ゲーム中にホラー並の気持ち悪い描写が多数発生、ユーザー側がすべき対応とは

最近、ゲームをやっていると、極端に気持ち悪い、ホラーも顔負けの描写が発生するという話をちらほら聞くので、それについて取り上げてみよう。

ホラーゲームでないのに、ホラーも顔負けの描写があるということですか?

プログラムの問題なのか、特定の条件などや偶発的に描写がおかしくなることがあるようです。

その描写があまりにも不快な感じがするということで、いろいろと問題となっています。

この手の問題を最初に知ったのはPS4の「The Last of Us Remastered」で、女性キャラクターが薄っぺらくなって馬の後ろで固定されているというのを見た。

その後、直近で話題となって大きな波紋を投げかけたのが「アサシンクリード ユニティ」。これは機種が関係あるのかどうかはわからないが、描写に問題が発生することがあるということが、日本のゲームメディアでも取り上げられていた。

海外では注目タイトルのため、他の不具合と合わせて大きな問題となっている。

全部海外向けのゲームですね。

と、思っていたら、つい最近発売された「真・三國無双7 Empires」でも似たような問題が発生し、特に顔の描写が恐ろしい状態になって目を覆いたくなる惨状となることがある。

どうしてこうなるのでしょうか?

ゲーム機の問題なのか、ソフトの問題なのかも気になります。

こうした不具合は、今までのゲーム機では話題になったこともなかったので、実際どうなのか気になる。

例えば、「真三國無双7 Empires」にしても、PS4だけで発生するのか、それともPS3でも発生するのか不明だ。

このゲームに関しては他にもいろいろと問題を抱えているので、そうしたものはどの機種でも同じなのだろうが。

もう一つの例の「アサシンクリード ユニティ」も、メディアの報道ではPS4の対応プログラムが公開されたと述べてあったので、となるとPS4のゲーム機に問題があるのか、ということになる。

この対応プログラムが、描写問題に対するもののみなのか、それとも別の物かはわからないので、PS4固有の問題と断言はできないけどね。

こちらもPS4やXbox One問わず、動作速度の極端な低下が発生するなど、これもまた問題を抱えているソフトだったりする。

こうした問題に対して、ユーザー側はどうすればいいのでしょうか?

事前に見て慣れておくしかないんじゃない?

そんなの対策でも何でもないじゃないですか・・・。

とはいえ、こうしたものがここ数ヶ月で頻出する以上、いずれ自分がゲームをやっている最中にそういったものを目にする可能性は出てくるだろう。

その時に初めて見て、急に不快な思いをするよりかは、こういったものがあるということを知っておき、一度見て置き、いざ、そういう場面が出たときの心構えをもっていたほうが、精神的に良いと思うがどうだろうか。

昔はこのような問題が無かっただけに、強烈ですね。

昔は昔で、カセットの差し方一つで画面が崩れたりし、その表示も生理的に受け付けるものでもなかった気がする。

とはいえ、昨今のよりリアルになっていく中での描写での崩れは、カセットなどの時の問題とはまた別の気持ち悪さであるのは確かだ。

それにしても、何でここにきて急にこんなことになるのやら・・・。

ドラゴンクエスト8の発売から10周年、思い出は?

投稿がありましたので紹介します。

『ドラクエ8が発売して今日(11/27)で10周年です。何か当時の思い出など語ってもらえますか。ていうか、プレイしました?』(投稿)

プレイステーション2用ソフトとして「ドラゴンクエスト8 空と海と大地と呪われし姫君」が発売されたのは2004年11月27日のことでした。

等身大で表示されるキャラクターが魅力的でしたね。

どうですか、当時の思い出などを、という投稿が来ていますが?

思い出とか言われても困るのだが・・・。

ひょっとして未プレイとか言いませんよね?

プレイはしたけど、これといった思い出らしいものが無いんだよね。

ストーリーとかもさっぱり覚えていないし。

実際に記憶としてこれといったものが残っていないので、その程度の感想だったのではなかろうか。

酷いことを・・・。

「ドラゴンクエスト7」の時点でちょっとゲンナリさせられていたので、その流れのままプレイしていたのかもしれない。

「ドラゴンクエスト8」が発売されたあたりのゲームのプレイ状況としては、早説きのようなプレイスタイルだったので、これもあって、あまりゲーム内容をどうこうよりかは、いろいろなソフトを遊ぶ中での一作程度の感覚だったかな、と。

それくらい、10年前は興味深いソフトがいろいろ出ていたとも言える。

あと、昔のゲームと違って、1回のクリア時間が長めになってきているので、同じソフトを何度も繰り返して遊ぶという習慣も無くなり。

このようにいろいろな状況があったため、ストーリーとかゲーム内容とかが覚えにくくなった時期ではなかろうかと。

なので、思い出が無いと?

10周年とか言われても、ああ、そうなんだ、くらいの感想しかない。

その10年の間に9作目と10作目の2本しか発売されていないという点で、ちょっと驚きもあるけど。

「ドラゴンクエスト9」が2009年、「ドラゴンクエスト10」が2012年発売でした。5年と3年の間隔ですね。

10作目は結構やったけど、9作目は配信ストーリーなどは一切やらなかったし、そこまでドラゴンクエストにこだわりがあるわけでもなく。

6作目はいまだにプレイしていないしね。

いい加減にプレイしなさいよ。

ニンテンドーDS版を購入したけど、結局プレイせずに処分してしまった。

30周年記念でスーパーファミコン版のオリジナルが楽しめるようになったりすれば、やってみようかな、と思っている。

他のドラゴンクエスト関連の派生作品もほとんどプレイしていないし。

なので、先日発表された「ドラゴンクエストヒーローズ」も、そこまで興味があるかと言われると、そうでもなかったりする。

と、いうようなプレイ状況のため、ドラゴンクエスト8の10周年だから何か、と言われても特になしということで一つご容赦を。

ゲームの主人公は透明人間にすべき

アクション系ゲームをプレイしていて思うのだが、主人公は透明人間にすべきではないかと思うのだがどうだろうか。

エッチですね。

そうじゃないっての。

どうせ温泉に潜り込むとか、そういうことを考えていたんでしょうに・・・。

中高校生かよ・・・。

いつまでも精神年齢はその程度のくせに・・・。

そういうエッチ系以外の意味で、主人公を透明人間にすべきと言っているのですか?

一口にアクションゲームと言ってもいろいろとあるだろうが、特に主人公が画面に映り込む3D系のゲームの場合、主人公を透明人間にした方がゲームのプレイのしやすさが大きく変わるのではないかと思った。

透明人間だと何が変わるのでしょうか?

ゲーム画面に自分のキャラクターが写っていると、自分のキャラクターによって先が見えにくかったりすることが多いのだが、透明人間だと先が見えるようになるので、その問題が解消されるんだよね。

特に、奥に進んでいくようなゲームだと、進行方向を見たいのに自分の操作キャラが邪魔して先が見えにくいなんてこともあるので。

敵も前にいるのに、何をやっているのかが分からず理不尽なダメージを受けたり。

それを解消するのが自分視点のゲームなんだけど、自分視点のゲームだと自分のキャラクターが見えずに、キャラクターの動きなどで魅力を表現することが出来ない。

その問題を解決するのであれば・・・。

透明人間ということですね、って、そんなわけないじゃないですか・・・。

透明人間も自分のキャラクターが見えないのですから、魅力なんて表現できませんよ・・・。

透明人間にするかどうかの選択をつけるか、輪郭のみ表示とか、工夫はできるかと。

別にキャラクターの設定を透明人間にするということではなく、透明人間のように薄く表示し、奥が見えるようにするだけで、見えなくて理不尽な思いをすることも少なくなるのではなかろうか。

と、「ベヨネッタ」をやって思った次第。

理不尽な思いをしたんですね。

たくさんね。

DQ10、チームまこなこ、これにて一件落着Part2

以前に続き、DQ10のチームまこなこがこれにて一件落着となったので取り上げておこうかと。

前回は『DQ10、チームまこなこ、これにて一件落着』で取り上げましたね。2月15日のことでした。

確か、前回はチームレベルが上限に達したから、という話でしたが、今回はどういった理由からですか?

今回も同じくチームレベルが上限に達したので、一件落着とさせてもらう。

今のレベル上限は40ですね。

レベル40で得られる立ちポーズも得て、これでチームの方も当面はチームクエストのことを忘れてのんびりできるのではないかと思う。

ちなみに、立ちポーズはこんな感じ。

で、そのチームレベル40になるまでに、あなたはどれくらい協力したのですか?

・・・・・・。

偉そうにしておきながら何もしていないなんて・・・。

チームの維持管理だけはしっかりやっていたので。

この間にも加入者募集をしたしね。

大きく増えるでもなく、減るでもなくで地味な展開だったものの、ボチボチやっていけているかと。

すでに加入者受付は終えているので、また次のチームレベル解放があった際に縁があればご加入を。

まあ、もうチームレベルの上限を上げないでほしいというのが正直な感想だが・・・。

何でですか・・・。

そのあたりはまた後日、別途取り上げるよ。

いずれにしろ、これで一段落できたのは何より。

特定の人に負担が集中した傾向があるので、このあたりは申し訳ないと思うと同時に、ありがたくも思う次第。

プレイされている方は、引き続きのんびりとお楽しみいただけたら幸いだ。

あなたは?

・・・・・・。

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。