「SO3」「真三國無双3」「FFX-2」「サクラ大戦」などなど、発売時期は被った方がよい?

2002年12月4日:「SO3」「真三國無双3」「FFX-2」「サクラ大戦」などなど、発売時期は被った方がよい?
12月3日にいくつかの発表会があって、そこで大作ソフトの発売日や発売時期が発表されましたね。「スターオーシャン Till the End of Time」が2月、「真三國無双3」が2月下旬、「ファイナルファンタジーX-2」が3月13日、「サクラ大戦 熱き血潮に」が2月27日などなど。他にもやきゅつくやサカつく、バーチャ最新作など挙げていったら力がありません。
それにしても、今年の年末商戦以上の注目作集中だな。
発売日が明らかになっているものはおいておいて、まだ具体的な日にちが決まっていないタイトルの発売日でも考えてみましょう。まず「真三國無双3」ですが。
2月下旬とのことなので、2月20日か2月27日のどちらかだけど。普通に考えれば一般的な給料日後の2月27日と思ってよいのでは。ただ、この辺りは他のソフトの発売日も考えて決定すると思われるので、一概には言えないよね。現在この付近に発売される注目作といえば「サクラ大戦 熱き血潮に」の2月27日と、「スターオーシャン3」の2月だけど…。
そもそも、発売日は被らない方がよいのか、それとも被った方がよいのかも難しい問題ではありますよね。少し前でしたら、一時期「テイルズオブデスティニー2」と「スターオーシャン3」の発売日が被っていてどうかという問題がありましたし。
一般的には大作ソフトは被らない方がよいとされている。しかし、一概にも言えないのもまた事実。ジャンルが同一のものの場合は被らない方がよいけど、別ジャンルであるならばあえて同じ日にするのもありだよ。
どうしてでしょう?パイの奪い合いになりませんか?
それ以上に相乗効果のメリットの方が大きい場合が多いんだ。今回の「真三國無双3」であるならば、比較的気軽に楽しめるアクションゲームだよね。こういったゲームであるならば、RPGをプレイして少し疲れたらアクションゲームで気分転換といった具合にプレイする側の目的が被らない。また、注目タイトルが別途出るのであれば、そのソフト目当てに店頭に足を運ぶだろうから、同じ日に出すことで別のソフトを購入する人にも注目してもらえるだろうし。純粋に1本しかソフトを購入するお金の無い人を対称にすればパイの奪い合いになるけど、この点は給料日後に発売日を設定することで緩和できる。
で、「真三國無双3」の発売日ですが…。
やっぱり「スターオーシャン Till the End of Time」次第かな。この発売日を見ないとなんともいえないよね。
では、「スターオーシャン Till the End of Time」の発売日は何日になるのでしょう?
発売日を考える上でポイントとなるのは「ファイナルファンタジー」シリーズ。既に3月13日に「ファイナルファンタジーX-2」の発売が決定されていて、また、2月14日にはゲームボーイアドバンス用ソフトの「ファイナルファンタジータクティクスアドバンス」がある。この発売日を考慮すると、2月の上旬か、それとも2月27日といったあたりになるのかと。
ふむふむ。
この辺りは各メーカーで駆引きをしながら最終的に決定すると思うので、なんとも。まあ、とにもかくにも、「スターオーシャン Till the End of Time」と「ファイナルファンタジーX-2」が被らないということがわかっただけでも、RPGファンにとってはうれしいのでは。
で、発売日は?
両方とも2月27日。

直近、直後の話題

1つ過去の話題:「FF11」12月3日実施バージョンアップ
1つ新しい話題:ユーザーを小バカにしたカプコンの姿勢

『「SO3」「真三國無双3」「FFX-2」「サクラ大戦」などなど、発売時期は被った方がよい?』へのトラックバック

トラックバックURL: http://www.makonako.com/mt/mt-tb.cgi/76

コメントする

話題の提案は情報提供・話題提供投稿ページよりお寄せください。

コメント、トラックバックのルール