ガンダムバーサスでガンダムVSシリーズは終焉か、ブランド毀損が止まらない

「ガンダムバーサス」の売れ行きが明らかになったようだね。

初週の販売本数は12万本でした。

翌週は1.6万本と、伸びる気配もありませんでした。

数字はメディアクリエイト調べです。

前作の「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フルブースト」は初週27万本、翌週3万本でした。

どうでして、ここまで売れなくなったのでしょうか?

先に一つ言っておくことがあり。

この数字はダウンロード版は含んでいないということ。

なので、もしかしたら、ダウンロード版が売れていて、パッケージ版の調査が低くなってしまっている可能性がある。

つまり、ダウンロード版で30万本売れたということですね。

そんなわけないだろ・・・。

PS4だと、ダウンロード版を他機種と比べて買われやすい傾向はあるけど、それでも半分もいかないのでは。

仮に、12万本の半分の6万本がダウンロード販売されたとしても、18万本なので、ガンダムVSシリーズとして低調であるのは言うまでもない。

シリーズ最新作と銘打っておきながらのこの数字はブランドが崩壊した表れだろう。

ちなみに、なぜ、今回、翌週の数字が出るまで取り上げるのを待ったかというと、実は初週の段階でかなりの値下げがされていたので、値下げ効果でどれくらい売れるか見たかったんだよね。

2週目は amazon.co.jp本体でも40%以上の値引きがされていたし。

そうした状況にも関わらず、販売本数は早くも10分の1に下がっているし、仮に今後売れたとしても、正規の価格ではなく、小売店が大損をする形でのたたき売りによるものでしかない。

つまり、正規の値段で買いたいという人がかなり少なくなった、ということだ。

たぶん、小売店は18万本から20万本規模売れると見込んで仕入れたのではなかろうか。

この数字自体もかなり控えめな数字なのだが、それ以上に今作は売れなかったのは、再度言うけどブランド崩壊が顕著に表れたからだろう。

ですが、なぜここに来て、ブランドが崩壊したのでしょうか?

ガンダムバーサス 評価レビュー ゲーム性が悪化したけど、ガンダムゲームとしてなら遊べるんじゃないか?』で取り上げたゲームの出来によるものなのでしょうか?

それとも、以前『ガンダムバーサス、まさかのシェア機能、ゲーム実況の許諾が出てなくてビックリした、悪評を払拭できたのに』で言われていたゲーム実況ができないからでしょうか?

PS4が駄目だからじゃない?

酷い・・・。

理由はたくさんあるよ。

ただ、少なくとも今作のゲームの出来や、ゲーム実況が出来る出来ないは関係ない。

初週に関しては、それ以前の問題。

今までの不満の蓄積が出てきただけで、ブランドタイトルに関してはゲームの良し悪し自体は初期の売れ行きに大きな影響は少ない。

とはいえ、一つ言えることとして、発売前に行った体験会をプレイして、買うの止めた人はいるだろう。その場合は、今作のゲームの出来というのは関係する。

体験会で合わないと思って購入を止める可能性はあり得ますね。

ただ、それでも、今回の状況はそれ以前のような気がするけどね。

では、どういった理由なのでしょうか?

複合的だと思うが、すでにガンダムVSのブランド自体が壊れていたとか、ガンダム自体のブランドが壊れていたとか、バンダイナムコのゲームメーカーとしての信頼性が損なわれていたとか。

先に述べたPS4だから、というのもある。

あと、前作の「エクストリームバーサス フルブースト」から間が空きすぎて、ブランド自体の認知も乏しくなったとか。

複合的ではあるが、いずれもブランドを毀損するには十分な出来事だ。

「エクストリームバーサス フルブースト」の後には「マキシブースト」「マキシブーストon」と2作出ていますが、それはなぜ無いことになっているのでしょうか?

実際、家庭用に出てないでしょ。

ゲームセンターに行ってゲームをするなんていう特殊な人間のみをターゲットにしたものなんて、世間から見たら無いも同然だよ。

ゲームセンター用の筐体を売るために家庭用を出さないようにした代償が、ユーザーのシリーズ離れを引き起こし、ブランドを終わらせるきっかけになったのだからおかしなものだ。

ですが、あの当時は家庭用でオンライン対戦までできたために、ゲームセンターに人が行かなくなって、閑古鳥が鳴いた、という問題もありました。

そのため、家庭用には出さないと喧伝し新作を売ったという話です。

そうなると、出すこと自体無理なのではないでしょうか?

だが、それによってブランド寿命を縮めてどうするんだよ。

あれは、期間をしっかり区切って、この期間には出さないからそれまでにちゃんと稼いでくださいね、というような流れで宣伝すればよかったのに、なぜか全否定していたからね。

業務用で出したものを家庭用に出すことによって、二期作で利益を上げるメリットと、それにより、業務用だけでは広まらないユーザー層の拡大というメリットを、共に捨ててまでする意味はなかったよ。

あまりにも目先だけの考えだったと言わざるを得ない。

あと、どうでもいいことだけど、この手の話の元となったのが、資料をtwitterで載せられていたからなのだが、その資料を偽物と言っている人が居たが、その根拠って何なのかね?

以前、コメントでデマ扱いしていた人が居たけど、根拠が何もないので困ってる。

少なくとも、現時点では、その資料通りの流れなのだが。

その他の理由についてはどうでしょうか?

ガンダムVS自体のブランド価値毀損は、単にこうした流れだけでなく、ガンダム作品多数登場させる形式の物を出してから長く経過し、飽きが来ていたのかもしれない。

お祭り物はたまにあるからいいのであって、常にお祭りをやっていたら、それは日常になり、誰も見向きしなくなるよ。

ある意味、ガンダムVSガンダムを出した時点で、終わりに足を突っ込んでいたんだよね。

次にガンダム自体のブランド低下。

これは、新規に注目されるガンダム作品が出ていないことに尽きる。

よく、SEEDやダブルオーを批判するオールドタイプが居るけど、あの2作品がどれだけガンダムブランドの延命になったか、計り知れない。

それくらいすごいタイトルだったんだよね。特にSEED。

ダブルオー以降はパッとしたタイトルも無いので、どうにもならなくなってしまった。

ガンダムVSシリーズでも、単体でゲーム化できたのはSEEDシリーズのみということからも、SEEDの素晴らしさが理解できるだろう。

出来ればダブルオーでも単品作品化すべきだったのだが、ガンダムVSガンダムを出して、そのタイミングを逸してしまった。

SEEDにしても、ゲームからアニメを見る、という人もいたので、そうしたアニメとゲームの相乗効果が皆無になり、結果として新たな新規注目アニメが出なくなり、ガンダムブランド自体が全体的に下火になってしまったという見方もできる。

PS4の理由はどこにあるでしょうか?

単純に日本では売れていないことと、売れているのは海外のゲームをやりたい人向けが多いため、そもそも日本向けゲームをやりたいという人が少ないということ。

あとは、オンライン対戦にお金が毎月かかるので、若い世代が手を出しにくかったり、逆に大人は大人でPS4を買ったとしても使う目的がゲームじゃなかったりとで、ユーザーがまったくマッチングしていないんだよね。

かといって、他のゲーム機で出せるか、と言っても、そんなゲーム機は存在しない。

バンダイナムコが今まで家庭用ユーザーを小馬鹿にしてだまし売りをしてきたことが、日本のゲームを楽しみたいというユーザーを減らし、結果として、こうした昔からあるシリーズを楽しもうという気持ちも削いでいった結果だろう。

ですが、今後の流れによっては、ブランド復活の可能性はありませんか?

無い。

そんな・・・。

個人的にその可能性を秘めていたのがゲーム実況だと思った。

なので、『ガンダムバーサス、まさかのシェア機能、ゲーム実況の許諾が出てなくてビックリした、悪評を払拭できたのに』でもその理由等を述べていたのだが、結果は許諾はしていないという結果に。

もう広まる手段はそれしかなかったのだが、その手段を取らない以上、今後は縮小するのみだよ。

今回の売り上げを元に次回作を作ることになるのだが、売れていないのだからかけられる開発費も限定的となる。

となれば、出てくるゲームはお粗末になるのは必然。

その負の連鎖でブランドは終息していくよ。

業務用で1作出るのかどうかは知らないけど、今のゲームセンター事情で新規に1作出して、どこまで店舗が購入してくれるのか。

店舗数自体が減っていることはもちろん、形態としても従来型のゲームを置くような環境のゲームセンターも少ない。

仮に一部の店舗でおいて、それが盛り上がったとしても、パイが小さくなった以上は、そこでも利益を得にくい。

そして、マキシブーストのように家庭用移植をしない形で売りに出そうものなら、より事態はひっ迫する。

家庭用も業務用もどっちつかずで共倒れの可能性もある。

今後、どういう施策を取るのかは知らないが、今回の売り上げを見る限り、何をやっても厳しいだろう。

少なくともゲーム性の面で可能性があればと思ったが、それも前回のレビューで述べた通り、どうにも対応できない要素の組み込みで打つ手もないし。

2対2の仕組みは他を寄せ付けない要素であったにもかかわらずのこの結末。

ほんと、15年間もシリーズを楽しんできた身としては残念でしかない。

それでも、何か好転する材料があればいいですね。

よほどすごいガンダムアニメが新規で出てくることくらいかな。

そうですか・・・。

かといって、まったく遊べないゲームでもないけどね。

それでも、複雑さや不快さを増す要素が多々追加されたので、どんどんやらない人が増えていき、今面白いと言っている一部の層のみが残り、さらに縮小。

過去のゲーム市場で起こったことを、なぜ、再びなぞろうとするのか。

まったく、理解に苦しむよ。

良いゲームシリーズだっただけに、ほんと、残念。

いうまでもないけど、別に「ガンダムバーサス」でガンダムVS自体が最終作品になるというわけではないので、お間違え無く。

「ガンダムバーサス」を元として新作は出るだろうけど、それが盛り上がっていくのかどうかが疑問、ということなので。

まこなこ 新着記事

ガンダムバーサス 評価レビュー ゲーム性が悪化したけど、ガンダムゲームとしてなら遊べるんじゃないか?[コメント(4)]

JASRACがゲーム実況を阻んでいるという誤解と、ガンダムバーサスは何が問題なのか[コメント(22)]

ガンダムバーサス、まさかのシェア機能、ゲーム実況の許諾が出てなくてビックリした、悪評を払拭できたのに[コメント(29)]

ゲームメーカー株主総会総評2017年[コメント(3)]

ゲーム業界経営者高額所得ランキング2017年[コメント(4)]

任天堂 株主総会 2017年[コメント(10)]

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン、ミニスーファミを発売するが?[コメント(12)]

モンスターハンターワールドのYouTube動画が1000万再生をねつ造や不正行為と罵る愚かな発言をする人がいるようだ[コメント(20)]

スクウェアエニックス 株主総会 2017年 Part2[コメント(2)]

スクウェアエニックス 株主総会 2017年 Part1[コメント(3)]