11発売注目ソフト紹介、年末に向け注目作多数

2009年10月31日:11発売注目ソフト紹介、年末に向け注目作多数
今回は11月に発売される注目ソフトの紹介ですね。
9月と10月の分はどうなったのかね。
……。
完全に忘れていましたね…。
ったく、何をやっているのやら…。
気を取り直して、今月から再びやっていきましょう。
さっそくですが、まずは新型ゲーム機ですね。PSPの新型「PSP go」が11月1日に発売されます。既存のUMDディスクは使用不可となり、変わってダウンロード販売のみとなります。今後発売のソフトは「PSP go」に対応しているものもありますが、対応していないものもあるかもしれませんので、欲しいソフトが対応しているのかどうかもご確認ください。

■PSP go

発売日:2009年11月1日
価格:26800円

ピアノブラック」「パールホワイト」の2色発売

※画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

サブ機という形で買うといいだろう。さすがにこれのみでPSPのゲームを楽しもうとするのは冒険すぎる。
続いてソフトの方を見ていきましょうか。
「PSP go」の発売と絡み、「ペルソナ3ポータブル」が11月1日に発売されます。「ペルソナ4」のキャラクターも登場するという話もありますので、過去に「ペルソナ3」をプレイした人も注目ですね。

画像

■ペルソナ3ポータブル

発売日:2009年11月1日
価格:6279円

※画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

続いて定番サッカーゲームの最新作「ワールドサッカー ウイニングイレブン2010」がPS3とXbox360で発売されます。

画像

■ワールドサッカー ウイニングイレブン2010

発売日:2009年11月5日
価格:7980円

PS3」「Xbox360」の2機種で発売。

※画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

同じサッカー繋がりでPSP用として「J.LEAGUEプロサッカークラブをつくろう!6」が発売。今回はポータブル用となったこともあり、比較的気楽にプレイできる点で、過去のシリーズよりお薦めできそうだ。

画像

■Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!6 Pride of J

発売日:2009年11月12日
価格:6090円

予約特典「ジーコ選手が入手できるプロダクトコード」付きで予約販売受付中

※画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

マリオとソニックが同じゲームで登場するゲームの最新作「マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック」もWiiとニンテンドーDSで発売されますね。

画像

■マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック

発売日:2009年11月5日・19日
価格:5800円・4800円

Wii」「ニンテンドーDS」の2機種で発売。 機種により発売日、価格が異なる。

※画像クリックでamazon.co.jpにて予約販売・購入可能

海外でかなりのセールスを達成したソフトの続編なだけに、どれくらい売れるのか楽しみだ。冬季オリンピックが題材なので、以前ほどの盛り上がりはないだろうけどね。
旧来のゲームユーザー向けのゲームも複数発売されますね。ニンテンドーDSで「サモンナイトX」、Wiiで「ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル クリスタルベアラー」が発売です。また、ニンテンドーDSでamazon.co.jp限定販売の「Wizardry 生命の楔」もウィザードリィファンでしたらチェックしたいところです。
こんなもんかな。あとはPS3の「ラチェット&クランク フューチャー2」や、Xbox360の「レフト4デッド2」など。あと、年末年始の人が集まる時期に向けWiiの「桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻」もチェックしてもらえたらと。
如何にも歴女を狙ったタイトルですな。
Wi-Fi対戦も出来るようだし、離れた人とプレイできるのもよろしいかと。
他にも多数のゲームが発売されますので「ゲーム全般発売日一覧」でぜひチェックしてみてください。2009年11月の項目をチェックです。
アニメDVDなどはどうですか?
いろいろ発売されるものの、これといったものはないかな。いくつかあるけど、それも「アニメDVD発売日一覧」で確認してもらえたらと。
以上ですね。
ぼちぼちソフトは出るものの、今年はどちらかというと12月に偏っている傾向があるように感じる。なので、今月は自身の好きなタイトルのみピックアップする形で、あとは来月に注目するのも良いだろう。
では、来月の情報にご期待ください。
取り上げるのを忘れるなよ。
……。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:初の
1つ新しい話題:テイルズオブヴェスペリアの劇場版のグッズが転売屋によって買い占められる

『11発売注目ソフト紹介、年末に向け注目作多数』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/2730

『11発売注目ソフト紹介、年末に向け注目作多数』へのコメント

個人的には10月29日に発売した
DS版「海腹川背・旬 セカンドエディション完全版」が気になるのだがw

投稿者 : 匿名

FF乱発の第二段目、ディシディアの焼き直し版も忘れてますよ。
さらに、実は地味に忘れられたもう一つのFFがあるんです。
「ファイナルファンタジーXI ヴァナ・ディール コレクション2」
これはまたちょっと違う物なのですが、この時期にまだFFを出すのか、といいたい位ですね。

PS3でも「3Dドットゲームヒーローズ」は取り上げた方がいいかと。
こういう意欲作が注目されないようでは、PS3の先も暗いですからね。

Wiiでも、サードで売れた数少ないソフトの続編である
「太鼓の達人 Wii ドドーンと2代目!」が発売されますね。

「サクラノート ~いまにつながるみらい~」なんかも案外と注目してよいかもしれませんし、
シリーズとしての売上は奮わないですが、人気アニメであるドラゴンボールやナルトの新作も発売されますね。

萌えとかギャル、エロとかの人にとっては
戦極姫とかリトルバスターズ、そしてひぐらしが何とやらが発売される月でもありますね。

また、往年の名作「ルナ ~ハーモニー オブ シルバースター~」や、
子供たちに人気のカードゲーム、「バトルスピリッツ 輝石の覇者」も発売されます。
ロックマンエグゼも復活しますよね、そういえば。
地味にぷよぷよ7も出ますし、昔の焼き直しソフトなんかも案外多い月です。

別の意味で注目できるのは、
初なのかな? DSi専用ソフトのモンスターファインダーですか。
今後、カメラを利用したソフトというのも幾つか出てくるかもしれません。

とにかく、FF13のせいで年末商戦が12/17までで終わってしまう年になっているので、
とてもめまぐるしくもありさびしくもある年末ですね。
実際は特に11月に大集中していますよ、真琴さんの言う事とは違って。
実質12/17以降でめぼしいのはゼルダくらいですしねぇ……。

>サブ機という形で買うといいだろう
UMD一つも持ってない人がPSPプレイ用に購入するならともかく、
すでにUMDソフトを幾つか手元に持っている人がこれをサブで買うのはないでしょ。
だってアレでしょ? 持ってるUMDソフトはGo用のを無料でダウンロードして遊べるってわけじゃないんでしょ?
それならメインが壊れたときにサブではUMD使えないって事ですから。
で、そのソフトプレイする為にはGo用の有料ダウンロード費か本体修理費or再購入費がかかるんでしょ?
だったら資産が無駄になるだけですよ。サブもUMD対応機にした方が無難ですね。そっちの方が安いし。

投稿者 : 匿名

なぜどこもinFamousを取り上げないの?
SCE販売で海外では好評価たくさん貰ってるのに・・・

投稿者 : 匿名

>投稿者 Anonymous : 2009年10月31日 19:52
>PS3でも「3Dドットゲームヒーローズ」は取り上げた方がいいかと。
>こういう意欲作が注目されないようでは、PS3の先も暗いですからね。

主張を変えないのは立派ですね、いつの記事とは書かないけど。w

意欲作と言うけど、見た目はDQ、中身ゼルダのパクリソフトなんですけどね。
確かに3Dでドットをやる事と細かな技術は流石ですが、
なんで自社のブランドでもあるキングスフィールドでやらないのか。
そりゃあPS時代のソフトではあるけど「レトロな雰囲気」で言い訳だし。

レトロと言えば聞こえは良いが、単に他人の褌で相撲取ってるだけ。
レトロ=ゼルダでは無いし、ドット=DQでも無い、あ~オマージュとか?w
あれを意欲作と言われたんじゃ全てオリジナルで勝負してる所が可哀想。
(こう書くとアレは~のパクリ、コレは~のパクリとか言い出しそうだが…)
でもアレを恥ずかしげも無く発表出来る神経は、成る程、意欲的ですな。

投稿者 : 匿名

>すでにUMDソフトを幾つか手元に持っている人がこれをサブで買うのはないでしょ。
同じものをもう一つサブで買うのほうがないでしょ。据置PC持ってる人がもう一つ据置PC買うようなもんです。サブとして買うならネットブックでしょう。実際に持ってるとどれだけ無駄か実感できますよ。セーブデータを移したりとか手間のほうが大きくてもう、意味がないどころか害悪でしかない。

投稿者 : 匿名

>投稿者 Anonymous : 2009年11月01日 23:41
PS3でアレをやろうとする事がポイントなのですよ。
PSPで発売されていた勇者のくせに~のように、ね。
あえて本流に逆らって挑戦する姿勢というのはとても大事な物なのですよ。

実際PS3市場は洋ゲーライクのリアルゲーばかりになってしまう危険もありますからね。
とにかく色々なタイプの作品が出てきて、「あ、こういうのもありなんだ!」って各企業が思っていかないと、少々今後が危ういと思います。
本当に各企業が「PS3=ガチ3Dのみ」ではないと気がつかないと、今後が厳しいですよ。

本来こういう事はSCEが率先して行っていかないといけないんですけどね……。

投稿者 : 匿名

>あれを意欲作と言われたんじゃ全てオリジナルで勝負してる所が可哀想。

わかってない。わかってないよ。なんというかな。あれは「ネタ」ありきなんだ。他人の褌がどうとか、もう見当違いもはなはだしいな。問題はそこじゃないんだ。モノマネ芸人に「他人の褌」とか言わないだろ?いや、厳密にはそうなんだけど、言わないだろ?モノマネっていう別ジャンルだろ?分かるかな?この微妙なニュアンスは?

>でもアレを恥ずかしげも無く発表出来る神経は、成る程、意欲的ですな。
そんなことすら分からないのに、恥ずかしげも無く、こんな批判ができるあたり、すばらしい神経ですな。いや俺は面白かった。でもまぁこんなことを言うとふつーに恥かくだけなので、少しは慎んだほうがいいかも?

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール