イナズマイレブン2がミリオン突破、レベルファイブの有能ぶりが窺える一作

2009年12月16日:イナズマイレブン2がミリオン突破、レベルファイブの有能ぶりが窺える一作
さすが私ですな。
何自画自賛しているんですか…。
レベルファイブから発売されている「イナズマイレブン2」が出荷数ミリオン突破だそうで。

■イナズマイレブン2 脅威の侵略者

発売日:2009年10月1日
価格:4980円

ファイア版」「ブリザード版」の2種類発売

※画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

凄いのはレベルファイブであって、真琴さんは関係ないじゃないですか…。
前作が発売される前の2008年8月21日『イナズマイレブン、レベルファイブ最新作のサッカーゲーム発売、これでLV5の真の実力がわかる?』の段階で、成功の可能性を示唆してただろ。そして、1作目も十分売れていたが、この2作目でしっかりと成果を出した。確かにレベルファイブはよろしかったが、私の先見の明も十分評価されるべきではないかね。
鬱陶しいですね…。
今回のような成果が出たのはどこにありますか?
やっぱり「コロコロコミック」でしょ。あと、テレビアニメ。この二つが大きい。そして、この二つの価値をしっかり把握し、うまく絡めていったことが成功の秘訣だ。こんなことは業界内の人間であれば当然知ってしかるべきものだと思うのだが、なんでいままでこうしたことをしっかりとやってのけるメーカーが乏しかったのかが疑問だ。
そういえば、なんででしょうね?
知ってはいても行動ができなかった。しかし、レベルファイブは行動した。この違いなんだろうな。動ける人間と動けない人間、どちらの人間がいる会社が成功するか、改めて言うまでもない。
以前取り上げた時にバンダイナムコゲームスの名前も出していましたね。
バンダイナムコゲームスは、こういったことすらできない会社になっているからな。図体がでかくなりすぎた弊害だ。仕方ないと言えなくもないが、情けなくなってくるよ。
そんな…。
レベルファイブは今後もオリジナルタイトルとしてスタジオジブリと組んだDS用ソフト「二ノ国」がありますし、このほかPSPで「ダンボール戦記」、DS「ファンタジーライフ」なども控えていますので、これらをどのように売っていくのか興味がありますね。
「ダンボール戦記」も主に子供向けタイトルなだけに、本気で売っていくのであれば、それこそPSPに新規ユーザーを引き込むだけのタイトルになりうる。「モンスターハンターポータブル2ndG」が中高年以降をPSPに引き込んだように、低学年を一気にPSPに呼び込むくらいの価値のあるタイトルになるかもしれない。まあ、それには「コロコロコミック」やテレビアニメの力を借りないとだめだろうけど。こう考えるとソニーコンピュータエンタテインメント側も重点タイトルとしてテレビCM枠の提供などすることも検討すべきだろう。その時放映するテレビCMは、ソニーコンピュータエンタテインメント側が用意したくだらないものでなく、ちゃんとレベルファイブ側が用意したものを流すようにしていただきたい。
くだらないCMって…。
その話はまた機会があったらで。とにもかくにも、レベルファイブと私がすごかった、と。今回はそれにとどめておこう。
私、は不要です…。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:バンダイナムコゲームスがいかにして今後落ちぶれていくかPart3 海外での失敗の可能性
1つ新しい話題:バンダイナムコゲームスがいかにして今後落ちぶれていくかPart4 利益確保のために動く経営者、その影で失うもの

『イナズマイレブン2がミリオン突破、レベルファイブの有能ぶりが窺える一作』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/2788

2010年1月8日:ゲーム業界年末商戦2009のまとめ ... 続きを読む

『イナズマイレブン2がミリオン突破、レベルファイブの有能ぶりが窺える一作』へのコメント

で、ゲームの方は面白いんですか?アニメの方は好きで観ているのですが。

投稿者 : 匿名

ゲーム作品そのものの出来がいいのはもちろんですが、
この作品がここまで売れている背景は別にあります。

先日真琴さんが別記事でおっしゃっていた、見られるアニメが無い発言。
これに反するように、キー局ではゴールデン時間帯にこのイナズマイレブンは放送されているんです。ポケモンと同じように。
(ちょうどこの記事がアップされた水曜のゴールデンタイムがテレビ東京での放送枠です)
きちんと夕方~ゴールデン時間帯のアニメが存在しているわけですね。
それも、売れるタイプの人気作品が。
さらにBSでも放送。そしてCSでも2局が放送しているので、見られる機会がかなり多いと思います。

ちなみにダンボール戦記もTVアニメ化するようですよ。
こちらはプラモデル展開もあるとか。
「月刊コロコロコミック」の全面バックアップが決まっているという話もあります。
どうやらイナズマイレブンとほぼ同様+αの展開をする模様ですね。
ということは、同様の成果が得られる可能性も高いのかもしれません。

投稿者 : 匿名

レベルファイブはこのまま女性や子供向けをターゲットにしてればいい会社になるね。
二ノ国はジブリってだけでヒットしそうだし、日本で一番有望なサードだね。
そろそろ社名をLv99に変えるべきだね。

投稿者 : めろんぱん

しかし据置機の作品が売れ無かった事からして、今後は据置機撤退は織り込み済みかもな…

投稿者 : 匿名

コロコロとアニメをうまく使ってヒットを飛ばした成功例としてまず挙げられるべきなのはポケモンであって、レベル5はその売り方を正しく踏襲したに過ぎない。レベル5が特別すばらしいことをやったかのように書くのは、もの知らずなのではないかと。

投稿者 : 匿名

まぁ確かにSCEの流すCMはクソだな。
任天堂があれだけ魅力的なCMを連発する中、キモイ顔のアップ流してるんじゃあまりにも終わってる。

投稿者 : 匿名

レベルファイブのゲームって売れてはいるんだろうけれど子供向けが多すぎてイマイチ好きになれない

投稿者 : 匿名

過去の失敗(TFLO・ローグギャラクシー・白騎士物語)
と成功でトントンな気がしないでもないような・・・
提携すると成功するけど自社ブランド一本で頑張ると空回りするといった体質なのかもしれませんね

投稿者 : 匿名

>投稿者 Anonymous : 2009年12月16日 20:09

真琴が言ってるのはバンナムみたいな糞ゲーでも売れちゃうくらい人気があるアニメが今は無いって話、バンナム製のイナズマイレブンなんか売れるわけ無いだろ。

>ゲーム作品そのものの出来がいいのはもちろんですが

この時点で話噛み合って無いんだよ。

投稿者 : 匿名

コロコロすげー。小さい頃読んでたなぁ。サイポリスがアニメにならなかったのが悲しい…


ただイナズマはテニプリ化(サッカー版ドラゴンボール)してるという話も…

投稿者 : いちたすには

>子供向けが多すぎてイマイチ好きになれない

良い大人が子供が楽しんでる物をさして
好きになれないとかいちいち騒ぐ時点で程度が知れるわ

投稿者 : 匿名

>投稿者 Anonymous : 2009年12月16日 21:24


ならなんで他の会社はやらないできないなんだろうねぇ

投稿者 : 匿名

>投稿者 Anonymous : 2009年12月17日 22:42
肩の力抜けよ
みっともないぞ

投稿者 : 匿名

>投稿者 Anonymous : 2009年12月17日 12:14

・子供はメーカーで作品を選びません。
・イナズマイレブンは子供向け。

まずこの時点で話が噛み合ってないでしょ、貴方。
人気があれば、低年齢層向けはメーカー関係なく売れますよ。
(前作が面白くなかった、などの場合を除いて)
だからペンギンも思ったよりは大分売れてたんでしょ?

この記事内では、バンナムは成果を出す為の行動などが出来ていないとおっしゃってるんです、真琴さんは。

投稿者 : 匿名

>中高年以降をPSPに引き込んだように、

中高生の間違い

・・・・・・あるとおもいます

投稿者 : 匿名

Lv5はずっと携帯機でお願いします

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール