ポケモンGOプラスが急遽延期、その理由は?

連日ポケモンGOで賑わっているけど、残念なニュースが入ってきたね。

外部機器のポケモンGOプラスの発売が延期されることになりました。

当初予定の7月下旬から9月に延期されます。

間もなく発売のはずが、急遽の延期ですね。

まったく理由がわかりません。

オフィシャルサイトでは、次のように掲載されています。

『2016年7月末の発売を予定しておりました「Pokémon GO Plus」ですが、準備に遅れが生じておりますため、発売時期を2016年9月に延期することにいたしました。』

ここにきて、どういった準備があるのでしょう・・・。

いくつか可能性は考えられるけど、まとまった数の用意ができないので、混乱をきたさないために延期したのではなかろうか。

発売しない方が混乱しますが・・・。

一ユーザー側からしたらそうなのだが、当初予想より大幅に注目を集めてプレイしている人数が多くなった関係上、昔の計画のままの出荷予定で果たして需要が満たされるのか、という問題が生じている。

そのまま発売すると、争奪戦になって転売屋が幅を利かせるだけだし、その後追加で出荷するにしても、大量生産はできないため、毎週地味にしか売ることができない。

となると、その追加の分もどのように小売店側に割り振っていけばいいか、などの問題が出てくる。

そうならないために、まとまった数を確保して出荷するために、9月に変更したのではなかろうか。

なので、8月は生産し続けて、それで初期出荷分を増やすのかと。

ただ、売ればいいというわけではないのですね。

特に、今回は社会問題化もしていて、この機器があるかどうかで、生命の危機の有無にも関わってきたりする。

そうしたものが手に入りにくく、争奪戦になっていますとなれば、世間の聞こえも悪かろう。

ですが、9月に発売したとしても、数が足りない可能性があります。

どうすればいいのでしょうか?

そこが難しいところ。

だからといって、馬鹿みたいに生産設備を整えて増産しても、需要が満たされれば設備の負担だけが残ってしまう。

この辺りは『ポケモンGOによる任天堂株の乱高下をどう見るべきか、任天堂の業績の今後のチェックポイントは?』でも述べた通りだ。

一番いいのは、アプリとして同じ機能を持つものを提供する、ということなのだが、それを有料で販売すると、危険なものを無料で出しておいて、安全性が上がるものを有料で売るのか、という反発は酷そうだし。

でも、アプリで出すのが一番いいんだよね。

生産設備もいらないし、在庫切れもないし。

ポケモンファンからすれば面白そうな機器ではありますが、ここまで流行となってしまうと、ファン以外の目線も意識しないといけないわけですね。

ポケモンGOによる任天堂株の乱高下をどう見るべきか、任天堂の業績の今後のチェックポイントは?

ポケモンGOによって任天堂の株価が一気に上がっていったね。

一時は3万円を超えるまで行き、ポケモンGO登場以前と比べて2倍になりました。

ですが、その後、まさかのストップ安でした。

だから言っただろ。

何か言いましたっけ?

7月12日『ポケットモンスターGOが海外で好調、その影響は軽微』で、業績に与える影響は軽微だって。

任天堂がプレスリリースで業績に与える影響は限定的と発表をしましたね。

その発表により、翌営業日にストップ安となりました。

ただ、勘違いしてもらいたくないのは、あくまで限定的ということ。

私が軽微と言ったのも、全部が全部、任天堂の収益になるというわけではないということを言及したわけだ。

実態はどうなっているのでしょうか?

すでに発表されたように、ポケモンGOの収益がすべて任天堂に行くわけではない。

また、その割合も限定的という話になっている。

とはいえ、当初予想よりかは多くの人がダウンロードしてるため、当初よりかは上向くというのも事実。

それにより、業績に影響が及ぶのだが、その割合が大きいか、小さいか、というのを考えなければいけない。

何をもって大きかという基準は特にないのだが、一つの目安として、前社長の岩田聡氏が述べていた任天堂らしい利益の1000億円を超すことができるかどうかだと思っている。

もちろん、これは任天堂全体としてね。

でも、今回のポケモンGOが出ただけで、その目標が達成できるのか、と言われるとそれは厳しいのではなかろうか。

もちろん、今後も継続的に課金を行い続ける人が多ければ、行く可能性はあるけど。

現時点で今期の業績は450億円と予想しており、1000億円になるにはあと550億円を稼がなければいけない。

当然、初期予想の450億円にはポケモンGOのある程度成功した金額が含まれているので、それを上回る分で550億円行くのかどうか。

行きませんか?

当初、どれくらいを予想していたかにもよるから、一概には言えないんだけどね。

ただ、わかりやすい例を一つ出しておこう。

ガンホーがパズドラで収益を上げていた時は、900億円近い利益が出ていた。

また、ミクシィのモンストがヒットした時には他の事業も含めてだけどこちらも900億円近い利益が出ている。

言うまでもないけど、これらの企業はほぼ日本限定だ。

今でしたらポケモンGOはそれらのソフトよりセールスランキングが上位に来ていますので、日本だけでも900億円近い利益が上げられるとなりますね。

それがならない。

まず、これらの企業はほぼ年中1位や2位になっていたというのがある。

なので、今現在、ポケモンGOが1位になっていたからといって、ここまでの数字を叩き出せるわけではない。通年、1位になって、初めてこれだけの利益が出せる。

もう一つに、機器のコストが先の例の2社より割高になる可能性が高いということ。

先の2社は、少人数にギャンブルをさせて荒稼ぎする形で収益を上げていたが、ポケモンGOに関していえば、大多数にプレイさせて、広く薄く収益を得るようにしている。

プレイ人口が多ければ多いほど、サーバーなどの維持管理の費用が掛かるため、先のソフトと比べて費用面で高くなり、利益面では減る可能性が高い。

なので、同じ1位、同じ売上であったとしても、利益面で落ちることも予想される。

ですが、それが日本だけでなく、世界的に1位ですから、影響は大きいのではないですか?

影響はあるけど、日本は課金王国でもあるから、日本で1位になり、他数十か国で1位だからといって、数十倍なるわけではない。

仮に大きく見積もって日本の3倍として見たとしても地域分散によるコストなどもかかることから、単純に3倍として良いのかどうか。

また、利益が3倍になって3000億円となっても、その中で任天堂が得られる額は限られるわけだ。

株式会社ポケモンの出資比率が3分の1であり、ソフト自体はナイアンティックの物。

仮に利益の30%が株式会社に行くとするならば、1000億円で、業績に与える影響はその3分の1なので300億円程度。そのほかもろもろでプラスアルファがあっても、所詮はこの程度。

この数字はもう一度言うけど、常に上位に居続けて初めて達成される数字。

収益に及ぼす影響が限定的ということは、任天堂のプレスリリースに書かれていましたね。

もともと日本は突出して課金額が多い地域なので、単純に3倍できるわけではないけど、逆に、海外の方がアイテム課金に対する理解はあるだろうから、もしかしたら課金されやすい、とかはあるかもしれない。

とはいえ、それでも青天井で課金してくれるわけではないだろう。

そこで重要となるのが、課金の継続性だ。

継続しますかね?

さあ、どうだろう。

この辺りも見ていく必要がある。

どういった形で課金をさせようとしているのかは、また後日語るとする。

日本のギャンブルガチャソフトのようにイベントを頻繁にやっていくのかどうかもわからないしね。

運営方法によって、継続性があるかどうか、変わってくるかと。

とはいえ、今現在の仕組みでも、結構えげつないこと考えているな、と思える部分もあるしね。

えげつないんですね・・・。

と、こんなところかな。

ポケモンGOプラスについてはどうでしょうか。

前回取り上げた際には、「ポケモンGOプラス」について触れていないのはどうかというコメントもありました。

業績に与える効果はたいして無いよ。

無いんですか・・・。

こうした物を作る際には、どうして生産設備の問題が生じてしまう。

大量生産できるように設備を整えても、急速に人気が無くなったら、作りすぎた物によって業績に悪影響を及ぼす。

この辺りは日本であれば「たまごっち」で痛感している問題なので、どのメーカーも慎重にならざるを得ない。

結構売れているamiiboですら、追加生産が遅かったりするのも、物は作りすぎるのが一番怖いことの表れだ。

「妖怪ウォッチ」なんかもそうだよね。

なので、品薄状態が続くことになる。

品薄状態が続くことで、人気を持続させることはできるけど、大きく業績に影響を与えることができるかというと、そうでもなく。

結局は転売屋にいいようにやられるだけで、任天堂にとって、さほどの利益の上乗せにはならない。

もちろん、増産体制を整えてしっかりと売っていけるのであれば、上乗せされるけど、在庫リスクが怖すぎてそうそう数を増やせないだろう。

今のところ、一度売ったら終わり、というのが特に辛いところだ。

継続して売れる日用品の設備投資とは異なるわけですね。

と、この辺りを加味して、任天堂の業績を考える必要がある。

少なくとも、今現在のように、株価が1.5倍、2倍と上がるほどの効果はないと思うし、NXの発売延期の可能性とかもありうるので、今期の業績も不透明。

少直近の第1四半期の決算発表で上方修正をすることはないし、NXの延期も考えると年後半までは予想の数字は動かさないのではなかろうか。

なので、スマホで成功、というイメージだけで任天堂株が買われているけど、果たして業績面でどこまで維持拡大ができるかどうか。

今後の任天堂の動きに注目といったところか。

ポケモンGOで任天堂を嫌いになる嫌任が広まる恐れ

ポケモンGOの勢いが日本でも止まらないね。

街中を歩いてみても、多くの人が片手にスマホを持ってポケモンGOをプレイしている姿が見受けられます。

ここまで多くの人に楽しまれているのが、さすが任天堂といったところですね。

多くの人が任天堂を好んでいることがわかります。

ところがどっこい、今回のポケモンGOで、今後は任天堂を嫌いになる嫌任が広まる可能性も出てきている。

嫌任って・・・。

どうして多くの人に楽しまれているコンテンツで、任天堂が嫌いになる状況になるのでしょうか?

そうですよ、おかしいじゃないですか!

楽しんでいる人は楽しんでいる人でいいのだが、それ以外の人からすれば、迷惑この上ない状況でもある。

今回は、そのあたりを少し触れていこう。

遊んでいない人が関係するのですか?

今現在言われいるように、このゲームは歩きスマホを誘導しやすい仕組みになっている。

実際はしなくてもできるのだが、多くの人がしているのが実情だ。

また、歩きだけでなく、自転車に乗りながらであったり、人によってはバイク、自動車に乗りながらプレイしている人もいる。

当然、事件事故が多発する。

表に出る事件化されるもの以外にも、ぶつかりそうになって危なかったりといったことも多々あるだろう。

そうなると、そうした場面に遭遇した人からすれば、不快でしかない。

こうした不快の対象が、ポケモンGOに関連する任天堂に向けられる恐れがあるわけだ。

ですが、それはプレイしている人の問題じゃないですか。

もちろん、最終的には歩きスマホや自転車自動車スマホをしている人が悪い。

しかし、人の感情なんて、そんなに理論的に考えられるわけではないよ。

ポケモンGOをしながらぶつかってきたのであれば、その不快の対象はポケモンGOにも及ぶ。

特に、ポケモンGOがリリースされてから町中に多くの歩きスマホをする人が増えた以上、批判の対象はポケモンGOであり、ポケモンの元である任天堂となるのは必然。

これ以外にもいろいろと問題があり。

まだ何か?

ポケスポットと言われる、現実の場所とゲームの内容を組み合わせているのだが、その場所の指定は勝手に行われている。

勝手になので、当然、それを嫌がる人もいるわけだ。

そうした団体なり個人なりが不快な思いをすることになる。

この不快の先が任天堂になってしまう。

日本では熊本城の方が登録を外すように任天堂に抗議したというニュースがありましたね。

本来ではやらなくてよい手間を勝手に登録されたことでかけさせられた、というだけでも不快な気持ちになるきっかけとなる。

ですが、任天堂が開発したわけでもないので、任天堂に言っても無駄なような気がしますが・・・。

世間ではポケモンは任天堂の物だと思っている以上、そんな言い訳は通用しない。

別会社で管理しています、と言ったり、開発は海外です、と言っても、そのようなことを現実的に知っている一般人はコアなゲームユーザーくらいだよ。

同じような話で、どういった場所が指定されるかも、大本はグーグルマップで、それを元にして、作られたので、グーグルマップに載っていれば場所が指定される可能性がある。

でも、そのような仕組みを一般の人が知るわけでもないので、なんで勝手に登録したんだ、という反発を受けてしまう。

任天堂が直接やっているわけではないのに、任天堂に批判が向かうわけですね。

今までの任天堂だと、遊んだ人は好感を持ち、遊んでいない人はどちらでもない、という思いだった。

中には、遊んだ人の楽しんでいる姿を見て、好感を持っていた人もいたくらいだ。

しかし、ポケモンGOで、遊んだ人は好感を持つかもしれないが、一部被害者からすれば、任天堂に対して嫌悪の感情を持ってしまう。

今までのようにどちらでもない、とならないのがポケモンGOの現状。

こうした状況が続けば続くほど、反任天堂、嫌任が広まるのではないかと危惧する。

ふむ。

今までは、反任天堂のような人は、それこそソニーハードファンやステマ業者、一部の偏ったゲームオタクくらいだったのが、その幅が広がる。

これは、直近ではなく、かなり長い間、続いてしまう恐れもあるし、それを払拭するのは大変だ。

はたして、任天堂はそのあたりをどのように考えているのか、興味深いところ。

ポケモンGOのサービスが日本でもスタート、早くも危ない事例多数

「ポケモンGO」が日本でもサービス開始されたね。

すでに多くの人がプレイしてるようです。

twitterなどでもポケモン絡みのワードが検索上位になっています。

どうですか、やらないと言っていたあなたにはこの盛り上がりがわからないとは思いますが。

いや、やってみたよ。

やったんですか・・・。

ちょっとだけだけどね。

レベル3くらいまで行った。

それがすごいのかどうかはよくわかりませんが・・・。

昼前後に町中歩いていたのだが、その時点で結構ポケモンGOをプレイしている人を見かけた。

多くの人の想像通り、軒並み歩きスマホや自転車スマホだったので、これは必ず問題化するというのを実感。

急に立ち止まる人もいるので、これはこれで危ないんだよね。その人はちょうどポケモンを見つけたらしく、人混みが多い中でも立ち止まっていた。

で、自分でもどういったもの見てみたかったので、ついついダウンロードしてしまった。

結局やるんじゃないですか・・・。

やらないと言っていたくせに・・・。

いまいちどういったものかもわからなかったからね。

で、やってみて、やっぱり危ないとは思った。

ポケモン捕まえるときも危ないけど、それ以上に、拠点の近くに行ってアイテムを得るのが危ない。

これは地図上に多くのポイントが表示されるのだけど、どうしてもそのポイントへの道を確認するためにスマホを見てしまうんだよね。

ポケモンを見つけたときにはスマホの振動で気づかせてくれるので、そこまで危なくないんだけど、アイテムゲットのポイントを回るときにはついつい歩きスマホになりがちだ。

これも、何かしら対策しないと事件に発展する可能性が高いだろう。

そうならないように注意喚起はさまざまな場所でされていますが、なかなか全員が適切にプレイするというわけでもありませんからね。

話変わるけど、結構若い世代の人がプレイしていたのが印象的。

20代前後のプレイヤーが多かった。

単に、まだ昼前後の時間帯だったので、大人世代は参戦していないというのもあるだろうが。

今後もそうした人が増えるだろうから、どれだけスマホを見ながら歩いているかも見て、盛り上がりを肌で感じようかと。

この周りを見て盛り上がりを知ることができるのが、先にARとVRの比較で取り上げたところなんだよね。

7月19日『ひきこもりのVR、外に出るAR』で取り上げましたね。

どうでもいい話なのだが、住まいの前がポケスポットになっていたりして便利。

ひきこもりには最適の立地ですね。

だけど、自分の部屋からは微妙に位置が届かなくて家の中からゲットできなかったりする・・・。

いいんだか、悪いんだか・・・。

町中歩いてもポケモンが見つからないし、バッテリー消費が早すぎて20分も持たない感じ。

あまり活用できそうもないけど、もうちょっとだけ遊んでみようかと。