売上台数とは、生産出荷台数との違い

2007年12月6日:売上台数とは、生産出荷台数との違い
今日は売上台数についてです。
先日、新型PSPの売上台数が100万台突破したというニュースがありましたね。
ソニーコンピュータエンタテインメントと言えば、以前は生産出荷台数での発表をしてたよね。
生産出荷台数とは、生産している場所から倉庫などに移動した数となっています。一方、売上台数は、ソニーコンピュータエンタテインメントから販売店等に引き渡された数量となっています。
なぜ変えてきたのでしょうか?
もともとの生産出荷台数自体が無理な話であったというのがまずある。
そうですよね。
ただ、新たに発表しだした売上台数という名称は、これはすばらしいものといえなくもない。
すばらしいですか?
実は、これらの数字を表わす名称は、結構ごちゃごちゃになっていたりする。そのため、人によっては勘違いしたまま捉えてしまっている状況も多発している。
生産出荷台数と売上台数とですら、よくわかりませんよね。
まあ、その例を出すまでもなく、ソニーが混乱を招く一因であったことは事実だ。
……。
ただ、それ以外でも紛らわしいのがあり。
それは?
任天堂が出している数字。
任天堂がですか!?
基本的に、プレスリリースであったり、株主事業報告書内では、任天堂から問屋などに販売した分を販売台数や販売本数などを表わす販売実績として記入する。これは、ソニーコンピュータエンタテインメントでいうところの売上台数と同義語と思っていいだろう。わかりやすい言葉で言い表せば出荷台数や出荷本数と言えば良いのだが、なぜか任天堂は誤解を招く販売数とか販売実績などという言葉を使うんだよね。
メーカーから出ているという点は変わらないですね。
ただ、それだけの数字を出しているのであれば問題ないのだが、任天堂はよりややこしい数字を出していたりする。
それは?
発表会などで発表している数字だ。
その数字が何か?
これも販売台数として発表しているのだが、数字が異なったものとなっている。
どちらかが嘘ということですか!?
嘘ではないのだが、紛らわしい。
その数字はいったいなんなのでしょうか?
どこかしらの調査機関が出した数字だ。
日本で言いますと、有名なところはメディアクリエイトとエンターブレインですね。
これらが出している数字は、独自の調査方法によって、店頭などで一般ユーザーに売れた台数や本数を調査し、その数字に対して一定の係数をかけて算出している数字なんだ。ちなみに、海外でも同じような調査機関はあり、任天堂の発表会などではよくこれらの数字を使って発表がなされている。
見分ける手段はないのでしょうか?
調査機関が出している数字を用いている場合は、どこかしらにその旨が記載されているので、それで判断できる。たいてい、右下であったり、数字のすぐ後ろであったり。
でしたら、なんら問題ないじゃないですか。
そうなんだけど、それに気がつかずにいる人もおり、任天堂がオフィシャルで出した数字と勘違いしている人も多いのが事実。そのため、最近になってソニーコンピュータエンタテインメントが使い出した売上台数という名称が、今後メーカーが使うべき数字として最適ではないかと、こう思うわけだ。
違いがよくわかりませんが…。
販売、という言葉を一般ユーザーが見た時に、普通に想像するのは店頭で売られた、という意味になってしまうんだよね。メーカーから問屋に売られたことも販売ではあるのだけど、あまりそういった意識が働かない。逆に売上という言葉を使うと会社が使う言葉としてよく用いられることもあり、会社から出た数字という判断がつきやすい。売上高、という言葉もよくつかわれるしね。
ふむ。
メーカーで製品が作られ、問屋や販売店に売る。そしてそれを一般ユーザーが買うわけだけど、メーカーから問屋や販売店の部分を売上台数、販売店から一般ユーザーへを販売台数という形にメーカーが使い分けていくことで、言葉の意味の捉え方による勘違いを防ぐことができるのでは、と。
メーカーから問屋や販売店へは、当然メーカーが数字を把握できますので、売上台数として成り立ちますし、販売店から一般ユーザーへは、メディアクリエイトやエンターブレインのような調査機関が独自の調査で一定の数字を出せますね。
独自調査機関の話に関してはまた後日するとして、とりあえず今日は売上台数の意味は今まで他社が発表していた販売台数であったり出荷本数などと同意語であること、そして、販売台数は、小売店から一般ユーザーという意味だけでなく、メーカーから問屋や小売というものも販売台数という表現をされてしまうことを理解してもらえれば良いかと。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:鏡音リン、鏡音レン、ボーカロイド2予約開始
1つ新しい話題:機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威の特典付き予約販売開始

『売上台数とは、生産出荷台数との違い』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/1905

『売上台数とは、生産出荷台数との違い』へのコメント

小売店が一般消費者に売るのも「売上」と言いますよ。
「会社」と言ってもいろいろあるんだし、「売上」=「会社の出荷数」として見ろというのは無茶でしょ。

投稿者 : 匿名

またソニーよいしょで任天堂叩きですか。
この話題なら素直に言葉の違いだけを取り上げればいいものを、どうしていつもそうなるんでしょうかね?

真琴「ソニーのやる事は正しくて素晴らしい。任天堂がやっている事はどこかおかしくて駄目な事だ」

みたいな流れになってますよ、途中の部分。

最後の真琴さんの台詞の部分だけでいいと思いますけどね、普通に。
言葉の違いとその言葉の意味を書き記せばよかっただけの話です。
例を出すとしてもわざわざメーカー名を出す必要はありません。

投稿者 : 匿名

だいたいで良いよ

投稿者 : コモンドラゴン

>まあ、その例を出すまでもなく、ソニーが混乱を招く一因であったことは事実だ。

ソニーとしては、最初に任天堂がFC/SFCで使っていたから合わせただけなんですけどね・・・。
いつの間にかソニー起源みたいに言われていますが、嘘も繰り返せばってヤツですか?

投稿者 : 匿名

確かに間違えて捉えがちだよねぇ
もっと分かりやすい表現があればいいねぇ

…でも、売上気にする消費者も「変」ではあるけどねぇw
ユーザーにとっちゃ売れてるかどうかより「面白い」かどうかが
気になるもんなんじゃないの?
(ゆとり脳世代は違うのかな?w)

投稿者 : 正論マン

売上という言葉は通常金額に対して言うものなので、まこなこの言っている
出荷台数(本数)を使ってくれるのがありがたいと思います。
販売台数と売上台数では、いずれも第一のイメージはやはり末端消費者へ
販売した台数を想起させ、大差ないかと。

ただ出荷台数だと生産出荷台数と混同しやすいかもしれませんね。
まあ生産出荷台数は我々にはあまり意味のある数値ではないので、今後は
(任天堂やソニーからの)出荷台数と(外部調査による消費者への)販売台
数を発表してくれるとありがたいかな。

投稿者 : 匿名

混乱っていうか、サードメーカーが実際の販売台数を明白にして欲しいと
要望があったんじゃないかって思ってた。

ほら、出荷台数だけで、一千万台達成!と言われても
疑心暗鬼で、メーカーはソフト開発に踏み切れないでしょ?

しかし、いちいち任天堂に噛みつくの笑っちゃうな。

投稿者 : 匿名

そういえばデジキューブって言う会社があったね

投稿者 : 匿名

生産者は問屋に出荷した数しか把握し得ないのに
どこかの信者が勝手に実売だ何だと騒ぎ立てるから
(もちろんその会社の発表するのも実売数ではないのにw)
混乱することになったのでしょう

投稿者 : 匿名

SONYのは今年の3~4月ごろにやめて販売数に変えてきましたね。
その時明らかになったのが任天堂が生産出荷台数で報告表示していた為に対抗手段としてやってたと。
何故かSONYだけ叩かれるor叩いていく工作員が大勢居たという話ですね。

任天堂は怖いなw

投稿者 : 匿名

>…でも、売上気にする消費者も「変」ではあるけどねぇw

売上次第で続編出るかどうか決まると思いますが。
気にした所でどうなるもんでも無いですけどね。

投稿者 : 匿名

この記事でソニー叩きや任天堂叩きと感じる方は、見えない敵とでも戦っている方でしょうか?

投稿者 : 匿名

PS3の100万台達成の発表
1月16日の時点で、生産出荷台数が100万台を達成(ただしソースはソニー)
7月15日の時点で、国内販売数は約101万台(エンターブレイン調査)

ソニーの生産出荷台数は、工場から出た数をカウントして倉庫に入ってたが、ソニーの売り上げ台数=他社の販売台数に相当する。
変わったのは言葉だけで、倉庫型ショップとかに販売するから何も変わらないよ。
言葉を意図的に変えてるのはソニーの流通に問屋が無いから?

投稿者 : めろんぱん

批判だけしたいように見えるぞ?
よいしょも叩きもいらねぇから淡々とアレが出ますはいそうですねでいいんじゃね?
まぁ、そんなんだったら誰も見なくなるがなw

投稿者 : りーぜ

任天堂はFC時代からやってたのかもね。
あそこは嘘で塗り固められてるところ。
子供向け 老人向けにシフトしてるのだから、そろそろクリーンになってほしいですね。

投稿者 : 匿名

まぁ任天堂の出してる情報は韓国や中国の出してる情報と変わりないって事ですね。

投稿者 : 匿名

ゴミ痛  メディクリ メディ→ゴミ
DSL 126000  124591 ほぼ同数
PSP 78000   74626  5%増
PS2 15000   13703  10%増
PS3 41000   37092  10%増
Wii 71000   74764   5%減
360 5200    6632   22%減

誤差ありすぎだろ・・・

投稿者 : 匿名

>投稿者 Anonymous : 2007年12月09日 10:02

統計学的な手法で数をともめてるんだから
量が少ない物は誤差が多くなりがちだわな

まさか本気で日本全国津々浦々の零細店を含めて
一台一台馬鹿正直にカウントしてるとでも思ってたのか

これが噂のゆとり世代か
ゲームばかりじゃなくて真面目にお勉強しなくちゃ駄目ですよ。

投稿者 : 匿名

株主やマーケットが知りたいのは問屋に出した数だし
→メーカーとしての売上
ユーザーが知りたいのは店での実売だから
→購入者の数

数字が二つあるのはある程度はしょうがないんですよね。
普通に暮らす分にはどっちもいらない数字なはずですけどね(苦笑)

投稿者 : 匿名

>投稿者 Anonymous : 2007年12月09日 00:12

想像だけで叩けるなんてすばらしい人ですね。

PS3が売れないのは任天堂のせいじゃないですよw

投稿者 : 匿名

>まぁ任天堂の出してる情報は韓国や中国の出してる情報と変わりないって事ですね。

訂正:
×任天堂の出してる
○ソニーの出してる ね。

投稿者 : あs

訂正:
×ソニーの出してる
○任天堂の出してる ね。

投稿者 : 匿名

>「売上」=「会社の出荷数」として見ろというのは無茶でしょ。

いやそれが普通だよ

投稿者 : 匿名

まぁ、なんにしても今は任天堂だけしかやってないのだから
悪い事はやめて、まともな企業になって欲しいですね。

投稿者 : 匿名

>投稿者 Anonymous : 2007年12月06日 15:54
>「売上」=「会社の出荷数」として見ろというのは無茶でしょ。

無茶でもなんでもない。
商売で物を売ればそれを「売上」という。
業種によって呼び分けろという方がどうかしている。
メーカーがはっきりできる数字はメーカー自身からの出荷数。
すなわち売上。
メーカーに対して本気で日本全国津々浦々の零細店を含めて
一台一台馬鹿正直にカウントしろみたいな事を言う方がどうかしているし、
任天堂の販売数というのは流通まで初心会で握ってた頃からの悪癖に過ぎん。

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール