日本のユーザーのせいで日本のゲーム業界が発展しない、その理由と解決策はあるのか?

かなり以前に日本のゲーム業界のネット上の評価が悪いのはメーカーの自業自得という話をした。

2月8日『日本のゲームに対するネット上の評価が悪いのはメーカーの自業自得、いつになったらまっとうな状況を作り出すの?』で取り上げましたね。

FF15など、いろいろとありましたが、その根底はメーカーにあるのでは、という話でした。

その後、関連した投稿があった。

メーカーはわかったが、ユーザーはどうなのか、と。

この投稿ですね。下記の話題とは、先に上げたメーカーについての話のことになります。

『下記の話題のユーザーサイドについての話も宜しくお願いします。

もしかしたら自分も無意識的に行っている可能性があるので、非があれば一ユーザーとして自分の行動を意識的に是正していきたいと思っています。

暇だったらとは言わずに是非よろしくお願いします。』(投稿:シュイラー)

半年以上前の投稿なのに、なぜ今なのですか・・・。

暇が出来たので。

いつも暇だったでしょうに・・・。

と、いうことで、さっそく取り上げていこう。

メーカー側にも問題が多いのは事実だが、ユーザー側にも問題が多々ある。

先の話の中に出てきた、FF15のネタバレを積極的に拡散する人がいたのは事実だし、それ以外にもネット上のレビューサイトで低評価を付けまわったり、レビューで低い点数を付けたりと、いろいろと挙げられる。

それが、本当にそう思ってのことであれば別に問題ないのだが、ネタとしてそういったことをしている人が多いのも事実だ。

なぜ、そうした人が日本では多いのでしょうか?

日本のネット文化が匿名掲示板等で培われてきたからじゃなかろうか。

なので、基本は持ち上げることではなく、叩き落すことを中心に会話が進んでいくようになる。

匿名であることをいいことに、対人では出来ないことをしていく。

そうしたものが、ユーザーのレビューであったり、評価ポイントの付け方だったりに表れているのだろう。

これは日本だけの特徴なのでしょうか?

多かれ少なかれ、どの国にもある。

なので、これはこれで別にいいというか、しようがない部分もある。

誰しも負の感情を持つことはあるだろうし、その一部が常態化する人もいる。

それは日本人だとか、他の国だろうが大きく変わらない。

ですが、日本だけ突出して評価が低いことも多々あるのも事実です。

海外のamazonのレビューの評価ポイントと日本とでは大きく異なったりもします。

これはどういったところに理由があるのでしょうか?

今回の本題はこの部分になる。

日本人は何かを貶める以上に、何かを評価する、ということをしない。

良かったものに良いということを言わず、という、これは日本人ならではの特性だと思うのだが、これが大きく影響していると思う。

そうなるとどうなるかというと、相対的に負の感情を持った人の発言や行動が目立ってしまう。

これは、負の感情の方がネットで広まりやすいという特徴以上に関係している。

良いものを良いと評価しないために、相対的に評価ポイントが下がったりするわけですね。

この辺りは性別や年齢も関係してくる。

よく言われることなのだが、女性は比較的評価をする傾向にある。

これは同調意識なども相まって、誰かが評価すると、こぞって評価するみたいにね。

また、子供も無自覚に評価すると思われる。

この辺りはYouTubeで評価ボタンの押され具合にも表れていて、女性層が多いYouTubeチャンネルだと高評価が多く、そうでないと、あまり高評価されていなかったりする。

逆に低評価はどちらも大きく変わらない、といった具合にね。

女性や若年層は評価をしてくれやすいのですね。

一方、男性は評価をしない傾向にある。

で、ここで重要なことなのだが、やはり既存のゲームって、男性が多く遊ぶものなんだよね。

その主要顧客層である男性が良いものを良いと外部にわかる形で評価をしないことによって、相対的に負の評価が目立ってしまう。

そして、こればかりは現状、変えがたいものだ。

なぜ、日本人の男性は評価をしないのでしょうか?

評価をされるような人間じゃないからじゃない?

酷い・・・。

まあ、それは多少冗談として。

ただ、評価をされない、というのは事実だ。

そして、過去に自分が評価されていないため、人を評価するということを知らないとも言える。

どうしても日本だと、人を誉めるよりかは叱って育てるようなところが過去にはあり。

出来て当たり前、出来なければ叱る、という具合にね。

ダメな事はダメ、良い事は良い、とは言わず、ダメな事はダメ、良い事は当然。

場合によってはダメな事にも何も言わず、ということも多くなっている。

そうした連鎖によって、人を評価するということができなかったりする。

海外だと、何か良いと判断すればスタンディングオベーションで評価を行動で表したりもするけど、日本人だと何もしないでしょ。

せいぜい、知人と良かったね、と会話を弾ませる程度。

ブラボーと叫ぶくらいのことを当たり前のようにしてもいいとは思うのだがどうだろうか。

この辺りの国民性の違いは影響しているのかもしれませんね。

負の感情を持つ人は一定数は必ずいるので、あとはそれ以外の人がちゃんと意思表示をするかどうか。

これにかかってる。

とはいえ、こんなことを変えることなんて無理なので、今後もたぶん変わりようがないんだろうけどさ。

特におっさん世代は。

おっさん世代ですか・・・。

年を取ると評価をしなくなるからね。

意固地になるとでも言おうか。

自分の考えを持ってしまって他の考えを受け入れない。

そして、その考えは過去の自分の出来事に縛られてしまう。

過去のゲームは良かったが、今はダメだ、という具合にさ。

過去は過去で良い、今は今で良い、という考えも持てずに批判をするような人も多い。

既存のゲーム業界が高齢化することによる影響も出ているかと。

逆に、スマホ系はまだ新規のプラットフォームなので、まだそうした傾向が薄い。

この辺りも、既存のゲーム業界とスマホ系業界の差となって表れている。

最近の若い者は、というような感じの人が既存のゲーム業界に増え過ぎたのだろう。

そんなおっさんにならず、ブラボーおじさんみたいに良かったものは評価すればいいのにね。

ですが、どうにもならないんですよね?

ならないだろうね。

それが日本人の特性なんだから。

原因はわかってはいても、どうにもならない。

とはいえ、この問題はネット上での評価等の問題であって、それが現実にそのまま当てはまるかというと、それはまた別問題。

本当に面白いものが出れば、ネット上の評価を飛び越えて売れるし、結局はメーカーが面白いものを適切にユーザーに伝えていくというのが大前提かと。

それすらできていないメーカーが多々いる中で、ユーザーの評価云々の問題を取り上げるのもお門違いだ。

と、いうことで話を終える。

コメント欄を一時的に開けておくので、何か言いたい人はコメントを。

間違っても一人で大量に自作自演コメントはしてくれるなよ。

ゲーム実況を否定している人は嫉妬の感情によるものだと判明された』でのことですね・・・。

まこなこ 新着記事

ゲーム実況を否定している人は嫉妬の感情によるものだと判明された

ソニーのPS4成功の立役者アンドリュー・ハウスが退任、沈みゆく船から脱出か!?

ゲーム実況が如何にゲームの売り上げに貢献し、ゲーム業界を盛り上げているのか

いただきストリートFF&DQをプレイしてみた評価レビュー、ゲーム実況による広まりやルールなど

Xbox One Xの発売日発表、でも、そもそもXbox Oneって何?そんなのあったの?

東京ゲームショウ2017、ゲームのデジタル流通の講演にていろいろと考えさせられる、カプコン社長の山内溥化も

東京ゲームショウ2017の来場者が前年比で減少、その理由は?

東京ゲームショウ2017、「信長の野望 大志」や「ラブプラスEVERY」のVR体験などプレイしたゲームの雑感など

東京ゲームショウ2017基調講演、e-Sports(イースポーツ)を題材に、オリンピックを否定する海外勢登壇者、肯定する日本勢

モンスターハンターワールドの予約がスタート、ネット限定版も