ゲームの発売延期の多発はなぜか

投稿がありましたので紹介します。

『いつも楽しく拝見しています!
最近、いつまでも発売日が未定のゲームや、発売日が延期されることを見かけることは珍しくないと感じます。
ゲームの発売日を延期する際に、よく各メーカーが発表するのが、「ゲームのさらなるクオリティアップを図るため」という旨なのですが、これは仕方のないこととまこなこさんは考えますか?(一概には言えないかもしれませんが...)
また、発売日とゲームのクオリティ、どちらなら不備があっても許容できますか?
その他、お考えがありましたらお伺いしたいです。』(投稿:だっち)

昔からゲームの発売延期は多々ありましたが、ここ最近は特に目を引くような気がします。

直近ではコーエーテクモは短期間で何タイトルも発売延期を発表しています。

「アンジェリーク ルトゥール」「よるのないくに」「戦国無双4 Empires」「アルスラーン戦記×無双」などが、ここ数ヶ月で延期発表しました。

同じタイトルた短期間で2度も延期したということもあり、コーエーテクモの発売延期タイトルが多いように感じてしまいます。

発表されたものの、発売が未定のタイトルはスクウェアエニックスが有名ですね。

こうしたことに対して、投稿者は仕方ないことなのか、という問いかけをしていますが、どうなのでしょうか?

出来ていないのだから、仕方ないだろう。

仕方ないは仕方ないけど、では、なぜ出来ていないのか、というところを考える必要がある。

実は、発売延期をしない方法が一つだけ存在する。

それは?

完成してから発売日を決めればいい。

当たり前のように思えますが、その当たり前のことが出来ていませんよね。

それはなぜなのでしょうか?

これは昔から変わらない考えだと思うが、メーカー側としては出来るだけ早くに発売して資金を回収したいという想いがある。

現状の流れだと、完成してから発売日を決めると、事前に見切りで発売日を決める時と比べて2ヶ月くらいの時間のズレが生じる。

その間、商品を寝かしておいても無駄となるし、時として陳腐化する恐れもあるため、できればすぐに発売したいわけだ。

なので、あと2ヶ月もあれば完成するだろうというタイミングで発売日を発表し、無事発売にこぎつけようとする。

しかし、その2ヶ月で製品化として出すのに適切ではない状況であるのであれば、発売延期をすることになる。

主にコーエーテクモの発売延期はこうした流れによるものだ。

スクウェアエニックスはどうなのでしょうか?

あれは単なる注目を集めたいだけの馬鹿なだけなので、お話にならないだろう。

作る予定が整っていないものを発表していつまでも発売しないだけだから。

よく、海外はしっかりと発売してくると言われますが、これはスケジュールの組み立てがうまいということなのでしょうか?

海外でも延期するものは延期するけどね。

とはいえ、海外はある程度出来上がってから発表するというのもあるし、何より1度作ったものをより改良して作っていくということが多いので、見込みが立ちやすい。

日本だと、なぜか一度作ったものをうまく活用せずに、また一からいろいろと考えて作ってしまうようなことも多いので、無駄が多いんだよね。

例えば、ファイナルファンタジー12を作ったのであれば、そのシステムを使って13、14と作れば開発費は安く済むし、定期的にソフトのリリースもできるのだが、全部が全部、変えてこようとするから。

その点、海外は大作を1タイトル作ったら、2作目、3作目を1作目の派生としてよりクオリティを上げて出してくるので、技術のノウハウも蓄積され、スケジュールも読みやすく、発売日間隔も短くて済む。

ゲーム開発の姿勢からして違いますね。

それに近いようなことをやっているのがコーエーテクモの無双シリーズなんだけど、その無双シリーズですら発売日を延期する有様なので、根本が違うのかもしれないが。

根本ですか・・・。

個人的に一番いい流れとしては、大体発売日の1ヶ月前くらいまでで完成するようにし、もしダメなら残り1ヶ月で確実に仕上げ、もし1ヶ月前に完成したのであれば、1ヶ月は社員に休暇を与えればいいのでは、と思う。

で、発売後に不具合等が出れば、休暇明けに対応してそのソフトの開発を終える、とね。

ソフトの開発がすべて終わってから休暇ではなく、発売前の完成時点で一度休暇させ、その後の不具合対応等するのですね。

ただ、この方法って、開発者が全員社員であること前提になるんだよね。

派遣社員などを多く用いている昨今のゲーム業界では、成り立ちようがない。

派遣社員にも1ヶ月の休暇を与えるのは無駄だ。その分の費用も出さなければいけなくなるから。

かといって、1ヶ月は仕事扱いせずに、1ヶ月後にまた来てね、というようなことが出来るかというと、それも無理だ。派遣社員も生活があるので、1ヶ月休んですぐまた来て、残る仕事量は限られるとなると、そんなことのために1ヶ月空きを作るよりかは別の仕事を入れたほうが安定して収入が得られるのだから。

昔のように発売したらそれで終わりとならず、発売後も不具合修正や新要素追加などを行うようになった昨今だと、完成してから出せばいいじゃん、という考え自体が成り立ちにくい。

成り立たないから、ギリギリまで開発して発売して、ユーザーからの不具合情報を聞いて修正して、というところまでワンセットとして、人材の手配の計画に織り込まれる。

計画に余裕がないので、少しの遅れで発売延期をしなければいけなくなる。

もともとスケジュールがきつめなのが影響しているのですね。

あと、優秀な開発者がスマホアプリ向けに取られているということも影響しているかと。

コーエーテクモもバカじゃないのだから、当初の予定では十分間に合うと思っていたのだろう。

しかしここにきて何タイトルも発売延期を行っているのは、今までの想定が覆される要因があったから。

その要因は?

開発者の質が全体的に落ちているのでは、と。

今や一線級の人材はスマホアプリに行くことが多いため、家庭用ゲーム機向けの人材が手薄になっているのではなかろうか。

給料とかもスマホアプリの方がおいしいしね。

家庭用ゲーム機向けに来る人材が以前ほどの高さの技術者が来ず、当初想定していたスケジュール通りに物事が進まない、ということはありうるかと。

スマホアプリの盛況が家庭用ゲーム機にこのように影響を及ぼすのですね。

同じお金を稼げるのであれば、誰でも多く出してくれる方に行くよね。

今回のコーエーテクモがどうかは知らないけど。

他にも、日本と海外との雇用関係の違いとか、いろいろと言えるようなことはあるけど、キリがないので、止めておく。

メーカーとしても延期したくてしているわけではないのだが、延期せざるを得ない状況になってしまっている要因があることも知っておくと、精神的に楽かと。

スクウェアエニックスみたいな例は論外だけどね。

DQ10のバージョン3.1はどうなのか

投稿がありましたので紹介します。

『まこなこさん、いつも楽しく記事を拝見させてもらっています
DQX Ver3.1について、なにかコメントお願いします。
特に「クリムゾンキラー」の実装に関して、まこなこさんの見解を聞いてみたいです
過去最高の難易度を誇るフィールドボスの登場について、など。』(投稿)

DQ10のバージョン3.1の公開から早くも10日近く経過しましたね。

最近はバージョンアップ詳細情報公開時に取り上げることも無くなりましたので、現状どう思っているかの話もありませんでしたが、投稿が来ているので、語ってみてください。

何かあるかな?

いつも通りに言ってもいいですから、何か語ってくださいよ。

先に投稿にある「クリムゾンキラー」なのだが、たぶん名前は「キラークリムゾン」だと思われる。

で、ストーリーをクリアしたばかりの私がそういった物に挑むことも無いので、語りようがない。

どうやら強敵としてフィールド上にいるようですね。

公開初日には誰も倒すことが出来ず、2日目に倒す人がちらほら出て来たとオフィシャルでも発表がありました。

今まで倒しがいのある敵がいなかったので、チャレンジ精神のある人にとっては楽しめるのではなかろうか。

というくらいか、感想は。

他の要素はどうでしょうか?

さっきも言ったけど、ストーリーくらいしかやっていないので、言い様がない。ストーリーのネタバレするわけにもいかないし。

なんか、見た目がエヴァンゲリオンやFFっぽいな、というような感想を抱いたが、ストーリー自体が悪いとかでもないし。

短いのでは、という意見がネット上にもあるようですが、その点はどうでしょうか?

温度差があるよね。

前回の大型バージョンアップから4ヶ月近く 経過しているので、日々楽しみにしていた人からすれば、ボリュームが無いと思うのは当然。

しかし、そこまで入れ込んで待っていなかった身としては、これでもいいのでは、と思えてしまう。

短時間でも良いと?

すでにキッズタイムでしかプレイしていないので、その短時間であっても数日かけてプレイできたし。

毎月月額料金を払って、もしくはDQ10絡みのいろいろなサービスを購入して待ち望んでいた人と同じ考えにはならないので、この点はご了承を。

DQ10をプレイしているユーザーの中の多くはストーリーを楽しみにしている人も多かっただろうから、そういった人からすれば、我慢ならないのだろう。

期待することはセカンドシーズンで諦めたので、諦めの気持ちと共にプレイすれば、これでいいんじゃない、という感想を持てたりする。

システム面での変更などはどうでしょうか?

今更ながらにバージョンアップ情報を見ているけど、これといって語れる事が無い。

すでに4アカウント同時プレイを止めてしまっているので、できないコンテンツも多いから。

今回追加された仲間モンスターのパーティ同盟バトルや、少し前に追加された不思議の魔塔なんかの要素も試せないしね。

遊泳エリアが登場したので、今まで残していた数少ない記念アイテムの水着を処分できるのがうれしかったくらいか?

どんな感想ですか、それは・・・。

個人的にはいいんじゃないか、で感想終えるけど、他の人の様子を見ていると、そうでもないみたいで。

久しぶりに以前見ていたDQ10のブログを見に行ったらもうやっていなかったりするし。

最近のスマホアプリの売り上げも落ち込んでいるようなので、プレイヤーも見切りをつけ始めているのだろう。

その原因がバージョンアップの間と、期待していたストーリーのボリュームの少なさに起因していると思われる。

今後、どういう動向になるのかも含め、傍観しようと思う。

スマホアプリ絡みの話はまた後日にでも。

シヴィライゼーションのプレイ一段落、1週間で66時間、評価

そろそろ「civilization5(シヴィライゼーション5)」のプレイを一段落しようと思い、購入から1週間の心境でも語ってみようと思う。

どれくらいプレイしましたか?

1週間で66時間だった。

1日平均9時間。

やりすぎでしょ、相変わらず。

最初の選択からして間違っていたようで、1回目のプレイがやたらと時間かかったんだよね。

シングルプレイで、マップを選び、シナリオなどが無いフリーな状況でプレイをしようと思い、設定をしていったのだが、敵の勢力などを最大数まで選択したら、ものすごく手間がかかり。

なおかつ、敵の数が多いからか、後半にはターンの切り替えにも時間がかかる始末。

最初のプレイでこの設定は良くなかった。

で、1回目のプレイが44時間と、これだけでオフラインの一つのゲームがクリアできるくらいの時間、プレイすることになった。

ルールなどがほとんどわからずにいたため、常に戦闘で敵の都市を落としていき。拡大路線を行っていったのだが、どうやらこのゲームの場合、無理に拡大路線を突っ走る必要もなかったようで。

これがまた、プレイ時間を長くする要因にもなったりした。

要領わからずやっていたので、外交などを一切利用せず、宗教も放置。

なぜか1回目のプレイから縛りプレイのような形で遊ぶことに。

普通にプレイすればいいじゃないですか。

したかったんだけど、それだけいろいろなルールがあって、全部覚えていくのは億劫だったので。

なので、盲目的にプレイしていき、途中、他の敵が外交で勝利宣言をしたものの、見なかったことにしてそのまま続行。

44時間の激闘の末、なんとかクリアと。

残りの22時間は何をプレイしたのでしょうか?

続いてシナリオモードがあったので、そちらをプレイ。

これは1つのマップで条件を満たしていくタイプのゲームなのだが、これもなかなかルールが良くわからず。

なので、条件に達せずに敗北になることも幾度かあった。

「1066:ヴァイキングの運命の年」「新世界への侵攻」「新世界への侵攻」「侍の朝鮮侵入」のシナリオをプレイし、今現在に至る。

で、次はどうするのですか?

まだシナリオはあるんですよね?

もういいかな、と。

シナリオを全部クリアせずに止めるのですか・・・。

シナリオモードをやると、精神力がすり減らされるんだよね。

敵が嫌な感じに攻めてきて、こっちの都市を制圧されると、それだけで気が萎える。

日本のどうぞ勝ってくださいと言わんばかりのゲームに慣れていると、敵がまともに攻めてくるのが精神的に辛く感じた。

しかも、「侍の朝鮮侵入」なんかは朝鮮を滅ぼしたはいいものの、定期的に兵力が湧いて来るし、その間に中国が大軍で攻め寄せてきて、なおかつもう一勢力が突然宣戦布告してきて四面楚歌状態に陥るなど、ストレスが溜まった。

これはこれでやりがいはあったけど、最終的に、本来の目的を達成せずということで敗北扱い。勝利の条件はいくつかあったのだが、一つを満たして条件を達成したと思っても、敗北と表示されるのは悲しいものがある。

システム的には勝利扱いになっているのだが、終了時に敗北と書かれると、なんだかな、という気持ちにさせられる。

よくわからないシステムですね・・・。

最後にもう1回くらい、シングルプレイをしてみたい気もするのだが。

これって、世界地図通りに都市配置とかできないものなのか。

ローマで創めて世界地図を想定して動いていたら、なぜか北京あたりの位置にいたということがあった。できれば世界地図通りの配置でプレイしてみたいと思うのだが。

「civilization5」絡みで投稿も届いています。

『まこなこさん、トロピコに続きCivilizationに興味を抱いてくださって、ありがとうございます。
CIVのいいところは外交ゲームであるところ、そして且つマルチプレイができるところです。
もちろん、シングルプレイでもCIVのAIは(特に5は)非常に人間臭く作られているので充分面白いのですが。
ですから、もしシングルプレイでCIVとの相性が良いと思われたなら、ぜひマルチプレイもぜひどうぞ。
オンライン、オフラインどちらもできます。』(投稿:マーク)

マルチプレイは手を付ける予定が無い。

人の時間の都合に合わせてこっちがプレイするのが好きでないので。

あと、今まで戦略シミュレーション系が多かったこともあり、外交でどうこうというのが好きではないと、今回気づかされた。

外交をやっていくと、結局はシステムを攻める形になって、ゲームをやっているよりかは数値の調査研究をやっているような気になってしまう。

いくらくらいまでならゴールドと引き換えにできるだろうか、と数値を細々入力していったりという作業とかね。

そういうゲームの仕方は好きじゃないので、外交プレイ自体をやらない。

でも、このゲームシステム的には人がいて、また違った新鮮さを持って楽しめるようなものもあるのだろうから、本当に好きな人はマルチプレイで楽しむのもありなのだろう。

私はそこまでには至っていないです。

「civilization5」をプレイしてどうでしたか?

評価や感想などありますか?

ネット上だと、4作目の方が良いという話をする人もいるようなのだが、現時点の「civilization5」をプレイする分には、十分完成されたゲームだとは思う。

たぶん、4作目もいろいろとバージョンアップされて最終形が出来上がり、その後、5作目の初期をプレイすると、4作目の良さが際立ってしまっていたのだろうが、5作目もバージョンアップを重ねていくことで、十分なゲーム性を醸し出すに至っている。

4作目をプレイしていないので比較はできないが、ネット上で言われている4作目最高説は、このあたりの比較対象が異なっていることも考慮に入れておくべきだろう。

その点を考慮したうえで、ネット上ではいくらでも評価や感想が載っているだろうから、そちらを見ていただけたらと思う。

ゲームとしては素晴らしいものがあり、特に各数値のバランスをどううまくとっていくかが、すべてに影響するという部分が多々あり、ゴールドだけでなく、幸福度などによって安易に拡大路線が図れないようになっているのが良く考えられているな、と。

ゲームとしては憶えることが多くて複雑で、操作もいろいろしなければいけないので大変だけど、過度にハマる人が出るのも頷ける。

では、これにてプレイしないと?

うーん、こういう風に話していると、プレイしたくなるんだよね。

どっちなんですか・・・。

他の人の解説プレイ動画でも見ながらもうちょっとゲームシステムを学び、再度やってみようかと。

次はどこでやろうかとか、難易度どうしようかとかいろいろ考えるのも楽しい。

ぜひプレイしてみてください。

実際にプレイすると、胃がキリキリするんだろうけどね。

・・・・・・。

DQ10せんれき2015年8月版、バージョン3.1公開後

DQ10のせんれき公開をさっそくしていこう。

前回は『DQ10せんれき2015年8月版、丸3年のせんれき』で紹介しました。

今回は次の通りです。

前回は3025時間で、今回は3037時間ですから、12時間のプレイですね。

1日計算で0.4時間です。

前回までは1日0.1時間でしたので、今回はプレイした感じですね。いったい何をしていたのでしょうか?

まず、バージョン3.1のストーリーをクリア。

それと並行して、チームクエストを消化していった感じ。

バージョン3.1のストーリーはクリアしたので、9月はチームクエスト中心にプレイする予定。

ながらプレイをしているので、プレイ時間は今月よりも延びる予定。

プレイすることは良いことです。

チームクエストをやりながら、うまく宝珠取りも兼ねられればと。

今現在の宝珠の状況は次のような感じ。他に関しては何も嵌めていない。

初期状態じゃないですか・・・。

なので、うまくチームクエストと対象モンスターが兼ねられればいいかな、と。

続いてキャラクターごとのレベルを見ていきましょう。

職業 まこなこ どわこ おがこ うぇこ ぷくこ えるこ
戦士 85 82 85 78 51 43
僧侶 85 85 80 85 63 85
魔法使い 85 77 43 60 85 44
武闘家 85 75 63 75 42 54
盗賊 82 82 80 66 40 40
旅芸人 85 80 64 80 59 40
バトルマスター 85 51 85 50 50 46
パラディン 85 85 85 85 50 81
魔法戦士 85 85 60 81 85 49
レンジャー 85 81 85 81 40 43
賢者 85 85 80 83 85 50
スーパースター 85 85 59 85 61 61
まもの使い 85 67 84 61 55 43
どうぐ使い 85 85 71 85 50 85
踊り子 80 76 76 81 -- --
職人 50 50 50 50 50 50

ようやく全キャラクターの職人レベルが現時点での上限まで達した。

もうメインキャラクター以外はレベル解放しない予定。

他はさほど変わりなく。

同じくメインキャラクターのまこなこが、すべてレベル85まであと2職のところまで到達。

他のキャラはさほど変わらず。ぷくことえるこはもうログインもほとんどしないので、今後もレベルは変わらないだろう。

こんなところでしょうか?

最後にハウジング。

ぬいぐるみを購入して飾るようにしているのだが、バージョン3.1の期間中に出て来たぬいぐるみは興味がないので、こんな感じになっている。

他の人も同じような考えなのか、本来であれば新規に出て来たぬいぐるみは旅人バザーで高めに取引されるのだが、新規のぬいぐるみは逆に安くなって売られていたのが印象的。

ちなみに、中央にあるうさぎのぬいぐるみは後日別の場所に移動となる予定。

と、こんな感じの8月でした。

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。