DQ10せんれき2014年9月1日版、時間が少し増えました

毎月公開のDQ10のプレイ状況。

さっそくプレイ時間などから紹介していこう。

前回は『DQ10せんれき2014年8月1日版、DQ10開始2周年でのせんれき公開、討伐モンスターなども』で取り上げました。

今回のデータは次の通りです。

前回は2847時間で今回は2892時間。1ヶ月45時間で1日1.5時間ですね。

前回は0.8時間でしたから倍に伸びた計算です。

文句を言う割には結構やっているんじゃないですか?

今回は王家の迷宮の追加でレベル上げを行ったり、カードが大量に出てその消化をしたりと、やることが増えた印象。

また、攻略できないカードに関しては魔法の迷宮に潜ってメタスラのコインを用いてレベル上げをしたりもしたので、結果として時間が大きく伸びている。

魔法の迷宮でカード消費をすると同時に、トルネコやミネアに合いやすくなるみちびきの香水をいくつか使ったら、ミネアと出会ってカードが増加とか、そんな感じに振り回されたプレイになっている。

あとはチームクエストをそれなりに。

メインキャラクター以外のみでチームクエストをやったりもしているので、実際のプレイ時間はもうちょっと長め。

前回よりさらに減るようなことを言っておいて・・・。

前回のバージョンアップ後は2時間程度は遊んでいたので、それよりかは減っている。

9月はもっと減ることが確定してるので、どうなるかは来月の数字をお楽しみに、ということで。

では、続いてキャラクターのレベルを見ていきましょう。6アカウント分のキャラクターです。

職業 まこなこ どわこ おがこ うぇこ ぷくこ えるこ
戦士 80 80 80 76 43 43
僧侶 80 80 80 80 44 60
魔法使い 80 44 43 45 57 43
武闘家 80 69 57 74 42 40
盗賊 80 72 80 66 40 40
旅芸人 80 80 64 80 40 40
バトルマスター 80 50 80 50 40 40
パラディン 80 80 80 80 40 57
魔法戦士 80 64 57 59 80 40
レンジャー 80 80 80 80 40 40
賢者 80 80 80 80 58 40
スーパースター 80 80 59 80 40 24
まもの使い 80 63 70 61 55 43
どうぐ使い 80 68 71 71 49 80
職人 45 45 45 44 45 42

先に述べたように魔法の迷宮でメタスラのコインなどを使っていた関係上、一部職業のレベルが上がっている。

他はそれほど先月と変化なし。

後はえるこのスーパースターのレベルを34に上げれば一段落。

チームクエストの討伐などをやりつつ、レベル50未満の職業を上げていこうと思っている。

上げ終わったらエンゼルスライム帽を投げ捨てる、と。

そしてまた、エンゼルスライム帽の効果対象レベルが上がるわけですね。

ありそうだから怖い・・・。

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

ソニーハードにドラゴンクエスト最新作、PS4などに同人ソフトの販売など、すでに以前からまこなこが伝えていた

な、言った通りだろ。

なにどやってるんですか・・・。

まこなこ見てればゲーム業界がわかるっていうのはこういうことなんですよ。

誰もそんなこと思ってもいませんよ・・・。

プレイステーション関連の発表会が9月1日に開催されました。

PS4向けにはいくつかの発表がありました。

特に注目は「ドラゴンクエスト」シリーズがプレイステーションに10年ぶりに登場ですね。

新作「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」はコーエーテクモとの共同開発のアクションRPGです。

たしか前日『プレイステーション最新情報が9月1日に発表されるこの期待感』で言っていましたよね。たかが1日前の予想にどやらないでくださいよ・・・。

2ヶ月以上も前に言っていたでしょ!

6月26日『ドラゴンクエストがソニーハードに出るという真相』での話ですね。

話の大本はスクウェアエニックス株主総会の後の株主向けIRカンファレンスの登壇者の回答を元に、ソニーハードでドラゴンクエストが出るのでは、という話をしました。

株主総会とIRカンファレンスについては『スクウェアエニックス株主総会2014年、DQがソニーハードで発売の可能性』をご覧ください。

その際にドラゴンクエスト11とは限らないが、結構高いのでは、という話をしましたね。高いというのはドラゴンクエストシリーズがソニーハードで出す可能性を意味します。

詳細は『ドラゴンクエストがソニーハードに出るという真相』をご覧ください。

ちゃんと人の言葉を読み解く力があれば、これくらいはわかるんだよ。

株主総会で話を聞いていなくてネットのみの情報でああだこうだと言った人は別として、株主総会での話を聞いていながら否定していた人はどうなのかね。

煽らないでください・・・。

まあ、いつものことなのでいいんですけどね。

もう一つの同人絡みの話はいつしましたか?

4月30日『PS4で推進するインディタイトルが日本では成功しない理由と成功するための手段』で取り上げましたね。

日本のインディタイトルは同人ソフトが中心のため、版権等の問題をクリアして出せるようにしては、という話でした。

今回発表されたのは「東方project」という同人系ソフトの同人ソフトのようですが、この流れが広がれば出版物の同人ソフトも出せるようになるかもしれません。

と、いうわけで、今日は気分がいいのでコメントを解放しておこう。

ソニー関連の時はコメント無くすんじゃなかったんですか・・・。

今日はソニー関連ではなく、まこなこ関連で。

・・・・・・。

プレイステーション最新情報が9月1日に発表されるこの期待感

9月1日にプレイステーションの最新情報が発表されるようだね。

9月1日15時からプレスカンファレンスが開催されます。

この際にプレイステーション最新情報を発表するとのことです。

どういった情報が出てくるのか大変楽しみですね。

どういった情報が出てくるのかな?

それはわかりませんが、このあたりからPS4が日本でも盛り上がるのでは、と言っているゲーム業界関係者もいるようですので、注目できると思います。

どうですか、この期待度は?

大変楽しみで期待感が増しますな。

本当にそう思っているんですか・・・。

期待はいつもしているよ。

裏切られるのもいつものことだが。

・・・・・・。

とはいえ、盛り上がると言っている人がいる以上、何かしらあるのだろう。

その何かしらを楽しみにするのはゲームユーザーとして当然のこと。

ただ・・・。

やはり何か気になる点が?

日本で盛り上がるタイトルというもの自体が限られてきている今、盛り上がりようがあるのか、という疑問がある。

例えば、プレイステーション4に「テイルズオブ」シリーズの最新作が出るとしても、昔ならいざ知らず、今となってはそんなにも盛り上がらないよね。

「ファイナルファンタジー」シリーズはすでに発表済みだし、「龍が如く」「ファンタシースター」「メタルギアソリッド」なども発表済みだ。

「モンスターハンター」は「モンスターハンター4G」の発売間近であるのにここで新作を発表するメリットがまったくないし。

こうして既存のタイトルを一個一個潰していくと、いったいどういったタイトルが残るのか、という話。

何か残りませんか?

「ドラゴンクエスト11」が残っています。

それくらいしか注目されるべきタイトルが無いんだよね。

一応ニンテンドー3DS版「ドラゴンクエスト10」があるから、と考えると、この時期に発表はおかしいのだが、ニンテンドー3DS版はそもそも既存ユーザー向けの色合いが強いので、そこまで積極的に売ろうとはしないだろうから、モンハンと事情は異なる。

「ドラゴンクエスト11」でなくてもドラクエ関連の何かがあれば、多少は注目されるのかな、という気はする。

PS Vitaの値下げや新型コストカット版の発売とかもあるのかな、と思うけど、まだ現行機が出てから1年も経っていない状況で新型も考えにくいし。

でも、日本を中心としたアジア向けの発表なので、PS4絡みよりかはPS Vita絡みの発表が他国の発表会と比べて多くなるような気はする。

その点も含めて、9月1日は要チェックですね。

楽しみです。

ほんとにな。

大乱闘スマッシュブラザーズを3DSとWiiU版を共に買うとサントラCDプレゼント

ほんと勘弁してもらいたかった・・・。

大乱闘スマッシュブラザーズの話ですよね?

何が勘弁してもらいたかったのですか?

買おうとは思っていたのだが、WiiU版のみを買おうと思っていたんだよね。

しかし、新たに発表された話だと、ニンテンドー3DS版とWiiU版を買うと、サントラCDがもらえるということのようで。

買う予定でなかったニンテンドー3DS版も買わざるをえないかな、と。

そういうお話だ。

クラブニンテンドーで応募するとニンテンドー3DS版とWiiU版の音楽が収録された2枚組のサントラCDが配布されるようです。

クラブニンテンドーでポイントを登録するともらえるとかになるのかな。

だとすれば、ニンテンドー3DS版は買ってすぐ売るとかで対応できるかな、と。

いずれにしろ、買う必要は出たということだ。

スマブラシリーズは音楽に定評があります。次のような投稿も届いています。

『スマブラの新情報がサイトにのっていたので、投稿します。普通、ゲームの曲作りは一つのゲームに数人、あるいは一人であると聞きました。しかし、今回発表された作曲家たちは、著名な人達ばかりで、スマブラの曲を何十人で作られると思うと前作もそうでしたが、かなりすごいことだと思うのですが、まこなこさんはどう思いますか?』(投稿:みたらし猫)

すでにWii版の際に同じような試みをしていたので、その流れなので特に何も思わない。

ただ、多くのゲームが多くのクリエイターによって生まれたわけで、その多くのゲームが集う作品で多くの音楽クリエイターが関わるというのは粋ですな。

ちょっとバンダイナムコの人間が多いような気もするが、バンダイナムコ自体、多くのゲームを抱えているメーカーでもあるので、開発が一緒というのも合わせてこんなものなのかもしれない。

「ゼノブレイド」も加わりましたので、楽しみですね。

Wii版の「ゼノブレイド」は先にサントラCDを買って長時間聞いた後にゲームをプレイしたというくらい、音楽から入った身なので、今回のスマブラでも音楽部分にも期待したい。

それよりもなによりも・・・。

何か気になる点が?

実は、スマブラシリーズ、一度もプレイしたことないので、初プレイという点でも楽しみだったり。

プレイしたことなかったんですね・・・。

まったく興味なかったのだが、今回に関してはゲームユーザー向けのプロモーションをウェブを通じて積極的にやっているように感じる。

その一つが動画配信なのだが、このあたりも今回惹きつけられた要因。

従来のゲームユーザーは、これらの動画を見て、もしプレイを迷っている際には検討してみよう。

ニンテンドー3DS版は9月13日発売されます。

各種オンラインショップで予約販売受付中です。

大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS 予約販売受付中

WiiU版も2014年冬から年末という表現で紹介されていたし、年末に発売されることを期待したい。

先にも言ったように動画などを眺めつつ、ニンテンドー3DS版の購入の検討と、WiiU版の発売を待ってはどうだろうか。