妖怪ウォッチを売りたいんじゃない、ジバニャンを売りたいんだ

妖怪ウォッチ人気が収まりませんね。

ゲームでは「妖怪ウォッチ2」が275万本販売と、間もなく300万本販売まで迫っています。

ゲーム以外でもおもちゃやグッズなどの人気が衰えていないように感じます。

12月13日には「妖怪ウォッチ2 真打」も発売されますので、益々勢いがつきそうです。

だけどね、レベルファイブとしては妖怪ウォッチを売りたいというわけでは無いと思うんだ。

何、たわけたこと言っているんですか・・・。

妖怪ウォッチを売らずして、何を売るというんですか・・・。

妖怪ウォッチそのものも売るのだが、最終的な目標はジバニャンを売りたいのではないかと。

こう思うのだがどうだろうか。

ジバニャンは妖怪ウォッチに出てくるキャラクターですね。

妖怪ウォッチの宣伝などでは常に見かけるキャラクターですので、見た人も多いかと思います。

ですが、それは妖怪ウォッチを売るためにいるのであって、ジバニャンを売りたいというのはよくわからないのですが。

どうもレベルファイブを見ていると、ゲームそのものよりキャラクターのライセンスの方で収益を上げたいのかな、と思える節があり。

ゲームはいずれ飽きられ、廃れる可能性は高いが、キャラクターであれば人気を維持し続けられれば、その後、一生収益を上げられる。

こう考えると、妖怪ウォッチを売るのは当然なのだが、さらに先を見たときに、ジバニャンの方を売るという見方の方が正しいのではなかろうか。

飽きのないキャラクターの意味が分かりにくいのですが、何か例はないのでしょうか?

ものすごくわかりやすく言えば、ハローキティでしょ。

ミッキーマウスもそうですね。

でも、どちらかというと、ミッキーマウスより、ハローキティ側を目指しているのかな、と。

ミッキーマウスはなんだかんだで新しいコンテンツがディズニーランドやディズニー作品を中心に複合的な物が生み出され、その象徴としての存在であるけど、ハローキティの場合は新しいコンテンツがそのままキャラクターグッズであったりするから。

単体でやっていけているという点でも、ディズニーモデルよりかはキティモデルの方が適切ではなかろうか。

ですが、目指すのでしたらディズニーモデルの方が規模が大きくなりませんか?

それはそうだが、そこまで持ってくのは大変だよ。

ディズニーは1コンテンツのみで膨れ上がっているわけではなく、先にも行ったようにディズニーワールドとして複合的にコンテンツが常に生み出され、その上で成り立っているから。

これには常に新コンテンツを作り上げていくという能力と、そして時間、歴史が必要となる。

一方、ハローキティも時間や歴史をかけ、そして一応はサンリオワールドとして存在するが、サンリオキャラが押し上げているよりかは、単体で引っ張って行っている。

少なくとも、妖怪ウォッチのジバニャンだけでは、ディズニーにはなりえない。

他にもさまざまなコンテンツを積み上げていく必要があるのですね。

妖怪ウォッチのグッズ展開を見ていても、ご当地ジバニャンのようなものもあるようなので、コンテンツとしての妖怪ウォッチが終わっても、キャラクターとしてのジバニャンさえ生き残るということはあるのかな、と。

ハローキティにもご当地グッズがたくさん発売されていますね。各地に行きますと、キーホルダーをよく目にします。

そうした形で生き残ると考えると、妖怪ウォッチは単体コンテンツを売る作品というよりかは、ジバニャンを売るための一つの手法なのかな、と。

このように思ったわけだがどうだろうか。

今年ついにドラゴンクエストがプレイステーション4から出ます、新年初詣CMあるか?

やりそうな気がするが如何に。

何をかを言ってくださいよ・・・。

ドラゴンクエスト新年初詣CMですね。

ドラゴンクエスト7が発売されるときにソニーコンピュータエンタテインメント側が行った1999年年始のTVCMです。

多くの初詣客が出ますように、早く出ますようにと言い、その後、「今年ついにドラゴンクエスト7がプレイステーションから出ます」というナレーションがありました。

実際は2000年に発売されたので、詐欺CMになってたりするんだけどな。

ゲーム開発に延期は付きものですから・・・。

で、過去の話は置いておいて、このTVCM、来年年始にやりそうじゃない?

また詐欺をですか・・・。

詐欺って言うなよ・・・。

最初に言ったのはあなたでしょうに・・・。

2015年は「ドラゴンクエストヒーローズ」が発売されます。

ですので、ドラゴンクエストが出ますという点では間違いないと思います。

そうでした。

それもあって、なんか似たようなことをやってくるのかな、と。

もしくは年末商戦から来年はドラゴンクエストが出ますように、的なものをさ。

それで外伝のドラゴンクエストヒーローズではユーザーからみたら白けるのではないですか・・・。

そのあとに「ドラゴンクエスト11」が控えているのであれば、逆にサプライズになって面白いと思うのだが。

言うまでもないが、ドラゴンクエスト11自体は別に2015年でなくてもね。

そして、ドラゴンクエスト11が発売される年の年始に、今年ついにドラゴンクエスト11がプレイステーション4で出ます、というTVCM流せば面白いのではなかろうか。

と、こんなことを考えていた今日この頃であります。

ゲームユーザーは手をお大事に

去年後半から痛めていた指がようやく治ったよ・・・。

時折手が痛くてゲームが出来ないような話をしていましたね。

1年近くかけてようやく治ったんですか・・・。

夏あたりまで病院に行かず、なんとか自然に治らないかとがんばっていたのだが。

頑張っても治りませんでしたか?

どうしてもゲームをやってしまうと、痛めている手を使わざるを得ず。

ゲームを止めればいいじゃないですか・・・。

そうなんだけどね。

でも、やってしまうじゃないですか。

何をやっていたんですか?

期間中、いろいろとやっていたけど、一番手を痛めたのが「信長の野望 創造」という・・・。

そんなに手を使うようなゲームに思えませんが・・・。

Windows版でプレイしているのだが、常にトラックボールに手を固定しておいていたので、それで血流が悪くなったのか、痛くなり。

痛くなるとわかっているのだが、ついついプレイしてしまったりして、一向に治る気配がなかった・・・。

ですが、治ったんですね。

仕方なく病院行ってきたからね。

期間中、パソコンすら満足に触ることが出来なかったので、この1年間、かなり時間の無駄をしたような気がする。

最初から病院に行けばいいのに・・・。

夏に行ったら行ったで、自然に治りますとか言われて対策してもらえず帰ってきたりして。

こっちは数ヶ月治らないから病院に行ったというのに・・・。

で、どうしたんですか?

秋に別の病院に行ったら、あっさり治療してくれて、10日もしたらほぼ完治。

いったい、私の1年は何だったのか・・・。

知りませんよ、そんなの・・・。

と、このようなことが無いように、ゲームユーザーは普段から手に気を付けていただけたらと。

どのように気を付ければいいのでしょうか?

ゲームだけに限って言うのであれば、長時間やりすぎないことが重要かと。

時折休憩を挟みつつ、背伸びなどで手も一緒に反らして血行を良くしたり。

最近ではゲーム以外にもマウス操作はもちろん、スマホ操作やタブレット端末操作などで手を使うことが多いので、余計手には気を付けてもらいたいところ。

タブレット端末を手で持つようなときは、掴むようにせずに、抱えるように持つとか、手や指に負担がかからないように意識しながら利用すれば、手を痛めることもない。

あと、寝ながらタブレット端末を使ったり、スマホなどを使ったりするのも危険なので止めた方がいい。

寝てしまって本体を潰してしまうからですか?

いや、持った状態で寝てしまうと、寝ている間持ち続けてしまい、それが手に負担をかけてしまうことになる。

そんな馬鹿なことがあるわけないじゃないですか・・・。

これで手を痛めて1年間苦しんだ人が居てだな。

目の前にですね・・・。

寝ころがりながらのタブレット端末でのネットサーフィンは危険だから気を付けるように。

今でしたらタブレット端末でもゲームを楽しめますので、なおさら危険ですね。

何をするにも手は大事なので、出来るだけいたわりつつゲームをしていただけたらと。

妖怪ウォッチ2 真打はなぜ発売されるのか

7月10日に発売されたばかりの「妖怪ウォッチ2」に新たな動きがあったようだけど?

新たに「妖怪ウォッチ2 真打」が12月13日に発売されます。

すでに各種オンラインショップで予約販売受付中です。

妖怪ウォッチ2 真打 予約販売受付中

夏に発売されたばかりなのに、新たなパッケージ販売とは・・・。

「妖怪ウォッチ」を発売しているレベルファイブは、過去にも「イナズマイレブン」シリーズで同様の販売ペースでソフトを発売したことがありましたので、想定の範囲内かと思います。

それはどういう状態だったのかな?

2010年の「イナズマイレブン3」の時に7月に2作品が発売され、同じ年の12月に1作品が発売されました。

主な違いとしては、映画に絡んだ要素が追加されたという点です。

今回の妖怪ウォッチ2では?

同じく映画の要素の追加がされています。

他にも、仲間になる妖怪の一部が異なったり、限定クエストなどがあるなどの違いもあります。

このように後から発売されると、ユーザーも選択が出来ず、不快な思いしかしないと思いますが、どうしてこのようなことをするのでしょうか?

単純に利益が上げられるから、というのもあるけど、それ以上にクリスマスやお年玉需要のためという見方もできる。

年末年始商戦用でしたら、すでに発売されている元祖や本家でも良いと思いますが?

それだとすでに持っている可能性があるから。

自分で買うのであれば、当然持っているものが把握できるけど、プレゼントをする場合などはできるだけ新しいものを用意した方が、重複の恐れが少ない。

また、夏に売った後に、それを再び冬に販売の促進をするのは難しく、ならば新パッケージを出して、映画との連携や個別に広告するなど、さまざまな展開をした方が良いとなる。

売り方自体はユーザーサイドから見るとほめるべき要素は皆無だけど、年末年始商戦に向けた手の打ち方としては面白いと思っている。

この手の問題は、ユーザーの感情を無視している点です。

追加分をダウンロード販売等で補ってくれればいいんだけどね。価格は多少高くてもいいので。

何でもかんでもパッケージ販売につなげなくても、ダウンロード価格を高めにすることで十分利益も出せると思うのだが。

単純にブランド力があるように見せるために販売数の上乗せを狙うという意味もあるのかもしれないが。

ユーザー不在の企業の論理でしかないんだよな。

多くの人に注目を集めているタイトルですので、企業の姿勢も今後注目ですね。