ドラゴンクエストヒーローズでわかる、PS4が如何に小売りに信用されていなかったのか

そういえば、「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」の初週販売数が発表されたようだね。

PS3版が33万本、PS4版が27万本とのことです。

PS4版の本数には昨年末に発売された限定本体に同梱されていたダウンロードコード分も含みます。

合計で60万本ですが、どうですか、この結果は?

数字的にはこんなものでしょう。

ただ、今回の経緯を見ていると、如何に小売店にPS4が信用されていなかったんだな、ということがわかる。

どういうことですか・・・。

PS4版は、もっと販売本数が伸ばせていたんだよね。

かなり早い段階で品薄状態になり、手に入りにくい状態になっていたから。

もし、小売店がもうちょっとPS4のことを信用していたら、もっと仕入れただろうし、結果として数字で出てくる販売本数も高くなっていただろう。

とはいえ、直近に発売された注目タイトルの「The Order:1886」があっさり値崩れするなど、まだまだPS4の取り巻く環境は良くない。

そう考えると、無難な発注と言えなくもない。

もしかしたら、もっと景気の良い数字が出たかもしれないというわけですね。

1月9日『ドラゴンクエストヒーローズはPS3とPS4、どちらが売れる?』で少し触れたけど、本当にどっちが高くなるか、微妙なラインだったな。

発売週にどちらが売れるのかということを取り上げましたね。

わからない、という率直な話でしたが、PS4が品切れになっていなければ、まさにどうなっていたかわからないくらい拮抗している数字でした。

その時にPS4版は最終的に30万本以上は売れるだろう、という話をしたし、もし、30万本くらい売れると思って小売店が仕入れていたら、PS3版といい勝負だったのだろう。

あとは、今後、ちゃんと売れていけば30万本以上は行くだろう。

追加の出荷後の数字にも注目ですね。

現時点では合計で60万本だけど、どれだけ伸ばせるか。

75万本くらいはいかないと駄目だろうという話を以前したけど、PS系は中古での回転も速いので、そのあたりがどう影響するかといったところ。

だからこそ、初週で売っていかないといけなかったんだけどね。

今後、どれだけ伸びるのかも含めて、気になるところ。

ですが、今回の「ドラゴンクエストヒーローズ」の発売でPS4の日本での普及に弾みがつきましたね。

後は6月辺りにあるであろう値下げ発表と、9月の「メタルギアソリッド5」までにどれだけ他社タイトルが出るか、といったところか。

E3 2015で新たに発表されるタイトルも含め、今後の展開が楽しみですな。

メタルギアソリッド5 ファントムペインの発売日決定、予約スタート、PS4の値下げ時期も?

「メタルギアソリッド5 ファントムペイン」の発売日が決まったようだね。

9月2日に発売されます。

機種はPS4、PS3、Xbox One、Xbox360の4機種です。

9月16日にはWindows版も発売されます。Windowsはsteam経由での提供です。

事前情報では9月1日と情報が流出していたけど、9月2日なんだね。

どうも海外で9月1日発売という情報が流出したのを、そのまま日本でも9月1日と勘違いして広めた人がいたようで。

時差の影響もあり、日本では日付としては9月2日に発売となる。

とはいえ、ほぼ同時発売ではある。

いろいろなパッケージが用意されているようだけど、どうなっているのかな?

オリジナルPS4本体が発売される他、パッケージも3種類用意されています。

コナミスタイルオリジナル限定版のほか、どの店舗でも買える限定版、そして通常版です。

店舗によってさらにオリジナル特典が付くところもあります。

amazon.co.jpやTSUTAYAでも店舗限定のダウンロードコードが特典でついてきます。

オリジナルデザインの本体カラーがいい感じなんだよね。

赤の色合いが特に。

この赤色は「ファイナルファンタジー零式 HD」のオリジナルPS4本体でも用いられている感じなのだが、こっちはロゴがデカデカと描かれていてダサいんだよね。

今回は赤と黒の2色を用いられた本体色になっているけど、ロゴもワンポイントとしていい感じに用いられており、お薦めできる感じに仕上がっている。

もし、まだPS4を持っていない人は、この本体を狙ってみるのもありではなかろうか。

オリジナルPS4本体の価格発表はまだなんですよね?

まだされていません。詳細も含め後日発表とのことです。

もしかしたらE3 2015で発表されるのかもしれない。

また、その時に、PS4自体の値下げの発表もあり、このオリジナルPS4本体もその値段に合わせてた価格設定になるのかと。

そういったあたりも含め、まだ未定なのではなかろうか。

それでしたら6月まで情報待ちですね。

この赤系の本体色で普通に発売してくれたら買うんだけどね。

ほんとですか・・・。

と、いうわけで、発売日も決まって益々海外では盛り上がりそうですな。

日本ではどうですか?

さあ?

・・・・・・。

日本はもうちょっと続くソフトが欲しいところだ。

でもまあ、値下げもあれば盛り上がるだろう。

すでにamazon.co.jpで予約の受付が開始されています。

さまざまな機種で発売されますので、機種名と限定版かどうかを確認の上、チェックしてみてください。

メタルギアソリッドV ファントムペイン 予約販売受付中

amiibo、一部追加生産実施へ、転売屋対策にも

品薄になっているものもある任天堂のフィギュアとICチップのセット「amiibo」に動きがあったようだね。

一部の品薄になった商品の追加生産が決定しました。

追加生産されるのは次の通りです。

『現在、市場で品薄となっております「むらびと」「リトル・マック」「キャプテン・ファルコン」など一部の「amiibo」を日本国内向けに追加生産しており、5月中旬より順次出荷してまいります。

「amiibo」は、細かい組立工程を必要とし、一部に手作業が含まれることなどから、生産開始から出荷まで数か月の時間を要します。お待ちいただいておりますお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

なお、今後もお客様や販売店様からのご要望の有無や市場の状況によって、その都度、追加生産を検討してまいります。』(任天堂オフィシャルサイトより)

具体名は3キャラクター分あるけど、そのあとに「など」と言葉を続けているところを見ると、まだまだありそうです。

いずれにしろ、よかったよかった、ということで。

本当に良いと思っているんですか・・・。

amiibo関連については過去にも少し触れており。

1月18日『ゼノブレイドクロスへの期待感と不安、amiiboの対応の有無など』、2月25日『amiiboの新ラインナップ発表、品切れ注意、任天堂は別の対応もすべき』などで触れていましたね。

主に品薄に関してや、他の方法は無いのか、ということを取り上げました。

任天堂からのお知らせにも書いてある通り、気軽に再生産できないこともあり、追加生産も行われないのでは、と思われていたので、追加生産があること自体は良いことかと。

ただ、では5月に追加生産が行われたものが世に出て来た時に、本当にそれが売れるという保証もない。

ゲーム業界で似たような例としては初代の「たまごっち」が挙げられるが、生産したはいいものの、用意したときには需要無しとなるリスクもあるので、本来であればあまりすべきことではないんだけどね。

フィギュアの生産の難しさは単に作るのに時間がかかるだけでなく、それがその時に売れるのか、という問題もあります。

今回、追加生産があるということで1つだけプラスの要素がある。

プラスの要素とは?

転売屋がこれによって、追加生産される可能性があることを考慮し、買占めを控えるのでは、ということ。

今現在、なぜ品切れになっているかを考えると、単なる需要だけでなく、転売屋の買い占めによって本当の欲しい人に直接amiiboが届いていないからではなかろうか。

となると、転売屋が今回の発表で買占めを行わなくなるだけで、適正な販売が行われ、欲しい人にはちゃんと商品が届く体制になる。

なので、転売への抑止効果の面で、この発表は大きい意味があるのではとみている。

ふむ。

ただ、抜本的な解決にはならず。

やはり、最終的には前回話したように、フィギュア無しで気軽に生産できるカードタイプやチップタイプを生産し、フィギュアは別になくてもいいやという人にもamiiboの魅力を感じてもらえるようにするのがベストだ。

amiiboはフィギュアの面に注目が集まっているけど、肝はチップとそれを用いたゲームの連動にあるわけだし。

すでに任天堂は計画しているという話もありますね。

それでフィギュア型amiiboの一極集中を抑えることが出来るのかも含めて今後の情報を待てればと思う。

DQ10せんれき2015年3月版、まもなく余生を過ごす

毎月恒例のDQ10プレイ状況。

さっそくプレイ時間を見ていこう。

前回は『DQ10せんれき2015年2月版、カジノでカジノコインがなんと!』で取り上げました。

今回は次の通りです。

前回は2956時間で、今回は2964時間ですから、8時間のプレイですね。

1日計算で0.3時間とプレイ時間が以前より縮小していますね。

とはいえ、他のキャラクターのみで操作する時間もそれなりにあり、なんだかんだで1日1時間以上はプレイしていたかと思う。

サブアカウントのキャラクターでは何を?

モンスター闘技場でもらえるルーラストーン目当てに結構時間を使っていた。

あと、上げておくべき職業とモンスターのレベル上げも試練の門を用いてやっており。

その時、サブアカウントキャラクターのみで動かすことも多く、結果として1日1時間以上はプレイしていたことになる。

モンスター闘技場はやりたくはなかったけど、ルーラストーンの降り立つポイントの利便性が高く、仕方なく実施。

ひょっとして6キャラクター分ですか・・・。

6キャラクター分だ。

それはさすがにやりたくないですね・・・。

続いてキャラクターのレベルを見ていきましょう。

すべてのキャラクターでレベル85まで育ちましたね。

職業 まこなこ どわこ おがこ うぇこ ぷくこ えるこ
戦士 85 80 85 76 43 43
僧侶 80 84 80 81 55 76
魔法使い 85 44 43 50 68 43
武闘家 85 73 61 75 42 40
盗賊 80 81 80 66 40 40
旅芸人 83 80 64 80 40 40
バトルマスター 80 50 80 50 47 45
パラディン 85 85 83 85 50 68
魔法戦士 81 72 59 67 85 49
レンジャー 83 80 84 80 40 40
賢者 85 80 80 80 83 50
スーパースター 80 85 59 85 40 46
まもの使い 84 63 82 61 55 43
どうぐ使い 80 79 71 81 50 85

モンスター育成も兼ねてプレイしていたので、それなりに各キャラクターのレベルも上がっている。

モンスターの育成はもうしないので、いずれのキャラクターも、あと1つか2つの職業を上げ終えたらレベル上げも終える予定。

育成したら、最初のパーティー同盟をクリアしていない「ぷくこ」「えるこ」にクリアさせて一段落となる予定。

その後はチームクエストでもしながら余生を過ごそうかと。

余生ですか・・・。

そういえば、バレンタインイベントが2月にはありましたね。

どのキャラクターに投票したんですか?

投票自体しなかった。

何でですか・・・。

すでにクリスマスイベントの際もプレイしていないし。

もう季節イベント物はいいや、と。

エントリーキャラクター紹介とかは見に行ったけどね。

そこまで行ったのならクリアまですればいいのに・・・。

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。