同人ソフトが家庭用ゲームに?

2003年12月2日:同人ソフトが家庭用ゲームに?
12月18日に発売される「新世紀GPXサイバーフォーミュラ The Road To THE INFINITY」に関する投稿です。

『12/11発売予定の「新世紀GPXサイバーフォーミュラ The Road To THE ZERO」ですが、ゲーム画面を見た限り、版権問題でサンライズから販売中止にされた、同人ゲームの「CYBER GRANDPRIX」とそっくりに見えますがどうなんでしょう?』(投稿:師真)

iconicon

■新世紀GPXサイバーフォーミュラ The Road To THE INFINITY

発売日:2003年12月18日
価格:6800円

※画像クリックでPlayStation.comにて予約・購入可能

PlayStation.comでは「限定ブックレット」や「キャンペーンガールポスターB2短冊サイズ5種セット」「描き下ろしB2ポスター」などが付いてくるようだな。
無くなり次第終了ですので、興味がある人はお早めにチェックしましょう。
で、今回の件についてだが。
話は2つありますね。まず、同人ゲームが販売中止にされたことと、その同人ゲームがこのゲームと似ているということの2点です。
ちょっと検索してみたところ、この「CYBER GRANDPRIX」というのは、サンライズから正式に許諾を貰ってWindows用同人ソフトとして発売されるようだな。
おお。
となると、プレイステーション2用として「CYBER GRANDPRIX」を元としたものをサンライズ側が発売する変わりに同人ソフトの発売を許諾したという可能性が高いんじゃないか?
交換条件ということですか?
たぶん。まあ、条件なども含め、正確なところは知る由もないが。
それにしても、同人ソフトにメーカー側が正式許諾をするのはすごいことですね。いままでにこういった例はほとんどないのではないでしょうか?
同人ソフトはまったくといっていいほど知らないので、なんとも言えないが、ないんじゃないか?フィギュアとかだとメーカーが許諾出すという話を聞いたことあるけど。
最近は、同人関連も話題が尽きませんね。
そうだな。同人ソフト「月姫」を作ったスタッフが今度商用として新作「Fate / stay night」を2004年1月30日に発売するし。

000.jpg (4491 バイト)

■Fate/Stay night

発売日:2004年1月30日
価格:8800円

※画像クリックでamazon.co.jpにて予約・購入可能

3年ぶりの完全新作ですから、期待も大きいようですね。
単独で商業に挑戦するところがあるかと思えば、「ラグナロクオンライン」を題材にして作ったFLASHが元で、実際にゲーム制作の声が掛かったり。
南向春風さんですね。そろそろ新たな情報が出てきそうな感じです。
いままで同人ソフトというとたいしたものでないような感じがしていたが、今後はこうした趣味で作ったものの方が面白いタイトルがでるかもな。また、そういったソフトや制作した人物に対するメーカー側の要求も高まるのでは。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:「バテンカイトス」は予想以上に好評!?
1つ新しい話題:漫画喫茶等へのゲームソフト店内利用

『同人ソフトが家庭用ゲームに?』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/515

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール