実は前編!?クレーム相次ぐ「サンライズワールドウォー」後編

2003年10月4日:実は前編!?クレーム相次ぐ「サンライズワールドウォー」後編
昨日取り上げた「サンライズ ワールドウォーfromサンライズ英雄譚」について、さらにいくつか投稿がありましたので、紹介していきます。

『サンライズワールドウォーについて色々と物議をかもしているよですが、前作までのシリーズ全作品を見れば、今回のことは何ら不思議に感じないのは私だけでしょうかね?作品ごとに扱いの比重が違うのは、前作でもそうなっていたわけですから。ストーリークリア後のおまけでしか出てこないなんて、余裕ですよ。ストーリーが一作目のドリキャス版からの使いまわしじゃなくなったのは、尻切れだろうがむしろ誉めるべきところかもしれません。』(投稿:カオルラ)

建設的なご意見ですな。
もともと、一部の人は問題のあるシリーズという事を認識していたわけですね。
こういったのはメーカーの姿勢として常に出てくるものだから、一度認識さえすれば、次回以降何かあっても我慢できるかと。我慢できないのであれば、買わないことだ。
もう一つ投稿があります。

『お二人さん、どうもこんにちは。就職してゲームする時間なんかないってのに、毎日楽しみに見させていただいてます。ところで、10月3日の雑談でまこっさんが「前編のみしか入っていないことを告知しなければいけない道理も無い。」との発言をされていますが、いまいちピンときませんでしたので投稿しました。ゲームは漫画や小説と違い、その一本で結末を見るよう作られているのが通例であり、ユーザーもまさか完結してないとは思いもよらないと思います。ならば前編のみしか収録されていないことを事前に告知するのが、むしろ道理にかなっているような気がするのですが、どうでしょうか。もちろん「法律上告知しないとメーカーには罰則が云々」ってのは無いと思いうので、メーカーは告知しなくても罪には問われないのかも知れませんが、まこっさんが言ったのはそういうことなんですか?ちょっと不思議に思ったので、少し取り上げてくれると嬉しいです。それではあまり頑張りすぎないよう、これからも今の掛け合い漫才を長く続けてくれると一読者として嬉しいです。以上で失礼します。』(投稿)

ここ最近はその通例というのが通用しなくなっているからな。
そうなんですか?
ここ最近のタイトル見れば一目瞭然だろ!?「キングダムハーツ ファイナルミックス」「ファイナルファンタジーX-2 インターナショナル+ラストミッション」「スターオーシャン Till the End of Time ディレクターズカット」などなど…って、全部スクウェアエニックスかよ!!
ナムコには「ゼノサーガ エピソード1 リローディッド 力への意志」がありますね。
いや、それはまたちょっと違う。そっちはシナリオの追加などは無いと告知されているから。現在ではコスチュームの変更や英語を喋るくらいなので、改めて買う必要性を感じさせていない。それにしても、安いな、これ。4800円だぞ。ナムコの良心的な価格設定に好感が持てる。

B0000D0Y68.09.LZZZZZZZ[1].jpg (32584 バイト)

■ゼノサーガ エピソード1 リローディッド 力への意志

発売日:2003年11月6日
価格:4800円

※画像クリックでamazon.co.jpにて予約・購入可能

次回作の映像も収められているようですので、ファンにとっては注目ですね。
一方、先ほどの例にあげたのはどうかね。キャラクターの追加をしたり、シナリオの追加をしたり。一番最初に出たのが如何にも未完成品とでも言いたげな追加要素盛り沢山の内容。こういった例もあるのだから、必ずしも全部納められていることが当然とは言い切れない。それでも、今回の「サンライズ ワールドウォーfromサンライズ英雄譚」が間に合わなくて前編のみを収録したのであれば、「スーパーロボット大戦F」のように事前に告知があってもいいようなものだが。まあ、それをしないようなところなので、気づかず買った人はご愁傷様ということで。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:実は前編!?クレーム相次ぐ「サンライズワールドウォー」前編
1つ新しい話題:「FF11ジラート」取り上げてから1周年

『実は前編!?クレーム相次ぐ「サンライズワールドウォー」後編』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/448

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール