから、サードはマルチ化するしかないんですよ。Wiiは、PS3とXBOXとは、ベクトルが違いすぎて、ライバルじゃないからな。初めから戦ってすらいないというか。

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール