ポケットモンスター オメガルビー、アルファサファイアが発売されてもニンテンドー3DSの復活の見込みは乏しい

「ポケットモンスター」の最新作の発表があったようだね。

ニンテンドー3DS用ソフトとして「ポケットモンスター オメガルビー」「ポケットモンスター アルファサファイア」が2014年11月に全世界同時発売されます。

去年10月の同時発売「ポケットモンスターX」「ポケットモンスターY」に続いての世界同時発売だね。

まあ、だからといって世界で売れるか、特にニンテンドー3DS本体を引っ張った形で売れるかは別問題だけどね。

なんでですか。このソフトでニンテンドー3DS本体も売れる可能性が高いじゃないですか。

その理屈なら、すでに「ポケットモンスターX」「ポケットモンスターY」の時に海外でニンテンドー3DS本体が売れているはずだ。

しかし、実際はそこまで販売台数を増やしたということはない。

ちょうど決算発表で数字が出ていましたね。

2013年4月から2014年3月までと、その1年前を比較しますと、北米で年間販売台数が427万台から433万台と微増、欧州などでは400万台から356万台と1割近く落ちています。

このうち、両地域とも110万台前後がニンテンドー2DSの販売によるものとなっています。

ポケットモンスターに興味がある人はすでに前年にニンテンドー3DS本体を買っているだろう。もちろん、お金が無くて買えなかった人が今年になって買う可能性はあるけどね。

昨年はゲーム業界としてはXbox OneやPS4が発売されたこともあり、ゲームユーザーがそちらにお金を使ったという流れもあったし。

ただ、同じように売っていったのでは、ニンテンドー3DS本体が今年になって急激に売れるなんてことはないとだけは言える。

では、別の手段を用いるということですね。

その手段とは?

値下げとか、本体限定版とか、同梱版とか、そっち方面で売っていかないと、少なくとも本体の売れ行きが伸びることはないのではなかろうか。

そもそも論として、ニンテンドー3DSに今年になって海外でも通用するタイトルは限られるから。

本体の販売をけん引するほどの注目タイトルとなると「大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS」くらいでしょうか。

どちらかというと、本体の牽引ではそちらの方が上かもしれない。

とはいえ、発売時期が異なり、ポケモンの方は年末商戦に向けてなので、単純比較はできないけど。

ですが、これでニンテンドー3DSが海外でも盛り上がればいいですね。

現時点で北米ではニンテンドーDSの4分の1、欧州等では5分の1程度しか売れていないからね。

たぶん、ニンテンドー3DSは今年がピークで後は任天堂からほとんどソフトが出てこないだろう。

そうなってくると、今年中にはしっかりと盛り上げていかないと、あとに続かないかと。

日本だと、すでに十分すぎるほど普及しておりニンテンドーDSのような爆発的なヒットはないものの、2分の1程度までは売れていたりする。今年も数字を積み重ねていくだろうし、3分の2から4分の3くらいまではトータルで行けそうな感じだ。

こう考えると、いかにに日本の事情と海外の事情が大きく異なっていることが理解いただけるだろう。

日本は他にも「妖怪ウォッチ 元祖/本家」「モンスターハンター4G」など、ソフトメーカーの対策タイトルも待ち受けていますので心配いりませんね。

海外でももう一つか二つ、ヒット作があれば面白いのだろうが。

こればっかりはパッと出てくるわけでもないので何とも言えない。

今年の海外でのニンテンドー3DSの動向が任天堂の業績にも大きく影響するだろうから、そのあたりも絡めて今後もチェックしていけたらと思う。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:遂に全機種持ちに
1つ新しい話題:任天堂がWiiU等でフィギュアを用いた新しいゲームサービスを実施へ、一番相性の良いゲームはあのゲーム

『ポケットモンスター オメガルビー、アルファサファイアが発売されてもニンテンドー3DSの復活の見込みは乏しい』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/4436

『ポケットモンスター オメガルビー、アルファサファイアが発売されてもニンテンドー3DSの復活の見込みは乏しい』へのコメント

今年はピークじゃなくてピークアウトでしょ。

現に今年に入って既に本体もソフトも出ない・売れない状態になってきており前年よりも相当売れないのは確実。

黒字1000億どころか赤字が年々さらに増えてるこの状況で3DSまで戦力外になるのは本当にやばいよ。

今の任天堂には好材料がなにもないし伸び代もない。
当然ながら株価にも大きく影響するはずだし、いつまでも自社買いでどうにかなる問題でもない。

投稿者 : 匿名

タイトルに同感しますね。
私はポケモンを昔からやりつづけているので、同然買いますが、
はっきり言って、ルビーサファイアのリメイクはファンサービスのようなものですからね

もう10年以上も前だし、ルビーサファイア出たのは

ルビーサファイアのために買う子供の層は少なそうですし、大人の人が懐かしくて買うとしても、爆発的では無さそうですし

指摘通り、そもそも買う人の大半はすでに3DS持ってますからね

投稿者 : 匿名

エメラルドは出るかな?
これを一番やり込んだ

投稿者 : 匿名

大幅な営業赤字を補てんするためのリメイクだからなぁ

投稿者 : 匿名

もう新作かと思ったけど、どうやらGBAのリメイクみたいですね。
ダブルスロットのあるDSが必要とはいえ互換は残っているから、一般ユーザーにはどのくらい売れるんでしょうね。

今回発表されたポケモン新作が3DSの販売数を伸ばすかと問われれば、私も難しいと思います。
そもそも熱心なポケモンプレイヤーならxy以前に発売されたポケモンARサーチャ目当てで3DS買ってますからね。
海外だと3DSやVita以外の携帯ゲーム機やゲーム特化のスマホ(専用のコントローラーとか)も出ていますし、厳しい市場ですね。

投稿者 : 匿名

DSは脳トレなどでゲームに興味が無い人まで巻き込めた売上げですし、3DSはゲームファン向けのみで小規模雑多なゲームがスマホに流れた今からすれば、妥当な数字なのかもしれませんね。

投稿者 : 匿名

XとYが出たから次はZかと安易に思ってましたら、違うのが出てきました

投稿者 : 匿名

同じ意見ですね

モンハンが売れない世界市場ではビッグタイトルがスマブラくらいしかないのはちょっと厳しいな

友達コレクションの海外ウケは良さそう。あぁいうくだらない笑いとかでHAHAHAとか言って喜びそうだしな

投稿者 : 匿名

3DS   1700万台

vita 200万台 → (3DSの復活の見込みは乏しい)

普及したら落ちるの当たり前だろw

投稿者 : 匿名

>投稿者 : 匿名 2014年5月 9日 15:06

任天堂の経営にポケモンRSがどれくらい影響を及ぼすかって話なのに、なんで国内限定の数字を出してるんだろ

しかも3DSはまだDSの半分も売れてないのに

投稿者 : 匿名

何でvitaが出てくるんだ?

投稿者 : 名無し

まあピークは過ぎてるよな。
でも鉄板の子供需要とライト寄りの女性層に支えられて国内ではそれほど落ち込まない、と予想。
復活ってのが何なのか分からんが、海外でゲームに熱心なコア層取り込んで台数伸ばす、って話ならもう無理だよ。

投稿者 : 匿名

ルビーサファイアに関しては事情が違うと思うよ
FF7程じゃないけどシリーズファンには特別なタイトルなんで
XYで3DS買わなかった人を大分牽引するんじゃないかな

投稿者 : 匿名

ソフトはかなり売れると思います。任天堂なら良いリメイクをしてくると思いますので。
ハードの牽引効果はそれ程は無いと思います。
利益の面で言えば、上手く2DSに移行できるかどうかの方が重要かと。

投稿者 : Hachi

ソフトは売れるけどハード牽引効果は薄いってのはたしかだろうね

Twitterのポケモン垢でもあんまり盛り上がってない
正確にはこれまでずっと買い続けてた人はだいたい買いそうだけど
復帰者というか またやりはじめよう みたいな人はほとんどいない

投稿者 : 匿名