となりのトトロ、火垂るの墓、名作2作がいよいよブルーレイ化

2012年4月22日:となりのトトロ、火垂るの墓、名作2作がいよいよブルーレイ化
スタジオジブリのブルーレイ化として以前からいくつも発売されているけど、いよいよ一番人気とも言える作品が発売されるようだね。
「となりのトトロ」ですね。7月18日に発売されます。
もう1本、「火垂るの墓」も同時発売されるようです。
そうですね。しかも、今回は2本を一つのパッケージにしたバージョンも発売されます。こちらも注目です。
どうですか、この2本は?
「となりのトトロ」とか、見たことないし。
一番人気ではないかと言っているそばから...。
昔は「風の谷のナウシカ」や「天空の城ラピュタ」といった、冒険活劇とでもいうか、そういったものの方に興味が強かったから。なので、それ以外に関してはあまり興味もなかったため、これも見ていなかった。しかし、ここ最近、スタジオジブリのブルーレイ化もあり、一通り見ておこうかと思い、それ以外の作品もチェックしており。で、今回、ブルーレイ化されるので、初めて見てみようかと思うわけだ。
珍しく前向きなお話で。
「火垂るの墓」はどうですか?
一番見たくない作品ですな。
また、失礼なことを...。
これ、幼少の時にテレビか何かで見たことあるんだけど、ある程度年齢が経過した今見ると、いろいろと考えさせられることが多く出てくる。そうすると、見るだけで精神的にいろいろと辛いと思うんだよね。
題材が戦争期ですから。
なので、精神的なダメージを考えると、スタジオジブリ作品の中では一番見たくない作品という表現は、あながちおかしくない。
「ゲド戦記」はどうですか?
今の話の流れでそういうことを言うんじゃないよ...。
すみません...。
一番見たくはないけど、一番見なければいけない作品と言える。こう考えると、今回は一番人気と一番見るべき作品の2つが出て、なおかつ、今までにないワンパッケージの物も発売と、いろいろと考えられた販売方法とも言えるだろう。「火垂るの墓」単品だとなかなか手にとって見るという気持ちがない人でも、セット販売によって少しでも目に触れる機会が増え、さらに何か見て考えていただけたらと。
amazon.co.jpでは「となりのトトロ」単品の方が上位に来ていますね。
まあ、普通に暮らしている分には「火垂るの墓」に興味が向かないわな。だけど、見ておいてもらいた作品ではあるので、興味がなくても一度機会を持って見ていただけたらと。
となりのトトロ」&「火垂るの墓」2本立てブルーレイ特別セット 初回限定

発売日:2012年7月18日
価格:14280円

2本セット」「となりのトトロ 単品」「火垂るの墓 単品

画像等クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

直近、直後の話題

1つ過去の話題:閃乱カグラ Burst 紅蓮の少女達が発売、PSP層を取り込みつつニンテンドー3DS
1つ新しい話題:液晶ディスプレイが故障、他にお薦めのメーカーはないのか

『となりのトトロ、火垂るの墓、名作2作がいよいよブルーレイ化』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/3749

『となりのトトロ、火垂るの墓、名作2作がいよいよブルーレイ化』へのコメント

あえて言おう「ゲド戦記」はカスであると

投稿者 : 匿名

「火垂るの墓」は、好き好んで観るもんじゃないな~。
しかし、となりのトトロを一度も観てないとは、スターウォーズといい、まこなこ氏は希少ですな・・・。

投稿者 : リベレ

この組み合わせは中々考えられてるね。
まずは火垂るの墓を見る。
そして、疲れた心をトトロで癒すと。

しかし、ジブリはもうラピュタとかカリオストロみたいな
作品は作らないのかね。
なんか最近のジブリにはワクワク感がない。

投稿者 : 匿名

値段の高さが異常な気もする

投稿者 : ヤマトトマト

いや、この2作品がセットになってるのはあくまで
『同時上映された作品だから』なのでは・・・

投稿者 : tor

価格、高っ!!

投稿者 : 匿名

しかし何でこの2本をセットにするんだ…
中和するためかな?

投稿者 : 匿名

劇場公開ん時、併映だったから

投稿者 : 匿名

未見の人はちゃんとトトロ→火垂るの墓っていう当時上映された順で観ようぜ。

投稿者 : 匿名

俺だったらトトロ単品で買うわ 火垂るいらん

投稿者 : 匿名

単品でも1枚¥7000だと!?ふざけろ

投稿者 : 匿名

何この値段w
相変わらず日本のアニメは高すぎる
海外のブルーレイなら980~1980レベル

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール