Xbox OneとPS4の盛り上がりを日本を例に取り上げる、ゲーム機戦争の始まり

さてさて、海外ではXbox OneとPS4の発売で盛り上がっているようだが、我々日本人は完全に蚊帳の外。

いったいどうして盛り上がっているのかすらわからないという人も多いのではなかろうか。

PS4が100万台を1日で販売するというニュースも話題になりましたね。

そんなわけで、なぜ海外でここまでXbox OneやPS4が盛り上がるのかを日本の場合を例にとって取り上げてみる。

日本を例にするとどういった状況なのでしょうか?

発売日初日に遊べるソフトがファイナルファンタジー最新作、バイオハザード最新作、アーマードコア最新作、ウイニングイレブン最新作、実況パワフルプロ野球最新作、テイルズオブシリーズ最新作、機動戦士ガンダム最新作、リッジレーサー最新作、太鼓の達人最新作、どこでもいっしょ最新作、というゲーム機が発売されたと考えてもらいたい。

そこまで豪華なのですか!?

全て前世代機との2機種発売ではあるものの、これらの最新作が発売日に揃った。これが、今のXbox OneとPS4の本体同時発売タイトルと見てよい。

前世代機との同時発売であっても、当然盛り上がるよな。

この例で考えますと、初日100万台は当たり前のような気もしてきますね。

逆に、この例を見た後で日本のPS4の日本人向け同時発売タイトルを見ると、がっくりしてしまう。

いずれも良いソフトですから・・・。

また、過去の据置ゲーム機の歴史を振り返ってみても、同じ世代のゲーム機が同時期に発売されるというのは久しぶりで。

今までの歴史を振り返ると次のようになる。ニンテンドーゲームキューブまでは日本の発売日、その後は北米の方が早いことが多いので、北米中心の発売月を載せている。

  • 1983年7月:ファミリーコンピュータ
  • 1987年10月:PCエンジン
  • 1988年10月:メガドライブ
  • 1990年11月:スーパーファミコン
  • 1993年10月:3DO(北米)
  • 1994年11月:セガサターン
  • 1994年12月:プレイステーション
  • 1996年6月:NINTENDO64
  • 1998年11月:ドリームキャスト
  • 2000年3月:プレイステーション2
  • 2001年9月:ニンテンドーゲームキューブ
  • 2001年11月:Xbox(北米)
  • 2005年11月:Xbox360(北米)
  • 2006年11月:Wii(北米)
  • 2006年11月:プレイステーション3(北米)
  • 2012年11月WiiU(北米)
  • 2013年11月:プレイステーション4
  • 2013年11月:Xbox One

これから何がわかりますか?

今までは各ゲーム機、それほど近い時期に発売していなかったし、プレイステーション3やWiiが近い時期だったものの、商品の質が異なるため単純にゲーム機という括りでは比較ができない。

しかし今回のXbox OneとPS4はたった1週間違いで同レベルの機種が同時に発売されるという状況になった。

似たような状況だったのはセガサターンとプレイステーションの1994年以来のため、実に20年ぶりのゲーム機戦争のスタートと言える。

そう考えると、いやがおうにも盛り上がりますね。

果たしてどちらが先に降参することになるのか。

百年戦争になる可能性もありますよ。

案外ワンサウザンドウォーズになったりな。

3年で終わりですか・・・。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:PS4の1日で100万台突破の真偽、不具合祭りなど
1つ新しい話題:機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)の7巻の発売日決定、予約もスタート

『Xbox OneとPS4の盛り上がりを日本を例に取り上げる、ゲーム機戦争の始まり』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/4298

『Xbox OneとPS4の盛り上がりを日本を例に取り上げる、ゲーム機戦争の始まり』へのコメント

セガサターンとPS1は2週間差で発売されたよね
やっぱライバルがいると盛り上がるな

投稿者 : 匿名

3年どころかもっと早い終戦もあり得るでしょう、今回は。
何せ最も箱に有利な北米市場でいきなり100万売りましたからね…PS4

今回はスタートダッシュの時点からあらゆる面でPS4優勢なので、よほど想定外の要因が加わらない限りは箱が勝つ見込みはないと思います。
(北米で互格以上、欧州は元々PS優勢、日本での箱市場は論外ですから)

日本の国内ロンチに関しては全くその通りでしょう。
これは二つの要因があって、まず国内サードが次世代機に本腰を入れられない(技術と資金で)のが一つ。
もう一つがSCEが国内でロンチに向いた大作を用意出来ない事でしょう。
GTシリーズは品質優先のあまり発売時期は無視だし、みんゴルは一般向けであってゲーマーが買うソフトではない。
RPGや狩りゲーの大作をSCEが育てていれば話は違ったと思いますが、SCEJはその辺に関して本当に無策でした。
これが結局はVita立ち上げでも障害となった訳ですね。
まあ最近ではFPSの国内ユーザーも増えて来たのである程度国内ロンチも安心出来ますが、この問題を放置したままだといずれきっとSCEは涙目になると思います。

投稿者 : 学名ナナシ

それだけの大型タイトルが揃った理由にも突っ込んで欲しかったですね。
日本のパブリッシャーの力不足なのでしょうか?
しかし、海外のパブリッシャーは口をそろえて「PS4は物凄く開発しやすかった」と言っています。
PS3/360/Wiiで市場が分断され、いまいちどのハードも売上がぱっとしない結果になった恐怖症が根付いているのでしょうか?

投稿者 : neko

WiiUが発売から一年経ってたことに衝撃を受けた

投稿者 : 匿名

日本だとxboxはまだ発売日が決まってないので
wiiu対ps4になりますね
なにかps4は不具合みたいで性能おちてるみたいですし
性能の面から見てもwiiuが勝つように思います
海外でも新型の熱が冷めたら伸びそうですし

投稿者 : 匿名

日本で盛り上がってないのは、XBONEの発売日が全く未定だから
じゃないですかね。予約開始してればPS4との比較で戦争になるのに。
そもそも本気で出すつもりかな。まともにビジネスとして判断すれば
出さないですよね日本じゃ。

投稿者 : 匿名

WiiUってWiiの周辺機器だろ?違うの?

投稿者 : 匿名

日本はゲームの質もユーザーの質も変わりすぎてしまいましたからね・・・
XBOXはどうやっても売れないのでこのままフェードアウトが正解でしょう。
PS4もゲーム機として売るよりもPSXのように
ゲームも遊べるHDDレコーダとして売り出したほうが売れるかもしれない。

投稿者 : 匿名

>20日 02:01
>性能の面から見てもwiiuが勝つ

・・・まこなこもさすがにそこまでぶっ飛んだことは言ってないですが。
不具合はGigazineも釣られたように捏造情報が飛び交いまくってるので
もう少し様子見ですね。

投稿者 : 匿名

最初の週に100万台売ったはいいけど次週以降どれだけその勢いを維持できるかに興味があります。
あとXBOX ONEがどれだけ売り上げるかと次週以降ラウンチの勢いをそのまま維持するのかそれとも最初の1ヶ月だけが元気でそのあと売り上げが落ち着くのか、それともこれからもどんどん伸びるのか?

正直、PS3/ Xbox360でも遊べるゲームも多いので今買っているひとは相当好きな人だと思うのですが、海外のゲーム事情がよくわからないのでこれから盛り上がるのかもしれないですね。

ただ日本ではPS4やxbox oneがそもそもニーズがあるのか疑問ですね。
twitterでyospさんが日本の人に日本のリリースが遅いって文句言っていたら日本で売れるソフトとアジアを含む海外で売れるソフトは違うので日本を後回しにしたって発言していたような気がしますが、日本のユーザーが海外ゲームしか遊べなくなる未来もあるのかもと思いました。

投稿者 : やまだ

1日分の売上と2日分の売上あまり変わりませんでしたね。
案の定ですが。

投稿者 : 匿名

コアゲーマーとか、ファンボーイはほっといても買いますよね。

そこから先の2か月に1本買うか買わないかくらいのミドルゲーマー次第でないですかね。

少なくとも日本では、3万台まで落ちないと淡々とした売れ行きになりそうですね。

投稿者 : 匿名

SG-1000・FX・プレイディア「、、、」

投稿者 : 匿名

1日分の売上と2日分の売上あまり変わりませんでしたね。
案の定ですが。
投稿者 : 2013年11月20日 20:03


そりゃもう出荷分無いしな伸びが無いのは当たり前

投稿者 : 匿名

>1日分の売上と2日分の売上あまり変わりませんでしたね。
案の定ですが。

まあ、これこそが、初日で100万売れたっていう証拠みたいなもんなんだろうな。本当に、案の定、予想通りだわ。当然、勢いが落ちる時も来るだろうけど、いくらなんでも突然すぎるだろ。これは在庫切れして、売り上げが一気に落ちた結果だ。売る物がなければ、さすがに売り上げを伸ばすのは無理だからな。
これだけ状況証拠がそろっているのに、いまだに売れてないっていってる奴がいるのは驚きだ。
VG占いだが、ソフトがCoDだけで70万、全体で240万以上売れているし(2日間)、向こうでは完売で手に入らないからって、強盗事件が数件起きている状況だよ。
それとも、もともと出荷が少なかったっていうのか?それだと、「実売ではなく、出荷が100万なんだろう」って主張との整合性がとれなくなっちゃうよ?
このままXBoxOneも売れて、年末に強い任天堂のWiiUも売れて、据え置き機が盛り上がってくれるのが、ゲーマーにとって一番いいことだろうに…。お気に入りのプラットフォームの良い所を主張しあうんならまだ分かるが、なんでこんな話題に、いちいちケチをつけるのかねぇ。
※引用させてもらったが、投稿者 : 2013年11月20日 20:03 さんがケチをつけたって言ってるわけじゃないよ。主に前回の記事のコメントについてだ。

投稿者 : あ

さ・・・3年・・・?

投稿者 : 匿名

明確な台数までは予想がつきませんでしたが、海外AAA級タイトルが揃っていた事は分かっていたので、出足が良い事は予想していました。
XB1も360のアカウントを引継ぎたい人が大勢いると思うので、当然売れるでしょう。やっぱりアカウントは大事だなと。まこなこさんが言っていた会員制のサービスの展開にも必要ですしね。
ロンチの売り上げ台数に関しては、「何台用意できるか」の勝負になってくるでしょう。PS4がすでに完売して機会損失をしているのは、勿体無いですな。
後はコア層に売れた段階で、勢いがガクッと落ちると思うので、その後にどう売って行くかってのが、課題になってくるでしょう。PS4も100万売れた位では、今後を楽観視できませんよ。
で、まこなこさんが書いている「戦争」ですが、本当に怖いなぁと、今回思いました。
真っ当な評価で売上を競うなら良いんですが、適正な評価としての良い・悪いといった情報以外の、明らかに悪質な情報がたくさん飛び交っています。驚きなのが、冷静であればすぐに嘘だと分かる様な情報を信じている人がいる事です。中には真相を分かっていながら乗っかっている人もいる様ですが。また、海外が発信源なので、誤訳によって誤解が生まれ、それが拡散されたり…。もう、めちゃくちゃですよね。
そして、これが一番恐ろしいのが、間違いなく同じ事がXB1でも起こるし、今後発売されるであろう、新ハードでも起こる可能性が高い事です。まさに、「戦争」ですよね。煽られたから、煽り返す、やられたから、やれ返しても良いって理屈です。良く「そっちが先にやったから」とか言ってますよね。どっちも同じにしか見えませんが。
できる限り、自分はそこに巻き込まれずに、冷静でいたいなぁと思いますね。

投稿者 : Hachi

>果たしてどちらが先に降参することになるのか。

どちらがって、そこにはWiiUも居るだろうが。
まあ、岩田が「来年以降、コアゲーマー向けソフトも出す」と言っているし、ミヤホンがHaloくらい作れるらしいから、海外でも安泰なのかね。

投稿者 : ななし

なんか今年で400万台行きそうなきがする

投稿者 : 匿名

>2013年11月19日20:12のひと(2個目のコメント)
>SCEJはその辺に関して本当に無策

この辺同意。
任天堂はこういう場合、とりあえずマリオ系の新作出しておけばなんかとなるんだけど
(余力があったらゼルダとか、どう森とか、何ならピクミンとか、カートとかスマッシュとか)
そういう定番を結局作れてないのが、なんていうか、いくらでもその機会はあったろうにって
あたりでモッタイナイ。

前述の任天堂定番ソフト、それほど魅力的と思えないからスルーする私みたいなのも
いるっちゃいますが、だからってSCE発のPS系ソフトに買うものがある訳じゃないしなあ。
(PSのソフトが、じゃなくてSCEのソフトがって事ね)

投稿者 : さきち