インデックス上場廃止後のアトラスの今後はどうなるのか

投稿がありましたので紹介します。

『アトラスの今後についてご意見ください。』(投稿:つーかー)

7月28日にアトラスブランドを保有するインデックスという会社が上場廃止になったことに伴い、投稿が届きました。

すでに多くの方がご存知かと思いますが、インデックスは6月27日の段階で民事再生手続きを行っています。

長年、インデックスに対する問題を指摘し続けてきて、アトラスは終わるのでは、ということを語ってきていたので、昔から私の話を聞いている人からするとどうでもいい話ではある。

その時が来た、というだけの話だ。

投稿では今後どうなるのか、という話もありますが?

無難なところではどこかに買われる、ということなのだろうが。あとは金銭面の折り合いがつくかどうかという問題。

6月27日に発表した際のリリースにもスポンサーを募集・選定の上、事業譲渡を実施することを検討すると述べている。

ただ、負債額が245億円と高額のため、どれだけ銀行側が折り合い、また、スポンサー側も負担を強いられるだけの体力があるのかが重要。一部を切り売りする形も考えられるのだが、アトラスブランドに関してはインデックス側としても最後の金づると考えているだろうから、おいそれと安い金額では手放さないだろう。

そういうゴタゴタがあると、人材が流出し、最終的には抜け殻のようなブランドを買い取る形になりそうで怖い。

高い金額でブランドを望むより、優秀な人材をちょこちょこ引っ張ってくる方がメーカーにとってもいいような気もするしね。

ユーザーとしての心配は、既存のアトラスのゲームが買えなくなるのでは、というところもありますが。

利益が出ているのであれば、再生産などをしてもよさそうだが、では、生産する側の任天堂やソニーが金が入るかわからない会社の商品を生産をするのか、という問題がある。

なので、生産する側の会社がある程度の担保を得つつ、生産するような契約にもっていき、理解の元で再生産するというのがベストだろう。

具体的にはどのような感じでしょうか?

生産の初期コストは任天堂やソニーが負担するので、生産数は生産側が決め、なおかつ利益も大きく取るような構造の契約など。

なんだかんだで売れているゲームを作っている会社なので、切らすのはもったいない。

特に直近発売されたようなタイトルだと。

PS3とPS Vitaで発売された「ドラゴンズクラウン」は品切れで手に入りにくい状況になっていますね。

一部では再生産が出来ない可能性があるため、ゲームユーザーや転売目的の人が買いに走ったという話もあります。

そうしたタイトルの中にはダウンロード版の公開もしているので、ダウンロード版に関しては引き続き販売を継続するだろう。

あくまでパッケージ版の再生産が問題であって、ネット上のデータのやり取りに関してはコストがほとんどかからないので、そこを無理に切ることもない。

ただ、ブランド移転前後にいったん切る可能性もあるし、ブランド移転後にダウンロードできなくなる可能性もある。

なので、ダウンロード版希望の人も、早めにダウンロードしてプレイしておこう。

アトラス自体が悪くなかっただけに、こうした形でゲーム業界に影響が及ぶのは残念です。

アトラス自体が悪くないとは言うけど、やはり原因はアトラスにある。

と、いいますと?

アトラスはゲームセンターで顔写真を撮影できる「プリント倶楽部」、通称プリクラを発売して一気に注目を集める存在になり、株式の上場も果たしたわけだが、そのプリクラを他社が真似て作られたため、自社のプリクラが売れず、どんどんとそのプリクラ自体が会社の負担になってきた。

そうなったときにしっかりと手当をしていればよかったのだが、後年まで引きずり続けた。

なので、この初期に処理をしなければいけないときにしなかった歴代の経営者の問題が第一にある。

創業者と、その後の社長が問題だったというわけですね。

その後、タカラの傘下に入り、さらにインデックスの傘下に入った。

インデックスの傘下に入ってようやく業務用ゲーム事業から撤退をするに至った。この点を考えると、インデックスの傘下に入ったからこそ、ここ最近のアトラスの好調があるとも考えられる。

それまでは決断もできない駄目な会社の筆頭だったから。

直近だけ見て、アトラスは良い会社だ、というのは簡単なんだけど、それ以前のダメっぷりもまた、しっかりと把握しないといけない。

駄目な会社だったからこそ、インデックスなんかの傘下になったわけだし。

なんかの、って・・・。

今で言うなら、グリーの傘下に入るくらい恥ずかしいことと言えばわかるだろ。

ノーコメントでお願いします。

今後、アトラスブランドがどうなるのかは情報待ちをするしかないが、ファンも多いゲームを抱えているだけに、良い形で収まればよいのだが。

多くのゲームユーザーが望む所ですね。

それにしても、2008年のアトラスの株主総会の株主の発言がまさにその通りの結果になったよな。

次の発言ですね。落合さんとは、インデックスの創業者である落合さんのことを指します。夫婦として経営に携わっていました。

『落合さん、これはずしてもらった方が一番良いのでは。これが一番の株価対策だと思いますがね。みんな、個人投資家の意見はそういう風に見ていますが。』(『アトラスの株主総会2008年』より)

まさに、その通り、という発言だ。

経営者の資質が無い人が経営者になると下が大いに苦しむという、典型的な例ですな。

そんなわけで、グリーの今後を楽しみにしつつ、アトラスの今後の話を終えたいと思う。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:モンスターハンター4のダウンロード版の発売日決定、メモリーカードの買い直しも必要?
1つ新しい話題:DQ10、バージョンアップ1.5以降のプレイ状況

『インデックス上場廃止後のアトラスの今後はどうなるのか』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/4184

『インデックス上場廃止後のアトラスの今後はどうなるのか』へのコメント

ドラゴンズクラウンは古き良きハクスラ系ベルトアクションで面白いですね
ちゃんと据え置きのPS3でも発売して正解だったと思いますよ

似たような経緯をもち
何故か3DSで発売した同じベルトアクションで新規IPのコードオブプリンセスなんかは初週1.7万累計2万本で大失敗してましたし
正直あの時は何考えてんだと思いましたねゲーマー向きのタイトルを何故携帯機それも3DSなんかにだして失敗してんだと

アトラスのソフトは同じくゲーマー向きの作品ばかりだし
今後のこれらのソフトブランドがどうなるか知りませんけど
コードオブプリンセスみたいな悲劇が起こらないような感じの所に拾ってもらえることを祈るばかりですね

まあコープリは個人的にはガーヒーほど満足できる作品ではなかったのも残念だったのですが・・・

投稿者 : 匿名

「メガテン」「ペルソナ」「世界樹」と、その制作スタッフが安心してゲームを作れる形にして欲しいな。

投稿者 : 匿名

そういえば、ハドソンもコナミが吸収合併してブランドは残ったけど、
マリオパーティーの開発に関わっていたスタッフは任天堂の子会社に移ったりしましたね。
アトラスはインデックスに吸収された時、主だったスタッフが引き抜かれたって言う話は聞いてないから大丈夫と思うけど、
仮にSCEに吸収されたら「世界樹」のブランドと開発スタッフが任天堂に合流しそう。
だからと言って任天堂に吸収、又は子会社化というのも面白くないですけど。

投稿者 : 匿名

ドラクラは微妙だなー
・乱戦だとワケわからなくなる
・キャラ、ステージが少ない
追加で後者追加してくれねーベカ?

投稿者 : 匿名

何にしても、平和な形での解決を望みます。
面白みの無いコメントですみません。

投稿者 : Hachi

ソニーが買ってファーストとして
PS4とVitaに独占供給するという
話はさすがにでないですね

投稿者 : 匿名

もしかしたら、そのグリーに買われるかもしれませんよ
ソーシャルなら何でも売れるブームが去って
ソフトコンテンツの良し悪しの重要性認識しただろうから
まとめては買わないだろうけど、バラ売りになったら買うだけの資産はあるでしょう

投稿者 : 匿名

上が阿呆だと現場や開発が苦労するのは、どこも一緒か

投稿者 : 匿名

変なとこに拾われたら今度こそブランド自体が消滅しかねない

投稿者 : 匿名

なんかセガサミーHDがアトラス買収に名乗りを上げたようだけど
両社のためにもやめておいた方が…

投稿者 : 匿名

なんにせよ開発者流出前に買収が決まって欲しいと切に願う。

投稿者 : 匿名

なんかサラ金業者がインデックス買収に名乗りを上げているみたいで
もし決まったら本格的にアトラス終了かも

投稿者 : 匿名