Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)の評価レビュー、こ、これは・・・

Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)に関して、簡単に評価レビューでも述べていこうかと思う。

ここでは、ソフトに関してではなく、Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)本体に関して。

さして使ってはいないけど、触った感じとか、その他気になった点とか、そうした面で伝えていけたらと思う。

ファーストインプレッションのようなものでしょうか?

まあ、そんな感じで。

で、さっそくなのだが、宅配便で荷物を受け取って、ここまで小さいのか、という驚きが一つ。

これなら、気軽に店頭でも買えたかな、と。

どれくらいの大きさかと言うと、ざっくりだけど、WiiUの3分の2、PS4の2分の1の大きさ。

これなら、どこかに箱をしまうのも楽。

当然、中も小さいとなりますよね?

実際にNintendo Switch (ニンテンドースイッチ)を見た大きさはどうだったのでしょうか?

ここまでコンパクトなのかという驚きが一つ。

体験会で、触ってはいないものの、実物は見ていたし、店頭で置いてあったモックは手に取ってみたけど、実際に商品を触ってみても、驚きのコンパクトさ。

タブレット部分と左右のコントローラーを合わせて測っても400グラム程度と、重さもiPadより軽い。

これで本当にゲームができるのか、と思ったけど、当たり前だけどゲームはしっかりできるわけだ。

ここまでスリムに、それでいて据え置きレベルのゲームを楽しめるのは魅力に感じる。

この程度なら、家の中で邪魔にならない。

邪魔って、どういう基準ですか・・・。

あるだけで邪魔なものって、あるだろ。

そういったものが家にあると、なんだか負のオーラが出てきて、嫌なんだよね。

そういった無駄な圧迫感のようなものはないとでも言えばいいか。

いずれにしろ、邪魔にならないというのは大きい。

片付けたとしても、気軽に再び引き出せるということだから。

大きさはわかりましたが、他の要素はどうでしょうか?

開封して驚いたのは、説明書が無い点。

いつも説明書はしっかり読む派なので、思わず探してしまった。

同梱物一覧に説明書の記載がなかったことで、初めて説明書が無いのだと把握。

そのあと、外箱の脇に簡単な説明が書いてあるのを見つけたが、書いてあったのは2点のみ。

つまりは、この2点のみ行えば、簡単に始めることができるわけだ。

この辺りのシンプルさは素晴らしいものがある。

どうしても、最初の設定等が面倒で使い始めるまで時間がかかり、嫌になるようなものも世の中には多々あると思うのだが、そうしたことが今回は無かった。

電源が入った後も、比較的簡単な設定項目のみで終わるので、早くにゲームがプレイできる画面まで持って行くことができる。

ゲームができる状態になった後はどうだったでしょうか?

ゲームができる状態になった時に思ったのが、これもまたシンプルで良いという点。

WiiUであったり、その他のゲーム機でもそうなのだが、初期の画面にゴチャゴチャと無駄にいろいろなアイコンがおかれていて、いったい何をしたらいいのかわからない、というような状況に陥ることがよくある。

しかし、Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)場合は、かなりシンプルで、ゲームソフトを指していなければ、中央部分には何も表示されず、下部に数個のメニューがあるだけ。

それくらいのシンプルさ。

ある意味、ちゃんとゲームで勝負していくという意気込みのようなものを感じられた。

WiiUは何でもかんでもやろうとして、すべて失敗していったからね。

すべて、って言わないでください・・・。

と、このように、最初に触った印象としてはかなりの好印象。

WiiUの時は、「Nintendo Land」をプレイしてすぐに、これはダメだと実感したけど、今回は本体という面だけで語るのであれば、興味深いものに仕上がっている。

後は、言うまでもないけど、ソフト次第となる。

分離するコントローラーはどうでしょうか?

Wiiの時は線で2つのコントローラーが結ばれていたけど、今回は左右、完全に切り離して持てるので、手をダラダラと下に垂らした状態でゲームができるのは好印象。

比較的長時間プレイするようなゲームの場合は、このダラダラした状態でプレイできるのは喜ばしいところ。

それこそベッドで寝転がってサイドテーブルにモニター置いて、両手でコントローラーをそれぞれ持ってプレイもできるから。

コントローラー絡みで言うと、着脱の方法がわかりにくい、というのはあるかもしれない。

後ろ側にあるボタンを押しながら引っ張らないと取れないので、これに気が付かないとダメだったかな、と。

一応、最初の接続時にルールが出るけど、全員がそのルールを見るわけじゃないからね。

家庭で誰かが設定して、そのあと別の人が遊ぶときに困るのではなかろうか。

そういった点では、やはり気が付く仕組みが必要だったのかもしれない。

ボタン部分の色をもっとわかりやすくするとかね。

ちなみに、グレーの本体での話。 

そういえば、ストラップを逆につけると外れない、という話もありますが、欠陥商品なんじゃないですか?

それ、誇張が入っているから。

そのまま逆に取り付けても、すぐに取れるよ。

でも、取れないという話が大量に出回っていますが・・・。

取れない可能性があるのは、ロック機能でロックしてしまったからの可能性が高い。

ちなみに、正常に取り付けても、ロック機能でロックすると、当然ながら、後ろのボタンを押しながら引っ張っても取れない。

このロック機能部分は正直わかりにくいので、そうした点では、確かにもうちょっと説明が必要な部分だと思う。

そもそも、小さく「LOCK」と書かれていても気が付かないしね。

ただ、特にYouTubeなどで動画を上げている人は、耳目を集めるためにあえてそうした取れない演技をしているということがあるので、動画で多くの人が上げているからといって、本当に取れないと思うのは間違い。

実際に自分で触ればわかることなのだけど、そうなっていないのはいかに触っておらずに他から情報を集めて悪しざまに言おうという人が多いというだけだろう。

すみません。

いずれにしても、今の時点で触った感触としては全体的に好感触。

何度も言うけど、本体が良くても結局はソフト次第なので、この点だけはお忘れなく。

では、機会がありましたら、ソフトについても取り上げましょう。

・・・・・・。

おい・・・。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)についてライブ配信で評価レビューします
1つ新しい話題:1-2-switch、Nintendo Switchソフトのこの魅力に気が付かないのであれば、ゲームを語るのはやめた方がいい

『Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)の評価レビュー、こ、これは・・・』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/5113

『Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)の評価レビュー、こ、これは・・・』へのコメント

WiiUの時にこれを少しでも実現できていたらどうなってたんでしょうか。…とちょっとだけ考えちゃいます。
携帯機としても存在感を示してくれるのか楽しみです。

投稿者 : だっち

初めてまこなこの動画を観ました。
思ったより丁寧なしゃべり方をしていたので好感持ちました。

スイッチ自体は良いハードみたいですね。WIIUのときにこれが来てたら、本当に違ったと思いますわ。

ソフトが充実して買いたくなるまで長く活躍して欲しいです。

投稿者 : 匿名

ニンテンドーに対して抱く感情はいつも同じで、プレイしたいゲームがない・・・ということ。

ゲーム本体にはすごく興味あるんだけれど、ゲームソフトと周波数が合わない。

幅広い客層をつかむことを望みますよ~

投稿者 : バクバク

セーブデータをさっさとクラウドにバックアップ出来るようにしてくれ
それが出来ないのが嫌だから買えん

投稿者 : 名無し

評判いいけど 充電しながらテーブルモードで遊べるように直したのが出るまで 待ったほうがいいような気がする

投稿者 : 匿名

物理キーのないスマホ・タブレットでは物足りない、かといって大画面テレビの前でがっつり遊ぶほどの時間も十分取れない私のようなカジュアルゲーマーにとってはNintendo Switchは理想的なハードです
3DSやVitaで発売されてきた国産タイトル後継作がSwitch版として出てくれたらもうそれで十分です
十分ですが昨今の国内ゲーム市場の様相を見ているとそれすら厳しそうな感じもしますね
見切りをつけるというか損切が早いことで定評のある任天堂ですが、Switchは不退転の決意で普及目指して尽力してもらいたいと思います

投稿者 : 六郎

>>充電しながらテーブルモードで遊べるように
そんなに長時間、外の充電できる環境でやるなら
ドッグ持って行ってTVにつないだほうが早いと思う

ドッグも相当軽いし

投稿者 : 匿名

>>充電しながらテーブルモードで遊べるように
そんな長時間のテーブルモードは想定してないんじゃないかなぁ
カジュアルにちょこっとやる用って感じ
家でやるなら充電しながらできるスタンドも別売りであるしね

投稿者 : 匿名

wiiUから得た失敗もスイッチには反映されてるでしょうし、階段飛ばしの様に最初にスイッチがあれば、というのは酷な気もしますね。ともあれ、今後の動向に期待。

投稿者 : 匿名