大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DSが初週で100万本販売突破と不思議なプレスリリース

9月13日に発売された「大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS」の売れ行きが好調のようだね。

初週2日間で100万本の販売を達成したと発表されました。この発表は任天堂から、ダウンロード版も含めた数字として発表されています。

また、各種集計機関でもメディアクリエイトで94万本と、100万本に近い数字が出ています。こちらはダウンロード版が集計対象外と言われています。

この売れ行きはゲーム業界にとってもファンにとっても嬉しい結果です。

どうですか、この初週の売れ行きは?

売れ行き自体はどうでもいいのだが、それ以上に気になったのが、任天堂がこうした売れ行きの発表をわざわざ単体のニュースリリースでしたという点。

過去のニュースリリースをソフトに絞って見てみると、2009年8月25日の「Wiiスポーツ リゾート」の国内100万本突破が最後だった。

それ以前もネットで掲載されている分を確認しても、1997年までさかのぼっても1個もなかった。

初週100万本突破という意味での発表は、もちろん今回が初。

それくらい、「Wiiスポーツ リゾート」と同じように好調を伝えていきたいと思っているタイトルなのかな、と。

過去には本体の売れ行きを発表することもありましたが、こちらもそれほど多くありませんでした。

決算ごとにある程度まとめて発表しているというのもあるのだろうけど。

この点は意外なこととして今回受け止めている。

実際の売れ行きに関しては、思った以上に勢いがあるな、という程度かと。

「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズは過去を振り返ると200万本以上売れていたタイトルもありましたので、この後の伸びも気になります。

一番売れたのはWii版の「大乱闘スマッシュブラザーズX」でした。

後は他のタイトルとの兼ね合いがうまくいくかどうか。

他のタイトルがどう関係しますか?

例えば、「妖怪ウォッチ2」に波及、もしくは「妖怪ウォッチ2」からスマブラに人が来てくれるかとか、10月11日発売の「モンスターハンター4G」や、12月18日発売の「ファイナルファンタジー エクスプローラーズ」のようなタイトルにも広がりを持たせることが出来るかどうか。

いずれも本体を持ち寄って楽しむことのできるタイトルなので、知人間での遊びが1タイトルだけでなく、複数でその都度遊ぶようなことになるような、そんな広がりがあれば、うまく兼ね合えたといえる。

そうなれば、まだまだ家庭用ゲーム機も捨てたものではないな、となるのだが。

そうならない可能性もあるということですよね?

知人がそれらのタイトルをすべて買ってくれるとも限らないから。

特に、任天堂としては「妖怪ウォッチ2」のユーザーにも遊んでもらいたいのだろうが、お金をあまり持っていない子供が主体的に購入できるわけでもないので、うまく親に買ってもらえるような状況になる必要もあるだろう。

「ポケットモンスター」の新作も控えているので、これらも含めて子供世代に訴求していければ、まだまだ日本国内のニンテンドー3DSの環境は良いと言える。

「モンスターハンター4G」「ファイナルファンタジー エクスプローラーズ」辺りはもうちょっと上の世代の人が買って数タイトルをみんなで遊ぶような環境になれば、売れ行きの伸びも面白いことになりそうだ。

逆に食い合ってしまうことも考えられます。

特に「モンスターハンター4G」はシリーズとしての飽きも出始めているので、今回が正念場。300万本以上をちゃんとキープできれば良いと思うが如何に。

いずれにしろ、年末商戦に向けて幸先が良くて何より。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:マイクロソフトがインディーゲーム「マインクラフト」の会社を2500億円超で買収、ゲーム業界全体にとってプラスのニュース
1つ新しい話題:東京ゲームショウ2014の雑感、ソニーやマイクロソフトなど

『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DSが初週で100万本販売突破と不思議なプレスリリース』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/4550

『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DSが初週で100万本販売突破と不思議なプレスリリース』へのコメント

スマホ時代にミリオンが出るハードもあれば
パンツゲーしかないハードもある時代なんですね。

投稿者 : ソニート

最近リリースされた任天堂ソフトの売上が、以前と比べてあまりよくないからね

3DSの『大合奏!バンドブラザーズP』、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』、『星のカービィ トリプルデラックス』、『カセキホリダー ムゲンギア』、『マリオパーティ アイランドツアー』、『ヨッシー New アイランド』と軒並み前作から大きく売上を落としている

Wii Uのビッグタイトル『マリオカート8』も前作から6割近い落ち込みで勢いに乏しく、コラボが話題になった『ゼルダ無双』も、10万本弱といまいち

こういう状況のなか、「最近の任天堂は元気がないんじゃないか」と思われていたり、任天堂の商品がなかなか話題に挙がらなかったり、そもそも国内のコンシューマゲーム市場全体が落ち込んでいたりで、一般の消費者に届きづらくなってきていた

だからスマブラの新作を起爆剤にするために100万本セールスをPRしたんだろう

投稿者 : 匿名

あんなレビューしておいて幸先がいいってあんた・・・

まあ正直50万60万くらいを予想してたんで
これは紛れもない快挙だと思うよ

あとは肝心の主戦場である海外でどこまでいけるかが全てだな

投稿者 : 匿名

任天堂アメリカですが、マリオカート8が初週で120万本売れたと自慢していましたよ

投稿者 : 匿名

素人考えですが、今回のスマブラはオンライン対戦に加え
「世界戦闘力」なる特殊なランキングも搭載しているので
このプレスリリースで「オンライン盛り上がりますよー」
と購入者にお伝えできるからって事じゃないですかね。

投稿者 : R&M

国内では前作の売り上げを超えられそうでよかったんじゃないでしょうか
3DS版だけでも行けるかもしれませんがマルチ合算ならより確実でしょう
問題は海外ですが、これがどうなるのかよくわからない
ただ、もし海外でも3DS版が売れるならモンハンには好影響だと思います

投稿者 : 匿名

WiiUのがスマブラやり易そう
なにかと大画面のもほしいし

投稿者 : 匿名

ついこの間マリオカート8が発売初週120万本売れたってのを発表したばかりだと思うが。
3DSのスマブラ推しは明らかにNEW3DSを売りたいからだと思うんだが。
スマブラは拡張スライドパッドに対応していないけど、NEW3DSのCスティックには対応しているって差をワザと付けてるでしょ。それとも俺が、拡張スライドパッドに対応していない理由が分かっていないだけ?納得が行く理由が知りたい。
桜井さんはプレイ環境に差を付けたくないって話をしていたのに、この結果はがっかりだ。
これはせこいなって正直思ったけど、任天堂もそれだけ必死なんだろうな。月替わりオススメソフトキャンペーンといい、なりふりかまっていられないって感じだ。
3DSの目標1200万台だっけ。達成にはNEWの成功が必要だと思うが。まこなこが挙げているソフトを上手く活かせれば大丈夫だと思うが。どうか。

投稿者 : 匿名

スマブラが現行3DSの拡張ゲームパッドに対応しないのは、別売りの3DS用NFCリーダーライターの為に赤外線ポートを空けておく必要があるからだと思うよ
amiiboも任天堂の重要な武器になる可能性を持ってるしね

投稿者 : 匿名