まこなこ11周年記念:今後のゲーム業界展望Part3 任天堂のWiiUとニンテンドー3DSの見通し

すでに過去2回に渡りお伝えしている今後のゲーム業界展望の3回目は任天堂について取り上げる。

過去は『まこなこ11周年記念:今後のゲーム業界展望Part1 前世代機のまとめ』『まこなこ11周年記念:今後のゲーム業界展望Part2 Xbox One vs. PS4の行方』の2回取り上げました。

今回はいよいよWiiUとニンテンドー3DSについてですね。

前回も述べたが、今回も事前に述べておく。

ここで取り上げる話はゲーム機として、そしてハードメーカーとしての話となる。

ソフトメーカーや一個人の趣向などは基本的に含めていないのでこの点は事前にご了承を。

ハードメーカーとしてビジネスとして成り立たせていくことができるのかどうか、この点に重点を置いて取り上げる。

まずはどういったところから見ていきましょうか。

やはりニンテンドー3DSからですか?

ニンテンドー3DSに関しては過去にも何度か取り上げてる。

特にポイントとなるのは値下げ後の動向。その動向は2年後に花開くという話を2年前にし、今現在、それなりの成果が出ていると言えるだろう。

では、それが誰によってなされたものなのか、という点に注目したい。

誰とは?

これらのことは、結局は任天堂によってなされたことだ、ということだ。

いまいち意味がわかりませんが・・・。

日本に関していえば、「モンスターハンター4」の援護があったものの、やはり売れるきっかけとなったのは任天堂が発売した「とびだせ どうぶつの森」や「ポケットモンスターX・Y」による。

もちろん、ソフトメーカーもソフトを発売し、それが呼び水になっているものの、影響力という点では任天堂のソフトが大きい。

この状況は特に海外で顕著だ。

海外はどうなっているのですか?

もう任天堂の孤軍奮闘状態で、ほとんどのメーカーがまともにニンテンドー3DSにソフトを出してくれないという状況に陥っており。

海外では「モンスターハンター4」のようなタイトルが無いということですね。

11月10日時点の北米のamazon.comのニンテンドー3DSソフトランキングを見るとものすごいものが見えてくる。

次のような順位です。タイトルは日本版のタイトルに変更しています。ランキングは『ゲームソフト世界人気ランキング』で世界のamazonのランキングが確認できます。

  1. ポケットモンスターX
  2. ポケットモンスターY
  3. ゼルダの伝説 神々のトライフォース2
  4. マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー
  5. ルイージマンション2
  6. とびだせ どうぶつの森
  7. スーパーマリオ3Dランド
  8. マリオカート7
  9. ニュースーパーマリオブラザーズ2
  10. ポケットモンスター ブラック2(ニンテンドーDS用ソフト)
  11. ゼルダの伝説 時のオカリナ3D
  12. ファイアーエムブレム 覚醒
  13. ドンキーコングリターンズ3D
  14. ペーパーマリオ スーパーシール
  15. レゴ:マーブル

この15位に来てようやくソフトメーカーのソフトがランクインするくらい、孤軍奮闘しているわけだ。

ちなみに、日本で同じタイミングで確認したところ、10位内に5タイトルがソフトメーカーのソフトとなっていた。

如何に北米のニンテンドー3DS市場が特殊と言えるだろう。

これは北米にとって良い状況ではないということですよね・・・。

まったくもってその通り。

それくらい、厳しい状況に追い込まれている。

しかし、だ。

しかし?

この年末商戦に向け、ニンテンドー3DS本体が売れ出しているから恐ろしいのだよ。

「ポケットモンスターX・Y」の発売以降は順調に売れているようだ。

来期を目途にニンテンドー3DS全体で利益がプラスになるような状況になるだろう。

ここで過去に述べたある言葉を思い出してほしい。

どのような言葉でしょうか?

生殺与奪権という言葉を。

過去に2度ほど、この言葉を取り上げている。

一つは2年前の『なぜPSシリーズは失敗なのか』ですね。PS Vita発売後の話題です。

もう一つは半年前の『次世代ゲーム機出揃いから見た今後のゲーム業界Part3「WiiU」』です。こちらはE3 2013終了後に取り上げました。

任天堂は極端な話、他社からソフトがほとんど出なくても自社のソフトだけでも市場を作っていける能力がある。その規模は多くのメーカーの協力を得たときと比べて劣るものの、それによって会社が倒れることはない。

大きな黒字にならないまでも、トントンか、やや赤字程度で済ますことが出来る。

それが出来るのが任天堂という会社だ。

生殺与奪権をソフトメーカーに委ねることなく、自らで生き死にを選べる。自己責任の中でビジネスを展開できることこそが、任天堂の最大の強みとも言える。

だからこそ、NINTENDO64でもニンテンドーゲームキューブでも生き残ることが出来、Wiiでの成功を収めるまで存続しつづけることが出来た。

今後、失敗するゲーム機も当然出る。なんでもかんでも成功するほど世の中は甘くなく、特にコンテンツ業界は一つのコンテンツによって大きく状況が変化するようなこともある。そうした中であっても、生き続け、チャンスを窺う。これこそがコンテンツ業界の生き抜くコツともいえる。

そのための資金も十分蓄えてあることも見逃せない。これが銀行に借金していたお金であれば、コンテンツ業界の理論ではなく金融業界の理論で行動を起こさざるを得ず、その結果、信頼が地に落ちるような行為を行ってしまうかもしれない。

そうした憂いがないのも任天堂が今までの経験から得てきたものだ。

そうした点を踏まえてWiiUを見ていくわけですね。

WiiUの現状は売れていないが、ソフトが出た後どうなるか。そちらの方が重要だ。

そのタイミングがいつかとなるが、これも以前述べたように2014年の年末商戦が一つの山場となる。

本来であれば2013年の年末商戦に「マリオカート8」が発売できていたならば、ここでの盛り返しもできたかもしれないが、実際は発売できずにいる。

となると、2014年年末が一つのめどとなるのではなかろうか。

その点もE3 2013終了後の『次世代ゲーム機出揃いから見た今後のゲーム業界Part3「WiiU」』で述べていましたね。

2014年の年末あたりまでの視野でWiiUについては見ていたので、直近のこまごまとした数字を見ても意味はない。

結局はソフト。そのソフトが揃うのが来年以降である以上、現状では語りようがない。

ちゃんと今の時点でもしっかりソフトを出せるような体制にすべきだった、という意見はあるだろう。

しかし、品質を考慮して時間をかけて作っているのだから、それはそれで任天堂という会社が採った一つの選択肢として認めるべきこと。

早く出したはいいものの、品質が悪く、結果としてWiiUそのものを見限り、任天堂に愛想をつかすような状況になるよりかははるかに良い。そうしたことで落ちていったソフトメーカーも多々あることからも、最終的には物の良し悪しが将来にわたって影響することは明白。

短期の利益を選んで将来に不安を残すか、今の利益は捨ててでも未来を創るか。

後者の方がどう考えても良いことは言うまでもない。

現時点で稼がなくても蓄えがあるからこそできる選択ではあるけどね。

この蓄えがある、という点も生殺与奪権を他に与えない一つの要素でもある。

まとめますと、ニンテンドー3DSは今年の年末商戦の結果によって、WiiUに関しては2014年の年末商戦まで様子見ということで良いでしょうか。

そんなところですな。

Xbox OneやPS4と比較したがる人もいるようだが、Xbox OneとPS4はいうなれば高い山を目指して歩いているようなもので、逆に任天堂は海底に向かって沈んでいるようなものだ。

その表現はどうかと・・・。

それだけ目指している先が違うということだよ。

高い山は高い山で良い見晴らしがあるかもしれないが、海底も深海の世界というまた別の魅力的な世界が広がっている。

そうした目指すものに大きな違いがあるにもかかわらず、他と比較するのもバカバカしいこと。

ちゃんと自社として利益が出ていれば、シェアはあまり気にする必要はない。

と、いうことで、ニンテンドー3DSやWiiUの単体の話よりかは、主に任天堂の考え的なものを取り上げてみた。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:DQ10、チームまこなこ、すでに加入済みのアカウント追加希望者向け案内
1つ新しい話題:まこなこ11周年記念:今後のゲーム業界展望Part4 PS Vitaとソニー

『まこなこ11周年記念:今後のゲーム業界展望Part3 任天堂のWiiUとニンテンドー3DSの見通し』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/4290

まこなこ - まこなこ12周年

去年も言ったけど、まさか丸12年も続くとは思わなかった・・・。 2002年からのスタートですからね。 小学生になった子供が高校卒業の年数ですね、12年は... 続きを読む

では、まこなこ12周年記念として、今後のゲーム業界展望をしていきましょう。 まずは、去年のまとめから。 去年もまこなこ11周年記念としてゲーム業界展望を... 続きを読む

『まこなこ11周年記念:今後のゲーム業界展望Part3 任天堂のWiiUとニンテンドー3DSの見通し』へのコメント

確かにまこなこさんのいうとおりWiiUはPS4や箱1とは競合しないのかもしれませんね
性能も次世代機という感じがしませんしWiiUを単純に次世代機といのは語弊があるのかもしれません

投稿者 : 匿名

3DSもWiiUも持っていない、PS3ユーザーですが、今回の話は納得できた。
これだけ良い事がいえるんだから、しょーもない煽りや、ミスリードを誘う言い回しをやめればいいのに。

投稿者 : 匿名

3DSに関しては、2DSの投入でどれだけハード所有者を増やせるかが重要でしょうか。
WiiUは最悪任天堂だけでも市場生成ができるにもかかわらず、他社ユーザー層も取り込める方向性も持たせた結果、既存他社両ユーザーに対してアピールに失敗している印象を受けます。
今年秋のWiiUアップデートを見て、最初からこれで発売されていればと感じましたし、スケジュール優先で足並みが揃う前に発売した悪印象が残りそうです。任天堂の持つ安心安全のイメージのためにも、買ってきてすぐ遊べる手軽さは大事にして欲しいですね。

投稿者 : 匿名

2014年がWiiUの勝負の年なのは確かだな。
現在、発表済みにタイトルは発売するだろうしゼルダも年末辺りに出そう。
任天堂がほそぼそとやって行くなら自社タイトルだけで何とかやっていけるだろうがWiiの栄光を再び狙うのならサードからの支援は絶対だと思う。
E3にはWiiUの未来は決まるかもな。

投稿者 : 匿名

まあ資産から負債引いて1兆円超えてるからな。
PS3レベルの失敗を2、3回しない限りは安泰なんだろう。

投稿者 : a

任天堂なら損はしないと信じんて
Wiiuファミリーセットを購入しました

ですが、この神話も数年見ないと結果が
わからないのが不安ですね・・・・・

投稿者 : ヤマトトマト

なるほどシェアは関係ないですかw

3年連続営業赤字なら今年こそちゃんと任天堂を叩いてくださいね

投稿者 : 匿名

wiiが出た時ps3とxbox360とは違う勝負をしたから評価されたのに今では同じ土俵で戦えないと言われて酷評されるんだから任天堂も辛いねえ。注目を浴びると頭のおかしい奴がたくさん近づいてくるから大変だよ。心配なのは社長がアホな奴らの妄言にそそのかされた取締役達に無意味な圧力を掛け続けられてそれに負ける事だな。

投稿者 : 匿名

後出しジャンケン好きですよね

投稿者 : 匿名

何かコメ癖ついた

何となく任天堂には優しさを感じるけど(笑)
正にそこなんだよな~
比較対象としてどうしてもでソニーを言うけど
自社の人気のあるソフトさ、畳みまくったじゃん。
多分、ビジネスとして採算や方向性が合わなかったのと思うよ。
だけどさ、俺たちが日々楽しんでるのってそこなんだよね。

そこを大事にしない、市場の拡がりを積極的に行わない、若しくは市場が狭まる可能性を早い段階で決断する。
ソニー嫌いなわけじゃないしvita持ってて任天堂のソフト買う機会減ったけどゲーム会社としては任天堂に票を入れたいよ。

何だかんだで長く付き合ってくれてる。
WII uは厳しいと思うけど
3DS で頑張って欲しいな。

投稿者 : 匿名

海底を目指すのはいいんだけど、ハードの設計に穴が開いているのが問題なんじゃないですかね

投稿者 : 匿名

なるほどだから前回WiiUは外したのか。

投稿者 : さきち

前面的に同意です
3DSもサードがもっと本気を出してきてくれたら 普及台数もあることだし売れると思います
任天堂の続編ソフトが一通り出尽くした後どうなるかが問題です
WiiUは任天堂の人気ソフトが出る頃が勝負ですね
今の状況だとそれと同時に値下げ等の努力もして やっとなんとか生き残ることが出来るかというくらいギリギリですが・・・

投稿者 : 匿名

なんか変な話だな
WIIUの不振が鮮明になる前は、任天堂はMSやソニーとは別の道を行けるから普及台数で勝負はしないような話なんてしたかね
普通に三つ巴で戦うという予想をしてたんじゃないの
それが売れないことがわかってくると、いきなり任天堂は独自の路線でいけるからとか・・・

投稿者 : 匿名

3DSもWiiUも買いましたが、WiiUはピクミン3の他はカラオケ専用機になっちゃってます。
ファーストが強いのは結構ですが、やっぱりサードのソフトも出て欲しいです。個人的にはベヨネッタ2に期待。(発売元は任天堂だけど)

投稿者 : 匿名

>大きな黒字にならないまでも、トントンか、やや赤字程度で済ますことが出来る

個人的に、同じく思ってたけど、
ソフトがメチャメチャ売れてるのに、赤字だった事を考えると、そうと言えなくなってきた。
キューブ時代の時も考えると、据置ハードだと1社だけじゃ厳しいのかもしれない。

>これが銀行に借金していたお金であれば

むしろ借り入れやってない・出来ない会社ほど危険。
普通は「借金してないから良いじゃねーか」と思われるが、社会的に「借り入れできないほど信用されてない」とされる。
資本に対して借りてる金額が多かったら、それは、問題だけどね。
それと借りなくても良いが、銀行のために借りる場合もある(話がそれるので説明を省くが)

投稿者 : 匿名

セガも自社のソフトだけでも市場を作っていける能力があったんじゃ・・・

投稿者 : 匿名

>海底も深海の世界というまた別の魅力的な世界が

さすがにこれはちょっと無理杉…

後、確かに任天堂ファーストの力は素晴しいから一定のソフトでハードを牽引はするでしょう
しかしそれにも限度があって、結局今のままではWiiと同じ運命を3DSが辿るとしか思えません

逆に低迷しているようでじわじわと普及しているVitaの方が多くのサードに支えられている分、
2~3年後には一大市場を築いているのではないでしょうか?
(EAの携帯機売上とか3DS<Vitaでしたし)

投稿者 : だめお

近年の任天堂擁護姿勢の総決算ですね
ポケモン・MHが絶好調なのはその通りですしもうそれでいいでしょ?
下手にゲーム業界なんていわず任天堂オンリーで語っててください

投稿者 : 匿名

今回すごく納得できる内容

投稿者 : 匿名

来年WiiUが頑張るのはラインナップ的に予想はできますが、3DSはどうなるんでしょうね。粗方の球は打ち尽くしたと思うんですが
WiiUは家庭に置く玩具としての機能は結構充実してきたので、そっちメインで背水の陣でプッシュする気なんですかね

投稿者 : 匿名

WiiUはあのタブレット型コントローラーが欠点だと思う。
あれは魅力どころか、完全に足かせになってるみたいで。

個人的にはWiiリモコンを高精度にしたコントローラーを期待してのに。
もちろんモーションプラスを凌駕するぐらいの。

投稿者 : 匿名

今回の考察は全くの的外れですね
すべての根幹となっている任天堂が生殺与奪権を持っているという前提が崩れています

任天堂だけで利益を出せていたのはハードで大きな利益が出ていたからです
WiiUは逆ザヤを解消できていないのにお得パックを出し、さらなる損失要因に
3DSも日本で圧倒的に売れているにもかかわらずWiiUの損失を補うほどの利益が出ていないことから
利鞘は少ないと思われます

つまり任天堂はサードソフトのロイヤリティに頼るビジネスモデルになってしまいました
生殺与奪権を失ってしまった任天堂
企業としての任天堂は崖っぷちですよ

投稿者 : 匿名

そもそもニンテンドー64時代あたりとは比較にならないほど
ハードの開発費は上がっているのに反比例して、ハードが普及する価格帯は下がりつつあるのが現状なのに何を呑気な
まさかハード開発費は永遠に横ばいとでも思っているのかな

投稿者 : 匿名

2011年度:約370億円の営業赤字
2012年度:約360億円の営業赤字
2013年度1Q:49億円の営業赤字
2013年度2Q:232.8億円の営業赤字

VITAを取り上げたページで拝見しましたが
成功不成功を利益で図るなら
3DSもWiiUも大失敗です。
にもかかわらず、WiiUに限って来年から本気だす~のような
ニートの言い訳をする理由がよくわかりません。

投稿者 : 匿名

>>EAの携帯機売上とか3DS<Vitaでしたし
どこの世界の話をしてるんだ?
大体Vitaが一大市場とか築けるはずがない
3DSのサード売上はモンハン抜いてすらVitaのサード市場のをはるかに超える規模があるんだぞ?

投稿者 : 匿名

>>EAの携帯機売上とか3DS<Vitaでしたし
>どこの世界の話をしてるんだ?
EAの最新の財務報告書の話ですね
PlayStation携帯機 - 1.0%
任天堂携帯機 - 0.7%
正確にはこの数字です

あとVita市場と3DS市場はまったく違いますよ
ユーザー層もソフトのジャンルも食い合っていません
だから3DSがどれだけ売れようとVita市場の形成には関係ありませんね

むしろ3DSとWiiUが食い合っているんです
WiiUの不振は3DSに需要を取られているからですよ

投稿者 : 匿名

資金の話になるとMSも良く出てくるけど、XB1は今後どうしたいのかがイマイチ見えてこないので、効果的なお金の使い方がてきないのではと予想します。その辺りを比較すると、ゲーム事業に一番有効に資金を使えるのはやはり任天堂となりますよね。ただお金があるだけではないところが強い。
WiiUの今後に関しては、まこなこさんの言う「生殺与奪権」がどれ位、またどの様に活かされるかによると思います。
それには「殺」の部分(ソフト開発を中止し、次のハードに移行する事)に使う事は当分ないよ、と任天堂が強くアピールする事が大事だと思います。
初期の頃と比較して開発ツールも整備され、ノウハウの蓄積も進んだ事で、ソフト開発のペースもつかめて延期される事も少なくなると思うんですね。
なので、ここいらで「マリカ・スマブラの次の予定」を具体的に発表し、それと共に「任天堂はWiiUに少なくとも5年間は年間○○本以上のソフトを出し続ける」といった宣言をしてくれれば、安心して購入する人も増えるのでは、と思います。

投稿者 : Hachi

11月13日に北米でニンダイをやるらしい。
任天堂のWiiUに対する本気を見せてくれ!!

投稿者 : Hachi

WiiUをやり続けるかぎり赤字になる

しかし据置撤退なんてやったら任天堂は負けたと言われる

進むも地獄、戻るも地獄

投稿者 : 匿名

なんか上手い事3DSの話題を先に持ってきて、WiiUが上手く行っていない事から目を逸らそうとしているが、GCとかと違って、WiiUは大きな赤字を生んでいるだろ。
利益を基準に論じているんだから、そこから目を背けるのはおかしいと思うけど?
原因はまこなこの言う「生殺与奪権」って名前の神通力がWiiUには効いていないからだろ。
3DSとのソフトのラインナップと売り上げを比較すれば簡単に分かる事。
「ちゃんと自社として利益が出ていれば、シェアはあまり気にする必要はない」
その利益が出ていないのがWiiUの問題なんだ。あと、この発言は後々シェアで負けた際に当初の予想が外れた事への言い訳に使いそうだなぁ。

投稿者 : あ

任天堂は今の据え置き業界と相性悪いんだよな
サードが客層合わない洋ゲーばっかでマルチ前提だから
これまでのように独占タイトルのサードで繋ぐ事ができない
確かにゼルダにマリオとミリオンタイトルを多数保持してるけど
次々と出さないと飽きられる訳で・・・

ファーストオンリーで行く気でペース上げた方がいい

投稿者 : 匿名

任天堂がうまくやってきたのは自社ソフトだけでやれるから、ではないよ

自社ハードの利益率の高さが一番大きかった
それにGCの時代も、利益率の高い携帯ゲーム機では独占状態だったため、赤を出さずに済んだ
というか、携帯ゲーム機で他社ソフトからきちんとゲームが出てたわけだからそもそも論として話がおかしいんだけどね

自社ソフトが売れることの一番の利点は、インストールベースがそれだけで見込めること。インストールベース自体の意味が小さくなれば、つまりインストールベースが大きいのに他者ソフトが出なくなれば、それだけ自社ソフトの倍数効果的なものは落ちる。

経済とか経営を理解してないのかね?これだけ疎いと仕事に支障出るんじゃ?

投稿者 : 匿名