Wiiの今後のソフトラインナップの貧弱さはガラパゴスJAPAN固有の問題

2012年5月17日:Wiiの今後のソフトラインナップの貧弱さはガラパゴスJAPAN固有の問題
投稿がありましたので紹介します。

『任天堂公式サイトに掲載されている発売カレンダーを見るとWiiは5月0本、6月1本、7月1本となっています。これは任天堂及び各メーカーがWii Uに注力しているのでもうWiiでは開発しない方針になっていると思っていいのでしょうか?まだ現行据え置き機なのに...。』(投稿:モモ)
現在予定しているタイトルは6月28日「零 眞紅の蝶」、7月予定「JUST DANCE Wii 2」ですね。任天堂オフィシャル以外での情報としては8月2日「ドラゴンクエスト10」があります。『Wiiゲームソフト発売日一覧』でも今後の予定を確認することが可能です。
零 眞紅の蝶

発売日:2012年6月28日
価格:6800円

画像等クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン (Wii USBメモリー16GB同梱版)

発売日:2012年8月2日
価格:8980円

USBメモリ同梱版」「通常版

画像等クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

ここまで極端なソフトリリース不足はあまりいままでのゲーム機でもないですよね?
でも、終末期になってギャルゲーのオンパレードになるよりかはいいんじゃない?ドリームキャストとかのようにさ。
そうしたソフトがないから、ここまで極端にソフトが無いように感じるのでしょうか?
それもあるだろう。あとは現世代機という考え方をどうとらえるのか、とか、もちろん今後発売されるWiiU(ウィーユー)との兼ね合いも絡むだろう。ただ、それ以前に日本として、日本メーカーの事情が大きく作用している点も挙げられる。
日本メーカーの事情ですか?
日本では先に述べたように今後のソフトラインナップは貧弱だけど、北米などでは普通にソフトが出ているんだよね。それが満足いく本数かどうかはわからないけど、少なくとも日本ほど極端にソフトが出ないという状況には陥っていない。では、なぜ日本だけこのような状態になっているか。
それが日本メーカーの事情ですか?
日本メーカーは安易な方に走ってしまう傾向があり。Wiiの市場ボリュームは魅力的であるにもかかわらず、そこにソフトを出すための制作能力が無いし、能力を鍛えるだけの努力と資金を使ってこない。なので、結果として安易に今までの流れでソフト作成が出来るPS3やPSP、ニンテンドーDSに走り、Wiiのように独創的なコントローラーを使う機種へのソフト制作がほとんど行われずに来てしまった。
ですが、一時期、ソフトは出ていましたよね。ここにきてのソフトが無い状態というのは異常にも思えますが?
そのソフトの販売数があまり良くなかったというのが一つの理由として挙げられる。しかし、1回のチャレンジであっさり引いてしまっていいのか、と。本来であれば、そこで得た失敗を元に改良し、さらに良い物を作ってソフトを出すことで、受け入れられるソフトが出てくるのだが、それを行わなかった。この辺りはメーカーが堅実に利益を出すために回避したという見方も出来るし、逆に言うと巨大な市場が目の前にありながらミニマムな市場に注力してしまった間違いとも言える。
チャレンジ精神が途切れた、というわけですね。
任天堂は自社で本体を開発しているため、他所のメーカーと比べて先駆けて本体の性能を引き出すソフトが出せるのだが、他のメーカーは後から聞いた仕様を元に作っていく必要がある。そうなると、当然任天堂のように初期から有力タイトルが作れるわけではない。なので、何回か試してようやく売れるソフトが作れるのだが。さすがに1回だけで成功を目指すのはどだい無理な話だ。
本体普及台数を考えるとなんだかもったいない話ですね。
リーマンショックやその後の不景気も重なったというのもあるけどね。これにより、どの会社も慎重姿勢を取らざるを得なくなった。なので、Wiiで挑戦的なソフトを作るよりかは既存の流れで作れる機種に集中したと。もちろん、任天堂のサポートが良くなかったという側面もあるだろう。これは任天堂自身も認めていることだ。
そうなりますと、もうソフトのリリースはほとんどないとみるべきでしょうか。
無いだろうね。ただ、そんなに新作ソフトが出るべきか、という疑問もある。
新作ソフトが無いと困るじゃないですか...。
今まで出てきたソフトで十分遊べるじゃん。先日発表された週間ソフト販売本数で、今でも20位以内に3本もソフトが入っているし。新作ソフトが無くても買うソフトが存在している。それにより、本体もまだぼちぼちではあるが売れている。これはこれで悪くないのでは。もちろん、盛り上がって新作ソフトがバンバン出るという状況であるのがさらに良いけどね。ベストではないが、ベターでは。
2012年5月7日から5月13日のソフト週間販売本数ランキングでは「マリオパーティ9」「Wiiスポーツ リゾート」「Wiiパーティ」がランクインしています。他、ニンテンドー3DSソフトが9本、ニンテンドーDSソフトが1本と、任天堂プラットフォームの勢いが窺えます。
まあ、それも日本だけの問題だったりするので、これはこれでガラパゴスではあるが。
Wiiのソフトが出ない状態もガラパゴスであれば、ニンテンドー3DSなどの売れ行きもガラパゴスなんですね。
北米ではニンテンドー3DSはまだまだ厳しいしね。たぶん、今年の年末商戦まで行かないと本格的な復活はないだろう。そうした中、少しでも盛り上がる材料がE3 2012で出ることを期待するよ。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:デ・ジ・キャラットの作者こげどんぼ氏の結婚コミックエッセイ
1つ新しい話題:アニプレックス商品がamazon.co.jpで一部取扱い中止に、偽装予約に絡む問題か!?

『Wiiの今後のソフトラインナップの貧弱さはガラパゴスJAPAN固有の問題』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/3770

『Wiiの今後のソフトラインナップの貧弱さはガラパゴスJAPAN固有の問題』へのコメント

ドリームキャストはシューティングゲームがあった。
ギャルゲーのオンパレードだったらセガサターンの方

投稿者 : 匿名

多くのメーカーがWiiでも頑張ってそれなりの良ゲー出してましたよ?
ただそのことごとくが悲惨な結果に終わっただけで・・・

投稿者 : 匿名

Wiiはソフト少ないとかのレベルじゃなくてサード0だからね(日本では)。ここまで露骨になったのは初めてのパターンだと思う。まあ数百本ソフトはでてるから新作新作いってないでそれやれというのは一理あるか。新作が月に複数本でるのがもちろん理想だけど。

ギャルゲーでもでないよりはでたほうがいいんじゃない?それはそれで末期だけど。

投稿者 : 匿名

Wiiで開発のノウハウ掴んでおかないと
WiiUでもロクなの作れずに撤退しちゃうんじゃない?

投稿者 : 匿名

地デジ対応でTVが変わってしまってるのにSD機ってのが時代遅れじゃない?

投稿者 : 匿名

ホント論評すらクソになったな。
任天堂びいきの発想しかできないのかよ。
さっさと株で損して消えてください。

投稿者 : 匿名

ゴーバケのようなゲームを真面目に作って真面目に売ろうする和サードが
バンナム1社だけではどうしようもないでしょうね
2週前に27万本まで行ってましたが、他社は何とも思ってないでしょう

WiiUも仮にファミリー市場に普及したとしても
ファミリー向けに真面目に作って真面目に売るようなタイトルは
任天堂とバンナムと海外サードからしか出ないんじゃないですか
何というか、別次元の市場のように思ってますから、和サードは

投稿者 : 匿名

>Wiiの市場ボリュームは魅力的であるにもかかわらず、そこにソフトを出すための制作能力が無いし、能力を鍛えるだけの努力と資金を使ってこない

セガは、全力で国内にソフトを出したが爆死したのは無視?
朧村正とかも、あれだけしか売れないんじゃソフトメーカーも逃げるよ。

>1回のチャレンジであっさり引いてしまっていいのか

大手メーカーなら体力あって出せるけど、中規模のメーカーなら、死活問題でしょ。
気軽に言わないでください。

投稿者 : 匿名

うわー痛い記事…
態度が真逆で面白いっちゃ面白いけど

投稿者 : 匿名

目の前に巨大な市場があって、それを無視して他にいくのならそれはそれでいいんじゃないかなぁ?出す方にも選択肢はあるんだし。

ただ、小金を稼ぐだけでいいメーカーとそうでないメーカーあるけど国内の場合はそうでないメーカーでさえ目先の小金しか見てないから、これから先が不安だなぁとは思うけど。

あと、セガは出したけど爆死したと言っている人が居るけど、ハードの特性もユーザーの性質も理解しないで出すのは全力で出したとは言わないし、ただただ無能だなぁとしか言いようが無いよ。何でも良いから出せば良いと言うのはファミコン時代の話。ハードにあったソフトを出さなければ意味が無いし、PSで売れるソフトをそのまま出すのは論外。

そのハードで売れるものを出すと言うのが注力であってPSで売れるものとWiiで売れるものが違うことすら考えないでソフトを開発すると言うのはどうかと。(まぁ、作る実力が無いと言ってしまえばそれまでだけど。)

ファミリーカーを買う層にスポーツタイプの車をいくら売り込もうとしても駄目なんだと言うことをそろそろ和サードは勉強すべきだよ。

投稿者 : 匿名

据え置き自体、下火だからこんなもんでしょう。
どれが出てきても余り変わり無いと思うが、今のWiiは酷いね

投稿者 : 匿名

世界マーケットシェア2011
PS3 35.69%  360 34.22%  Wii 30.08%

世界マーケットシェア2012
PS3 43.50%  360 32.56%   Wii 23.93%

日本だけの話ならこんな有り様になってませんよ
世界的にWiiはもう駄目です

まあ、流石に日本みたいに全サードがWiiで新作を1作も出さないという
現行機種で前例のないほどの完全に死んだ市場になるのはもう少し先でしょうけど
それも時間の問題です

WiiUをさっさと出して
かつての主流ハード並みの大成功をしなければ
任天堂はハード事業を撤退しなければいけない状況になるんじゃないんですか?

国内でも微妙な上に
主戦場である海外では相変わらず携帯機は全く駄目というありさまなんですし

投稿者 : 匿名

>投稿者 匿名 : 2012年5月17日 21:30

それ
要するにサードはwiiでゲームを出すなって事だよね?(実際、そうなってるけど)
今更、知育系を作ってもしょうがないし・・・
まさかサードのタイトルに「マリオ」の一文字を付ける訳にもいかないし・・・

投稿者 : 匿名

そもそもファミリー向け、大衆向けのゲームを作ることのできるサード自体が、PS2、GC、XBOX時代に激減したことが大きいと思います。
多くのサードが、開発体制を柔軟に変更して対応する能力を持っていなかったことも大きいかと。
変化に弱い日本の社会構造そのもののようにも思えます。

投稿者 : 匿名

>ハードの特性もユーザーの性質も理解しないで出すのは全力で出したとは言わないし

「性質も理解してないから全力じゃない」って、酷いね。
マラソン選手に「結果が出てないから全力じゃない」と一緒。

まぁユーザーの性質を理解したから、どこも出さなくなったんだけど。

スポーツタイプの車を売りたいのに、
無理してファミリーカーを作らなくても、スポーツタイプの車が売れる場所があれば、そこで売るしね。


ちなみに言っておくけど、wiiのセガゲーって売れてるんだよ。
国内だけ爆死してる。
ガラパゴスっつーか、無難な続編作品しか買ってない人が多すぎ。

投稿者 : 匿名

投稿者 匿名 : 2012年5月18日 01:01

いやぁ…
そういうのは既にSFC時代の後半の時点でほとんど無くなってたでしょ
その手のジャンルでは任天堂が強すぎて他はどんどん淘汰されていったし
まさに海外アニメ業界でのディズニーみたいなもん

それに最近までハドソンがその手のジャンルで頑張っていたけど
それも遂に潰れてしまったしね

仮に全部のサードがファミリー向け、大衆向けのゲームをメインに作ってたとしても
流行になってないものはどんなものであれ爆死するだけだよ
成功するのは0.1%以下で,99.9%が失敗するジャンルだからね
もしそんな事してたら今より遥かにサードの数が少なくなってた所だよ

そもそも海外のサードだってファミリー向け、大衆向けに尽力してたわけじゃないしねぇ…

投稿者 : 匿名

的外れな記事ばかり書いてたのはわかってましたけど今回ばかりは酷い
ギャルゲーをソフトとし見ていない、Wiiでソフトが売れない理由がメーカーや開発者のせい、個人の見解としてもバカな発想、もうお気に入りから削除しました、もう見ることは無いでしょう
私と同じことを考えた人も多いでしょう、順調に閲覧数を減らして下さいね

投稿者 : なら木の剣

セガはマリソニで滅茶苦茶儲けてますよ
国内よりソニック人気が高い海外ではセガ発売ですから

投稿者 : MMB.

サードが100%悪い、任天堂が100%悪いみたいな単純な話じゃなくてどっちも悪いというかかみ合わなかったから今の結果になったんだと思う。

上のたとえで言うとスポーツカーを売れる市場が作れなかった任天堂も問題あるし、ファミリーカー作ればそこそこいけそうな時期に作らなかった、作れなかったサードも有能とはいえない。

投稿者 : 匿名

投稿者 匿名 : 2012年5月17日 18:48
投稿者 なら木の剣 : 2012年5月18日 06:58


そりゃあ多分あれだよ

3DSが値下げした辺りから
実はまこなこはリアル先輩に脅されて記事を書き続けてるとかそういう設定なんだよ

きっとそうに違いない・・・・

投稿者 : 匿名

Wiiで一番残念だったのはセガですねー
既にゲーセンで体感系ゲームのノウハウがあったのに
それをまったく活かす気が無かったのが、ね
せっかく互換基盤があったんだから、Wiiとゲーセンで同時展開するような
マルチタイトルを出してみるのも面白かったと思うんですが
失敗以前に一度も試さずに終わってしまったというのが、もうね・・・

そりゃマリソニは売れたけど、あれほとんどマリオとオリンピックの力だからね

投稿者 : 匿名

Wiiの現状を前代未聞みたいに言っている人がいるが、正直GCよりマシだと思う。あれは本当に酷かった。まぁWiiが酷いのも間違いないが。
個人的にはメーカーよりも、ユーザーの保守的体質が原因の気もする。

投稿者 : 匿名

確かに64とGCはもっと酷かったね。
ps2に完全に食われてて忘れ去られてたし。
それに比べたらwiiは成功した部類だろう。

投稿者 : 匿名

でも
GCの方が真面目に売ろうとしてたよね

出来のよいソフトもPS2より多かったし

投稿者 : 匿名

ソニーに事実確認のメールしときました。

投稿者 : 匿名

そもそも海外の販売リストすらソースに出さずに普通に出てる、とかないわー
海外でも全然出てねーよ

投稿者 : 匿名

あのコントローラーを使った斬新なゲームって、皆やりたいの?

俺は、昔ながらのビデオゲームがやりたい。
国内で販売しても、wiiだと売れないから撤退してる分けでしょ?
それならユーザーは、PS3や箱を選ぶ。
(任天堂のゲームがやりたきゃ別だけど)

北米は、国内と比べて昔ながらのビデオゲームが出て売れてるから、発売されてるんじゃない?
それとも、北米で発売されてるソフトって、独創的なコントローラーを使ったゲームなんですかね?

アーケードでの、体感ゲームって
熱しやすく冷めやすいんだよね。
それなのに、今までのユーザーを捨てて体感ゲーを作る事こそ、安易な方に走ってるとも言えるよ。

投稿者 : 匿名

>そもそも海外の販売リストすらソースに出さずに普通に出てる、とかないわー
>投稿者 匿名 : 2012年5月19日 18:38

まさに
ソースも無いくせに「海外では売れている」とか言って
あたかも売れてるように印象操作をすることこそが

本当のステルスマーケティングっていうんだよな・・・

投稿者 : 匿名

まあ、アメリカで今年発売された&今後発売予定のWiiのゲームは今のところ13本
これでは海外でもWiiは、おしまいでしょう
ちなみに去年は67本です
とても十分な数とはいえませんね
ソースはWikipediaのList of Wii gamesです

投稿者 : 匿名

この記事の何をソニーに対して事実確認するんだろう。迷惑だから止めとけって。

投稿者 : 匿名

任天堂のゲームしか売れない市場だからしょうがない

投稿者 : 匿名

サードメーカーにとって当初魅力的に映ったWii市場も、実はぜんぜん魅力的じゃなかった。他にもっと魅力的な市場が存在し、そこで商売しようと判断した。ただそれだけなのに、なぜサードメーカーに能力が無いって結論になるんだろう?Wii向けにソフトを出さなければいけない理由があるの?

投稿者 : 匿名

知り合いの外人はコアゲーマーだけど、JUST DANCEで踊るのとか見ると、日本人はゲーマーもガラパゴスというか、カジュアルなゲームだからとバカにする人が声高に叫びまくってる時点でなんか哀れ。

投稿者 : 匿名

まあ全く売れないVitaより勢いはなくなったもののバカ売れしたWiiの方が歴史には残るよな

投稿者 : 匿名

さすがのVitaもバーチャルボーイ先輩には、負けますよ。

投稿者 : 匿名

3本ランクインってwiiパとwiiリゾートは本体無料同梱だろ

そんな初歩的なことも知らんでよく語れるね

新作がないハードは死ぬだけだよ

投稿者 : 匿名