ソニー、2015年3月期上半期決算でいつまでも沈みゆく会社の中のゲーム部門は?

ソニーの決算発表があったようだね。

2015年3月期の第2四半期決算が発表されました。

該当期間は2014年4月から9月までを指します。

当然、ソニーは黒字でウハウハですよね。

ウハウハが何を指すのかよくわかりませんが・・・。

ゲッシッシ。

ソニーに関してもいろいろと説明をしないと誤解を招く部分も多いため、個別に見ていきましょう。

で、どうですか、今回の好決算は?

聞く前に勝手に好決算言うなよ・・・。

ですが、黒字なんですよね?

営業利益で158億円の赤字、株主に帰属する四半期純利益は1092億円の赤字です。

・・・・・・。

寝るなよ・・・。

桁は1つしか違いませんが、数字の大きさが任天堂と比べ物にならなかったので・・・。

この数字を単純に見ていっても何の理解もできないので、かみ砕いてみていこう。

まず、ソニーという会社は、ゲームユーザーからすればPS4やPS Vitaなどのゲーム機を販売するゲームの会社になるけど、他にもさまざまな製品を出している。

そうしたすべてのソニーの商品やサービスによる合計が先に挙げた数字だ。

ただ、営業利益にしても、複雑な要因が絡んでの大きなマイナスになっているので、そのあたりを考慮しないといけない。

今回、複雑にさせているのはモバイル部門の低調による減損の形状ですね。1760億円のマイナス要素となりました。

この数字が大きいため、数字としては歪になっているけど、その他の個別の部門を見ていくと、それなりに好調なものもあったりする。

後は、こうした数字をどう判断するか、各自次第。

ゲーム部門はどうなのですか?

営業利益で261億円ですね。

おお、ゲームは稼いでいるんですね。

ゲーム以外にも、その他いろいろな分野で利益は出ている。

というのも、今まで重しになっていたテレビ部門やPC部門など、さまざまな部門をリストラしてきたので、そうした重しが取れてようやく経営の数字的にまともな企業になってきたというのが今回の決算。

本来であれば、モバイル事業も利益を出せていたら万々歳だったのだが、ソニーの中核の一つとしていこうと言っていたモバイル部門が絶不調のため、今回の大幅な赤字となっている。

このモバイル部門をどうやっていくのかにもよるが、これもうまく切り離したり規模を小さくして赤字にならないようにしていければ、ようやくまともな企業となるのではなかろうか。

とはいえ、ソニーという会社が経営的な数字だけでまともになって、従来のソニーらしさが皆無の企業となることが良いのかどうかは別問題だけどね。

ゲーム部門の詳細はどうなっているんですか?

PS4とセットで売っていくネットワーク関連との相乗効果で利益が出ている感じだ。

あと、ソフトで「The Last of Us Remastered」などを自社で売ったので、そうしたところも数字に出ているとのこと。

では、今後もPS4は安泰ですね。

そうであるといいですな。

なんですか、その物言いは・・・。

来週あたりにでも11月恒例の今後のゲーム業界全般を取り上げるので、その時にでもまた細かく述べられたらと思う。

今回はソニーの決算のお話ということで。

発表された数字だけ一部を除き、見るとよかったのではなかろうか。

任天堂、2015年3月期上半期決算が思いのほか好調に

任天堂の決算発表があったようだね。

2015年3月期の第2四半期決算が発表されました。

該当期間は2014年4月から9月までを指します。

どうせまた赤字なんですよね。

どうせ、とか言うのはやめてください・・・。

ゲッシッシ。

いろいろと説明をしないと誤解を招く部分もありますので、個別に見ていきましょう。

で、どうなんです?

今回の業績発表は?

思った以上に良かったというのが正直な感想だ。

ですが、赤字なんですよね。

数字を見ていかないとそのあたりはうまく説明できないと思います。

まず、営業利益に関しては2億円の赤字です。

ほらやっぱり。

逆に、経常利益は222億円の黒字です。

・・・・・・。

寝るなよ・・・。

桁が2つも違うのですが・・・。

そのあたりも含めて見ていこう。

まず、営業利益というのは、その時点で物を売買したときに利益が出ているか、出ていないかを図る材料となる。

なので、今回の2億円の赤字は、まだまだ十分収益を上げる状況になっていないことを意味している。

一方、経常利益は、先の営業利益に加え、任天堂の場合は海外に資産があり、その資産を日本円に換えたときに、前回と比べてどれくらい換えただけでプラスになったか、マイナスになったかも含めての数字だ。

為替が良い方向に動いたと言われるが、まさにその数字がここに現れる。

言ってしまえば棚から牡丹餅みたいな話ですな。

それでもよかった、ということなんですよね?

棚から牡丹餅は置いておいて、営業利益も頑張った方だと思っている。

10億円から20億円くらいの赤字が残るかな、と思っていたので。

第1四半期までは95億円の赤字だったので、この第2四半期の間だけで93億円のプラスになっている。

年末に向けてさらにソフトが売れる時期にもなることもあり、また、ソフトもニンテンドー3DSで「ポケットモンスター」、WiiUで「大乱闘スマッシュブラザーズ」などが控えているので、さすがに今期はそれなりに見られる収益状況になるのではなかろうか。

収益面はわかりましたが、本体などの普及状況はどうでしょうか?

お世辞にも良いとは言えないが、これで利益が出せるようになるのであれば、それはそれでよいのではなかろうか。

ただ、以前にも述べたけど、ニンテンドー3DSは今年で、WiiUは来年でほぼ終了となりそうなので、来期以降にどういった施策をするのかという方にもそろそろ注目していきたい。

ですが、まずは年末に向けたソフトで楽しみたいですね。

なぜドラゴンクエストヒーローズのアリーナの声優が中川翔子だと嫌なのか

「ドラゴンクエストヒーローズ」で新たな情報が出てきたようだね。

発売日が発表されました。2015年2月26日に発売です。

また、メタルスライムをモチーフにしたオリジナル本体は12月11日に発売されます。キャラクターを演じる声の担当者が発表されました。

スクウェアエニックスオフィシャル通販サイト「スクウェアエニックスe-STORE」や各種オンラインショップでも順次予約がスタートしますので、ご確認ください。

ドラゴンクエストヒーローズ 予約販売受付中

さぞ盛り上がっているのでしょうね。

かなり盛り下がった人も多いようだけどな。

何か盛り下がる要因があったのでしょうか?

アリーナの声優が中川翔子さんということで、かなりの反発があるように感じれます。

そんな、酷い・・・。

でもまあ、反発する理由もわからないでもない。

反発に理由なんてあるのでしょうか?

今回は、なぜここまで拒否反応を示す人がいるのか、取り上げてみようと思う。

まずは何からですか?

そもそも論として、ドラゴンクエストのキャラクターに声を当てるということ自体に拒否反応を示す人がいる。

過去のシリーズの多くが声なしで発売され、それらの声はユーザー自身が頭の中で勝手に想像していた部分でもあるため、その想像からの乖離を嫌ってのこと。

それは納得できますね。

ですが、それでしたら必ずしも中川翔子さんだけの話ではありませんよね。

一応、過去には歴代シリーズがCDドラマ化されていたので、声自体がまったくなかったわけでもないのだが、CDドラマを買っていた人なんてごくごくわずかなので、声があること自体嫌だというのは納得できることだ。

他の理由はなんなのでしょうか?

次に、声優でないという点。

特にアニメファンからすると、アニメ声優と比べて芸能人の声当ては劣っているというイメージを持っている人が多い。

なので、芸能人がゲームやアニメなどの声を当てることに対して拒否反応を示す人もいる。

だが、言うまでもなく、芸能人でも良い声を当てる人もいることから、これだけが理由とすることもないだろう。

「ドラゴンクエストヒーローズ」ではすでにオリジナルキャラクター2名が芸能人を用いていることが発表済みでした。

なので、ここまではどの芸能人が声を担当しても起こりうることなので、おいておくとして。

ここからが、なぜ中川翔子氏だと駄目なのかの話に入っていく。

個人の問題ということですね。

一つは、昨今、トラブルを起こし、人物としてのイメージが悪いという点。

その悪いイメージがある人物が、ドラゴンクエストシリーズのヒロインの声を当てるということに対する拒否反応。

当然、キャラクターを見ると、本人のイメージを想像してしまい、演技のうまい下手にかかわらず、ゲームの没入間を阻害するという恐れがある。

芸能人を使うことの影響の一つですね。

特に、今現在は良くても、将来にトラブルを起こして、過去の作品にも影響を及ぼすことはよくあります。

そしてもう一つ。

たぶんこちらの方が大きな問題だろう。

どんな大きな問題ですか?

中川翔子氏を声優に起用したことで、「ドラゴンクエストヒーローズ」が劣化コンテンツであることが確定した、ということだ。

意味がさっぱりわかりませんが・・・。

中川翔子氏自身が、アリーナのコスプレを過去にするなど、ファンですよ、というアピールをしていた経緯があり。

そういった人物を声に選ぶということは、能力で選ばれたのではなく、ファンだから選ばれたんだろ、とか、宣伝目的で選んだんだろう、と、ユーザー側が感じ取ってしまう。

本当にキャラクターに適任の声として選ばれたと思えないだけに、ユーザー側の反発、特に過去のシリーズからアリーナを好んでいた人からすると、苛立ちを感じてしまう。

この点が、特に他の部分以上に嫌悪感を抱かれる要因なのではなかろうか。

ですが、決まってしまったのですから、こればかりはどうにもなりません。

たぶん、ゲームの設定で声無しの設定もできるようになっていると思うんだけどね。

それでしたら声付きが嫌な人も楽しめそうです。

出来ればキャラクターごとに声無しの設定とかが出来れば、今回の問題は大きく軽減されるのだろうが・・・。

そこまでの設定項目を求めるのはどうかと・・・。

大乱闘スマッシュブラザーズでのミュウツーの扱いはどうなるのか、さらなる方策も?

投稿がありましたので紹介します。

『新作スマブラについて質問です。26日にあったダイレクトでWiiUの情報が紹介されましたよね。最後には、両方の機種の購入特典としてサントラに引き続き、キャラのミュウツー追加がありました。私はどうせ両方買うのでうれしい限りですが、元々買う予定がなかった人にとっては余計に辛いような気がします。必死に親に頼んで買ってもらった子供からしたらかなり大変と思いますが。』(投稿:みたらし猫)

先日公開された動画「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii Uがスゴい50の理由」の最後の方で発表されましたね。

動画については『大乱闘スマッシュブラザーズ for WiiUの詳細発表、ゲームの魅力を伝える良い動画』で取り上げました。

WiiU版とニンテンドー3DS版を購入した人がダウンロードできるとありますが、これはいいことなのでしょうか?

現状、情報が出揃っていないので何とも言えない。

すでに情報が出たじゃないですか・・・。

現時点ではWiiU版とニンテンドー3DS版を2機種買った人に無料でダウンロードできるようにするという話だけだ。

これだけでしか得られないということが確定したわけではないので、この部分だけで判断するのはどうかと。

他にどういう可能性がありますか?

わかりやすい策としては有料ダウンロードの用意だろう。

そうした追加情報ということですね。

あと、もう一つ、別の方策も考えられる。

どういうった方法がありますか?

例えば、大乱闘スマッシュブラザーズのどちらか一方と、11月21日発売の「ポケットモンスター アルファサファイア/オメガルビー」のどちらか一方でダウンロードできるようにするとかね。

こうした他のソフトと連動させてのキャンペーンもできるだけに、今後、任天堂がどういう判断を下すかによっていろいろと今回の件の捉え方が変わってくる。

現時点の2本購入しなければ手に入らないという発表だけでどうこう言うのは適切ではないのではなかろうか。

なので、今回の発表だけを見て、急いで2本買わなきゃ、と思うのではなく、まずは欲しい方を買ってじっくり遊び、ミュウツーについては追加の情報を待つと良いかと。

2015年春まで情報待ちですね。

そういえば、以前『スマブラ最新作の発売時期が求人広告から判明、真偽は如何に』で2015年に発売という情報があったが、これはソフトの発売が、というよりかは追加コンテンツ等も含めた時期を載せて人員を募集していたのかもしれない。

実際にどうなのかは知る由もないが。

新情報には追加キャラクターのミュウツー以外にも新ステージの開発もしているという話がありました。

と、いうわけで、ミュウツーに関しては今後の情報待ちで。

にしても、そんなにミュウツーは人気があるのかね。

ポケットモンスターやってないからさっぱりわからん。