鉄騎の最新作「重鉄騎」がXbox360のキネクト(Kinect)用ソフトとして発売、空気読まないカプコン稲船敬二の世界発言全文も

2010年9月16日:鉄騎の最新作「重鉄騎」がXbox360のキネクト(Kinect)用ソフトとして発売、空気読まないカプコン稲船敬二の世界発言全文も
東京ゲームショウ2010の基調講演で行われたXbox360の発表はどうでしたか?
いろいろと発表されたけど、まず先に伝えなければいけないのが、この「重鉄騎」というタイトルだ。
それはどういったタイトルでしょうか?
昔、Xbox用ソフトに「鉄騎というソフトが発売された。これは、ゲームに注目が集まるというよりかは、同梱された周辺機器に話題が集中している。どういった周辺機器かというと、 専用コントローラとなっていて、2本のスティックとシフトレバー、40個以上のボタンがあるなど、今まであり得ないような周辺機器であった。価格はソフト込みで19800円と高く、さほど売れてはいないのだが、一部のユーザーからは支持された。そんな作品だ。
その新作が「重鉄騎」というわけですね。
今回は専用コントローラではないものの、周辺機器の「キネクト(Kinect)」用ソフトとして発売されることが明らかになったわけだ。
「キネクト(Kinect)」も14800円しますし、今回も堪能するにはかなりの出費が必要となります。
そうしたタイトルが、今回の東京ゲームショウ2010の基調講演の中で発表されたわけだ。とりあえず、いくつか写真を紹介しよう。

ゲーム画面がものすごく不鮮明なんですけど...。
著作権に配慮して、手動で調整をしたのだよ。
単にぶれているだけじゃないですか...。
最後の写真では「STEEL BATTALION HERVY ARMOR」と書いてあるけど、これは欧米用のタイトルになると思う。日本では「重鉄騎」で販売されるかと。
なるほど。
開発はカプコンとフロムソフトウェアによって行われる。
フロムソフトウェアといえば、「アーマードコア」シリーズで有名ですね。魅力的なロボットゲームを作るということで定評があります。
「アナザーセンチュリーズエピソードR」という大変すばらしいゲームを作ったりもしましたな。
そういうことを言わないでください...。
で、タイトルなどが発表後、カプコンの常務執行役員である稲船敬二が登壇し、コメントを発表した。

なんと言ったのでしょうか?
次のような発言を行った。

『はい、えー、重鉄騎という名前です。

えー、みなさん、鉄騎っていうカプコンの名作を御存じの方多いと思うんですけど、プルルルル、プルルルル、えー帰ってきました。えーカプコンの名作はですね、プルルルル、すいません。プルルルル。プルル、いけてませんね、はい。狙っているわけじゃないですよ。』

なんですか、これは!?
しゃべっている最中に稲船敬二本人の携帯電話が鳴ったという...。
......。
気を取り直して続きを。ここからは、えー、とかの間に挟む言葉はこちらで省略している。

『鉄騎っていう名作がですね。なんと、カプコンとフロムソフトウェアが手を組んで、みなさんにお届けしたいということですね。

新しい解釈の鉄騎が生まれます。

先ほどトレイラーに出ていましたけど、時代はですね、2082年、見てですね、不思議に思った方もいると思うんですよね。2082年にしては古いぞ、と。

これはですね、もしこの世界にコンピュータが無くなれば、という設定の元、作られています。

コンピュータを担っているチップが崩壊してしまった、作られなくなった。なった場合にですね、今の生活が一変するんではないかと。その一変した中で世界の勢力図が大きく変わるんじゃないか。

今、マンハッタンに上陸するという作戦をアメリカ軍がとってます。

他国にですね、本土を征服されてそれを奪い返すという設定の元、重鉄騎はゲームが始まります。

カプコンにおけるですね、キネクト(Kinect)第一弾ということでですね、キネクト(Kinect)を使ってあの鉄騎がどう帰ってくるのか。

以前はですね、大型コントローラを使ったゲーム性でかなり注目されたゲームでありますけれども、そのコントローラがどのように進化してキネクト(Kinect)で表現されるのかというのを、注目していただきたい作品になっています。

もちろん、カプコンとしてはコアなゲーマーに向けてゲームを作っていくという。これはですね、意識しているというか、カプコンはそれしかできません。

それしかできないんなら、徹底的にやろうということで、キネクト(Kinect)であっても、こういったコアに向けたゲーム作り。コアに向けたゲーム作りを得意とするフロムソフトウェアと組むということ。

ここが大きなカプコンのチャレンジだと思っています。

やはり優秀な人たちが組んでゲームを作って優秀なゲームが作れない、というのは、コンセプトであったりマネジメントが悪いということなんで、クリエイターの力を最大限に引き出して、いいゲームを作っていきたいと思っています。

こうやってキネクト(Kinect)の可能性はたくさんあります。

その可能性をカプコンだけではなくて、たくさんのゲームクリエイターがコアな人たちに向けて、ゲームを作ってもらえると、もっともっとゲーム業界は盛り上がって、もっともっと日本のゲームは進化して世界に対抗できる、世界を越えられる、という風に思います。

日本人は負けないです。

でも、今は負けています。

がんばりましょう。本日はありがとうございました。』

相変わらずの発言ですね。
発言よりかは、携帯電話の方が問題大きいけどな。
会場の人が携帯電話を鳴らすことはありますが、まさか登壇者が鳴らすというのは稀でしょうね。
いずれにしても、「キネクト(Kinect)」で「鉄騎」の最新作「重鉄騎」が発売されるということで、注目してもらえたらと。11月20日に「キネクト(Kinect)」は発売されるので、こちらを事前に購入していただき、楽しんでもらい、その後「重鉄騎」発売まで過ごしていただくとよいのでは。
amazon.co.jpでは「キネクト(Kinect)」の予約を受け付けています。ぜひご予約ください。

キネクト(Kinect)

発売日:2010年11月20日
価格:14800円

画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

直近、直後の話題

1つ過去の話題:ガンダム無双3の発売月決定、プレイできた機体など
1つ新しい話題:モンスターハンターポータブル3rdは大賑わい、特別本体や専用バッテリー、お土産など

『鉄騎の最新作「重鉄騎」がXbox360のキネクト(Kinect)用ソフトとして発売、空気読まないカプコン稲船敬二の世界発言全文も』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/3129

『鉄騎の最新作「重鉄騎」がXbox360のキネクト(Kinect)用ソフトとして発売、空気読まないカプコン稲船敬二の世界発言全文も』へのコメント

ゲーム業界の中の話で日本人が負けてるとか括りを
大きくして、この人は何かコンプレックスでももってるんですか

投稿者 : 匿名

典型的な自己顕示欲「だけ」が強いクズですなw

投稿者 : 匿名

鉄騎の新作来るとは興味あるんだよな。

投稿者 : 匿名

新型のXBOX360の4Gの奴
700台しか売れなかった様だね・・・
これの周辺機器オプションであるキムクトは、どうなるんだろ
ハード本体売れない オプションは更に売れない、そのオプション専用のソフトとなると・・・
遅延も酷く 認識も悪い 制限も多いで壮絶な爆死しか道は無いんじゃね

投稿者 : 匿名

専コン無しだったら鉄騎の名前を使わないで欲すぃ・・・

しかし、何と言うか金ドブとしか言いようがないw

投稿者 : 匿名

と言うかPS3だろうがWiiだろうが関係なく
据置機買うこと自体なけなしの金を溝に捨ててると自覚しろよな

投稿者 : 匿名