スクウェアエニックスの第1四半期決算で触れられなくなったDQ10とFF14は不調?

ゲームが落ち目かどうかってのは、決算発表資料で分かるんだね。

突然何を・・・。

先日、スクウェアエニックスの第1四半期決算の発表があったのだが、そこにDQ10とFF14の名前が無くなっていた。

以前までは2タイトルとも名前が列記されて好調と記されていましたね。

それが無くなったということは、好調ではなくなった、ということですか?

さあ、どうだろうか・・・。

なぜ、言葉を濁すのですか・・・。

去年に関して言うと、ともに追加ディスクの発売があり、それもあって、好調と記されていたんだよね。

前年の第1四半期に発売されたので、その時点から通年にわたって好調と書かれていた。

今回は、その追加ディスク自体が無いので、そもそも記載しなかった、ということも予想される。

なら、別に不調というわけではないのですね。

でも、十分に収益に貢献しているのであれば、好調と書いてもおかしくないんだよね。

じゃあ、不調じゃないですか・・・。

不調と表現するのか、他の高収益のタイトルと比べては書くに及ばないだけで、問題なくやっているのかはわからないけどさ。

片方だけ文面に載っていればより理解しやすかったのだが、共に消え去ったので、どう判断していいかわからない。

今後は他国展開や、来年であれば新規追加ディスクもあるので、その時に好調の文字が出るかどうかが、その時のDQ10とFF14の事業展開の良し悪しを図る材料になるのだろう。

当面、答えが出ないので、実情がわかりにくいのだが。

実情を知るには、かなり先になるということですね。

実情を間近で感じているのは、プレイしているユーザーなのかもしれないが。

・・・・・。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:信長の野望 創造 戦国立志伝のバージョンアップがあったが、どこかで見た内容、合戦中の勝手移動の対応は?
1つ新しい話題:堀井雄二氏が匿名掲示板や著名まとめサイトを見ているアピールはDQ11の風評対策か?

『スクウェアエニックスの第1四半期決算で触れられなくなったDQ10とFF14は不調?』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/5010

『スクウェアエニックスの第1四半期決算で触れられなくなったDQ10とFF14は不調?』へのコメント

>ゲームが落ち目かどうかってのは、決算発表資料で分かるんだね。
>どう判断していいかわからない。

どっちだよw

投稿者 : 匿名

DQ10単体ならいくらでも叩けるんだけど
FF14はやってないから実情わからんし迂闊に叩けないんだよねw特にヨシダフィーバーとかを

投稿者 : 匿名

FF14は3.0以降パターンアプデしかない事に気づいたユーザーが引退していく流れ多いですね。

投稿者 : 匿名


PS4版DQ10はDQ11の後に何らか手を加えてリリースするらしいですね。
何かもう何をしたいのか訳わかりませんw

投稿者 : 匿名

14ちゃんに関してはバハムートにあたるレイドコンテンツのアレキサンダー零式があまりに微妙でかなり落ち目かも知れないですね
シーズナルやらのイベントに関して言えばそこそこ盛況なんですが
通して課金するとなるとやはりレイドコンテンツに挑戦っていうのが一番分かりやすく継続させられていたので

ハウジングやらで継続させるにはモノがなさすぎるんですよね…
もっと更新頻度上げて一度に多くのモノを追加しないととてもじゃないけどエンドにはならない

まあレイドが微妙なのも戦闘スキルの複雑さで上と下の差が激しくなったためバランス調整が難しくなったのが原因ですが
少なくとも追加ディスクまではこのまま、引退者は増えるでしょうしどうなることやら…不安ですね

投稿者 : 匿名

両タイトル共に今時珍しい基本有料の月額制オンラインゲームですね
基本無料型のネトゲは無料で遊べるという事を前面に押し出してアピールしてますが
実際には装備ガチャ、衣装ガチャ(水着等の)、全滅して復活する際、期間限定のイベント等々
何かする度に課金石と呼ばれる有料アイテムを要求してくるので、
ガッツリ遊ぼうと(ゲーム内で強者になろうと)思ったら月額制よりはるかにお金が
かかったりするので、こういう有料制のネトゲも生き残ってて欲しいなあとは思いますけどね
特に装備ガチャは金払ったら必ずしも目当ての物が手に入る訳ではないので胃が痛くなってきます

投稿者 : 匿名

まあ、ドラクエ10の場合アクティブユーザー数とか発表されてないけど
仮に10万人が1000円課金してるとしたら毎月1億円だからね。
4ヶ月で4億円の売り上げ。

第1四半期で420憶の売り上げの企業で4憶ってどんなもんかね。
記載のあったDQヒーローズ2が3機種合計で60万本だから、これが一番売り上げが良かったんだろう。これが45憶円くらいか。

まあ、こういったソフトの売り上げに比べると記載するほどの儲けにはなってないんだろうね。
私の周囲でもDQ10やめたプレイヤーは結構多いし。

投稿者 : 匿名

FF14は、HEAVENSWORDをクリアして以降引退したわ
アプデで高難易度レイドとか追加されても、事前にパーティを組んだ人でないと参加できず、
野良の募集がない
仮に参加できたとしても、攻略パターンを見つける前にすぐ解散
クラフトに至っては、もう複雑すぎてわけがわからない
結局参加できるのは、数種類の通常ダンジョンと通常難易度のレイドダンジョンのみ
どんどん参加できないコンテンツが増えていって、萎えて引退
FF14も、野良だと敷居が高いゲームになってしまった感じがする
まあ、意地でも10年は運営されるんだろうけど、もう期待はできないかなぁ

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール