Xbox360でダウンロードコンテンツが盛んなのはアジアの不正改造対策のため

2009年9月9日:Xbox360でダウンロードコンテンツが盛んなのはアジアの不正改造対策のため
Xbox360というと有料ダウンロードコンテンツというイメージが強いが、その理由を紹介してみようと思う。
Xbox360のダウンロードコンテンツはすごいものがありますね。パッケージソフトに対するダウンロードコンテンツだけでなく、ソフト丸々一本をダウンロードするものまで多種に及びます。また、その数の多さも魅力的です。
で、なぜこのようにXbox360では有料ダウンロードコンテンツが多いのか。これには理由がしっかりとある。
どういった理由でしょうか?
理由は多種に及ぶのだが、今回は、アジアでのXbox360不正改造による問題を取り上げてみる。
不正改造とは?
Xbox360を弄って、正規のソフトでないものを動かそうということだ。正規のソフトで無い、というのは何かというと、簡単に言えば不正コピー品ということ。
アジア地域での不正コピー問題はXbox360に限らず存在していますね。
無策のメーカーもあるけど、その点Xbox360に関しては一定の対応が出来る。それが有料ダウンロードコンテンツというわけだ。
どういうことでしょうか?
なんでも不正改造した本体だと、XboxLiveに接続できないようなんだよね。XboxLiveとは、言ってしまえばXbox360などで提供されているネット接続関連全般と思っていただけたら良いかと。ネット関連に接続できないため、ダウンロードコンテンツなども利用できない。つまりは、何かしらのダウンロードコンテンツで追加コンテンツなどを用意しておけば、ゲームのプレイを満足にすることが出来なくなるわけだ。
ふむ。
それでしたら、すべてのソフトに何らかのダウンロードキーを設定すれば、不正改造問題は解決するのですか?
わからん。
わからん、って…。
解決するのかもしれないし、しないのかもしれない。また、仮に解決したとしても、そうなると、ネット接続できることが大前提となってしまうため、ネット接続できない人がゲームそのものを出来なくなる恐れもあるため、そうそうやるわけにもいかないという問題もあるだろう。
そういう意味ですか。
ただ、メーカーとしてもアジアでの不正コピー問題は問題視しているのは当然で、そうした人たちにも何とかしてお金を使わせようと画策しているわけだ。となってくると、今後、有料ダウンロードコンテンツを今以上に積極的に用いることもありうるというわけですな。
「アイドルマスター」以上ということでしょうか?
いや、そういう意味でも積極性ではなく。あれは単なるぼったくりなので。そういう阿漕な商売でなく、また別の形での利用はありうるということ。
そうですか。
今回は不正コピー問題と絡めて話したけど、それ以外にも、中古ソフト対策にもなったり、ソフト全部ダウンロードであれば品切れが無くなったりと、他の利点もある。
でしたら、今後メーカーはすべてダウンロード販売すればいいわけですね。
それはさっき言ったように、ネット接続できない人がいる以上、決してできない問題だ。また、既存の小売店との兼ね合いもあるし、何よりダウンロードコンテンツだけで完結させると、販売していることすら人に知られることなく終わってしまうようなソフトも出てくるので。最近の有料ダウンロード販売の成功例として「電脳戦機バーチャロン オラトリオタングラム」があるのだが、これは有名シリーズであったために、そのファンのアンテナに引っかかったからであって、そうでないソフトであれば、それこそ存在すら知られずとなりそうで。
一部の問題解決は可能でも、それによる弊害も多いというわけですね。
もっとも、容易に改造出来てしまう本体そのものにも問題があるが。
そんな…。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:ファイナルファンタジー13の発売日と価格が決定、これでPS3は盛り返す?
1つ新しい話題:ファイナルファンタジー11の不正の歴史

『Xbox360でダウンロードコンテンツが盛んなのはアジアの不正改造対策のため』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/2659

『Xbox360でダウンロードコンテンツが盛んなのはアジアの不正改造対策のため』へのコメント

現在のDSのマジコン、PSPのカスタムファームウェアなどによるソフトの違法DLが盛んとなっている現在ダウンロード型のソフト(以下DL型ソフト)販売をメーカーが推進したいのは理解できます。しかし、このようにDL型ソフト販売は日本では根付くのでしょうか。ソニーさんは市場の先駆けとして今度PSPgoでUMDスロットを廃止しDL型ソフトの販売を強めていこうとしているようですが、中古市場が根強い日本ではゲームを買った後、クリアし売って新しいゲームや中古の安いゲームなどを買うことにより費用を下げるのが一般的だと思います。だとするとDL型ソフトの値段はその分の差額を引いて3000円位で販売するのだと思いますし、そうでなくてはDL型ソフトは日本で根付かないと思います。ですが、私の考えはあくまで一消費者としての考えでしかないのでメーカーサイドの思惑などはわかりません。
メーカーなどに詳しい貴殿はどのくらいの値段設定になると考えますか。

投稿者 : kk

>いや、そういう意味でも積極性ではなく。あれは単なるぼったくりなので。そういう阿漕な商売でなく、また別の形での利用はありうるということ。
たぶん日本語の問題だと思うんですが、意味がわかりません。

投稿者 : 匿名

PSPとDSのことかー!

投稿者 : 匿名

バレたらアカBANされるだけで接続は一応出来ますよ
オンラインモードやDLCをプレイする事は不可能では無いと思います
改造してオフで楽しめる人たちがそこまでしないでしょうけどね

投稿者 : 匿名

無策が何の事かはわかりませんが、
Wiiは、改造したものでWi-fiに繋ぐと、その本体は永久に繋げれなくなるという対策がされてますよ。
DSはDSiで対策。
PSPは、FWで対策。

という事で、どこのメーカーが無策なんでしょうか?

投稿者 : 匿名

安いPCみたいなもんだからね

投稿者 : 匿名

自己矛盾を抱えてるなXBOXはw
HDDの付いてない劣化箱がある為にHDDにインスコ前提のゲームを作ってはいけないとか。
DVDも独自仕様で容量が低いとかね。
なのにDLC前提で作るとか・・・まあ箱のDLCはアンロックばかりなんだろうけれど
HDDにしても120Gまでしかないのだっけ?
そんなのでパッケ版丸々DLとかアホかとすぐにHDDパンパンになりますね。

投稿者 : 匿名

PS3のガンダムも発売から2週間で有料ダウンロード開始ですが?
ドリームクラブの会社とは比べ物にならないほどバンナムの姿勢は凄い。

ソフト自体販売というのも、PS3でもPSストアの過去作以外でWiiウェアみたいな有料ダウンロード販売やってますよ?

DLコンテンツも、有料にするかどうかはハードメーカーではなくソフトメーカーが決める事でしょ?
ハードの不正改造を抑制するにしても、別に無料追加ダウンロードコンテンツでもいいんですからね。

投稿者 : 匿名

PS3も改造できるようになったらもっと売れると思う

投稿者 : 匿名

元々MSの場合は売る事よりも日本市場を荒らす事が目的だったしね。
ソフトが益々売れなくなっても知ったことじゃないって所でしょ。
しかしMSは韓国と協力し中国とも間接的に関係して日本を荒らしてるなw
あのHDDVDにしても技術を中国に丸々売り払って変な市場作り上げてますな
なんつーか害虫でしかないぞ…

投稿者 : 匿名

あいかわらず元気ですね。

投稿者 : 匿名

オラタンにしても成功してるとは、言いがたいんですよね実際のところは。
全世界で2万弱しか売れてませんから。
ツインスティックが無いとマトモにプレイも出来ないものなのに受注生産だけですしね。
これ以上ユーザーが増える事もなく減少していくだけですよ2万人から。
このゲーム対戦しなければカスも同然ですから人が居ない減っていくのみってのは致命的かと。

投稿者 : 匿名

愛箱無罪

投稿者 : 匿名

XBOXのDLCの値段をメーカーが決められると思っているおめでたい人がいるな・・・

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール