ファイナルファンタジー13が全世界で500万本出荷をどう考えるべきか

2010年3月10日:ファイナルファンタジー13が全世界で500万本出荷をどう考えるべきか
「ファイナルファンタジー13」に関するニュースが入ってきましたね。
全世界での出荷本数が500万本を突破したということです。3月9日に欧米でも発売になりましたが、合わせて300万本を超える出荷をし、日本での約200万本と合わせて500万本突破となりました。
「ファイナルファンタジー」シリーズとしても9600万本以上の出荷本数となったようだね。
これについて、どう思いますか?
また「鉄拳6」の時のように実売じゃないからどうだこうだとか言うやつが出てくるんだろうな。
「鉄拳6」の時は実売では売れていないのでバンダイナムコのゲーム部門は大赤字だというように喧伝する人もいましたね。
今回に関しては、まずは500万本といったところだ。
まずは、ですか?
500万本という数字はもちろん大きい数字だが、やはりより多くを目指してもらわなければならない。特に、日本での出荷本数は約200万本と過去と比べて落ちてきており、また、スクウェアエニックスの社長である和田洋一も海外海外と連呼しているのだから。500万本で終わらせず、さらに海外で伸ばしてもらわないと、結局は単にブランドで売れただけとなってしまう。ブランドだけでなく、どれだけ別の要素を入れ売ったのか、ここがポイントとなるだろう。
より高いハードルを掲げて、頑張っていただきたいということですね。
Game International Ranking』を見ても、海外での人気のほどが分かるだろう。イギリスと既に発売済みの日本を除き、すべて1位になっている。
フランスは「ファイナルファンタジー13」関連が10位中5本も入っています。
今後、どれくらい数字を伸ばしていけるのかも含め、注目していけたらと思う。そして、この成功が、もしかしたら「ドラゴンクエスト9」を海外で成功させるための一つの試金石ともなるかもしれない。
いずれにしろ、日本のメーカーが海外でも活躍しているのはうれしい限りですね。
正確に言うと、任天堂以外の日本のメーカーが、となるけどな。
任天堂は別格です。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:電撃ラブプラス、抱き枕カバーやストラップ等の付録が付いて発売決定
1つ新しい話題:初音ミク プロジェクトディーヴァ2にねんどろいどぷらすの予約特典が、1作目復刻版も発売

『ファイナルファンタジー13が全世界で500万本出荷をどう考えるべきか』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/2891

『ファイナルファンタジー13が全世界で500万本出荷をどう考えるべきか』へのコメント

今回のFF13の海外の売り上げは大成功だと思います。
というのも、FF12の時の北米での初回出荷数は約150万本、
欧州での初回出荷数は約100万本でした。
このことを考えれば、FF13はFF12より約50万の増と考えられます。
日本ではFF13発売当初PS3の売り上げが400万ちょっとということで、FF12の時より売り上げも出荷数も40万ほど落としてはいますが、海外では約50万ほど出荷数を伸ばしましたし、ファミ通COMでの鳥山さんのインタビューでもおっしゃってるように、予約も海外ではFF12の時よりも好調だとのことです。
アギトやヴェルサスもありますし、中文版や韓国版も出ますので、これからも出荷数を伸ばしていくのではないでしょうか?

投稿者 : 匿名

日本だと古い人間が多く画質追求することにやたら批判する奴ばっかだけど
海外だとそういうとこも上昇志向あるから
日本よりも受け入れられやすいだろうね。

まぁストーリーや1本道はまた別問題として(笑

投稿者 : 匿名

これ以上被害者を増やしてはいけない…

投稿者 : q

中身が無い記事だなー
三流コメンテイターが言ってるような内容で吹いた

投稿者 : 匿名

FF本編とみたら少ない気が…
360でも出していて良かったな。

投稿者 : 匿名

DQ9の試金石にはならないでしょ。
日本で2大RPGとして語られてはいるものの、
ブランド抜きに考えたら全く別の方向性のゲーム
そしてその方向性の違いから、今まで海外では
FFはそれなりに受けてもDQはダメだった。

投稿者 : 匿名

海外は日本と違って返品が可能ですよね?遊んだソフトが「つまらない」でも返品可だそうです。基本的に出荷本数だけ公表しても日本と違い実際の売上げとはならないと思いますが、いつものように売上げ好調のポーズにしかみえませんね。まあ、自分の会社のゲームは売れてませんとは言えない気持ちはわかります。

投稿者 : 匿名

というか日本の数倍以上の広さのある国々が対象で、
日本以上の出荷本数が出せなかったら、
それ自体が既に完全な失敗って事でしょ……。
日本が200万出荷してたなら、海外で300万本出荷なんて出来て当たり前。
出来ない方がブランド力含めて力が足りないって事だ。

現時点で、海外のみで500万出荷できているなら褒められてしかるべきだが、
日本の1,5倍しか出荷出来てない時点でどうよって話。

スクエニは、あえて日本との合算数値を出す事で数字のマジックによる「売れてますよ感」をかもし出そうとしているだけ。
商売では良くある手法だが、姑息なやりかたでもある。


また、海外でDQは受けなかったがFFは受けていた。
そして同じFFでもFF6はダメだった。

簡単な話で、海外ではゲーマーになればなるほどグラフィック至上主義が日本以上にハビこっているという事。
従って見た目重視で選ばれる傾向がある。
(DQでも8ならまだ受けが良かったのはその為)
そして見た目がよければ、それだけで優れたゲームだと勘違いする人間も日本より多い。
ただそれだけの話。

中身まで言及している評価より、優れたグラフィック云々の換装が多いのも特徴。
日本よりもゲーマーの中身が育っていないのが海外事情。
日本では、一部グラ史上主義者を除き、逆に中身重視へと回帰しつつある。
海外でも徐々に……とは思うが。

まさに民族性の違いが浮き彫りになったわけであり、
同時に日本メーカーが、日本を代表するブランド作品において
日本よりも海外での受けがいい作品を開発・発売した事実でもある。

投稿者 : 匿名

株主対策乙といったところですかね。


任天堂は別格なのは間違いない。まことちゃん偉い。


前作より売れてるってことは、ゲーム業界にもチャイナマネーが流れたのか?

投稿者 : いちたすには

>>投稿者 Anonymous : 2010年3月11日 10:58

本当はFF13売れてないの?

投稿者 : 匿名

自分に都合の悪いデータは無視する輩が湧いてきそうだなw

投稿者 : 匿名

>Anonymous : 2010年3月11日 10:58
返品が可能と言っても内容が気に入らないから返品って場合は
メーカーの倉庫ではなく、
返品を受け付けた店舗の商品棚に梱包し直されて並べられる
つまり、不具合があった場合などを除けば、出荷してしまえば企業側の利益になるのは日本と同じ
ゲームに関わらず、アメリカの返品制度は企業が関わっておらず、
店舗側が自主的に行っているシステムだから、不具合以外は返品された品物は店舗側が引き取るんだよ

投稿者 : 匿名

12よりも出荷が多かったんだから成功と言って良いんじゃないの
返品できるのは12の時だって同じでしょ
それよりもPS3と箱での海外での割合の方が、今後の参考になるんじゃないか?

投稿者 : 匿名

あいかわらずFF13が売れて欲しくない、気に入らない人がいるようですね

FF13が売れることによって彼らに一体なんの害があるんでしょうかね?

自分の好きなハードのシェアが落ちることかな?

投稿者 : 匿名

北米では、ドラゴンクエスト9の発売元が任天堂になったそうです。
海外ではいまいち人気のないドラクエですが、任天堂のネームバリューが力となるかもしれません。
FFというよりポケモンのようなPRになるのでは。

投稿者 : 匿名

勘違いしている人多いけど、美しいグラフィックの何がいけないのか理論的に教えてほしい
中身がよくグラフィックもよい物の方が素晴らしいだろう?
日本の会社は技術力の研鑽を蔑ろにしてきたため海外の会社のグラフィックレベルを表現することが不可能なだけだ。
それを中身が大事だとかいう当たり前のことをお題目に唱えて信者もそれを信じてしまう。

ポケモンはグラフィックがリアルな美しい物か?違うだろう?それでも売れているのだよ
海外は美しいグラフィックだけで売れるような甘い市場ではない。

投稿者 : 匿名

任天堂の宮本さんが言ってましたよ。
「世界での売り上げは日本が1、米国が2、欧州も2になりました」
「日本で100万本売れるなら、世界では500万本売れるということです」
と。

つまり、日本で200万売れたFF13が、海外でたったの300万本では、非常におかしいということですね。
どう低く見積もっても、最低でも海外のみで600万、
できれば800万は出てないといけないレベルです。

投稿者 : 匿名

>投稿者 Anonymous : 2010年3月11日 11:18

海外が本当に見た目重視ならwiiやDSがあんなに売れてるわけないでしょ、市場の割合的にも日本以上の勢いで売れてるんだから。
むしろ携帯機のくせに、UMDのロード問題があるPSPなんかが支持されてる日本の方が、よっぽど内容重視してないじゃん。

海外は内容重視でも見た目重視でも、いいゲームはどっちも売れてる。
海外の方がいろんなゲームが好きな人がたくさん居るだけの話だよ。

つまり海外ではゲームという物が、日本よりもいろんなユーザーに一般的に普及しているという事、子供も大人もコアもライトもみんなが普通にゲームを楽しんでいる。
だからwiiみたいな体感系も、FFやMGSやアンチャみたいな映画系も、レースとかサッカーみたいなスポーツ系も、FPSとかGTAみたいなコア系も、マリオとかポケモンみたいなファミリー系も、満遍なくいろんなジャンルがよく売れてる。
日本では流行とかブランド作品の続編や派生以外は全然売れてないんだから、見た目重視とか内容重視以前の問題、ゲームって存在の枠が狭すぎるんだよ。

それに海外のゲーマーにとっては、ゲームといえばスポーツに近い感覚だしね。
だからFPSとかスポーツゲームとか格闘ゲームとかのネットでの対人戦が凄く盛り上がってる。
日本の一人用RPGばかりが大好きなゲーマーなんかより、よっぽどゲームという物を純粋に楽しんでいる人が多いと思うけど?

ドラクエ8とかFF7以降っていうのは、海外は等身が高いリアル路線の方が好きってだけの話だよ、
見た目といっても画質じゃ無くて好みの問題、日本で洋ゲーが売れないのと同じ事。
ポケモンとかマリオみたいにファミリー層向けなら、等身の低いデフォルメ路線でも売れるんだけど、海外でのRPGって日本でのドラクエみたいに、そこまで一般的なジャンルでは無いから。

投稿者 : 匿名

やっぱ何だかんだで野村絵の方が売れるんだな。
世界累計600~700万くらいまでは伸びてほしいところ。
戦闘やグラは日本と同様に受け入れられるだろうけど、
伸びるかどうかはストーリー次第だな。

投稿者 : 匿名

SQEX_MEMBERS_JPツイッターより
「びっくり!FF13効果か店頭からなんとソフトだけではなく、PS3本体も品切れ続出。本日店頭視察した大手スーパーターゲットも本体品切れでした。これは週末大変だ!」

日本では品切れがあんまりなかったので、日本より好評なようですね。もっと出荷数が増えるかも?

投稿者 : 匿名

>投稿者 Anonymous : 2010年3月11日 18:53
はて、アメリカのプライスプロテクションは
売れないまたは返品されたゲームに対して
メーカーが小売からの返品を受けるか
小売の店頭価格値引きを受け入れ(て差額補填する)かの
2択しかなかったと思うが

バンナムが北米で鉄拳6で30億赤字になったのも
この制度のせいだったはず

いつからアメリカの小売が不良在庫抱えて
良しとするようになったのかな?

投稿者 : 匿名

>Anonymous : 2010年3月11日 18:53
アメリカは小売側が日本と違って強くて小売からの返品の
制度もあるんじゃまかったか?

投稿者 : 匿名

それ以前に、FF/DQ/ポケモンに取って代われるJRPGが今の日本にあるのか?

投稿者 : 匿名

海外では、「PS3が売れては困る人」がFF13をなんとしても叩くという流れがないだけでしょう。

投稿者 : 匿名

>投稿者 Anonymous : 2010年3月12日 13:15
リアルグラフィックがゲームに必須でないのは、SCEですら理解できている事。
例えばグラフィックだけに20G使う位なら、グラフィックをその半分にしてでも、10G余分にゲーム内容に費やすのが筋というものなんです。
【ゲーム】ですからね、作っているの。
映像作品じゃないんですよ? わかってますか、本当に?
重視する比率を間違えている企業が非常に多い。

なぜか一部オタクはそれが理解できず、グラグラ必死に騒ぎ立てていますけどね。

>投稿者 Anonymous : 2010年3月12日 19:13
ゲームをスポーツ感覚で楽しんでいる人が多いのは日本もそうですが?
マリオ、ポケモンといったカジュアルゲーしかトリプルミリオンを超えられません。
Wiiスポや特定カジュアルゲーも同様に破竹の勢い。
一方で、通常ゲームはダブルはもちろん、普通にミリオンでも厳しい時代。
これはスポーツ感覚でライトに楽しむ人が多い事を示しています。
のめりこまないで普通に遊ぶだけの人が増えている事を示しているのです。
だから安く、そして手軽に直感的に遊べる機種の方が売れ行きが良いのですね。
ヘビーゲーマー以外、みんながそういう形で楽しんでいるんですよ。

>海外でのRPGって日本でのドラクエみたいに、そこまで一般的なジャンルではない
そのRPGが、カジュアルライクよりビジュアルメイクの方が売れ行きが良い時点でどういう事かは明白だと思いますが?
海外ゲーマーの視点、思考パターンという物がこれほど浮き彫りになる例はないでしょう。
SO4でグラフィックを叩いていたりした背景や、彼らの褒め言葉がすぐグラフィック回りに集中する事からなどでもよくわかるでしょ。

また、海外では満遍なくいろんなジャンルが【よく売れてる】という割りに、RPGは海外では一般的ではない(から売れ行きも~と続けたいような書きぶり)とか、明らかに矛盾した意見もどうにかなりませんか?

リアル路線の方が好きだからこそ、美麗なリアルグラフィックを求めがちになり、
日本の一部オタクと同じように、そこが基準の標準値になってしまっているという指摘がなされているんでしょ?
まるでそうでなければいけない、そうでないものは駄作であるかのように扱い始めるんですよ。そういう連中は。
自由度重視の人なんかも同じですけどね。何かに固執した人間はそうなりがち。

後PSP?
あれはモンハン2ndGという流行で売れただけのハードです。
1000万台突破している機種で年間50万本売り上げたソフトが一本位しかないとか、冗談みたいな去年の悪夢を忘れたんですか?
グラフィックが良いから売れたなんて勘違い、恥ずかしいから人に言っちゃダメですよ。

投稿者 : 匿名

FF13売れて欲しくないような発言が多いけど
そいつらアンチ丸出しだな(笑)

投稿者 : bob

世界各国でシリーズ最速のペースで、2010年発売の中でも最も売れているって状態のようですね
これを成功と言えないなら、もう何も成功した物が無くなるんじゃ無いですか?

投稿者 : 匿名

なんかゲームをスポーツ感覚ってのを勘違いしてる人がいるな
外人のスポーツ感覚ってのはFPSや格闘ゲームなどでバランスの取れたゲームで勝敗やスコアを競いあうために自分を磨くんだよ
やりこめば必ず結果の出るゲーム

間違ってもスポーツ、レースなどのジャンルじゃないし反射神経や体を動かすって意味じゃないよ
だからスポーツ感覚でライトってのは間違えスポーツ感覚でガチに競うのが外人に多い

日本のRPGが人気無いのも事実だね
アメリカのRPGはオブリビオンとかFable日本とはRPGの基準が違ったりする

グラに固執し過ぎなのも結構あるのも事実
メーカーも売れるならゲームシステムよりもグラに容量を消費したいしそれこそが今のゲームに必要だと思ってる


俺個人はFF13はクリアしたもののメーカーが後悔するぐらいこけて欲しいと思ってる

やっつけレベルのシステムで売れちまったら今後のFFはもっとクソになる
正直今回の13はFFらしさが皆無だった
7の時みたいなインパクトが欲しいね

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール