Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)の初週販売台数33万台は残念、ゼルダは嫌でもやらざるをえない

Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)の初週販売台数が発表されたようだね。

33万台とのことです。メディアクリエイト調べです。

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が19万本、「1-2-Switch」が8万本、「スーパーボンバーマンR」が4万本と続きます。

どうですか、この数字は?

出荷数自体は多かったな、という印象。

以前述べた予想では、多くても25万台くらいになるのかと思っていたので、意外にも発売日にしっかりと用意できたんだな、と。

そして、この30万台辺りは、過去の任天堂のゲーム機の初週販売台数となんら変わりないので、マイペースでやっていったのではなかろうか。

この売れ行きを見て、どうですか?

売れ行きは予約完売状態だったので、何も言えないのだが、一つ言えるのは、欲しい人には渡っていないんだな、という点。

それは、転売屋が買い占めている、ということですか?

それ以上に、普通のゲームファンが買ってしまっていて、「1-2-Switch」のようなソフトを楽しもうと思っている人は買えていないというのが現状。

単にゼルダのファンが買ってしまって、それ以外の一般ユーザーとでもいうか、ゲームユーザー以外になかなか行きわたっていないのが残念。

なぜゲームファンばかりが買ったのでしょうか?

一般ユーザーはあまり興味がないということですか?

それ以前の話で、ゲームユーザーはどういったゲームが出るかとかの情報を早い段階で仕入れているので、当然予約を早い段階でするわけだ。

特に、ゼルダをNintendo Switch (ニンテンドースイッチ)でやりたいと思った人はね。

しかし、一般ユーザーはテレビCMなどを見て興味を持つので、出遅れる。

そして、今回に関しては、予約だけで完売になっていたため、一般ユーザーが手に入れる機会が皆無となってしまっている。

なので、Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)が本当に売れるのかどうか、というのは今後1ヶ月とか2ヶ月の様子を見ないと何とも言えないのではなかろうか。

ゼルダファンなんて日本では特に限られた存在なので、そうしたユーザーが居なくなって、果たしてNintendo Switch (ニンテンドースイッチ)が売れるのかどうか。

こちらの方がポイントになる。

この初週だけでは判断ができないわけですね。

あと、今回、ゼルダのみがゲームユーザー向けとして任天堂から発売されたけど、比較的好評のようなので、これで日本でもゼルダの人気が上がればいいのでは、といったところか。

あえてマリオではなくゼルダが本体同時発売になったことにより、嫌でもやらざるをえないような状況に陥っている。

そうした中、実際に触ってみて、これは面白いとなるのであれば、意外と今回の選択は良かったとなるのでは。

Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)そのものの売れ行きもそうなのだが、日本に関して言うならば、ゼルダがどれだけ本数を伸ばすのか、というのにも注目したい。

WiiUでも発売され、そちらは4万本でした。

合計で現時点で23万本です。

この辺りはいつものゼルダの数字だと思う。

しかし、WiiUを持っていてもNintendo Switch (ニンテンドースイッチ)でプレイしたい、というファンの人もいるだろうから、そうした伸びと、新規がどれだけ増えるのか、といった動きも気になる。

その他のメーカーのソフトはどうでしょうか?

任天堂以外だと、「スーパーボンバーマンR」くらいしか注目タイトルは無かったので、それが3位に入っているのは興味深い。

「1-2-Switch」を買うような層が、今後「スーパーボンバーマンR」をセットで買っていくかどうかによって、数字は伸ばせるのではなかろうか。

でも、3D表示じゃなくて、昔の2D表示の方が良かったのでは、と個人的には思うけどね。

と、いったところかな、初週を見た感想は。

いずれにしろ、まだまだ品薄なので、今後、この状態がいつ解消されるかを見たのちに、また取り上げられたらと。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:ゲーム実況動画投稿、チャンネル登録が4500突破と、ガンダムバーサスとスプラトゥーン2の体験会の動画上げたいお話
1つ新しい話題:ガンダムバーサスのベータテストのコード、譲っていただける方大募集、落選した人の嘆き

『Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)の初週販売台数33万台は残念、ゼルダは嫌でもやらざるをえない』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/5116

『Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)の初週販売台数33万台は残念、ゼルダは嫌でもやらざるをえない』へのコメント

ゼルダ以降はしばらくゲーマーの好みそうなソフト無いのが気になるところ
あとはサードのソフトで売れていないのも気になる
まあ、大半が移植なので売れないのも当たり前なんだけど・・・
せっかくロンチなんだからしっかりしたソフト作ればいいと思うのだが

投稿者 : 匿名

PS4一強というのも色々と宜しくないのは今までのゲーム業界の歴史を見れば分かるから
ニンテンドースイッチにはガンガン売れる事を期待したい

投稿者 : あかん

ドラクエヒーローズⅠ・Ⅱが25000本も売れたのが意外だった。
せいぜい5000本しか売れないと思っていたから。
これは次回作のⅢが出るとしたら、PS4・VITA・スイッチの
三機種マルチになるね。

投稿者 : 匿名

記事のタイトルからまこなこさんもついにゼルダをやるのかと思ったら違ったw

投稿者 : 匿名

TVCMをかなり打ってたので、まぁこれくらいは売れてくれないと任天堂もツラいでしょ
北米とかはどうだったのかな?今、スイッチの不具合動画が話題になってるらしいけど
あっちはそういうのにうるさいから、リコールとかに発展しないといいね

投稿者 : 匿名

>投稿者 : 匿名 2017年3月 8日 23:28

Wiiのロンチでしっかりした新作を出したものの、あまり売れなかった過去があるからねえ
Wii Uでも独占新作のゾンビUはさっぱりだったし、そんななかでメーカーとしてはリソースは
割けないでしょう

投稿者 : 匿名

ワシは根っからのPSユーザーだが、やはり一強他弱は好ましくない。何故か?それは殿様商売になるからね。まぁバランスよく争ってサービスが良くなることを期待。

投稿者 : 匿名

安定供給が出来るようになりさえすればPS4の国内売上には1年もあれば十分に追い付けそうですが、問題はそこから如何に売上を伸ばしていくかなので、2年目からのサード(インディー含む)のラインアップの充実次第でしょうね
国内では海外大手のAAA級タイトルが影響薄い上に国内サードのタイトルがマンネリ化してますので、インディー系ソフト会社のアイデア力こそが普及の鍵として重要かも……

投稿者 : 匿名

あと需要がどれくらいあるのか、来週も地味に気になります
とはいえ、すぐに増産できるのでしょうか
来週も品薄状態が続きそうな...

投稿者 : だっち

海外でもいいスタートだったようです
よく海外で携帯機は駄目という人間がいますが
SHIELDやGPD WINのような携帯機を提案してきたのは海外メーカーですし
いわゆるゲーミングノートみたいなPCに積極的なのも海外メーカーです
おそらく据置型のゲーム(←ここ重要)を持ち運びたいという需要はあるのでしょう
例えばCivのようなゲームがスイッチで出れば普通に支持され売れていくと思います
とりあえずコンセプトは受け入れられたと思いますので後はソフト次第でしょう

投稿者 : 匿名

嫌でもやらざるをえないって・・・
嫌ならやりたいソフトが出るまで本体買わなければいいだけじゃん。
しかもまこなこに至っては1-2-Switchがどういうソフトかもわからず買ってるわけで。

投稿者 : 匿名

毎度思うのが本体とソフトの売上の差。コレだけではなくどんな本体も。自分には理解できないけど本体だけ買って満足する人がいるんだろうか・・・。

PS4のときは何故か海外に流れたんだーと騒がれてましたが。

投稿者 : 匿名

↑今はDL販売とかもありますよ

投稿者 : 匿名

スプラトゥーン2の試射会のために先に買ったという人もちらほら見かける

投稿者 : 匿名

33万から転売屋を差し引いたらと思うとゾッとする。
ランチにゼルダは重すぎる、前菜が焼肉じゃ気軽に買えない。マリオにすべきだった・・

投稿者 : 匿名

DL版とか転売屋とかもあるけど、スイッチは数字が出てる分だけ見てもソフト売り上げ>本体売り上げになってるね

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール