装甲騎兵ボトムズ 孤影再び、ファンは要チェックの一作

2011年2月2日:装甲騎兵ボトムズ 孤影再び、ファンは要チェックの一作
先日「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」を劇場で見てきた。
どうでしたか、出来は?
ボトムズファンや、過去にボトムズを通して見てきた人であれば、ぜひとも見てもらいたい、そんな内容となっている。
それはそれは。
どういった理由ででしょうか?
まず、ストーリーなのだが、昔OVAで発売された「赫奕たる異端」の後日談となっている。なので、シリーズを見てきた人であれば、知っているキャラクターが再び出てくるなどするので、過去を懐かしみつつ、ストーリーを堪能することができるだろう。
ふむ。
で、話の展開なのだが...。
どうなのですか?
それを言うとネタばれになるので、言わない方がよいかな、と。
......。
ただ、最初にも言ったけど、お薦め出来る内容であることは確かだ。ちゃんとボトムズしている感じ。
ちゃんとしていないボトムズってどういうものですか...。
「幻影編」の前半とか「ニュージェネレーション」とか。

ボトムズ ニュージェネレーション 装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE

発売日:2011年2月25日
価格:8190円

ブルーレイ版」「DVD版」2種類発売

画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

ボトムズ ニュージェネレーション ボトムズ ファインダー

発売日:2011年3月25日
価格:8190円

ブルーレイ版」「DVD版」2種類発売

画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

あるんですね、ちゃんとしていないものが...。
人それぞれの好みもあるだろうけどね。ボトムズ自体は主人公であるキリコの物語だと思っているので、それから外れていると、ちょっと違うかな、と思ったりする。もちろん、そうでないという捉え方をしている人であれば、許せるのかもしれないが。こうして考えると、今回の「孤影再び」は、ちゃんとボトムズしていると言える。
なるほど。
まあ、そのちゃんとしてないものも見てたり、DVD買う予定だったりするんだけどね。
スパロボのための原作チェックですね。
将来的にもスパロボに関係してくる可能性もあるので、そういう面からでも見てもよいだろう。とにもかくにも、「孤影再び」はお薦め、ってことで。その後に「幻影編」を見ると、話がつながると思う。リリースは「幻影編」が先だったこともあり、これを見ていったのだけど、本当に前半は何やっているのかよくわからなかったからね。今からチェックする人は「孤影再び」を先に見ることをお薦めするよ。
「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」は4月22日に発売予定です。amazon.co.jpでは序盤の5分間のムービーが見られるようになっています。気になる方はまずこちらをチェックしてみてはどうでしょうか。

装甲騎兵ボトムズ 孤影再び ブルーレイ版

発売日:2011年4月22日
価格:8190円

ブルーレイ版」「DVD版」2種類発売

画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

直近、直後の話題

1つ過去の話題:NGP等で中抜き排除に向かうSCEI、PS時代に発生した問題が再勃発の可能性も
1つ新しい話題:嘘がすぐにばれるバンダイナムコ、好決算で上方修正へ

『装甲騎兵ボトムズ 孤影再び、ファンは要チェックの一作』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/3284

『装甲騎兵ボトムズ 孤影再び、ファンは要チェックの一作』へのコメント

メロウリンクはわりとボトムズしてると思う

投稿者 : 匿名

「赫奕たる異端」自体がちょっとなぁ・・・

投稿者 : 匿名

ボトムズは今までの退廃とした世界観や、戦争もの特有の泥臭さが見てきた人にイメージとしてこびり付いてる感じがするから、新規の作品に抵抗感があるのは分かる気がする。

孤影は「確約たる異端」が個人的に微妙だっただけに、興味半分不安半分な感じ。

投稿者 : 匿名

ボトムズは野望のルーツが出た時点で、キリコを主人公とする物語は最高潮に達したと思える
後はどうしても蛇足気味になるかな
個人的には別の主人公で仕切り直すのは良いと思う

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール