ナナのリテラシー (著:鈴木みそ) 2巻のレビューと一部解説

投稿がありましたので紹介します。

『以前取り上げていたナナのリテラシー2巻が24日に発売されますが、もし購入されたのであればレビューをお願いします。私も購入予定ですが、一応どんな内容か知りたいので。』(投稿:峠のタイサイ)

7月14日『ナナのリテラシー(著:鈴木みそ)の2巻にゲーム業界関連の話が載るらしい』で取り上げましたね。

「ナナのリテラシー 1巻」で描かれていた内容が現実化したということで、8月6日『「ハイスコアガール」でスクウェアエニックスが著作権侵害で家宅捜索を受ける、この事態を予言していた人も』で、漫画の内容と共に再度取り上げています。

読む予定の本の内容を聞いてどうするんだ、というツッコミもあるのだが。

どういう意図で聞いているんでしょうね?

いろいろと怪しい投稿ではあるが、2巻発売の紹介時に取り上げるかもと言ったこともあるので、取り上げてみる。

まずは全体的な流れから紹介しましょう。

ゲーム会社からどうすればいいかの依頼を受けた主人公側の会社が、どうにかするために行動した、というような内容。

規模の小さい会社で、昔ながらのゲームの制作を良しとする経営者側と、アプリ系ゲームなどの開発で利益を上げていく人物とのやり取りなどによって構成されている。

詳細は漫画を読んでもらうとして。

感想はどうでしょうか?

2巻はゲーム関連としてまとまっており、2巻だけ読んでも内容を理解できる。

1巻は電子書籍をテーマにしており、ゲームユーザーが読むと、あまり興味がないかもしれない。

なので、ゲーム関連だけに興味があるのであれば2巻だけでも読んでみてはどうだろうか。

3巻は再び電子書籍関連に移りそうなので、あくまでもこの漫画としてゲームを扱うのは2巻のみとなりそう。

2巻をきっかけにキャラクターに興味が出れば1巻や今後出る3巻を読むのも良いし、そうでないのであれば2巻のみで留めるのも良し。

ただ、ゲーム関連ではあるものの、内容を理解するための対象年齢はやや高めのため、学生などの若い人が読んで理解できるか、納得できるかは疑問。

あくまでも、ある程度ゲーム業界の流れを知っていた方が楽しめるかと。

逆に、この漫画を読んで触れるのも良いですね。

と、こんなところか。

漫画のレビューはネタバレありがほとんどなので、ネタバレ嫌いの身としてはあまりしたくはないんだよね。

というわけで、ここからはレビューというより、作中に出てきた表現の中で気になったものを簡単に解説していけたらと思う。

いろいろ刺激的な言葉が書いてありますね。次の話から取り上げましょう。読みやすいように句読点をこちらで入れています。

『ガラケーのゲームなんてものはね、ゲームじゃない。

田舎もんと情弱のひまつぶしだ』(「ナナのリテラシー 2巻」(著:鈴木みそ)より)

ちょっと、これはひどい言い方なんじゃなんですか・・・。

こんなもんでしょ。

そんなことはないでしょうに・・・。

情弱というのはよくわからないが、田舎者の遊びというのは言いえているな、と思う。

それはどういう意味ででしょうか?

田舎と都会の大きな違いの一つに、周りにある娯楽の量の差が挙げられる。

都会だといろいろな娯楽が存在するため、ガラケーのゲームを面白いと思わない限りする必要はない。

しかし、田舎だと、そもそも娯楽がないので比較対象が少なく、ガラケーのゲームでも面白いと思ってしまう。

同じようなものとしてパチンコやパチスロが挙げられる。

パチンコとパチスロがどうガラケーと関係があるのでしょうか?

田舎でパチンコ屋が出来ると、その地域が壊滅的な被害にあうというのがある。

なぜかというと、田舎では他に娯楽がないため、パチンコ屋が出来るとパチンコにのめり込み、結果として、金銭的に被害を受け、その地域の人が疲弊していく。

今回の例に出たガラケーの言い方を、パチンコ屋と合わせてみたとき、結構似ているな、と。

作中でも「パチンコ屋みたいな商売」という表現がありますね。

もう一つ、取り上げてみましょう。これはネットで画像として取り上げられているシーンでしたので知っている方もいるかと思います。

『ガチャにはまって銭突っ込んでる連中は、もう自分をコントロールすることができない。

ゲームの中での「努力」を放棄する。

ゲームの中の時間を買う。

他人の経験値を現金で買う。

それは「麻薬」と同じだよ。

ゲームの疑似体験の世界なんで見極めは難しいが、脳内麻薬で留めることが大事だ。』(「ナナのリテラシー 2巻」(著:鈴木みそ)より)

ガチャなどにはまっている人も麻薬でしたら、ゲーム中の疑似体験も脳内麻薬で、両方とも麻薬なのですが・・・。

麻薬と脳内麻薬を同じと捉えない方がいい。

特に大きな違いとして、脳内麻薬は自分の体の中で生成され、程度が過ぎると自然と収まり、人体に影響はないのだが、麻薬は薬の成分が無くなるまで人体に影響を与え続けるという点。

ちょっと作中の内容と考え方は変わるのだが、この考えを別の角度で見ていっても似たような解釈ができる。

どういった角度でしょうか?

ガチャなどの仕組みは麻薬である、ということ。

以前法的に問題になったコンプガチャもそうだし、ガラケー、一部スマホアプリなどは、麻薬となる仕組みを取り入れ、課金を強いる。

強いる要素として心理学を利用したさまざまな手法なわけだが、そうした手法を用い、麻薬と同じく影響を与え続ける、という考え方もできる。

このあたりはパチンコ屋などと同じと言え、先の話とも合致するわけだ。

ですが、楽しんでいるのでしたらいいじゃないですか・・・。

本当にその価値があると判断し、その価値に応じたお金を払って楽しんでいるのならね。

実態はそうなっていないものも大量にあるので、そのあたりどうなのかと。

例えば、プレイする前は無料だからと、自分は一銭も払わずプレイするぞ、と思ってプレイしたが、なんだかんだ理由をつけてお金を後から払ったという人がいたとしたら、一回考えた方がいいだろう。

すでにその時点で麻薬を飲んでしまっているかもしれない、ということを。

いろいろと考えさせられますね。

と、いろいろ考えながら読んでも楽しめる。

もちろん、ボケっと読んでもそれなりに楽しめるので、興味があれば読んでみてはどうだろうか。

「ナナのリテラシー 2巻」は9月24日に発売済みです。電子書籍版も用意されていますので興味がありましたら書籍版か電子書籍版かを確認の上、ご覧ください。

ナナのリテラシー 予約販売受付中

モンスターハンター4G、発売まであと2週間、Newニンテンドー3DS本体同梱版の予約もあとわずか?

「モンスターハンター4G」の発売日があと2週間になったね。

10月11日に発売されます。

また、同日にはニンテンドー3DSの新型「Newニンテンドー3DS」も同時に発売されます。

あと2週間か。

今回がモンハンシリーズの山場ともいえるので、どうなるのか注目だ。

今年のニンテンドー3DSは「大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS」「妖怪ウォッチ2」「ポケットモンスター アルファサファイア/オメガルビー」など、100万本をあっさりと超えるようなタイトルが目白押しで、そうした中でモンハンがどういった位置になるのか興味深い。

いずれも年末商戦に絡んでくるタイトルなだけに、Newニンテンドー3DSの発売も絡み、どういった売れ行きを示すのか。

どれかのソフトに偏るのか、全部を持ち上げるような売れ方をするのか。

スマホアプリなどに押されている昨今の既存のゲーム業界を見ると、久しぶりに明るい状況になっているように感じる。

「モンスターハンター4G」もそうした流れに入っていればいいな、と。

品切れになるかどうかはわからないが、発売日からスタートダッシュをしたい人は要予約で。

たしか、モンスターハンター4Gのオリジナル本体も発売されるんでしたよね?

「モンスターハンター4G スペシャルパック」として発売されます。ソフトと本体が同梱され、本体はモンハンオリジナルの模様が描かれています。

amazon.co.jpなどの大手では予約が締め切られていますが、イーカプコンではまだ予約受付中です。確認した段階で在庫少のマークが付いていますので、確実に購入を希望される方はお早めにご対応ください。

Newニンテンドー3DS自体の出荷数がわからないけど、こちらの本体の方も予約できるのであればしておいた方がいいだろう。

2週間後が楽しみですな。

クラブニンテンドー、年間優待会員ランクサービス終了は良い判断

クラブニンテンドーに大きな動きがあったようだね。

2つ動きがありました。

1つは1年間のポイント登録数に応じて特典サービスが受けられる会員ランクサービスが2014年9月いっぱいで終了になります。

もう一つはゲームソフト以外の新商品はポイント対象外になるとのことです。

利用者にとってはデメリットばかりですが、どうなんでしょう、この流れは?

いいんじゃない?

デメリットばかりなのにいいわけないでしょうに・・・。

どういう理由で良いとするのでしょうか?

まずは会員ランクサービス終了から取り上げましょう。

ランクに応じて毎年何かもらえるのだが、そういった費用って結構無駄なんだよね。

欲しい人はいるかもしれないが、もらっても困るという人も多いだろう。

例えばカレンダーにしても、わざわざ卓上カレンダーではなく、スマホのカレンダーなどで十分事足りるわけだ。

そうした人に対してカレンダーを送ったところで、家庭ゴミに出されて終わりでしかない。

ゴミ箱直行の商品を送るために製作費と郵送料をかけて送り付けるのもバカバカしいだろう。

ですが、欲しい人もいると思うのですが?

このあたり、株保有者向けの株主優待と同じ考え方ができるように思う。

株主優待とは、企業が株を保有している人に対して贈り物をする制度のことですね。

日本では多くの企業で行っています。

この株主優待を得るために株を保有する人もいます。

確かに欲しい人はいるかもしれないが、要らない人は要らないんだよ。

それよりも、ちゃんと購入した割合に応じたサービスを受けられる方が良いという見方が出来る。

株で言えば配当が該当する。株の保有量に応じて配当金が増えていく仕組みだ。

購入の割合に応じたサービスをクラブニンテンドーに当てはめるとどうなりますか?

すでにある仕組みを例にするのであれば、ポイントによって交換できるグッズが該当するだろう。

新たに作るとするのであれば、任天堂のオンライン配信を利用する際に割引制度としてポイントが使えるとかね。

ポイントをためた人が、自分の意志で使いたいものに使える仕組みにした方が、無節操に全員配布とかにするより無駄なコストを抑えられ、また、利用者に対するサービス向上にもつながる。

ゲームソフト以外の購入に関してはポイントが付かなくなりますが、こちらはどうでしょうか?

ゲーム機本体はちょっと意外だったが。

任天堂としてやりたいことは、アンケートを取りたいわけだ。

そのために、ポイントを配布しているわけだが、周辺機器の購入者のアンケートをとっても意味ないと判断したのだろう。

そう考えると、先に述べたように、ゲーム機も集計対象外にするのはちょっと意外ではある。

ゲーム機保有の男女比や年齢比率などは重要な要素に見えますが、そのアンケートもしなくなるわけですね。

実際にアンケートしたところで、親が登録すれば子供の正確なデータなんて取れないわけだし、意味が無かったといえば意味が無いのだろう。

また、ゲーム機単体でアンケートを取らずとも、ソフトを買えばどの機種を買ったかなどもわかるわけだし、そちらでデータを集められると判断したのかもしれない。

アンケート自体は重要ということですね。

とはいえ、あのアンケートもどこまで重要かわからないよな。

今まさに重要だという話をしていたんじゃないんですか・・・。

発売初日から登録できるアンケートって、ゲームをプレイせずに登録する人が多く、ゲームの内容等の質問項目を設けても答えられるわけがない。

そうしたアンケート結果を得て、何を知ることが出来るのか、と。

どこで買ったかなどの情報も、そもそも任天堂がどこに売ったかを知ることが出来る以上、その客がどこに買ったかということにどこまで意味があるのか。

アンケート項目を多くして手間がかかれば、答える側も適当に答え、一番上にある項目をすべて選んで回答するなんてことが当たり前のように起こるわけだ。

そのようなアンケート結果に意味があるのかと。

もちろん、そのあたりも考慮した上で、自社内ではデータを活用しているだろうけど。

ポイント対象以外の変化も今後は期待したいですね。

あまり詳しく知らないのだが、体験版をプレイしてアンケートに答えてもポイントがもらえるようで。

このアンケート結果がどうであるかは別として、利用者にゲームを触ってもらって興味を持ってもらうためにポイントを配布というのは試みとして面白いだろう。

ただ、その後のアンケート結果は、ポイント目当ての人が多いことから、あまり意味をなさないだろうが。

いずれにしろ、今回のような変化で今後、よりよいサービスを考え付くのであれば何より。

もしかしたら、この体験版プレイによるポイント配布が重荷になり、ランク制度を廃止したのかもしれない。

まったくソフトを買わずとも体験版プレイでのポイントのみでプラチナランクまで到達できるという話もあるので。

ちなみに今年のランクはどうでしたか?

200ポイント未満の一般会員で終わってしまった。

ちゃんとソフトを買ってくださいよ・・・。

同じソフトのポイントを足せるのであればもっと高くなれたのだが・・・。

信長の野望 創造 パワーアップキットの予約スタート、CD付き版やプロモーションムービー、要望など

「信長の野望 創造」のパワーアップキットの発売日などの情報があったので取り上げようかと思う。

発売日は12月11日に決定しました。

パワーアップキットと、本編も入ったwith パワーアップキットの2タイプ発売されます。

機種はPS4、PS3、Windows版で、PS4やPS3でもパワーアップキット単体で発売されます。

たぶん、据置機でパワーアップキット単体で発売されるのは今回が初じゃなかろうか。

なので、本編を買った人も安心してパワーアップキット版を楽しむことが出来るだろう。

今回も限定版にあたるTRESURE BOXも発売されます。

内容としては「オリジナルサウンドトラックCD」「30周年記念コンサートCD」「30周年記念コンサートBlu-ray」「週めくりカレンダー」が同梱されます。

ブルーレイは要らないからCDだけ欲しかった・・・。

そんなこと言わないでください・・・。

信長の野望シリーズは音楽もお薦めなので、サントラCDとコンサートCDの2つのCDが入っているのはお薦めかと。

とはいえ、価格が跳ね上がるため、購入はお好みに合わせてで。

今作の音楽もいい感じなので。

公開されたプロモーションムービーでも使用されていますね。

ゲームの魅力をあんまり伝えられていないプロモーションムービーだけどね、これ。

せっかく公開されたムービーなのに・・・。

会戦も本編ではいまいち面白味のなかった要素なので、パワーアップキットでどうなっているのか。

というか、本編では一切会戦を使わずにプレイしていたので、パワーアップキットでも使うの面倒なのだが・・・。

なんで重要な要素を使わないのですか・・・。

面倒くさいのもあるし、卑怯な感じだったので。

なので、通常の戦闘のみですべて終わらせてた。

今回は本編より会戦にも力を入れているようなので、やらなければいけないのかな、と。

関ヶ原の決戦は会戦モードをベースにしているよう気もするし。

他に期待している点はありますか?

ここからは単なる要望のような話になるのだが、天道にあった女性版上杉謙信とか欲しい。

あと、せっかくリアルな土地描写になったので、北海道全土と沖縄辺りは欲しいかな、と。

当時の歴史的に入れるべきかという問題はあるのだろうけど、仮想モードなどであれば日本全土を舞台にした方が楽しめそうだし。

さらに欲を言えば朝鮮半島や中国大陸辺りで、中国大陸は三國志関連が出ればとか、そういうのも望んだりするけど。

いい加減、このあたりのサービスサービスしてくれればと。

なぜしないのでしょうか?

朝鮮半島であれば朝鮮出兵などもあったので、歴史的にも入れてもよさそうなのだが、コーエーテクモとしてはそうした地域でも商売をしている関係上、いろいろとクレームなどが来て都合が悪いのだろう。

なので、朝鮮半島は無理にしても、沖縄と北海道辺りは欲しいな、と。

沖縄なら尚氏もいることだし、勢力としても面白そうだ。

いずれにしても、いまさら言っても遅いでしょうが・・・。

まあね。

いまさら言ってもなんとかなりそうな話に、ウェブでの画像利用とかを認めても良いのでは、と。

本編ではフェイスブックとの連携はあったようなのだが、twitterやブログなどでも普通に利用できるような体制を作ってもらえたらと。

手詰まり感があるときに、いろいろな人と共にああでもないこうでもないと話すのは面白そうに感じる。

自社で作っているゲームだし、権利的な問題は無いだろうから、あとは決断をしてくれればと期待するのだが。

で、あなたは買うんですか?

もちろん。

去年発売されてから8月のパワーアップキットの情報公開があるまで、かなり遊んだから。

それこそ1日1勢力でクリアを数日間連続でやったりと。

それによって、去年から痛めている右手がマウスの持ちすぎでいまだに治らなかったりするのだが。

治してからやればいいでしょうに・・・。

なので、パワーアップキットの情報が出たので、それ以降は手を休めるために、なんとかプレイせずにいる。

あと2ヶ月間で完治すればいいのだが、さてさて。

すでにオンライショップでは予約の受け付けもスタートしています。機種名と、パワーアップキット単体か本編も入ったwithパワーアップキットか、限定版のTRESURE BOXか通常版かを確認の上、ご予約ください。

信長の野望 創造 パワーアップキット 予約販売受付中