任天堂とフィリップスとの特許問題に関する和解

投稿がありましたので紹介します。

『フィリップスと任天堂が和解したみたいなので、まこなこさんの分析お願いします。』

フィリップスはWiiなどで使われている体の動きを感知する技術について、特許を侵害しているので、ということで提訴していました。

その件に関する和解が12月2日に成立したとのことです。

両者の特許を互いに使用できるクロスライセンスで合意したようです。詳細は明らかにされていません。

このことについて、どう思うかとの投稿ですが、何かありますか?

ユーザーレベルでこういったことを気にすること自体がよくわからん。

せっかく投稿が来ているのですから何か・・・。

特許訴訟なんてどこでも多くあることだろう。

特に、コンピュータ絡みだと、どこも似たり寄ったりのことをやろうとして、結果として先に類似の特許が出されているなんてことは多くある。

当然、先に特許を申請した方に権利はあるので訴えることも自由だし、その訴えが正当かどうかは裁判で決まるのだから、その結果が出るまでとやかく言っても始まらない。

それに、今回のように、両者が合意すれば判決が出る前に片が付くわけだし。

この手の問題にいちいち反応していたらキリがない。

面白い問題だったら別だけど。

面白い例は?

8月27日『カプコンがコーエーテクモを特許権侵害で提訴、その原因は討鬼伝か』で取り上げたゲームメーカー間の争いとか。

普通の特許問題なら別だけど、別の意図があるだろ、というのは面白い。

カプコンとコーエーテクモの特許訴訟は、その後の経過がわかりませんね。

今回の話だけでなく、仮に特許問題が発生しても、答えが出るまでは特にユーザーが意識しなくても良いのではなかろうか。

もし、ユーザーが気にするようなことがあるとすれば、それこそゲーム機自体が発売されなくなるような問題であったり、ソフトが発売中止になるような問題とかだろう。

しかし、それらも最終的には特許料を払えば解決できる問題でもあるので、最終的にはメーカー間次第の結果待ちをするしかない。

と、いうような考えから、いちいち訴訟問題が上がった時に取り上げなかったわけだ。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:コンプガチャ関連団体のソーシャルゲーム協会がCESAと合併へ
1つ新しい話題:信長の野望 創造 パワーアップキットのダウンロードコンテンツコードが週刊ファミ通に付いてくる

『任天堂とフィリップスとの特許問題に関する和解』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/4607

『任天堂とフィリップスとの特許問題に関する和解』へのコメント

>もし、ユーザーが気にするようなことがあるとすれば、それこそゲーム機自体が発売されなくなるような問題であったり、ソフトが発売中止になるような問題とかだろう。

そのゲーム機自体の販売停止を求められてたわけなんだが

投稿者 : 匿名

ライセンスの中身が明らかになるのは、株主総会か決算かな

投稿者 : 匿名