ソニー、2015年3月期上半期決算でいつまでも沈みゆく会社の中のゲーム部門は?

ソニーの決算発表があったようだね。

2015年3月期の第2四半期決算が発表されました。

該当期間は2014年4月から9月までを指します。

当然、ソニーは黒字でウハウハですよね。

ウハウハが何を指すのかよくわかりませんが・・・。

ゲッシッシ。

ソニーに関してもいろいろと説明をしないと誤解を招く部分も多いため、個別に見ていきましょう。

で、どうですか、今回の好決算は?

聞く前に勝手に好決算言うなよ・・・。

ですが、黒字なんですよね?

営業利益で158億円の赤字、株主に帰属する四半期純利益は1092億円の赤字です。

・・・・・・。

寝るなよ・・・。

桁は1つしか違いませんが、数字の大きさが任天堂と比べ物にならなかったので・・・。

この数字を単純に見ていっても何の理解もできないので、かみ砕いてみていこう。

まず、ソニーという会社は、ゲームユーザーからすればPS4やPS Vitaなどのゲーム機を販売するゲームの会社になるけど、他にもさまざまな製品を出している。

そうしたすべてのソニーの商品やサービスによる合計が先に挙げた数字だ。

ただ、営業利益にしても、複雑な要因が絡んでの大きなマイナスになっているので、そのあたりを考慮しないといけない。

今回、複雑にさせているのはモバイル部門の低調による減損の形状ですね。1760億円のマイナス要素となりました。

この数字が大きいため、数字としては歪になっているけど、その他の個別の部門を見ていくと、それなりに好調なものもあったりする。

後は、こうした数字をどう判断するか、各自次第。

ゲーム部門はどうなのですか?

営業利益で261億円ですね。

おお、ゲームは稼いでいるんですね。

ゲーム以外にも、その他いろいろな分野で利益は出ている。

というのも、今まで重しになっていたテレビ部門やPC部門など、さまざまな部門をリストラしてきたので、そうした重しが取れてようやく経営の数字的にまともな企業になってきたというのが今回の決算。

本来であれば、モバイル事業も利益を出せていたら万々歳だったのだが、ソニーの中核の一つとしていこうと言っていたモバイル部門が絶不調のため、今回の大幅な赤字となっている。

このモバイル部門をどうやっていくのかにもよるが、これもうまく切り離したり規模を小さくして赤字にならないようにしていければ、ようやくまともな企業となるのではなかろうか。

とはいえ、ソニーという会社が経営的な数字だけでまともになって、従来のソニーらしさが皆無の企業となることが良いのかどうかは別問題だけどね。

ゲーム部門の詳細はどうなっているんですか?

PS4とセットで売っていくネットワーク関連との相乗効果で利益が出ている感じだ。

あと、ソフトで「The Last of Us Remastered」などを自社で売ったので、そうしたところも数字に出ているとのこと。

では、今後もPS4は安泰ですね。

そうであるといいですな。

なんですか、その物言いは・・・。

来週あたりにでも11月恒例の今後のゲーム業界全般を取り上げるので、その時にでもまた細かく述べられたらと思う。

今回はソニーの決算のお話ということで。

発表された数字だけ一部を除き、見るとよかったのではなかろうか。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:任天堂、2015年3月期上半期決算が思いのほか好調に
1つ新しい話題:DQ10せんれき2014年11月版、ハロウィンイベント未プレイで連続イベントクリア終了へ

『ソニー、2015年3月期上半期決算でいつまでも沈みゆく会社の中のゲーム部門は?』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/4582