世界樹の迷宮2 諸王の聖杯に再び古代祐三のオリジナルサントラCDが予約特典として付いてくる

2007年12月28日:世界樹の迷宮2 諸王の聖杯に再び古代祐三のオリジナルサントラCDが予約特典として付いてくる
「世界樹の迷宮2 諸王の聖杯」の予約受付がamazon.co.jpにて開始されましたね。今回も予約特典が付いてきます。
予約特典は「世界樹の迷宮」の1作目の時と同じく、古代祐三さんのオリジナルサントラCDが付きます。前作では、この予約特典目当てに多くの人が予約されたかと思いますので、今回も要チェックです。ぜひ、買い逃しがないようにしましょうね。

■世界樹の迷宮2 諸王の聖杯

発売日:2008年2月21日
価格:5229円

予約特典「オリジナルサントラCD 古代祐三 世界樹の迷宮II ピアノスケッチver.」付きで予約受付中。

※画像クリックでamazon.co.jpにて予約・購入可能

前回はこの予約特典目当てでかなりの人が右往左往したらしいからな。
前作に関しては2007年2月5日『古代祐三が手がけた「世界樹の迷宮」のオリジナルサウンドトラックが発売』でも紹介しましたね。
古代祐三さんと言いますと、「イース」「イース2」「ソーサリアン」などの楽曲を担当していた他、フリーになってからもさまざまなゲームに曲を提供している方です。もう旧来のゲームユーザーとしては手に入れるのが必然と言えるかもしれません。
逆に、ゲーム本編はどうでもいい、って人も増えそうだが…。
そんな…。
ですが、前作は予約特典が終了した後も、かなりのセールスを達成したようですよ。
あとは、そうして実際にプレイしたユーザーが今作も買いたいと思わせるほどのゲーム内容になっていたかですな。
それはもちろん、多くの人が楽しんだと思いますよ。
どこでも気軽にプレイ出来るニンテンドーDS用ソフトだし、口コミで前作のユーザーが好印象の評価をネット上などで広めれば、前作以上に売れるかもな。
そうですよ。
まあ、今回の予約特典は前作より多めに用意されると思うけど、前作のように手に入れたくても手に入れにくい状況になることも予想されるため、確実に予約特典を手に入れたい人は予約をしておくと良いかと。
了解です。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:「まこなこ2007年冬」コミックマーケット73で頒布
1つ新しい話題:まこなこのアクセス状況

『世界樹の迷宮2 諸王の聖杯に再び古代祐三のオリジナルサントラCDが予約特典として付いてくる』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/1926

『世界樹の迷宮2 諸王の聖杯に再び古代祐三のオリジナルサントラCDが予約特典として付いてくる』へのコメント

これが所謂「予約商法」ですね。
最近はこういうのが多くて萎えます。
こうでもしないと「新品」が売れないんでしょうね、どうせ。

投稿者 : 匿名

>こうでもしないと「新品」が売れないんでしょうね、どうせ。

任天堂が不正ソフト対策しないから仕方ないですね
つーか買いたい人のために特典つけてるのに買いもしない人が文句言うのが不思議でならないです

投稿者 : 匿名

古代さんね。彼の曲は昔ずいぶん聞きましたよ。

FM3音+PSG3音やFM6音+ADPCM1音、
こうした限られた土俵の上では、
国内最高峰のGMコンポーザーの一人だと思う。

しかし音源の表現力が上がってしまえば、
そうした技術等の重要性は低下しちゃうよね。
その結果、彼の市場価値は相対的に低下して、
今では普通の作曲家の一人になってしまってる。

芸術家に多い傾向だけど、市場(お客)のニーズに
答えていない部分もあるよね。彼自身が。

代表作がYSやSorなら、そういうゲームの経験者が
PlayしそうなGMを作曲すれば、
ゲームやCD双方の売上が見込める。

今回のゲームってそういうゲームなの?

昔から独立志向の強い人だったようで、
それ自体は悪くないけど、
もう一度ファルコムと組んで仕事をしてみては?
双方にメリットのある話だと思うのよね。

F社の仕事を何本かすれば、もっと大きな仕事も
来るようになると思う。F社のゲームは店頭でデモってるからね。

音楽家は、一人でも沢山の人に曲を聴いてもらうのが仕事。
独立していても、マイナーなゲームばかり
曲を提供していては、これ以上の飛躍は期待できない。

昔のFanとして、少々厳しいことを書かせていただきました。

投稿者 : 匿名

前作が面白かったので、本作にも期待している。
もちろん予約済。とても楽しみだ。

投稿者 : 匿名

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール